無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:PINK FLOYD ( 29 ) タグの人気記事

2019 RECORD STORE DAY 戦利品

4/13からスタートした2019 RECORD STORE DAY 今年もいくつか買えました。

RECORD STORE DAY の特徴は発売初日から一週間はネット通販では買えないところでしょうか。お店に直接行かないと買えない。また、お店に行ったとしてもお目当てのレコードが有るとは限らない、過剰在庫?も有ればお店に一枚しか入らないまたは入荷なしってのも有るのです。以下の大物は何とか友人の手助けも有って無事に買えたレコードです。
b0042308_18120751.jpg
ストーンズのビッグ・ヒッツ英国仕様、MONO音源収録、グリーン・ヴァイナル、輸入盤国内仕様で¥4,860です。
CDでは米国仕様が国際規格となっておりますがビッグ・ヒッツは英国ジャケがカッコイイ。しかもmono音源収録が嬉しいね。
夜勤四日目が控えていたので友人のネイトさんに代理購入して頂きました。ネイトさん、本当にありがとうございました。国内仕様は直ぐに売り切れたようですね。
b0042308_18120849.jpg
これもネイトさんに代理購入して頂いたストーンズのスルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)、輸入盤国内仕様、オレンジ・ヴァイナル、ステレオ音源収録 ¥4,860、ビッグ・ヒッツVol.1,2共にジャケットの印刷がとても綺麗。オリジナルに準拠しての八角形ジャケットです!ネイトさん、改めて代理購入ありがとうございました。
b0042308_18120835.jpg
これは4/15、クラプトン来日公演前に購入したピンク・フロイドの神秘のMONO MIX です。HMVレコードショップ新宿店で購入、¥4,104です。今回はストーンズのみって決めてましたが、実物見ちゃうと欲しくなりますね~。待望のMONO MIXは嬉しいリリースです。CDでも再発されるか??
b0042308_18120637.jpg
4枚目は4/20にディスク・ユニオン吉祥寺店で見つけたDURAN DURAN の As The Lights Go Down (live Oakland Coliseum '84)2枚組で¥3,780でした。アリーナのアナログ盤ですよね??昨年も2枚リリースしたDURAN DURAN 今年もリリースしてくれました。

あと通販で2枚到着待ち、追って報告します。

by daisuke_Tokyocity | 2019-04-23 01:54 | 音楽 | Comments(6)

PINK FLOYD / WELL WELL WELL

到着日  2018年8月17日
購入場所 静岡通販
購入価格 1プレスCD¥1,000
備  考 1974年11月13日 英ロンドン、ウェンブリー・エンパイア・プール、SBD録音
b0042308_13055984.jpg
千円で買える廉価ブート、略して千ブー、千ブー高校野球部6番バッターはこれまた恐いバッター、スタジオでもライヴでもサイケでもプログレでも何でも出来ちゃう、スイッチヒッター、ピンクフロイドの定番74年11月のウェンブリーでのライヴです。相手投手もどこに投げていいか判らない、投げたら右中間突破の三塁打ですわ!六番でこの打力、千ブー打線恐るべしです(笑)

オフィシャルでもリリースされておりますが、オフィシャルはちょっとリミックスしているようです。そして小出しなのでこの千ブー、オフィシャルを補填する存在として重宝間違いなし、これまたピンクフロイドの狂気をライヴで聴きたい!って方にオススメです。
b0042308_13060061.jpg
モノに近いサウンドボードですが時おりステレオに分離されている箇所ありかな??オーディエンス・ノイズも適度でオフィシャル・ライヴ・アルバムにならないのが不思議。定番だからこそ良い音、良い演奏なのです。
b0042308_13060104.jpg
この演奏写真も正にホームラン級ですね!7番以降の下位打線も安心出来ません、お楽しみに(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2018-08-27 19:44 | 国内ネット通販 | Comments(4)
到着日  2017年10月31日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD ¥2,700
備  考 オリジナル1968年、セカンド・アルバム、2011年リマスター
b0042308_05582577.jpg
ピンク・フロイド・紙ジャケット・シリーズより、セカンドの「神秘」を聴きました。シドは既に離脱してしまったけど、残ったメンバーの気合いが伝わるセカンドです。解説によると、レコード会社よりファーストの路線のお願いしていたようで、サイケデリックな雰囲気も少し残ってますね。シド作曲の「ジャグバンド・ブルース」なんかそれっぽいし。ただ、「仕事」をちゃんとこなしたご褒美でレコード収録時間の「12分」をレコード会社から頂いたようで、そこに彼らがやりたかった「神秘」をレコーディングしたわけです。

