無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:LIVE IN JAPAN ( 408 ) タグの人気記事

到着日  2019年4月27日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD+1タワレコ限定CD-R¥2,484
備  考 オリジナル1989年、1989年1月17日、10月18日、10月22日 クラブクアトロ、7月22日 インクスティック六本木、AUD録音
b0042308_09585029.jpg
近田春夫&ビブラストーンのメジャー・デビュー前のライヴ盤が30年ぶりに復刻、当時このライヴ・アルバムの存在を知らなかっただけにこの再発は嬉しい。

近田春夫氏も強い男だ、昭和でデビューし、今思えばふるいにかけられる平成を耐え抜き、そして令和を迎えた。ふるいにかけられ自分は必要ないと思ってしまった某音楽プロデューサーや音楽評論家は淘汰される平成に耐えられず...。

近田氏と生き残れなかった方々を比較すると新しいものへの積極的導入って差もあるような気がします。まだ日本にピンとこなかったヒップ・ホップをしかも日本語でカッコ良く決めてますよ。再発記念で近田氏と高木完氏の対談が面白い。近田氏は元々ラッパーじゃないからさ~って新しい音楽への思いを包み隠さず話すところも好感もてます。そして今聴くと、とてもカッコイイ!じゃがたらのOTOのファンキーなギターソロがエモーショナルでエキサイトするね。Dr.Tommyと近田氏の掛け合いもホーンセクションがカッコイイ、ソウル、ファンク、アフリカンビート、レゲエが所々に散らばりそして時折、聴けるオールド・ウェイヴな雰囲気も素敵だ。要するに今聴いても色あせないんですよ。スタジオ盤よりライヴ盤ってのがカッコイイ秘訣なんだと思う。

Hoo!EI!Ho!(風営法)の○○さ!のさ!の掛け合いが日本語ラップの夜明けなんじゃないかね。本当の日本語ラップの始祖鳥はヴィジターズではなくてビブラストーンだね!
b0042308_09585079.jpg
出来れば拡大版でリリースして欲しかったけどこのダイジェスト的なライヴ盤、本当に飽きないよ。タワーレコード限定の特典として
b0042308_09585118.jpg
1990年8月11日クラブクアトロでのHo!Ei!Ho!のライヴ・ヴァージョンCD-Rが付いてきます。この90年ヴァージョンもエモーショナルかつファンキー!


by daisuke_Tokyocity | 2019-05-02 11:18 | 国内ネット通販 | Comments(0)

4月17日 クイーンの日

2019年4月17日は「クイーンの日」だそうです。
まずは、廃盤となっていたライヴ盤等再リリースを発表
b0042308_10555227.jpg
ライヴ盤の中でも名盤の部類だと思う「ライヴ・キラーズ」、旧仕様しか持ってなかったのでSHM-CDでリマスター仕様を購入、久々聴いたけど最近のファンでも十分楽しめる内容だね。
b0042308_10555385.jpg
因みに同時発売のライヴ・マジックも購入しました。ブートの完全版と比較作業しなければね。
そして、第2弾は4/5に発表
b0042308_10560900.jpg
現在も大ヒット上映中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」のブルーレイ&DVD2枚組です。楽天ブックスで25%割引きで購入。
b0042308_10560927.jpg
ブルーレイのみの特典映像としてライヴ・エイドの完全版を収録、四代目フレディ?のラミはテレキャスター持つんですね。
近々、DVD&ブルーレイ・プレーヤー等充実しているカラオケパセラでプライベート応援上映を画策中!(笑)

そして4/17クイーンの日第3弾発表として、ついにクイーン + アダム・ランバートの来日公演も決まっちゃいましたね。東京ドーム2デイズと思ったらさいたまスーパーアリーナ2デイズでしたか。ドームはその期間は毎年イベントがあるからかな~。前回の来日よりパワーアップしたツアーであることは間違いないでしょう。ロックは世襲制ありだと思っているので、三代目フレディ・マーキュリーのアダム・ランバートは似たようなヴォーカル・スタイルだし、演奏はクイーンそのものだから盛り上がること間違いないでしょう。フレディじゃないと嫌だ!って方も目線を変えれば盛り上がるはず??

無駄遣い版クイーンの日ですとこれプラスブートを紹介しますか!(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2019-04-20 11:25 | 音楽 | Comments(2)
4/15 19:00~ 日本武道館
b0042308_23550524.jpg
2016年以来3年ぶりのエリック・クラプトン来日公演に行って来ました。
今回は音楽仲間のネイトさんがウドー・プレミアムでチケットを取って頂き、アリーナA3ブロックという高位置での鑑賞となりました。
ネイトさん、チケットを取って頂き、ありがとうございました!

ド平日の月曜日なのに武道館は超満員、当日券も出ておりましたが当日券エリアと思われる北西、北東も満員です。やはり初日の影響かな??


