無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:日本のロック ( 188 ) タグの人気記事

到着日 2018年6月4日
購入場所 HMV & BOOKS通販
購入価格 1SHM-CD¥2,577 (定価 ¥2,800)
備  考 オリジナル1984年、初紙ジャケット化、デジタル・リマスター不明
b0042308_17551549.jpg
夜勤の昼休みです。今夜も夜勤飯なし、代わりにCDを紹介しましょう。

安全地帯のオリジナル・アルバムの紙ジャケが昨年の11月にリリースされていたのですね。

安全地帯も好きなので取り敢えずキティ時代のオリジナル・アルバムを買っちゃいました。まずは大ヒット曲収録の「安全地帯Ⅱ」を紹介しましょう。

作詞は一部は陽水、メインは松井五郎ですね。全作曲は玉置浩二、アレンジは星勝&安全地帯です。
玉置浩二さん、作曲センス、音楽センスはとても良いのに、音楽の世界では評価らしい評価はされていないのが実情、玉置さんが個性強い芸能人だから、そればかりクローズアップされてしまうよね。まあ、あの強い個性じゃないと厳しい芸能界でサバイバル出来ませんからね。

ブレイクした「ワインレッドの心」「真夜中すぎの恋」「マスカレード」のシングル三連発で玉置さんの作曲センスが光っております。元モップスの星勝さんの繊細なアレンジも素晴らしく、これは大ヒットしますね。

安全地帯もどうもベストアルバムだけで良いみたいな感じになっているけどアルバム収録曲もあじわいあって良いよ~。
b0042308_17551632.jpg
当時の帯や歌詞カードも忠実に再現したストレート・リイシューです。デジタル・リマスターは明記されてませんが、クリアでオリジナルを損なわない音質で気に入ってます。

ブックオフでもたまにプラケCD見かけますので、まだ気軽に聴ける環境だと思います。

もっと聴きたい安全地帯です!

by daisuke_Tokyocity | 2018-06-06 01:20 | 国内ネット通販 | Comments(6)

村八分 / くたびれて

到着日  2018年5月17日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 1CD¥2,484
備  考 オリジナル1991年、1971年4月30日録音、新装ジャケット、2018年最新リマスタリング
b0042308_16295242.jpg
村八分の「くたびれて」が通算5度目の商品化です。最初は1991年、その後2005年の村八分BOXで再発、2007年で単独再発、2015年にはレコードストアデイ限定でアナログ再発、その時のジャケットがコレね。そして今回の2018年版が最新リマスタリングで再発です。全部買ってますね(笑)

ストーンズ風なワイルドでルーズな冨士夫さんのギターとチャー坊の鬼気迫るヴォーカルが魅力です。チャック・ベリーのリトル・クイニーをストーンズがカバーした風の「どうしようかな」とかシンパシー・フォー・ザ・デヴィル風の楽曲もあったりと当時やりたかった音が詰まってます。今回のリマスタリングでこんなに音が良かったっけ?って具合に良い音質です。チャー坊のヴォーカルがくっきりでON気味のミックスで生々しいです。
b0042308_16295344.jpg
当時のメンバー5人中、4人が既に鬼籍に入ってしまって...。チャー坊も冨士夫さんも青ちゃんも浅田哲も早く逝きすぎですよ(泣)もっと村八分の音源はまだまだ眠っているはず、冨士夫さん関連の発掘音源をリリースしているgoodlovin'に期待しております!
b0042308_16543503.jpg
特典は当時のライヴ・チケットのレプリカが付いております。
日本のロック、GSの後のムーブメントには欠かせない存在の村八分、もっと音聴きたいぞ!


by daisuke_Tokyocity | 2018-05-22 16:56 | 国内ネット通販 | Comments(2)
購入日  2018年5月1日
購入場所 BOOK・OFF国立駅南口店
購入価格 1中古CD¥1,550(当時定価¥3,150)
備  考 オリジナル2006年、帯付
b0042308_11552719.jpg
晴れて暑い5/1は国立駅前付近を探索、ラーメンショップで美味しいラーメンを食べ、鉄道総研国立研究所引き込み線跡地を堪能し、念願のRCサクセションの聖地を訪れ、紀伊国屋スーパーでは欲しかった調味料を手に入れた、そしてダメ元で国立駅前のブックオフへ寄ったらオリジナル・ラヴの廃盤を見つけることが出来たととにかく至れり尽くせりで驚いたね(笑)

