無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:LIVE IN JAPAN ( 413 ) タグの人気記事

到着日時 2019年7月25日
購入場所 Yahoo!ショッピング通販
購入価格 1 CD 1DVD ¥3,107(定価¥3,790)
備  考 2018年6月10日、モーション・ブルー・ヨコハマ での実況録音盤
b0042308_16423696.jpg
久々!のCDネタです。

最近CD聴いてませんね。久々に聴いたら、やっぱり音楽は最高だね。

ショーケンのラスト・ライブ盤です。このライブの九ヶ月後に天国へ逝ってしまうなんて…。

徳間からリリースした柳ジョージ&レイニーウッドとのドンジャンや熱狂雷舞、アンドレ・マルロー・ライブに匹敵する充実のパフォーマンスです。

ショーケン独特のファルセットボイスにショーケン・バンドらしい昭和の香り全開のアンサンブル、ショーケンのあの歌い回しに感動です。

歌い方が素敵な愚か者、ボブ・マーリィのノー・ウーマン・ノー・クライを下敷きにした酒と泪と男と女、昭和を思い出すぐでんぐでん、そして、ショーケン代表曲でもあるローリング・オン・ザ・ロードのかっこよさに涙溢れます。このローリングをかっこよく歌えるのはショーケンと裕也さんだけだな。

ローリングを歌いながらのショーケンのMC、サンキュー・マイ・ディア・フレンズ!、そしてグッドバイ・ヨコハマの声になんだか永遠の別れを思い起こさせるものがございます。

闘病しているとは思えないショーケンのラスト・ライブ、オススメです!
b0042308_16423509.jpg
DVD付、四曲だけだけど、ローリング・オン・ザ・ロードが入っているだけで価値あり!

アイム・ラッキー・マン、アイブ・ツー・メニー・フレンズって言える人生を過ごしたいものですな。

今日も帰って聴こう!
by daisuke_Tokyocity | 2019-07-29 01:56 | 国内ネット通販 | Comments(0)
6/14はお休み、お休みだから出掛けたい。

今日はシティ・ポップ、AORの第一人者である安部恭弘の渋谷マウント・レイニー・ホール・プレジャープレジャーで行われたライヴへ行ってきました。5月末から今日まで良いライヴに行っているな~、アルカトラス、伊藤蘭、そして安部恭弘、この三つを行ったのはきっと自分だけでしょう(笑)
b0042308_00184440.jpg
デビューは1982年、デビュー37年です!
渋谷プレジャープレジャーは初めて行くライヴスペースです。ドリンク代¥600を払って入場です。
b0042308_00184547.jpg
元々は映画館でして居抜きでライヴスペースとなりました。椅子は映画館のままで席は広くカップホルダー有り、雨の場合は席に傘立てがございます。椅子の背もたれは後頭部まで有り楽ちんです。そして元映画館ですので傾斜があってとても観やすいですね。このライヴスペースは良いですね。

ステージ前半が最新アルバム「スルー・ザ・パスト」の全曲をアルバム順で披露、今年の1月にNewアルバムを出していたのか~。
そして特筆なのがバック・ミュージシャンで、安部さん含んで9人編成、小田和正バンドの木村万作(ドラムス)、吉池千秋(ベース)が参加、ギターの高山一也の洗練されたギターソロが煌びやかだ。そしてバックコーラスに木戸泰弘の参加がこのライヴ参加のきっかけでもあります。木戸さんのコーラス、渋いね~。唯一のリーダーソロ「キッド」が素晴らしいのです。ワンマンソロでも出来る実力の持ち主ですから木戸さんのコーラス聴けただけでも来た価値あるね。そんな素晴らしいメンバーだから演奏は素晴らしいの一言、AORライヴは音の洗練さが素晴らしい、CDを聴く以上に美しい。それを渋谷で聴く、なんておしゃれなんでしょう。まるでそこは流星都市、誰かと聴きたいな~。

後半戦は安部恭弘ベスト、初期のナンバーが嬉しかったね。セルフカバーで稲垣潤一のロング・バージョンが渋かったな~。アンコールで聴けたSTILL I LOVE YOU は正に奇跡!ダブル・アンコールのカフェ・フラミンゴで〆!今回のエレクトリック・バンドの演奏に引き込まれ、安部さんの優しいヴォーカルにリラックスする素敵なライヴ・ナイトでした!