【閲覧注意】セットリストはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-04-17 00:53 | ライブ | Comments(10)
4/5金曜日は午後半休で東京ドームシティホールで行われたリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのライブに行って来ました。
2013年、2016年、2019年と通算三度目の生リンゴ、観てきました。
b0042308_02330967.jpg
b0042308_02351850.jpg
今回の布陣は

リンゴ・スター (ex. ビートルズ)
スティーヴ・ルカサー (TOTO)
グレッグ・ローリー (ex. サンタナ / ジャーニー)
コリン・ヘイ (ex. メン・アット・ワーク)
ヘイミッシュ・スチュワート (ex. アべレージ・ホワイト・バンド)
ウォーレン・ハム (ex. ブラッド・ロック / カンサス / AD)
グレッグ・ビソネット (ex. デイヴ・リー・ロス)

で元メン・アット・ワークのコリン・ヘイと元アベレージ・ホワイト・バンドのヘイミッシュ・スチュワートが参加です。
リンゴのライヴは基本毎回同じですが、ポールと違ってよりハートフルで優しさ満載のライヴが居心地良いんですよね。
リンゴのキャラが良いんですね。最初から最後までリラックス出来ました。

会場の東京ドームシティホールはミニミニ武道館な感じです。席は第1バルコニーの7列目最後列でした。天井に圧迫感が無いわけでは有りませんが、まあ観やすい会場ではないですかね。会場では生ビール¥500も売っておりますが端席じゃないし、トイレ近くなるのでスルーです(笑)

セットリストは現在も開催中なのでこのページでは不表示にします。
残りは名古屋公演、尼崎公演、大阪公演ですね。行かれる方は盛り上げてくださいね!!


セットリスト等はこちら(ネタバレ注意)
by daisuke_Tokyocity | 2019-04-08 02:56 | ライブ | Comments(8)

3 KINGS / 3 KINGS SING THE BLUES

到着日  2019年3月4日
購入場所 シーナ&ロケッツ・オフィシャルショップ通販
購入価格 2CD 送料別¥2,500
備  考 2017年8月11日 京都・磔磔
b0042308_05281322.jpg
やっと手に入れて嬉しい。フォークの王様・友部正人、ブギの王様・三宅伸治、ロックの王様・鮎川誠の3キングが集まってのアコースティック・ライヴ盤です。アコースティック・ライヴと言っても鮎川さんはエレキ爆音です(笑)

ライヴ会場でしか入手出来ないライヴ盤ですが、シーナ&ロケッツ・オフィシャルショップでも購入可能となりましたが気づいた時は売り切れ、しかし一時復活したみたいでそれで何とか買えました、良かった、良かった!3/14現在は売り切れです。
b0042308_05281316.jpg
3人のそれぞれのオリジナルに、ストーンズやブルースのカバーを混ぜた迫力あるライヴ、友部さんの歌詞はフォークを越えてロックだね。三宅さんが全体のライヴをMCで仕切っての構成、鮎川さん70歳!とは思えないこのパワー、本当に高齢者ですかね??(笑)

この3人、ついにオリジナル・アルバムをリリースしました。これはまた楽しみが増えました。パワフル溢れる中高年ロックで身も心も健康になろう!!

by daisuke_Tokyocity | 2019-03-14 05:36 | 国内ネット通販 | Comments(2)
到着日  2019年1月18日
購入場所 静岡通販
購入価格 2プレスCD ¥8,000
備  考 1975年5月1日 日本武道館 AUD録音
b0042308_17192680.jpg
ジャケットは映画に出演した俳優陣じゃなくて本物ですよ(笑)

タランチュラのクイーン75年初来日武道館公演を聴きました。この日本ツアーでこの世界で食っていける!って自信が付いたようですね。

みんな一生懸命さが伝わってきますね。フレディのカタコト日本語MCが微笑ましい。
てっきり黄色い歓声で埋め尽くされていると思ったら、演奏メインでしっかりとそして当然ながら高音質で録音されております。オーディエンス録音の臨場感が素晴らしいです。誰が聴いても満足な音質ですね。
b0042308_17192514.jpg
まだデビュー仕立てだからカバー曲も演奏しております、フレディ主導のオリジナル曲の質の高さが素晴らしい!

by daisuke_Tokyocity | 2019-02-02 23:41 | 国内ネット通販 | Comments(2)
購入日  2019年1月21日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2 Limited Gift CD-R¥0
備  考 1985年5月11日 東京・代々木第一体育館 ステレオSBD録音 ウィークエンド・ライヴ・スペシャル ザ・コンサートより
b0042308_06370712.jpg
お昼のまさかのブートネタです(笑)

クイーン人気、衰えを知りませんね。
今度はライヴ・エイドのオーディエンスとFM放送音源とのマトリックスだそうです!考えますね(笑)

演奏をFM放送音源で観客の手拍子、合唱をオーディエンス音源を使用する形でしょうね。

って話が明後日の方向に行きそうだ(苦笑)