「神秘」正に後の大活躍を予感させる12分の大曲、ロジャーが「長い曲をやりたかったんだ!」に納得、シドが居なくても俺たちやっていけますの決意表明の楽曲でもありますね!
b0042308_05583382.jpg
バーコード有るけどご安心を。
b0042308_05591178.jpg
紙ジャケはオリジナルに準拠しております。日本初版の帯も時代を象徴していて面白いね。フォントが素晴らしい!!


by daisuke_Tokyocity | 2017-11-06 06:09 | 国内ネット通販 | Comments(4)
到着日  2017年10月31日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD ¥2,700
備  考 オリジナル1967年、ファースト・アルバム、2011年リマスター
b0042308_00485808.jpg
話題のピンク・フロイド紙ジャケ第1回分が発売されました。もう紙ジャケいいよ~って雰囲気な2017年ですが、ソニーのスタッフの努力で2回目の紙ジャケ再発許可が下りたとのこと。日本初版の帯、E式折り返しジャケットの再現、極力再現性の努力が伝わってきます。1回目はピンク・フロイドのファースト、唯一シド・バレット参加でお馴染みですね。日本初版の帯の旧邦題「サイケデリックの新鋭」って凄いな~。今では出来ないと思われるフォントがカワイイね。フロイドのロはハートマークになっているし、昭和な字体がたまりません。帯の曲紹介ではこのアルバムには未収録のシングル曲「エミリーはプレイ・ガール」の表記まで再現しております。
b0042308_00492852.jpg
バック・ジャケです...、え!?オリジナルに忠実に再現と謳っておきながらバーコード??
b0042308_00494336.jpg
安心してください。実はバーコード表記のための、バックジャケに仕立てて紙を入れていただけなのです。日本語解説と全買い特典で紙ジャケ収納箱がもらえる応募券が入っておりました。
b0042308_00511305.jpg
正真正銘、紙ジャケのバックジャケです。当然ながらバーコードなんか印刷されておりません。インナースリーブはカンパニースリーブのようですが、権利の関係で再現出来なかったとのこと、それはまあ良いでしょう。

音源は2011年リマスター採用とのこと。この2011年リマスター版って当時は買ってなかったので今回、聴いてびっくり、2011年リマスターってくっきりとして音が良いんですね。クリア―で音が粒揃いです、目の前にシドが居るような??そんな音質です。サイケデリックな初期ピンク・フロイドは好きなんですよ。あの巨大ボックスの初期の音源とか怪しい雰囲気が何とも言えません、ロンドンのアンダーグラウンドのイメージがわいてきますね。

今回がE式の紙ジャケってことは1回目の紙ジャケはもしかして米国の厚みある紙ジャケでしたっけ??それはそれで持っていても良いんじゃないですかね。以前、クリームやドミノス、パープルも厚手ジャケットで仕様が異なってましたね!

今回の紙ジャケ、作り、色合いがとても良いのでこれなら来月のポールの紙ジャケも期待出来ますね!ポールはユニバですけどね(苦笑)



by daisuke_Tokyocity | 2017-11-04 01:13 | 国内ネット通販 | Comments(4)
到着日  2017年9月1日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1Book ¥5,940 - ¥500(クーポン券使用)= ¥5,440
備  考 1962~2015年、ソロキャリアも網羅、日本版限定2,000部
b0042308_23363856.jpg
ピンク・フロイド結成50周年で色々とリリースがあるようですね。あの大箱中期編は予定ないみたいだけど日本では紙ジャケが16年ぶりに再発決定でマニアは買い直し!紙ジャケ持っていないファンは嬉しいやら資金繰りどうしようか?と悩みどころ全開ですかね。

昨年の初期大箱を買った身としては、このピンク・フロイド全記録は買わないとって気持ちになったね。とにかくこれをまとめたグレン・ポヴィって方はスーパー・マニアですね。
1962年!のピンク・フロイド結成前のデイヴ・ギルモアのバンド時代等から2015年5月28日でのプレス・レポートまで53年間の見たことのない写真、ライヴ、リハーサル、レコーディング、全公演のセットリスト!(箱根アフロディーテまでセットリスト掲載)等ブート以外の全てを1冊に仕上げてしまったのです。日本公演のポスターも掲載しております。オリジナル・アルバムの紹介は英盤、米盤のみの紹介です。(紙ジャケ紹介は無い模様)

オール・カラーで¥5,940ですがファンには見応えあり!日本版は限定2,000部なので昨年初期大箱いっちゃったマニアはコレ必須です(笑)
b0042308_23364437.jpg
あまりにも膨大な量で全部読み切れない(笑)ブートを片手にチェックするのも良いでしょうね。奥が深すぎるピンク・フロイドの世界、気になったら買うべし!これ以上のピンク・フロイド本は無いですよ~!


