無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:LIVE IN JAPAN ( 421 ) タグの人気記事

購入日  2018年12月10日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD ¥3,800
備  考 1977年9月30日 名古屋市公会堂 SBD + AUD
b0042308_05542274.jpg
エリック・クラプトン1977年9月30日、名古屋市公会堂でのサウンドボード音源を欠損部分をオーディエンスで補填した完全版仕様です。

メインのモノラル・サウンドボードはジェネレーションの若いテープのようで音質が既発よりアップしているとのこと。(レイラのカット箇所も同様)ヒスノイズはあるものの、聴ける音源です。オフィシャル級なサウンドボードではございませんが、逆にサウンドボードはオフィシャル級ではない秘匿感ある音質が好きだったりします。名古屋市公会堂は音が良さそうな会場で、補填のオーディエンスはより臨場感を感じます。
b0042308_05542136.jpg
ジョージ・テリー、カール・レイドル、マーシー・レヴィ―と個人的に好きなバック・メンバーですね。
クラプトン、来日の話もあるとか。久々にエレクトリック・レイラが聴けるかも!!!

by daisuke_Tokyocity | 2018-12-20 05:54 | 西新宿 | Comments(4)
12/9,10大阪遠征メインイベント第2弾は
b0042308_17024385.jpg
大阪モノレール摂津駅から徒歩5分強、ライブハウスJACK LION でプロレステーマ曲専門バンド、MonkeyFlip(モンキーフリップ)の年一のライヴ2018に参加してきました。

15時開演、19時終了でした。
新日本ドーム興行クラスの4時間興行でした!

このバンド、大阪で活動して15年、プロレステーマ曲を主にカヴァーライヴしているバンドでございます。なので東京では観られないね。

チケット代はドリンク代込みで¥2,200、それが何と予約で売り切れ!これには驚きです。

丁度良いスペースのライヴハウス、居心地良かったです。客層は当然だけどプロレス・ファン大多数ですかね。40代以上の男子が多かったですかね。
b0042308_17074608.jpg
編成はキーボード、ギター2名、ドラムス、ベース、ホーンセクション3名の8人編成、キーボードの方がMCしてライヴを進行させます。トロンボーンの女性と女性ギタリストが時おりヴォーカル・パートにチェンジします。

セットリストは以下の通り

<前半>

01.スタン・ハンセン(SUNRISE)

02.小橋健太(SNIPER)

03.川田利明(Holy War)

04.ザ・ファンクス(スピニング・トー・ホールド)

05.ブルーザー・ブロディ(移民の歌)

06.ケンドー・カシン(スカイ・ウォーク)

07.棚橋弘至(HIGH ENERGY)

08.蝶野正洋(CRASH)

09.スーパー・ストロング・マシン(ハリケーンズ・バム)

10.UWF・プロレス・メインテーマ

11.BJWメインテーマ

12.ジャパンプロレス(HOT POINT)

13.みちのくプロレスのテーマ

14.天龍源一郎(Thunder Storm)

15.ジャンボ鶴田(J)

<後半>

16.武藤敬司(HOLD OUT)

17.秋山準(Shadow Explosion)

18.タッチ(唄:岩崎良美)

19.水の星へ愛をこめて(唄:森口博子)

20.ミル・マスカラス(SKY HIGH)

21.前田日明(CAPTURED)

22.ダイナマイト・キッド(Car Wars)

23.ビッグバン・ベイダー(Eyes Of The World)

24.マサ斎藤(THE FIGHT)

25.笑点のテーマ

26.輪島大士(NTVスポーツテーマ)

27.ジャイアント馬場(王者の魂)

28.ザ・ロード・ウォリアーズ(IRON MAN)

29.かけめぐる青春(唄:ビューティ・ペア)

<延長>

※世界最強タッグ決定リーグ戦のテーマ(OLYMPIA)

※越中詩郎(バイオレント・サタデーのテーマ)

