無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

AC/DCのギタリスト、マルコム・ヤングのトリビュートTシャツ到着!
AC/DC マルコム・ヤング トリビュートTシャツ_b0042308_14224297.jpg
アメリカサイズXLはちょっと大きいかな~。米サイトでの発注はサイズ要注意、デカイけどまあ何とかなるでしょう。BABYMETALのBIG-Teeよりは小さいけどね(苦笑)
AC/DC マルコム・ヤング トリビュートTシャツ_b0042308_14225326.jpg
米Tシャツサイトより購入、2枚買って送料込みで\5,000位だったかな~。

池袋のTシャツショップのガンズ福袋が気になる...。

by daisuke_Tokyocity | 2017-12-27 14:27 | 音楽 | Comments(2)
到着日   2013年6月27日
購入場所 浜松通販
購入価格 3プレスCD¥9,800
備   考 1981年2月4日、5日 東京・日本青年館 超高音質AUD録音
AC/DC / ELECTRIC ATTACK!! 電撃来襲!!_b0042308_21512430.jpg
AC/DC / ELECTRIC ATTACK!! 電撃来襲!!_b0042308_21515651.jpg

新タラからリリースされたAC/DCの初来日東京公演を買っちゃいました。桃氏の録音、日本青年館二階席の安全エリアから見事な録音です。1F前面は観客がステージに殺到しちゃって安定した録音は不可能でしたから正にベスト・ポイントではないでしょうか。

81年2月5日公演はFM放送でオンエアされ、また映像も東京12チャンネルで五日間に渡ってオンエア、当時中一の自分にとってとても印象に残る公演でした。AUD録音で聴きたいなと思っていたのでこのリリースは大変に喜ばしい。3CD約¥10,000は高い買い物ですが内容的に大満足でありました。
AC/DC / ELECTRIC ATTACK!! 電撃来襲!!_b0042308_21565985.jpg

箱を開けるとブックレットが入っておりました。そして
AC/DC / ELECTRIC ATTACK!! 電撃来襲!!_b0042308_21574319.jpg

DISCナンバーなしのこのディスクは2/4公演の本編のみ収録、アンコールは実際に演奏したのかしないのか、それとも録音機材トラブルで録音出来なかったのか?詳細はわかりませんが、この本編だけでも聴き応え十分、それにしても相変わらずの爆音!ヴォーカルもON気味に録音、アンガス・ヤングのギターも完全に捕獲しております。凄い迫力ですね。マルコム・ヤングのリズム・ギターは縁の下の力持ち、彼のおかげでアンガスのギター・プレイのかっこよさ、素晴らしさを引き出しておりますね。こんな高音質で聴けるとは本当に感動です。
AC/DC / ELECTRIC ATTACK!! 電撃来襲!!_b0042308_2213417.jpg
AC/DC / ELECTRIC ATTACK!! 電撃来襲!!_b0042308_2214776.jpg

こちらのDISC1,2はお馴染み2/5公演を本編、アンコール、終演アナウンスまで完全収録、これまた安定した超高音質録音で最高でございます。正にハード・ブギの洪水!ドライヴ感あふれる彼らのライヴはとにかくカッコいい!の一言ですな。2/5公演が全て聴けてこれまた感動でございます。

この公演から32年経過した今でも基本的に音楽スタイルを一切変えない彼ら、やはり継続は力なりでありますね。好き嫌い関係なく長く続けていることに敬意を表します。
by daisuke_Tokyocity | 2013-07-03 22:10 | 国内ネット通販 | Comments(6)

AC/DC / LIVE AT BUDOKAN

購入日   2013年3月31日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD+1 Bonus DVD-R+1 Replica Ticket¥5,400
備   考 1982年6月10日 東京・日本武道館 AUD録音
AC/DC / LIVE AT BUDOKAN_b0042308_0224474.jpg

81年の来日公演から1年ちょっと経過したAC/DCは日本でもビッグなグループとなり、日本青年館よりもはるかに大きい武道館で2度目の来日公演でございます。この公演、過去に別音源を持っておりましてそれはこちらでございます。
新タラの桃音源は至近距離で爆音轟いておりますが、こちらのNEW音源はアリーナIブロックでの録音で桃音源に比べますと距離感はあるものの、音像全体をしっかりと捉えており、ストレスなしで聴けます。全体的に安定した音源で聴きやすいです。
昔はこのような高品質な録音音源も少なかったので今の時代は、良い音源がいっぱい聴けますね。ブート・バブルでない時期に聴けるのが本当に不思議です(笑)

