無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:LIVE IN JAPAN ( 401 ) タグの人気記事

QUEEN / DEFINITIVE KOBE 1975

購入日  2018年12月30日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1プレスCD +  1 Bonus Limited CD-R¥2,800
備  考 1975年4月23日  神戸国際会館、AUD録音
b0042308_18371163.jpg
映画「ボヘミアン・ラプソディ」の人気が半端ありません。立川シネマシティの極音胸アツ応援上映の席が1分で満席!こりゃあ、当分極音胸アツ応援上映鑑賞は無理そうだな。

無理なのでブート聴こう(笑)

クイーン1975年初来日神戸公演AUD録音です。

この頃の招聘元はウドーではなく渡辺プロなんですね。どのようなルートだったのか興味が沸きます。

そんなヤング・クイーンの皆さん、凄まじい人気ですね。今から44年前の若いファンの黄色い歓声と野太い男性ファンの歓声?文句?も入り交じって面白い。

音質は75年でこの録音はストレスなしで聴けるヴィンテージ音源、LIARで終了なのが残念ですが、それを差し引いてもこの音源、音質が言葉では表せないヴィンテージ感が素晴らしいね!
b0042308_18371272.jpg
そして今回は
b0042308_18371228.jpg
別ソースの神戸公演のアナログ・ブートを疑似体験出来ます。もちろん当時は不完全、曲順も変え、各曲フェイドアウト処理されてますが、これまた音が良いのにびっくりです。プレスのソースで欠陥している所をこのアナログ・ブートで補填しているようです。

そうか、当時、オフィシャルでは当然ながらライヴ・アルバムはリリースされていなく、オフィシャル・ライヴ盤「ライヴ・キラーズ」が発売される前の状況、これがクイーンのライヴの音か!とファンはびっくりしたでしょうね。

確かに自分もFMラジオでクイーンのライヴを聴いてびっくりしたことを思い出しました。あの感覚だね。

映画では本の少しだけ語られた1975日本ツアー、東京公演も聴きたくなったので手に入れました~。

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-17 01:54 | 西新宿 | Trackback | Comments(4)
ブートレッグ・オブ・ジ・イヤー2018(無駄遣いな日々版)、まだまだ続きます(笑)

今回はイヤモニマトリックス部門を設けました。21世紀の新型ブートでしょうか、会場に居なくても出来てしまいます。音質が良いので、何年後か海外のメーカーがしれっとハーフ・オフィシャル化しそうですね(苦笑)、ミュージシャンもいつかはオフィシャル・ブートレッグでも良いんじゃない?ってレベルです。果たして大賞は??


エントリー及び大賞はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-14 12:15 | 西新宿 | Trackback | Comments(4)
到着日  2019年1月3日
購入場所 オークション
購入価格 送料別4プレスCD+2 Blu-ray-R + 2DVD-R¥7,800
備  考 2018年11月28日 東京ドームシティホール、11月29日 調布市・武蔵野森アリーナ Multiple Stereo IEM Matrix 限定50枚
b0042308_00042101.jpg
行っていないけど、ジューダス・プリーストの2018来日公演の音が聴きたくなった!東京公演2daysがリリースされました。リリースはXAVEL、そして当然ながらプレスでのリリースです。限定仕様でオーディエンス・ショットでブルーレイR、DVD-R付きです。XAVELがリリースするとどうしても欲しくなります、そして行ってもいないのに行った気がするんですよね(笑)

またプレスでのリリースは貴重、何とか50枚のリリースです。

静岡で買おうとしたら予約で売り切れ、某オークションサイトを覗いたら有るではないか!速攻で購入、そして翌日には届きました!
b0042308_00042294.jpg
XAVEL得意のイヤモニマトリックスで文句なしに高音質です。オーディエンス録音とのミックスでしょうね。観客の歓声とのバランス良し、音質良し、演奏良しで言うことありません。ロブの力強いヴォーカルがかっこいいね!
特筆はアンコールで二日間ともグレン・ティプトンが登場!(泣)
パーキンソン病と闘っているグレン・ティプトン、体調が良い時限定で何とかライブに出られるかな?ってところを東京公演二日間とも出場は現地でのファンは嬉しかったことでしょう。アンコールのMetal Gods ~ Breaking the Law ~ Living After Midnight の流れが素晴らしい。Living After Midnight のファンの嬉しそうな合唱がステージの素晴らしさを物語ってますな。
現地のファンが羨ましいよ。
b0042308_00042354.jpg
こちらは映像版です。限定仕様を買っておいて良かった!