また機会が有ればこのエレクトリック・ライヴに参加したいですね。

あ、その前にNewアルバムの「スルー・ザ・パスト」は買います!



by daisuke_Tokyocity | 2019-06-15 00:46 | ライブ | Comments(2)
行って来ました!ランちゃんの41年ぶりのライブです。ランちゃん最強デス!
b0042308_10241747.jpg
場所は東京ドームシティホール、ランちゃんにとって思い出の地後楽園でのライブです。
客層は男性中心、しかも自分より先輩の方々多し!当時のファンの方々でしょう。複数よりひとり客が多かったですね。
自分は今回は珍しく?平均年齢を下げる方ですね(笑)
席はアリーナ席16列目、チケットぴあの優先予約で当たりました!
b0042308_10242685.jpg
19時8分ライブ・スタートです。


続きはこちら【ネタバレ注意】
by daisuke_Tokyocity | 2019-06-12 23:59 | ライブ | Comments(8)
夜勤明け3連休の初日はグラハム・ボネット率いるアルカトラスのライヴに参加してきました。
チケットは整理番号で50番台、当ブログでもお馴染み(笑)のB級テーパーさんに取って頂きました。どうもありがとうございました。

グラハム・ボネット・バンドを改名してアルカトラスに変身!しかもその日はレインボー時代の名盤ダウン・トゥ・アース全曲再現付だから是が非でも行かなきゃねってことです。
場所は前から3列目中央をキープ出来ました。客層は50代多し!なので居心地良いです(笑)開場が開演前の1時間前、1時間じっと耐えて場内が暗くなり
b0042308_00481079.jpg
近いから写真もバッチリです。
革ジャンに黒Tシャツ、黒ジーンズのグラハム・ボネット登場、オープニングはダウン・トゥ・アースより1曲目のアイズ・オブ・ザ・ワールドです。ビッグ・バン・ベイダーを思い出した!
中年太りしていないグラハム、相変わらずのオールバックで声もバッチリ出ております。年齢71歳とは思えません。スピード感ある71歳ですね!
b0042308_00475851.jpg
布陣はギター、ベース、ドラムス、キーボードにグラハムの5人編成、ギターのジョー・スタンプはイングウェイっぽくて、しかもリッチーテイスト、時おりマイケル・シェンカーな味付けも良い、彼が弾くリフには引き込まれるね。
b0042308_00484713.jpg
ロスト・イン・ハリウッドでは生粋の若手ヘヴィ・メタル・ギタリストの若井望のエモーショナルでスピード感あるギター・プレイに感動、グイグイ攻めます!生でダウン・トゥ・アース全曲聴けるのは本当に最高だね。
b0042308_00490925.jpg
このシャウト!素晴らしい。前半がダウン・トゥ・アース全曲で後半はボネットのベスト選曲ライヴでした。ヒデキさんがカヴァーしたナイト・ゲームも披露しました、MSGの楽曲も披露で言うことなし!2時間半たっぷり演奏はお見事!

ダイカンで映像とセットのRが光速でリリースされました、関西最強テーパー氏の録音とのこと!
この狭い会場で知り合いの方が多く来られてびっくりですね!!

セットリスト

1. Eyes Of The World
2. All Night Long
3. Love's No Friend
4. Danger Zone
5. Makin' Love
6. Since You Been Gone
7. No Time To Lose
8. Lost in Hollywood
9. Night Of The Shooting Star
10. Too Young to Die, Too Drunk to Live
11. Hiroshima Mon Amour
12. Jet to Jet
13. General Hospital
14. Starcarr Lane
15. Kree Nakoorie
16. Guitar Solo
17. Desert Song
18. Night Games
19. Rock You to the Ground
20. Stand in Line
21. Leviathan
22. We Won't Be Forgotten
23. Tonight I Fly
24. Long Island Tea
25. Assault Attack
26. Into the Night
27. Goodnight and Goodbye

by daisuke_Tokyocity | 2019-06-05 01:13 | ライブ | Comments(10)
夜勤明けの5/31のハイライト
b0042308_09311396.jpg

b0042308_09311332.jpg
夜勤明け寝ないでさいたま新都心さいたまスーパーアリーナ横のけやき広場ビール祭に参加、11時から16時まで参加。
b0042308_09311346.jpg
19時から渋谷のO-EASTでアルカトラスのライブに参加です。
レインボーのDown To Earth の再現はお見事でした。そして中年太りしていないグラハムは素晴らしい!
b0042308_09311374.jpg
Lost in Hollywoodでは生粋のへヴィ・メタル・ギタリスト、若井望がゲスト参加で大いに盛り上げてくれました。
b0042308_09425225.jpg
〆は韓丼渋谷店でカルビ丼¥540でした。

