無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:ORIGINAL LOVE ( 4 ) タグの人気記事

到着日  2018年2月8日
購入場所 楽天通販
購入価格 2CD¥2,085(定価¥2,980)
備  考 オリジナル1991年~1998年、2014年発売、新古品(未開封品)
b0042308_10560193.jpg
やっとCDネタです(苦笑)

個人的にリバイバルしているオリジナル・ラブ、聴かなかった時代を後悔しております(苦笑)
それを穴埋めするがごとく、オリジナル・アルバムに編集盤をかき集めて聴いているところ。
作詞にソングライティング、アレンジ、全てにおいて良いね。
世間に媚を売らないそれでいてポップ・センスは最高です。

これはサバービア・スウィートの橋下徹氏編集の「フリーソウル」的視線でまとめられたものです。しかも90年代で縛られてます。金澤さんの「ライトメロウ」との違いは、ない!(笑)

こちらの2枚組がもうベスト・アルバムのような編集ですね。この90年代の音はよく聴いていたのでどれもが耳にした曲ばかり、90年代を思い出します。
90年代のオリジナル・ラブ、メロディアスだね、とても判りやすい。オリコン・チャートNo.1になった「風の歌を聴け」は誰もが聴いたアルバムだよな。
この編集盤にも入らなかった「イッツ・ア・ワンダフル・ワールド」「ベスト・デイ・オブ・マイ・ライフ」もオススメです。「結晶」収録の「スキャンダル」「月の裏で会いましょう」のセンスも素晴らしい。しばらくオリジナル・ラブの世界に浸っているかもです。
b0042308_19285207.jpg
90年代の楽曲を取りあえず聴くならこのフリーソウル・オリジナル・ラブがオススメかな。ここからオリジナル・アルバム聴く展開でもOK!




by daisuke_Tokyocity | 2018-02-12 23:42 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日  2017年2月2日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 2CD ¥2,952(定価¥3,780の22%OFF)
備  考 2012年7月21日 渋谷クラブ・クアトロ
b0042308_22474311.jpg
オリジナル・ラブ2018年現在で唯一のライヴ・アルバムです。バンド・スタイルのライヴは自分の好きなスタイルでも有ります。メンバーも素晴らしく、元ヒックスヴィルの木暮晋也、元ハートランドの古田たかし、そして鹿島達也、中山努と言った豪華メンバーでの渋谷クラブ・クアトロ・ライヴです。

いや~2012年にこんな素晴らしいライヴをやっていたのか~、聴いていて知らなかったことに後悔しております。バンドのオリジナル・ラブのノリノリなところが素晴らしい。新旧織り交ぜたセットリストもたまらない。田島貴男の男の色気全開のヴォーカルも素晴らしい。

倒れないでくれ~!と懇願するLove Song の後の接吻はたまらんね~、そしてライヴで聴きまくったThe Rover , JUMPIN' JACK JIVE,朝日のあたる道なんか50歳過ぎてもノレルことを再確認出来ますな~(笑)
そしてこのCD、エンディングの「夜をぶっとばせ」がグルーヴ感がカッコよすぎ!小西康陽作詞、田島貴男作曲のピチカート・ファイヴ時代の楽曲、歌詞もカッコ良くて曲もファンキーでスピード感あり!バックのメンバーもノリノリだね。もちろんファンのユニゾンも素晴らしいぞ!この曲のために買ったと思っても良い位、最高のナンバーだね。

ライヴ全体を出来ればノーカットで出して欲しかったが、自分の好きなオリジナル・ラブがパッケージされて再び聴きまくり状態です!
b0042308_22474474.jpg
今から6年前にこんなファンキーでソウルでロックなライヴがやっていたなんて!!めちゃくちゃ後悔してます(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2018-02-06 23:02 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日  2017年2月3日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥2,236(定価¥2,592の14%OFF)
備  考 ポニー・キャニオン時代、金澤寿和監修
b0042308_17041353.jpg
音楽ライター、金澤寿和さん監修のライトメロウ・シリーズよりオリジナル・ラブを聴いてみました。

ベストと言うよりは、シティ・ポップ、AOR、フュージョン寄りの楽曲を選んだ好編集盤、ベスト盤よりもそのような観点で聴くオリジナル・ラブも良いですよ。しかもソロ・プロジェクト化されたポニー・キャニオン時代に焦点を合わせている点が良いですね。当然、ご本人はこの編集に携わっておりませんが、AOR好きには良いんじゃないですかね。
b0042308_17041478.jpg
ポニー・キャニオン時代、レインボー・レイスの頃の「夢を見る人」「流星都市」はよく聴いたな~。
達郎さんの「あまく危険な香り」をカバーしていたのかー。オリジナルに匹敵するヴォーカルとアレンジが素晴らしい。

その後も聴いていた「ワーズ・オブ・ラブ」や「プライマル」も久々に聴いたけど、色褪せてないね。当時のバラード歌手としてのメーカーの押しにはちょっと抵抗あったけどね(笑)

思えばソロ・プロジェクト化して音楽の幅がかなり広がっているよね、やりたいこと、ソロなら100%だしね。それに当時は付いてこられなかったけど、今の耳だと田島さんのやりたいことに納得だね。

ラストの「アイリス」が素晴らしい。
夜勤行かなくて夜のドライブに行きたくなるね(笑)

AORファン、必聴のライトメロウ・シリーズです。


by daisuke_Tokyocity | 2018-02-04 19:23 | アマゾン | Trackback | Comments(4)
到着日  2017年1月30日
購入場所 Yahoo!ショッピング通販
購入価格 1CD + 1 Book¥4,320
備  考 “田島貴男 ひとりソウルツアー2017(番外編)”、“ふたりソウルショウ -田島貴男&長岡亮介(ペトロールズ)-”公演より
b0042308_14520300.jpg
通販サイト、オークション、メルカリはどこも転売ヤーらしき者がプレミア価格でぼったくり販売してますね。写真集付きの限定盤の定価は¥4,320ですよ。そんな中、定価で滑り込みで買えました。初回盤のCDをプレミア価格で販売ってどうにかならないのかねー。おっと、こういう苦言は作品と全く関係ありませんな。

昔、よく聴いていたオリジナル・ラヴ、今聴いても全く古くないことを再認識、古い新しいなんてそんなレベルで語る音楽ではないよね。なので最近、通販やオークションでライヴ盤や編集盤、廃盤のCDを買ってます。これは田島貴男とペトロールズの長岡亮介との共演ライヴ盤です。アコギ、エレキ、シーケンサーでふたりソウルショウ、田島、長岡のギター・プレイ、そして深く味わいのある渋いヴォーカルが寒い冬の中、ホットになります。ペトロールズは聴いたことないけど、長岡君のギター、熱いものを感じますね。自分より一つ年上の田島さん、今年の4月で52歳となりますが、ヴォーカルは更に上手くなってますね。アコギやエレキ、ギターだけで勝負するのはヴォーカル、ギターが上手くないとグダグダになりますからね(苦笑)
b0042308_14520409.jpg
オリジナル・ラヴのレッツ・ゴー、ミリオン・シークレット・オブ・ジャズ、接吻が泣けてくるな~。聴いていなかった頃のオリジナル・ラヴの楽曲も気に入りました。久しぶりにライヴも行きたくなりましたね。人気あるから直ぐに売り切れてしまうそうですね。しっかりと固定ファンに支えられているようです。今月は何気にオリジナル・ラヴ祭りとなりそう??

by daisuke_Tokyocity | 2018-02-02 15:06 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)