1年ちょっと経過した彼ら、基本的にあまり変わらないところが好きだったりします。1982年だから「悪魔の招待状」の頃ですが、そのアルバムから1曲のみなんですよね。まるでバック・イン・ブラックのツアーのようです。それから30年以上経過した現在も爆音をキープ、いつまでも変わらない姿勢は素晴らしいの一言です。変わらない素晴らしさ、実際に体感したいですね。AC/DCのパワフルな活動は自分に元気を与えてくれますね。
AC/DC / LIVE AT BUDOKAN_b0042308_0335748.jpg

そして今回のオマケは
AC/DC / LIVE AT BUDOKAN_b0042308_0343134.jpg

レプリカ・チケットと
AC/DC / LIVE AT BUDOKAN_b0042308_0352376.jpg

1983年11月18日のデトロイト公演のプロ・ショットDVD-R付き、3曲がオフィシャルに使用される名演でございます。81年2月のメルボルン公演も収録されております。
by daisuke_Tokyocity | 2013-04-06 00:41 | 西新宿 | Comments(4)

AC/DC / NIHON SEINENKAN 1981

購入日   2013年3月31日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1プレスCD+1 Bonus DVD-R¥3,500
備   考 1981年2月5日 東京・日本青年館 FM放送録音
AC/DC / NIHON SEINENKAN 1981_b0042308_2305025.jpg

久々のCDネタ、西新宿ネタでございます。
最近はグルメ・ブログ化しておりますが、CD買っていないのが実情です。
ようやく給料が入ったのでCD買いました(笑)
AC/DC / NIHON SEINENKAN 1981_b0042308_2345822.jpg

これまた懐かしいAC/DC初来日公演のFM放送音源です。国営放送でオン・エアされたものなのですが、今から30年以上前のエア・チェック音源なのにテープ状態、そして録音機材も高スペックなのか、音が激しく良い!正にオフィシャル級の音質です。ミックスのバランスも良く、リズム隊の音もくっきり、ブライアンのヴォーカルもくっきり、アンガス・ヤングのリードもマルコム・ヤングのリズムもくっきりで正に言うことありません!オフィシャル級ですので初心者にも値段的にもオススメのアイテムです。
DJイントロではオーストラリアのへヴィ・メタル・バンドと紹介しておりますが、HMと言うかこれはハード・ブギだね。1曲目のHELLS BELLSでかなりエキサイトしちゃいます。そしてBACK IN BLACKで燃えますね。全編彼らの爆走ライヴがダイジェストながら満喫できます。TNT爆発のライヴです。小さい日本青年館ってのもレアですな。日本青年館が爆発しそうな勢いです!

AC/DCの初来日公演はよく覚えていてTVでも放送されたし、何より日本ツアーのプロモーション・ピクチャー・レコードが日テレの番組で抽選で5名で当たったことでとても印象に残ってますね。
確か、彼らもゲスト出演されて、当時の日テレ・アナの福留さんとトークしておりました。最後の数秒間でプレゼントの紹介でしたし、夕方の番組ってことで当選確率は意外と高かったかな??
AC/DC / NIHON SEINENKAN 1981_b0042308_2316211.jpg

ボーナスDVD-Rとしてその某民放で5日連続(15分番組を5日連続)で放送されたライヴ映像です。
これまた懐かしい!タイトルは電撃襲来こと「ELECTRIC ATTACK」

一部、オフィシャル・ブートレッグ化しておりますが、こちらでは放送全てが観られます。こちらの音は観客の余計な歓声を被せた様な?ミックスですね。HELLS BELLSオープニングのブライアンのヴォーカル・マイクのハウリングは同じでした。この映像マスターは無いだろうな~。前へ殺到する観客が凄い!FM放送でオミットされた曲もあるので貴重ですね。アンガス・ヤングの1ステージで走る距離は10キロで東京~新宿間に相当するとか、電撃襲来というテロップが笑っちゃいました。

ところでこの日本青年館のAUD録音って無いのかな??全編聴きたくなるね。
by daisuke_Tokyocity | 2013-04-01 23:29 | 西新宿 | Comments(6)