※カクトウギのテーマ

※ワールドプロレスリングのテーマ(THE SCORE)

30.ディック・マードック(TEXAS FIGHT)

31.小橋建太(GRAND SWORD)

32.ザ・グレート・カブキ(ヤンキー・ステーション)

33.三沢光晴(スパルタンX)

※レッドブル軍団(The Red Spectacles)

34.橋本真也(爆勝宣言)

35.アントニオ猪木(炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~)

※モンキーフリップ・ブログ 酋長のブログ よりセットリストをコピペしました。

赤字は初演奏曲とのこと。

スタン・ハンセンからアントニオ猪木まで、たくさん演奏して頂きました。ベタな長州力のパワーホールはやらなかったね。越中選手のサムライ聴きたかったなー。蝶野正洋のは初期のファンタスティック・シティを聴きたかったな~。

オリジナルにほぼ準拠してのカヴァーにびっくり。ギターが目立つファンクスのスピニング・トー・ホールドなんてまるでクリエイションのようです。稀にプロレスと関係ない曲も演奏しますが、まあそういうことが有っても良いでしょう。

ファンのリクエストにも応える実力を兼ね備えております。橋本真也の爆勝宣言なんか完璧でした。ブロディの移民の歌はブロディ・オリジナルのサックス・ヴァージョンなのが渋い!

結成15年、継続は力なりを証明しているバンドですね。また観るなら大阪に行かねばならない!

途中休憩もあって4時間の長丁場でも疲れることなくとても楽しめたライヴでした。

今回、チケットを手配して頂いた国分小一さん、至れり尽くせりでどうもありがとうございました!


by daisuke_Tokyocity | 2018-12-13 01:35 | ライブ | Comments(4)
購入日  2018年10月22日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD + 1 Limited DVD-R¥3,800
備  考 1985年5月11日 東京・代々木第一体育館 ステレオSBD
b0042308_05482329.jpg
クイーンのCDがかなり売れているようですね。
一昨日はNHKの「クローズアップ現代+」で映画「ボヘミアンラプソディー」の特集を放送してましたね。
若いみなさんがクイーンを聴いて盛り上がっている光景は良いね。このようなことがずっと続いて欲しい。

そして西新宿もクイーンが売れております!
これはクイーンの重要イヤーでもある1985年の音源、クイーン解散回避のきっかけにもなったとも言われております。
フレディ在籍時の最後の日本ツアーより、5/11代々木公演です。しかもFM放送音源のステレオSBDです。FM放送音源もピンキリですがこれはハッキリ言っちゃうとオフィシャル級の超高音質です。初心者からマニアまで大満足です。本当にエアチェック音源?イントロのDJの声は既発のオフィシャル映像の音源と差し替える徹底ぶり、そのイントロの音質と本編の音質の差がはっきり判るのでこれはもうオフィシャルを超えた存在です。
b0042308_05482471.jpg
内容も正にクイーンのベスト・オブ・ベストなセットリスト、フレディもバンドもノッているのが判ります。
色々なことがあって干されたような85年のクイーンでしたが、日本ではみんなが温かい、そんな温かさにクイーンも居心地がとても良かったみたいでかなりリラックスそして活き活きしてますね。なのでボヘミアンラプソディーに感動、ハマったマニアには超オススメですぞ!