2006年発表のオリジナル・アルバムです。他のアルバムは¥950だったけど、これだけ¥1,550、Amazonを調べたら廃盤で納得、参考にはなりませんがマーケットプレイスでは¥2,000以上したので迷わず買いです。
田島貴男ソロのオリジナル・ラヴ、このアルバムでは田島さんのエレキギターが唸ってますね。所々エレキギターの存在感をアピールしているね。前回のキングスロードに続いて、古田たかしの参加クレジットがファンには嬉しい。名曲「カフカの城」収録です。見つけたら買い!
b0042308_11552830.jpg
スカイラインに乗る田島さん、カッコイイ。モノクロなのも昭和な東京のイメージなのかな。東京が似合う男です(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2018-05-07 12:10 | ブックオフ | Comments(4)
購入日  2018年3月19日
購入場所 BOOK・OFFスーパーバザール立川駅北口店
購入価格 1中古CD¥950(当時定価¥3,150)
備  考 オリジナル2003年、11枚目のオリジナル・アルバム、帯付
b0042308_17004933.jpg
オリジナル・ラヴ、2003年リリースの11枚目のアルバムを15年経過した今、聴きました。これまた素晴らしいアルバム!当時聴かなかったことを後悔だね。それをブックオフで見つけるのはナイス・タイミングだね。
ソロ・プロジェクト化したオリジナル・ラヴ、今回のメンバーはついに矢野顕子女史やウィル・リーがグループ入り!(笑)
全編の作曲、アレンジは田島さんのやりたいことがめーいっぱい詰まってませすね。作詞に松本隆、松井五郎とのコラボもバッチリだね。ソウル、ロックンロール、美メロ、ヒップホップ上手く消化して見事なアルバムに仕上げております。エモーショナルに歌う「ふられた気持ち」、サンシャイン・ロマンスのような「恋の彗星」、ニューヨークで矢野顕子、ウィル・リーが参加の松井五郎作詞「美貌の罠」、「のすたるぢや」どれもが最高です!!

この頃のライヴも観てみたかったな~、ライヴ・アンソロジーが出来る位ツアーはやっているから出して欲しいな~。
b0042308_17005093.jpg
探せば他にも色々と発掘出来そうです!


by daisuke_Tokyocity | 2018-03-23 17:13 | ブックオフ | Comments(2)
到着日  2018年3月9日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥2,500
備  考 2018年発売、2017年12月28,30日 麗蘭・磔磔Vol.25
b0042308_23243900.jpg
スライダーズのライヴ聴いたら、スライダーズのメンバーのソロ活動を聴きたくなったので久々に麗蘭を聴きました。麗蘭、チャボと蘭丸のユニットです。57歳には見えない蘭丸と67歳には見えないチャボ、二人で組んで今年で何と27年ですよ!スライダーズよりもウマが合う??(笑)

バンド編成で、年末恒例の京都・磔磔でのライヴ盤です。新曲5曲収録の全11曲、11曲じゃあ物足りない、もっと聴きたいって欲望が疼くね(笑)

とにかく二人のギターがカッコイイんだ、そして若いんだよね。麗蘭はライヴ盤がとても似合うね。50歳になると麗蘭のような音楽が身に染みて良いんだ。1曲目のチャボのMCがカッコイイ、イエー!って言えるチャボ、いつまでも若くいて欲しいな。歌い方が清志郎に似て来たね(笑)Come on! Let's go! ~ Get Back の流れが最高!自分が好きなロックのリフが良いんです。この2曲だけでも買いです。
b0042308_23243920.jpg
日本のロックが好きで良かったよ、これをきっかけに麗蘭の過去のライヴ盤に手を出します(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2018-03-19 23:40 | アマゾン | Comments(2)
到着日  2018年3月7日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD ¥2,700
備  考 オリジナル1977年、最新リマスタリング、初CD化
b0042308_09484524.jpg
アン・ルイス姐さんの70年代のオリジナル・アルバムが驚きの紙ジャケット&リマスターで初復刻です。何と7枚も!アン姐さん、好きなので気合いの全買いですよ、全買い!
70年代のアンは歌謡曲中心、ラ・セゾンの歌謡ロック前の路線、洋邦楽80年代は70年代のミュージシャンのイメージを変えての戦略が多かったです。洋楽は顕著だけど、邦楽もそんな路線が有ったことが確認出来ます。