by daisuke_Tokyocity | 2017-09-05 23:58 | 国内ネット通販 | Comments(0)
到着日  2016年11月13日
購入場所 ソニーミュージックエンタテインメント通販
購入価格 10CD+9DVD+8Blu-ray+5-7inch¥62,000
備    考 ピンク・フロイド1965年~1972年アンソロジー
b0042308_18252745.jpg
ピンクフロイドのアーリー・イヤーズ、何とか聴けてます。CDだけでもこれは楽しめます。ハイライト2CD版ですとハイライトすぎて箱の凄さが伝わらないかも。

1970年と言えば「原子心母」この1970年編の2枚のCDに3テイク収録されております。一つは70年モントルーでの4人だけの演奏(モントルーなら原子心母以外音源があるんだけどね)は18分のショート・ヴァージョン、4人の演奏でも物凄い迫力!
その次はBBCラジオ・セッションからでこちらはブラスと合唱の入った壮大なヴァージョン、こちらは25分の大作でスタジオ・ヴァージョンに近い完成度、そしてラストはアーリー・スタジオ・ヴァージョンで4人だけの演奏、どれもレベル高い充実の演奏でピンクフロイドの方向性がしっかりと決まった感じがします。どれも高音質、CD2の映画「砂丘」のアウトテイクスも音が良いので驚いた。砂丘のアウトテイクスは後に発表される楽曲の元となっているようだね。創作力溢れてレコーディングなら何時間でも出来る、とにかくレコーディング大好きな彼らの姿が想像出来ますね。
b0042308_18254041.jpg
BBCラジオ・セッションの音質もかなりアップしております。やっぱりユージン斧のロジャーの悲鳴はいつ聴いてもおっかないです(笑)
原子心母の楽曲を先行披露し、そしてグリーン・イズ・カラー、ユージン斧も聴けてこれまた充実の内容です。映像見だすと止まらなそう!圧倒されます!



by daisuke_Tokyocity | 2016-11-27 18:43 | 国内ネット通販 | Comments(4)
購入日  2016年9月26日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1 Limited Gift CD-R¥0
備    考 オリジナル1967年
b0042308_11282551.jpg
忙しくてCD聴く時間も少なかったですね。そんな状態で御大、トム・ペティ紙ジャケ、タイマーズが届く...、ブログ書きながら音楽聴いてます(苦笑)
当然、フロイドのアーリーイヤーズも聴けず休止状態でして、この四日間唯一?聴けた音源です。
オフィシャルのアーリー・イヤーズの記事が大人気で今月トップです。その補填的?内容のピンク・フロイドの2ndシングルSEE EMILY PLAYの色々なフォーマットで世に出されたものを集めたものです。
b0042308_11283461.jpg
2つのアセテートミックスをリマスターしたもの、オリジナルUKシングル、2010リマスターに2つのアセテートミックスそのままの音源合計5曲です。ヴァージョンに変わりはございませんがUKオリジナルシングルはヴォーカルを全面に出している感じですね。流石にオフィシャルはアセテート盤の音源は入れないよね。演奏と平たいイメージのヴォーカルミックスかな。

ポップなピンク・フロイドが楽しめる1枚です。当時の邦題「エミリーはプレイ・ガール」って強引だけど面白い(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2016-11-25 11:37 | 西新宿 | Comments(2)
到着日  2016年11月13日
購入場所 ソニーミュージックエンタテインメント通販
購入価格 10CD+9DVD+8Blu-ray+5-7inch¥62,000
備    考 ピンク・フロイド1965年~1972年アンソロジー
b0042308_20543281.jpg
ピンク・フロイド・アーリー・イヤーズ第3巻1969年に突入です。取りあえず音源だけ聴きましたが1969年2CDで音源だけでも大盛りいや特盛的内容です!!
b0042308_20545625.jpg
1969年になるとメンバーも若いのに貫録たっぷりでございます、ロジャーの存在感に圧倒されます。
b0042308_20565362.jpg
CD1は「モア」のアルバム未収録曲からスタート、音質がクリアとなって音が良いですね。そしてBBCラジオ・セッションから5曲、BBCラジオ・セッションってこんなに音良かったけ?って位の高音質ですよ。ユージン斧はこの時まだ3分ちょっとです。それが69年8月のアムステルダムでのライヴではシドの代表曲である星ドラが4分と短くユージン斧が13分と拡大されておりました。音楽的にもアンダー・グラウンド、サイケ系は払拭され、正にプログレシヴ・ロックという壮大な宇宙へ飛び立ったような進化するピンク・フロイドを体験出来ますよ。おそらくマルチトラックテープに収められたアムステルダムでのライヴの音がとても良いことにも注目です。
b0042308_20573505.jpg
そしてCD2は1969年9月17日、同じアムステルダムでのライヴでは組曲THE MAN , THE JOURNEYを披露しております。
ライヴがスタジオ録音としての練習場であったピンク・フロイド、THE MAN ,THE JOURNEYでは既発曲を別名にして取り込み、実験性ある組曲として作っていたようだ。ユージン斧、グリーン・イズ・ザ・カラー、神秘を取り込んだTHE JOURNEYに引き込まれますね。そしてこれまたびっくりの音質の良さに感動でございます。
結局、THE MAN も THE JOURNEY もスタジオ録音としては存在せず、頓挫したようですね。ライヴを練習場にするピンク・フロイド、この頃から「狂気」への伏線が有ったんでしょうね。
69年にしてこの貫録、そしてお腹がいっぱいになる位のヴォリューミーなこの箱、ピンク・フロイドの深い森、深い宇宙に迷い込んだようだ(笑)
この1969年の音源だけでも聴くべし!圧倒されます。