この来日公演の後、7月のライヴ・エイドまで空白が有るのですが、この二か月間、クイーンはどう過ごしていたのか知りたいな~、映画とは違った生活だったと思うからね、気になるね。
b0042308_05482558.jpg
ボーナスDVD-Rにはその公演のTV放送版付き!聴いて、観て楽しめるアイテムです!

by daisuke_Tokyocity | 2018-12-08 06:06 | 西新宿 | Comments(7)
12/4 19:15~ 豊洲PIT ゲスト:小堺一機
b0042308_01155463.jpg
渡辺美里ライヴ、2018年はなんと3回も行っちゃいました。今回は豊洲PIT、初めてのライヴ会場でございます。
有楽町線豊洲駅から徒歩10分、この日は暑い12月でしたので薄着で十分でしたね。
今回もribbon30周年を記念してのライヴ、ribbon power returnsとしての開催です。またribbon再現ライヴが観られると思うとついつい抽選販売に応募したら簡単に当たってしまいました(笑)
客層は50代多し、男性の方が多いかな。同世代の男女が居ると居心地が良いです。

前回のribbon再現ライヴは

ribbon power neo マイナビ赤坂ブリッツでした。

セットリストは

01 センチメンタル・カンガルー
02 恋したっていいじゃない
03 さくらの花の咲くころに
04 Believe
05 シャララ
06 19才の秘かな欲望
07 彼女の彼
08 ぼくでなくちゃ
09 Tokyo Calling
10 悲しいね
11 10 years
アンコール
12 夢中で走れ!
13 ここから

とribbonアルバム1枚とアンコールでは新曲の「夢中で走れ!」、2005年発表の「ここから」と前回よりも少し変えての構成、途中ゲストの小堺一機さんとのトークで和ませました。

美里さん、さすが現役な歌唱が素敵で素晴らしい!声はしっかりと出ておりました。ribbonをライヴで再現してくれるって本当に贅沢だよね!
また、バックメンバーが

この2018年のM・Evolution tour と違っていたので「恋したっていいじゃない」のアレンジはよりオリジナルに近い形でこれがまた良かったね。
新曲は美里さんらしい体育会系な疾走ソング、来年はアルバムを発表すると見た!来年のツアーも楽しみですね。19:15スタートで21:40終了、今回も楽しめましたよ!
元気いっぱいの美里さん、ライヴ行く度に元気が出ます、ありがとう!

by daisuke_Tokyocity | 2018-12-06 01:35 | ライブ | Comments(0)
本日11/28のトップ記事とします。

11/27 19:00~ オーチャードホール
b0042308_09204037.jpg
※撮影許可出ます。今回もトニー・レヴィンがカメラを出したら撮影OKです。

キング・クリムゾン3年ぶりの来日公演初日@オーチャードホールへ行ってきました。12/21の愛知県公演まで15公演、ほぼ一か月日本に滞在するキング・クリムゾン、3年前もこの時期だけに日本は彼らにとってこの時期が良いのかな?なんて。
因みに3年前の記事は以下の通り。

珍しく?継続しているキング・クリムゾン、フリップのキャリアの中で一番充実しているのではないかな?
今回の布陣は

Robert Fripp(Guitar)
Jakko Jakszyk(Guitar, Vocals)
Mel Collins(Saxes, Flute)
Tony Levin(Basses, Stick, Backing Vocals)
Pat Mastelotto(Acoustic And Electronic Percussion)
Gavin Harrison(Acoustic And Electronic Percussion)
Jeremy Stacey(Acoustic And Electronic Percussion, Keyboards)
Bill Rieflin(Mellotron, Keyboards, Fairy Dusting)

でやっぱりトリプル・ドラムにくぎ付けとなりますね。今回も3年前以上にとても良かった!音の良いオーチャードホールで前から11列目、クリムゾンの洪水のようなインプロに体にズシンズシンと響きます。ジャッコのヴォーカルは3年前に比べ更に磨きがかかってぐいぐい引き込まれます。会場はどれも音質の良さそうな会場を選んでおります。最近洋楽ミュージシャンが行かなくなった街にも行きますから地方公演はレアですぞ!!
時間通り19時開演で途中20分休憩含み終演時刻は21:50分頃、で約2時間半たっぷり彼らの演奏に浸れますよ。