帰りの電車はずっと立ちっぱなしでキツかったなー。
詳細は個別に紹介します。


by daisuke_Tokyocity | 2019-06-01 10:31 | ライブ | Comments(4)
到着日  2019年4月27日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD+1タワレコ限定CD-R¥2,484
備  考 オリジナル1989年、1989年1月17日、10月18日、10月22日 クラブクアトロ、7月22日 インクスティック六本木、AUD録音
b0042308_09585029.jpg
近田春夫&ビブラストーンのメジャー・デビュー前のライヴ盤が30年ぶりに復刻、当時このライヴ・アルバムの存在を知らなかっただけにこの再発は嬉しい。

近田春夫氏も強い男だ、昭和でデビューし、今思えばふるいにかけられる平成を耐え抜き、そして令和を迎えた。ふるいにかけられ自分は必要ないと思ってしまった某音楽プロデューサーや音楽評論家は淘汰される平成に耐えられず...。

近田氏と生き残れなかった方々を比較すると新しいものへの積極的導入って差もあるような気がします。まだ日本にピンとこなかったヒップ・ホップをしかも日本語でカッコ良く決めてますよ。再発記念で近田氏と高木完氏の対談が面白い。近田氏は元々ラッパーじゃないからさ~って新しい音楽への思いを包み隠さず話すところも好感もてます。そして今聴くと、とてもカッコイイ!じゃがたらのOTOのファンキーなギターソロがエモーショナルでエキサイトするね。Dr.Tommyと近田氏の掛け合いもホーンセクションがカッコイイ、ソウル、ファンク、アフリカンビート、レゲエが所々に散らばりそして時折、聴けるオールド・ウェイヴな雰囲気も素敵だ。要するに今聴いても色あせないんですよ。スタジオ盤よりライヴ盤ってのがカッコイイ秘訣なんだと思う。

Hoo!EI!Ho!(風営法)の○○さ!のさ!の掛け合いが日本語ラップの夜明けなんじゃないかね。本当の日本語ラップの始祖鳥はヴィジターズではなくてビブラストーンだね!
b0042308_09585079.jpg
出来れば拡大版でリリースして欲しかったけどこのダイジェスト的なライヴ盤、本当に飽きないよ。タワーレコード限定の特典として
b0042308_09585118.jpg
1990年8月11日クラブクアトロでのHo!Ei!Ho!のライヴ・ヴァージョンCD-Rが付いてきます。この90年ヴァージョンもエモーショナルかつファンキー!


by daisuke_Tokyocity | 2019-05-02 11:18 | 国内ネット通販 | Comments(0)

4月17日 クイーンの日

2019年4月17日は「クイーンの日」だそうです。
まずは、廃盤となっていたライヴ盤等再リリースを発表
b0042308_10555227.jpg
ライヴ盤の中でも名盤の部類だと思う「ライヴ・キラーズ」、旧仕様しか持ってなかったのでSHM-CDでリマスター仕様を購入、久々聴いたけど最近のファンでも十分楽しめる内容だね。
b0042308_10555385.jpg
因みに同時発売のライヴ・マジックも購入しました。ブートの完全版と比較作業しなければね。
そして、第2弾は4/5に発表
b0042308_10560900.jpg
現在も大ヒット上映中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」のブルーレイ&DVD2枚組です。楽天ブックスで25%割引きで購入。
b0042308_10560927.jpg
ブルーレイのみの特典映像としてライヴ・エイドの完全版を収録、四代目フレディ?のラミはテレキャスター持つんですね。
近々、DVD&ブルーレイ・プレーヤー等充実しているカラオケパセラでプライベート応援上映を画策中!(笑)

そして4/17クイーンの日第3弾発表として、ついにクイーン + アダム・ランバートの来日公演も決まっちゃいましたね。東京ドーム2デイズと思ったらさいたまスーパーアリーナ2デイズでしたか。ドームはその期間は毎年イベントがあるからかな~。前回の来日よりパワーアップしたツアーであることは間違いないでしょう。ロックは世襲制ありだと思っているので、三代目フレディ・マーキュリーのアダム・ランバートは似たようなヴォーカル・スタイルだし、演奏はクイーンそのものだから盛り上がること間違いないでしょう。フレディじゃないと嫌だ!って方も目線を変えれば盛り上がるはず??