こちらのギフトRは先日リリースして完売となった
これの放送丸録りヴァージョンです。なのでイントロ、そして中間では某DJが短いクイーンの解説と曲目紹介が入っております。
オフィシャルよりもミックスバランスが良くて、音質も良いと言う正にオフィシャルを超えたブートってやつです。

2019年はこれのリール・マスターが出れば…、最高なんですけどね。現状このプレスで十分ですがね(笑)
b0042308_06370820.jpg
ラジオ・ガ・ガってそのまんまの曲紹介が昭和だな~(笑)
放送遺産としてもこれは価値有りですね。

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-23 12:55 | 西新宿 | Comments(0)

QUEEN / DEFINITIVE KOBE 1975

購入日  2018年12月30日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1プレスCD +  1 Bonus Limited CD-R¥2,800
備  考 1975年4月23日  神戸国際会館、AUD録音
b0042308_18371163.jpg
映画「ボヘミアン・ラプソディ」の人気が半端ありません。立川シネマシティの極音胸アツ応援上映の席が1分で満席!こりゃあ、当分極音胸アツ応援上映鑑賞は無理そうだな。

無理なのでブート聴こう(笑)

クイーン1975年初来日神戸公演AUD録音です。

この頃の招聘元はウドーではなく渡辺プロなんですね。どのようなルートだったのか興味が沸きます。

そんなヤング・クイーンの皆さん、凄まじい人気ですね。今から44年前の若いファンの黄色い歓声と野太い男性ファンの歓声?文句?も入り交じって面白い。

音質は75年でこの録音はストレスなしで聴けるヴィンテージ音源、LIARで終了なのが残念ですが、それを差し引いてもこの音源、音質が言葉では表せないヴィンテージ感が素晴らしいね!
b0042308_18371272.jpg
そして今回は
b0042308_18371228.jpg
別ソースの神戸公演のアナログ・ブートを疑似体験出来ます。もちろん当時は不完全、曲順も変え、各曲フェイドアウト処理されてますが、これまた音が良いのにびっくりです。プレスのソースで欠陥している所をこのアナログ・ブートで補填しているようです。

そうか、当時、オフィシャルでは当然ながらライヴ・アルバムはリリースされていなく、オフィシャル・ライヴ盤「ライヴ・キラーズ」が発売される前の状況、これがクイーンのライヴの音か!とファンはびっくりしたでしょうね。

確かに自分もFMラジオでクイーンのライヴを聴いてびっくりしたことを思い出しました。あの感覚だね。

映画では本の少しだけ語られた1975日本ツアー、東京公演も聴きたくなったので手に入れました~。

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-17 01:54 | 西新宿 | Comments(3)
ブートレッグ・オブ・ジ・イヤー2018(無駄遣いな日々版)、まだまだ続きます(笑)

今回はイヤモニマトリックス部門を設けました。21世紀の新型ブートでしょうか、会場に居なくても出来てしまいます。音質が良いので、何年後か海外のメーカーがしれっとハーフ・オフィシャル化しそうですね(苦笑)、ミュージシャンもいつかはオフィシャル・ブートレッグでも良いんじゃない?ってレベルです。果たして大賞は??


エントリー及び大賞はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-14 12:15 | 西新宿 | Comments(4)
到着日  2019年1月3日
購入場所 オークション
購入価格 送料別4プレスCD+2 Blu-ray-R + 2DVD-R¥7,800
備  考 2018年11月28日 東京ドームシティホール、11月29日 調布市・武蔵野森アリーナ Multiple Stereo IEM Matrix 限定50枚
b0042308_00042101.jpg
行っていないけど、ジューダス・プリーストの2018来日公演の音が聴きたくなった!東京公演2daysがリリースされました。リリースはXAVEL、そして当然ながらプレスでのリリースです。限定仕様でオーディエンス・ショットでブルーレイR、DVD-R付きです。XAVELがリリースするとどうしても欲しくなります、そして行ってもいないのに行った気がするんですよね(笑)

またプレスでのリリースは貴重、何とか50枚のリリースです。

静岡で買おうとしたら予約で売り切れ、某オークションサイトを覗いたら有るではないか!速攻で購入、そして翌日には届きました!
b0042308_00042294.jpg
XAVEL得意のイヤモニマトリックスで文句なしに高音質です。オーディエンス録音とのミックスでしょうね。観客の歓声とのバランス良し、音質良し、演奏良しで言うことありません。ロブの力強いヴォーカルがかっこいいね!
特筆はアンコールで二日間ともグレン・ティプトンが登場!(泣)
パーキンソン病と闘っているグレン・ティプトン、体調が良い時限定で何とかライブに出られるかな?ってところを東京公演二日間とも出場は現地でのファンは嬉しかったことでしょう。アンコールのMetal Gods ~ Breaking the Law ~ Living After Midnight の流れが素晴らしい。Living After Midnight のファンの嬉しそうな合唱がステージの素晴らしさを物語ってますな。
現地のファンが羨ましいよ。
b0042308_00042354.jpg
こちらは映像版です。限定仕様を買っておいて良かった!

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-07 00:19 | オークション | Comments(6)