【閲覧注意】セットリストはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2018-11-28 23:59 | ライブ | Comments(6)
到着日  2018年11月15日
購入場所 静岡通販
購入価格 2プレスCD¥2,800
備  考 2018年11月1日 東京ドーム AUD録音、EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)
b0042308_10245865.jpg
ポール2018日本ツアー二日目の音源です。
あの、yesterdayを歌わなかった歴史的公演です。この後の日本公演はyesterdayを歌わなかったですね。


定評あるEVSD & XAVEL のコラボ・ブートです。音質は初日10/31公演に比べるとオーディエンス・ノイズは適度で更に演奏がONの状態で高音質で聴けます。数多い今回のポール・ブートの中、値段、内容から見てこれで良いんじゃない?とも言えますね。

このツアー、何と言ってもホーンセクションの参加で音が厚くなっております。
まるでビートルズ・ヴァージョンのようなGot to get you into my life が素晴らしい。東京ドーム二日目、ナゴヤドーム公演参加のファンはラッキーでした。
b0042308_10245935.jpg
アンコールのYesterdayに代わって代打のI saw her standing there は個人的に聴きたかった曲なので大歓迎!

また、サウンドチェックも完全収録です。Got to get you into my life は本番への布石ですかな。バディ・ホリーの It's so easy は本番でも聴きたいカヴァーだね。
 
76歳のポール、楽曲によってはオリジナル・キーでは正直キツいところも有りましたが、元気には変わりありません、何だかんだ言って「また来てほしい!」ですね。

引き続き、両国国技館公演、ナゴヤドーム公演を聴いてレポートします。

来月もポール祭りで忙しいかな~?(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2018-11-27 11:53 | 国内ネット通販 | Comments(8)
購入日  2018年11月1日
購入場所 西新宿BF
購入価格 1プレスCD¥5,000相当
備  考 1971年9月28日 大阪フェスティバルホール サウンドボード moonchild records 5枚購入で貰える非売品ディスク、デフ・ジャケ
b0042308_17294424.jpg
真夜中過ぎの更新、今日は予めネタを下書きしておきました。夜勤のお昼休みに更新でございます。

MOONCHILDの千ブー5枚買うと貰える非売品ディスク、今回もZEP928黒犬ですがデフ・ジャケなんですね。この浮世絵ジャケットがなんだかかわいい(笑)

二八そばを黒犬が欲しがってます(笑)

二八、黒犬とシャレになっているところにセンスの良さを感じます(笑)これぞ、ブラック・ドッグだ!
b0042308_17294559.jpg
音質は言うまでもなくサウンドボードで高音質です。以前、貰った内容と同じです。ジャケットがカッコいいと欲しくなってしまいます(苦笑)
by daisuke_Tokyocity | 2018-11-20 01:34 | 西新宿 | Comments(12)
到着日  2018年11月15日
購入場所 静岡通販
購入価格 2プレスCD¥2,800
備  考 2018年10月31日 東京ドーム AUD録音、EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)
b0042308_10235338.jpg
ポール2018日本ツアー、最速の部類のプレス・リリースです。3枚組で¥2,800、EVSD & XAVELコラボでリリースです。これをきっかけに、両国国技館、ナゴヤドーム公演も高速プレス化です。早いね!

この東京ドーム公演はしかも当日のサウンドチェック付です。プレスでお手頃な値段、今後出るとインフォメされているXAVELのイヤモニは高くて手が出ないマニアにはプレスならこれで良いんでない的な内容です。音質、バランス、とても良いので安心して聴けます。時折、ポール!と絶叫する子ども?の声が大きいですが当日の臨場感として捉えても良いのかと思います。ちなみにこの子どもらしき声の方、サウンドチェックにも参加しております!(笑)