by daisuke_Tokyocity | 2016-11-19 22:21 | 国内ネット通販 | Comments(2)
購入日  2016年11月14日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1 Limited Gift DVD-R¥0
備    考 2016年10月21日 英BBC放送 1967~1972 THE EARLY YEARSからのハイライト映像集
b0042308_18172632.jpg
秋のピンク・フロイド祭りは好調です(笑)
オフィシャルは音源のハイライトだけじゃなく映像のハイライトもリリースしてくれれば良かったにね。先月21日、英BBCで放送された今回のTHE EARLY YEARS 1965 ~ 1972 の宣伝用?ハイライト映像なんか相応しいですよ。なのでギフト・ブートで提供でございます(笑)またしてもオフィシャルの補填役として大活躍です。

どれも画質良いので、迷っているマニア(と言うかこれ持っているマニアは今回の箱買った方が多いですかね)には良いテキストになりますね(笑)初期ユージン斧のロジャーの悲鳴やLET THERE BE MORE LIGHTの生演奏で踊る若者のシチュエーションが強烈、原子心母のオーケストラ&合唱付き、バンド・オンリーとこれ見ちゃうと全部見たくなる構成となっておりますね。

ラストの雲の影レコーディングセッションのスチール写真では箱根アフロディーテのTシャツを着てレコーディングしているロジャーが居ります(笑)なんか微笑ましい。
b0042308_18173754.jpg
60分のハイライトですが見ごたえありますよ~!ナイス・ギフトです。でもコレ、仮にオフィシャル化したら大箱スルーしちゃうファン多かったりして(苦笑)映像は出さないで正解か?


by daisuke_Tokyocity | 2016-11-17 18:52 | 西新宿 | Comments(0)
到着日  2016年11月13日
購入場所 ソニーミュージックエンタテインメント通販
購入価格 10CD+9DVD+8Blu-ray+5-7inch¥62,000
備    考 ピンク・フロイド1965年~1972年アンソロジー
b0042308_18385307.jpg
秋のピンク・フロイド祭りはとにかくスーパー・ヴォリューミー、時間見つけてはCDを聴きまくるしかありません(笑)

アーリー・イヤーズ第2巻はシドが脱退してデイヴ・ギルモア参加の「神秘」にスポットを当ててます。
b0042308_18392091.jpg
2巻を開いたらギルモアとシドが一緒に写っている貴重な5ショットが涙を誘います。シド、元気なさそう...
神秘にスポットと言っても神秘未収録のモノ・ミックスのシングル曲からスタート、神秘のモノ・ミックスは今回でも見送られてます。
しかし、1968年のBBCラジオ・セッションが充実のラインナップです。神秘誕生前の楽曲や後のユージン斧になったりと楽曲の成長?みたいなものを感じますね。この68BBCラジオ・セッション、音質も良いです。DJのアナウンスが入っていてカットインしないで収録しているのでよくあるイントロの頭カットは無いですね。
「星空のドライヴ」は創造力あふれるインプロが凄い!シド不在なのにこの表現、これだけでも聴き応えあるよ~。
b0042308_18391046.jpg
当時のチラシまで入っております。映像は欧州で放送されたテレビ映像が多いようです。これ観ないと次に進めないよ~、これは早く観たいぞ!!


by daisuke_Tokyocity | 2016-11-16 18:50 | 国内ネット通販 | Comments(2)