これは77年発表のメリー・ジェーンを除く洋楽オールディーズ・カヴァー集ですね。過去にリリースした曲も入って寄せ集めな感はあるけど英語曲はアン姐さんのヴォーカルが冴えますね。強烈なカヴァーが1972年発表!の「アン・ルイス・ベンチャーズ・ヒットを歌う」から「10番街の殺人」「急がば廻れ」の日本語歌詞がシュールでパワーあります(笑)変わったカバーですね。
ロコモーションや悲しき雨音、プリーズ・ミスター・ポストマンなんかはアン姐さんらしいです。当時の参加ミュージシャンのクレジットが無いのは残念ですが、祝復刻です。

歌謡ロックのアン姐さんは豪快だったけど、歌謡曲なアン姐さんは何か可愛らしい。
b0042308_09484642.jpg
当時二十歳です!今は引退してしまったけど、また歌いたくなったら歌ってください!
b0042308_09484735.jpg
ボーナストラックは当時リリースしたシングル曲2曲を収録、ちゃんとシングルジャケットも復刻しておりました。
ユーミン作詞作曲、遊眠亭主アレンジの「甘い予感」とB面曲「青春の一ページ」を収録。「甘い予感」はシティ・ポップな片鱗あり、ユーミンテイストがアン姐さんの巻き舌っぽい日本語ヴォーカルに合うね!ナイス正隆アレンジ!



by daisuke_Tokyocity | 2018-03-15 10:05 | 国内ネット通販 | Comments(6)
到着日  2018年3月8日
購入場所 日Amazonマーケットプレイス通販
購入価格 1中古CD ¥1,100 + 送料¥350
備  考 2008年発売
b0042308_11373652.jpg
ミドル&メロウなクレイジーケンバンドがカッコイイので2に引き続き2008年リリースの第1集も買っちゃいました。
音に湿度が無くて心地よくカッコイイですね。ラップ調な剣さんのヴォーカルも歌詞にあるような空気読めない勘違いおじさんじゃないです(笑)
嫌味が無くてカッコイイ、それにこのバンドには欠かせない菅原愛子女史のヴォーカルが絡むと何だか女性を口説いているようで(笑)
とにかく湿度が低く、乾いたアレンジとマッチして最高だね。
b0042308_11373760.jpg
このミドル&メロウシリーズはタイトルは少ないものの、良いアイテムが出てますね。古内東子や土岐麻子も機会が有れば聴いてみたいな。クレイジーケンバンドのミドル&メロウは夏の歌も暑苦しくないのがイイネ!

by daisuke_Tokyocity | 2018-03-11 11:58 | アマゾン | Comments(0)

The Street Sliders / LAST LIVE

到着日  2018年3月7日
購入場所 SME限定通販
購入価格 2CD ¥3,780
備  考 2000年10月29日 日本武道館 2017最新リマスター
b0042308_11063265.jpg
我が青春のバンドの一つ、ストリート・スライダーズのライヴ盤がソニー・ミュージック・ショップ限定で再発されました。もう1年以上前ですが(苦笑)、でも最新リマスターですよ。SME限定なので、タワーやAmazonでは売っておりません、もちろん店頭売りもなし。Amazonでぼったくり価格で売っているのは2001年版ですので注意です。

自分も行ったスライダーズの武道館解散ライヴ、席は北ブロックでバックステージからの鑑賞でしたが、メンバーの表情がよく観えて楽しかった記憶がございます。
オフィシャル盤には珍しい完全収録、アディショナル・プレーヤーなしの4人だけのライヴだから本来のスライダーズの音ですね。ハリーのパンチあるヴォーカルとキース仕様のサイド・ギター、蘭丸のリード・ギター、ジェームス、ズズのリズムがスリリングだね。ジェームズがリード・ヴォーカルのハロー・オールド・フレンズ、蘭丸リード・ヴォーカルのフィーバーも収録、個人的にスライダーズとしてはポップなパードン・ミーの演奏が嬉しかったな。