おじいちゃんなポールですが、ちょっとオリジナル・キーではきつい歌唱もございますが、おじいちゃんな年齢でこの声量は凄いのではないでしょうかね。
このツアーでは貴重となってしまったYesterday収録、Yesterdayでも歌唱はキツそう、これが11/1以降オミットにした理由かな??
b0042308_10235549.jpg
サウンドチェックでは本編でも聴きたい、カミング・アップやデイ・トリッパーを披露、デイ・トリッパーは初日の本編でもやるかと思ったけどね。サウンドチェックの演奏楽曲も日替わりで面白いです。

by daisuke_Tokyocity | 2018-11-18 19:23 | 国内ネット通販 | Comments(4)
写真提供:ヒカルさん、国分小一さん

提供ありがとうございました。

まずは、兵庫県から参加の国分さんの画像です。
b0042308_10115306.jpg
一塁側スタンド席ですね。チケットぴあの先行発売だそうです。
名古屋公演のラインナップは幻となった80年ウィングスの愛知県体育館以来38年振りだそうです。
今回、初めてってファンも多かったかな。
b0042308_10115374.jpg

b0042308_10115464.jpg

b0042308_10115408.jpg
スタンドからズームでこんなに綺麗に撮れるとは驚き!

続きましてヒカルさん提供写真です。
b0042308_10171231.jpg
アリーナB10ブロックだそうです。ビートルズクラブで購入、やっぱりビートルズ・クラブは良い席を持ってますね。
b0042308_10171308.jpg
良いショットです!名古屋公演ならではのカタコト日本語教えて下さい(笑)
b0042308_10171322.jpg
サムシングでのジョージ、リンゴ、ポールの3ショットが素敵です。
b0042308_10171329.jpg
若き日のジョージ降臨!
b0042308_10171439.jpg
サージェントの時はカラフルで写真が映えますね。
この日もYesterdayは歌わず、ピンチヒッターはBirthdayとのこと!Birthdayは2015年の武道館以来聴いてないなー。

これで全公演、写真をアップ出来ました。
後はザベルの音源を待つだけかな。別ソースの音源も楽しみ。散財間違いありませんね(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2018-11-10 10:57 | ライブ | Comments(6)
写真提供:ヒカルさん

続きまして両国国技館公演です。
b0042308_10061716.jpg
両国国技館と言えば幟!そのポール仕様ですね(笑)
今回のチケットは確か約¥40,000弱、武道館より小さい両国国技館でこの値段は、武道館で¥80,000で観た当方にとって安い~!は一般にはわからないマニア特有の麻痺感覚でしょう(笑)
b0042308_10061840.jpg
グッズ売り場はかなり盛況!
両国国技館限定Tシャツとか出たのかな?
法被は速攻で売り切れよのうでしたが、両国国技館分は有ったのかな?
b0042308_10061862.jpg
開場時間が押したらしく長蛇の列、2015の武道館を思い出します。
初会場は必ず時間が押すポールさんです(笑)
b0042308_10061889.jpg
席はアリーナB1ブロック、アリーナはAとBだけ。ビートルズクラブではまさかの落選、しかしチケットぴあで当選したようです。良かったですね。
b0042308_10061932.jpg
B1でもこの近さ、両国国技館公演参加されたファンが羨ましい。
b0042308_10070058.jpg
レッティン・ゴーの時、ホーン・セクションが
横に並んだそうです。これまた近い!
b0042308_10070188.jpg

b0042308_10070164.jpg
両国国技館公演なので、ならではのカタコト日本語を披露「ドスコイ!」「ゴッツァンデス」
元々、相撲が好きみたいですね。
いつか両国国技館でゆっくり観戦してくださいね。
b0042308_10070288.jpg

b0042308_10070209.jpg
セットリストは通常ツアーの短縮仕様だったそうです。この日もyesterdayは歌わなかったとのこと。
b0042308_10073579.jpg

b0042308_10073540.jpg

b0042308_10073672.jpg
どれも素晴らしい写真で感動だね。行った気持ちとなりました(笑)
ライヴをこのようにシェアするのも楽しいね!
by daisuke_Tokyocity | 2018-11-10 10:43 | ライブ | Comments(2)