無駄遣い版クイーンの日ですとこれプラスブートを紹介しますか!(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2019-04-20 11:25 | 音楽 | Comments(2)
4/15 19:00~ 日本武道館
b0042308_23550524.jpg
2016年以来3年ぶりのエリック・クラプトン来日公演に行って来ました。
今回は音楽仲間のネイトさんがウドー・プレミアムでチケットを取って頂き、アリーナA3ブロックという高位置での鑑賞となりました。
ネイトさん、チケットを取って頂き、ありがとうございました!

ド平日の月曜日なのに武道館は超満員、当日券も出ておりましたが当日券エリアと思われる北西、北東も満員です。やはり初日の影響かな??


【閲覧注意】セットリストはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-04-17 00:53 | ライブ | Comments(10)
4/5金曜日は午後半休で東京ドームシティホールで行われたリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのライブに行って来ました。
2013年、2016年、2019年と通算三度目の生リンゴ、観てきました。
b0042308_02330967.jpg
b0042308_02351850.jpg
今回の布陣は

リンゴ・スター (ex. ビートルズ)
スティーヴ・ルカサー (TOTO)
グレッグ・ローリー (ex. サンタナ / ジャーニー)
コリン・ヘイ (ex. メン・アット・ワーク)
ヘイミッシュ・スチュワート (ex. アべレージ・ホワイト・バンド)
ウォーレン・ハム (ex. ブラッド・ロック / カンサス / AD)
グレッグ・ビソネット (ex. デイヴ・リー・ロス)

で元メン・アット・ワークのコリン・ヘイと元アベレージ・ホワイト・バンドのヘイミッシュ・スチュワートが参加です。
リンゴのライヴは基本毎回同じですが、ポールと違ってよりハートフルで優しさ満載のライヴが居心地良いんですよね。
リンゴのキャラが良いんですね。最初から最後までリラックス出来ました。

会場の東京ドームシティホールはミニミニ武道館な感じです。席は第1バルコニーの7列目最後列でした。天井に圧迫感が無いわけでは有りませんが、まあ観やすい会場ではないですかね。会場では生ビール¥500も売っておりますが端席じゃないし、トイレ近くなるのでスルーです(笑)

セットリストは現在も開催中なのでこのページでは不表示にします。
残りは名古屋公演、尼崎公演、大阪公演ですね。行かれる方は盛り上げてくださいね!!


セットリスト等はこちら(ネタバレ注意)
by daisuke_Tokyocity | 2019-04-08 02:56 | ライブ | Comments(8)

3 KINGS / 3 KINGS SING THE BLUES

到着日  2019年3月4日
購入場所 シーナ&ロケッツ・オフィシャルショップ通販
購入価格 2CD 送料別¥2,500
備  考 2017年8月11日 京都・磔磔
b0042308_05281322.jpg
やっと手に入れて嬉しい。フォークの王様・友部正人、ブギの王様・三宅伸治、ロックの王様・鮎川誠の3キングが集まってのアコースティック・ライヴ盤です。アコースティック・ライヴと言っても鮎川さんはエレキ爆音です(笑)

ライヴ会場でしか入手出来ないライヴ盤ですが、シーナ&ロケッツ・オフィシャルショップでも購入可能となりましたが気づいた時は売り切れ、しかし一時復活したみたいでそれで何とか買えました、良かった、良かった!3/14現在は売り切れです。
b0042308_05281316.jpg
3人のそれぞれのオリジナルに、ストーンズやブルースのカバーを混ぜた迫力あるライヴ、友部さんの歌詞はフォークを越えてロックだね。三宅さんが全体のライヴをMCで仕切っての構成、鮎川さん70歳!とは思えないこのパワー、本当に高齢者ですかね??(笑)

この3人、ついにオリジナル・アルバムをリリースしました。これはまた楽しみが増えました。パワフル溢れる中高年ロックで身も心も健康になろう!!

by daisuke_Tokyocity | 2019-03-14 05:36 | 国内ネット通販 | Comments(2)