終盤のバック・トゥ・バック、ハリーの踊ろう!踊ろう!のMCが好きなスペシャル・ウーマン、ボーイズ・ジャンプ・ミッドナイト~TOKYOジャンクは圧巻!アンコールのソー・ヘビー、スライダーズ・ライヴ最後の野良犬さえならないのけだるく終わるのがスライダーズらしい、良い意味でゆるく続けるバンドだと思っていたので解散は当時びっくりしたな。これがきっかけスライダーズ熱復活!ルーズで疾走感あるライヴがとても光るね!!ハリーのライヴ・アルバムや蘭丸のプロジェクトでも聴こうという意欲が湧いて来たね。
b0042308_11063420.jpg
解散後はハリーはマイペースで我が道を行く路線、2018年の今も体型を維持して昔と変わらない、蘭丸はミュージシャンとして幅広く活躍しておりますが、そんなお二人、解散以来18年ぶりにJOY - POPSとしてライヴ活動しますね!!これはびっくり!!
b0042308_11063372.jpg
JOY - POPSで始動と言うことは近くこの四人が揃うのかな??ちょっと、それは単純すぎる??夢でも良いから見続けたい!!

by daisuke_Tokyocity | 2018-03-10 11:27 | 国内ネット通販 | Comments(5)
購入日  2018年2月18日
購入場所 BOOK・OFF八王子大和田店
購入価格 1中古CD¥280(当時定価¥3,059)
備  考 オリジナル1998年、8枚目のオリジナル・アルバム、帯付、
b0042308_10041707.jpg
オリジナル・ラヴ8枚目のオリジナル・アルバム「L」の初回仕様盤をブックオフで見つけました。しかも¥280コーナーでの発見は個人的に嬉しい!

もうこの頃になると田島さんの独断場、完全に「ソロ・アルバム」と言っても過言ではありません。ヒップホップの要素を上手く消化しているし、サンプリングの使い方も上手いですね。
もう田島さんやりたいことやりまくり、そんな当時は変態?なアルバムでも田島貴男製美メロもしっかりと刻み込まれてます。Crazy Love のようなラヴ・ソングは得意中の得意だったのかな~。
b0042308_10381790.jpg
宝島、ハニーフラッシュ、Crazy Love、羽毛とピストルが気に入ってます。最近、聴き直しているオリジナル・ラヴ、やっぱり良いね!


by daisuke_Tokyocity | 2018-03-09 10:38 | ブックオフ | Comments(2)
到着日  2018年3月4日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥1,933(定価¥2,571の22%OFF)
備  考 2013年発売
b0042308_05575470.jpg
ミドル&メロウ・シリーズって有るんですね。フリーソウル・シリーズ、ライトメロウ・シリーズと、まあコンセプトはどれも同じです。フリーソウルとライトメロウと違うのはミドル・テンポな楽曲を限定し更にメロウなメロディを集めたものかな、シリーズは少なくて8枚程リリース、2018年現在このシリーズはちょっと停滞しているかな。

今回はカッコいい50代の横山剣さん率いるクレイジーケンバンドにスポットを当てたものです。
b0042308_05575532.jpg
選曲はなかなかイイよ!
女性目線の失恋ソング「せぷてんばぁ」が心地よい。明日は会社休みますって歌詞が好き(笑)
これが男目線だと湿っぽく未練たっぷりだから、カラッとした女性目線が正解(笑)

「ランタン」では歌詞でmany timesかと思ったら、目に痛いと独特な英語日本語がこれまた面白い。

そして何よりもミドル&メロウってことでソウル、ボサノバ、AOR、シティ・ポップのきらびやかなアレンジが美しいね。
菅原愛子女史のバック・ヴォーカルが栄えます。それだけメンバーのスキルが高いんだろうね。

彼らのCDやライブも聴きたくなるね。おっさんになって好きになったバンドです(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2018-03-06 07:45 | アマゾン | Comments(4)