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-07 00:19 | オークション | Trackback | Comments(6)
前々からリクエストのあった「ブートレッグ・オブ・ジ・イヤー2018」やってみたいと思います。

但し、当方が買って聴いたもののみをエントリー、大賞に選びますのでこれ扱ってないとか無しね(笑)
忘れているのもあるし...(苦笑)

昔プロレスの世界でWWA世界ヘビー級選手権(ロサンゼルス版)なんてのが有ったと同様ブートレッグ・オブ・ジ・イヤー2018(無駄遣いな日々版)として楽しんで頂ければ宜しいかなと思います。よろしくお願い致します。

今年も各メーカー、超高音質アイテムをリリースしてきました。昔のようにえー!こんな酷い音!?なんてアイテムは有りませんよね。昔と違って音が良くて当たり前なのです。そんな状況の中、ヴィンテージ・アイテムでも凄く良い音!ってアイテムも多いですよね。

今回はヴィンテージ・サウンドボードとしていくつかピックアップし大賞を決めたいと思います。基本的にオリジナルマスター商品です。


エントリー及び大賞はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-06 13:22 | 西新宿 | Trackback | Comments(8)
到着日  2018年12月22日
購入場所 静岡通販
購入価格 5プレスCD¥12,800
備  考 2018年11月5日 両国国技館 Multiple Stereo IEM Monitor Soundboard Matrix Master , AUD録音、両国国技館サウンドチェック付 限定300枚
b0042308_09200092.jpg
EVSD & XAVEL の圧巻の両国国技館セットです。手の込んだ制作にも進化を感じさせます。
b0042308_09200157.jpg
ボックスはEVSD得意のコーティングされた箱仕様、この箱ですとオフィシャルより高級感がございますね。
では中身を見てみましょう。



続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-05 13:24 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(8)
購入日  2018年12月10日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD¥2,800
備  考 2018年11月5日 両国国技館 IN - EAR MONITOR RECORDING
b0042308_14353283.jpg
お正月はポールの両国国技館公演のダイカン版イヤモニレコーディングを聴いてみました。
こちらも400枚以上の売り上げ、2プレスで¥2,800はお値打ちでございます。

イヤモニの印象ですがXAVEL以外はAMラジオ放送のイメージなのが正直なところ、しかしこのイヤモニはXAVELに迫る音質です!ダイカンチーム頑張りましたね(笑)なので売れたのでしょう。
XAVEL版は年末に届いたので聴き比べしてみます。
b0042308_14353393.jpg
イヤモニの生々しい音質だと、ポールさんのヴォーカルにキツさを感じてしまうが、高音質SBDの部類で聴きやすいですね。XAVELの高額ボックスに手が出ない時のこれは良いアイテムです!
思わず行った気になりますよ(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2019-01-03 15:03 | 西新宿 | Trackback | Comments(2)
12月28日 18:30~ 後楽園ホール 観衆1,580人

年末年始のプロレスと言えば正月の1・4東京ドームがメインですが、個人的には切羽詰まった年の瀬のプロレス観戦が好きだったりします。お正月の休みよりも年末の休みが何となく好き、そんなことが興じて久々に年末にプロレス観戦です。数多くの団体が年末に興行を行いますが、今回はズバリコレでしょう。
b0042308_09382260.jpg
長州力プロデュース興行 POWER HALL 2018 イヤー・エンド・スペシャル後楽園ホール大会です。
b0042308_10190900.jpg
年の瀬のプロレス、面白かったね!席は北側I列中央、リングサイドよりもリングと同じ目線の北側が観やすいね。¥5,000です。


続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2018-12-29 11:10 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(10)
購入日  2018年12月3日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2CD-R ¥2,500
備  考 2018年11月1日 日本武道館 AUD録音
b0042308_17151899.jpg
メリークリスマス!

真夜中過ぎの更新、当ブログ初登場?のマライア・キャリーのブートです。マライアのブートなんて珍しい。音質良くてもさすがにプレスでのリリースは見送りだよな。

でもあるだけで貴重じゃないかな。

2018年11月1日、日本武道館でのオーディエンス録音です。丁度その日はポールの東京ドーム公演でしたね。
ドームと武道館、そんなに遠くはない。そんな近い距離で二人のスーパースターがライブをやっていたんですね。

マライアは当初心身の状態が良くなくて、来日大丈夫かな?と思いきやしっかり体調、体型を整えて来日しました。
高音質なこの音源を聴くと予想外割以上に歌えているんじゃないかな。
Disc1はどちらかと言うと、自分があまり知らないヒップホップ系な楽曲だね。

そしてDisc2の後半はヒーローとクリスマスソングね。観客も結構ヒートしております。
b0042308_17151929.jpg
ライブ構成、歌唱はそんなに悪くない。聴けただけで貴重、だから手に入れました(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2018-12-25 01:34 | 西新宿 | Trackback | Comments(0)
購入日  2018年12月3日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD ¥3,800
備  考 1985年5月9日 日本武道館 AUD録音
b0042308_17151674.jpg
こちらの85武道館二日目はオープニングからエンディングまで高音質で楽しめます。

ライブ開演前のプレ・ミュージック・ショーから収録(補てん音源)、観客のヒートぶりや、クイーンの熱い演奏で武道館に居るような?そんな錯覚に感じます。

テープチェンジでカットされてしまうナウ・アイム・ヒアのフレディと観客の掛け合いは別ソースで補てん、この補てん音源も音が良いからパッチの違和感はほとんど感じません。

クイーンと日本のファンは正に相思相愛、この居心地の良さが「俺たちバンド続けて良いんだな」って思ったのかもしれません、いや、きっとそうでしょう。

エンディングのゴッド・セイブ・ザ・クイーンでのフレディのMCで名古屋でのアイ・ラブ・ユーの言葉は有りませんが感謝の言葉を投げ掛けられて当時のファンも嬉しかったことでしょう。

85年のフレディ在籍最後の日本ツアーは全て内容が良いですね!高音質アイテムが多いので映画でハマったファンも85ブートなら大丈夫?かな?(笑)
b0042308_17151733.jpg
これは大阪公演も聴きたくなるな(笑)

ライブ・エイドの熱演はワークスツアー、特に直近の日本公演がベースになっているかな!


by daisuke_Tokyocity | 2018-12-23 18:26 | 西新宿 | Trackback | Comments(2)

QUEEN / DEFINITIVE NAGOYA 1985

購入日  2018年12月3日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD ¥3,800
備  考 1985年5月13日 愛知県体育館 AUD録音 ※ RADIO GA GA 以降は別ソースで補填
b0042308_12295282.jpg
クイーンの人気が半端ないですね。

ライブ・エイドをリアルに大言していない若い世代にも人気あるとか。今回の映画でクイーンが好きになった方々は大歓迎!色々と語り合うことでクイーンの輪が広がりますね。

もしフレディが存命していて、クイーン来日なんてことあったら大変なことになっていたこたでしょうね~。

さて、そんな大人気のクイーン85年の名古屋公演が発掘されました。ボヘミアン・ラプソディーまでだけど、臨場感たっぷりで壮大感もあるライブ、85年でこんな高音質にびっくり!
さすが、ライブ・エイドのオーディエンステープを持っていただけありますね。ボヘミアン・ラプソディーまでなら誰が聴いてもこの内容なら大丈夫、感動します。

何よりクイーンとファンとのコミュニケーションが素晴らしい。フレディもナゴヤ!とか、カタコト日本語を披露しております。

ラブ・オブ・マイ・ライフでの合唱にアリガトー!と感動の言葉を投げ掛けたり、デーオー!のアジテーションはライブ・エイド以上に気合い入って、ファンの素晴らしい返しにワンダフル!と感動していると思われるフレディの人間味溢れるところなんか、泣けてくらぁ~!

別ソースで補ったレディオ・ガ・ガ以降は今回の発掘音源より正直ランクが落ちますが、盛り上がりは伝わってきます。
b0042308_12295329.jpg
ラストの伝説のチャンピオンの後のゴッド・セイブ・ザ・クイーンでのフレディのMC、サヨナラ!ジャパン、アイ・ラブ・ユー、シー・ユー・スーンにフレディの優しさが詰まってますな。

万人向けではないけど、そんな当時のフレディの気合い、優しさ、素晴らしい日本のファンの心意気に触れたいなら聴くべし!
by daisuke_Tokyocity | 2018-12-22 15:19 | 西新宿 | Trackback | Comments(5)