無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:山口冨士夫 ( 18 ) タグの人気記事

TEARDROPS / らくガキ

到着日  2018年6月9日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD ¥1,080
備  考 オリジナル1989年 入手困難盤復活!!再評価されるニッポンの名作1000シリーズ
TEARDROPS / らくガキ_b0042308_10230521.jpg
邦楽の廉価シリーズがついにスタートしました。第1弾はユニバーサルから50アイテムリリースです。こういうシリーズ、継続されるのでしょうかね?ユニバと言えば以前日本ロックの名盤を紙ジャケでリリースするハガクレレーベルなんてのがございましたが、結局、発売予定リストを発表しながらも結局途中頓挫した経緯がございます。今回は廉価だから続きそうかな。

冨士夫さん関連も何枚かリリースされております。これはティアドロップス89年発表のセカンドであり、メジャー・デビュー作です。当時は東芝EMIからリリースされました。昔はこういうロックもリリースされていたのです。今はあくまでも「売れる」が絶対条件、自由奔放な冨士夫さんらしいこのバンドの音、今は貴重ですね。ストーンズチックでドライヴ感あってルーズな音、冨士夫さん、青木真一さんのギター、中嶋一徳さんのベース、佐瀬浩平さんのドラムどれも重みある音が最高だ。一発録音、スタジオ・ライヴ的なアルバムかな。コマーシャル的なポップな楽曲はなし。元々タンブリングスから昇格したような感じのバンド、メジャーでもやりたいことやれたんじゃないかな。

冨士夫さん、真一さん、佐瀬さんは既に鬼籍に入ってしまって再結成は永遠に不可能となってしまいましたが、音はしっかりと永遠に刻みこまれ、生きている僕らに感動を届けます。
TEARDROPS / らくガキ_b0042308_10230646.jpg
バンドの中で唯一存命のベース・中嶋一徳さん(左)は冨士夫さんのアーカイヴ音源をリマスターして頂いてます。いっぱい音源が有ると思いますので中嶋さんのリマスターで世に出して欲しいですね。中嶋さん、よろしくお願いします!
アルバムよりシングルにもなった「瞬間移動できたら」をアップしておきます。

このニッポンの名作1000シリーズ、なかなか良いアイテムがラインナップされております。外道ライヴ2枚組税抜¥1,500はお得。そんなにプレスされていないと思われるので有るうちに買っておきましょう。


by daisuke_Tokyocity | 2018-06-26 11:05 | 国内ネット通販 | Comments(0)

村八分 / くたびれて

到着日  2018年5月17日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 1CD¥2,484
備  考 オリジナル1991年、1971年4月30日録音、新装ジャケット、2018年最新リマスタリング
村八分 / くたびれて_b0042308_16295242.jpg
村八分の「くたびれて」が通算5度目の商品化です。最初は1991年、その後2005年の村八分BOXで再発、2007年で単独再発、2015年にはレコードストアデイ限定でアナログ再発、その時のジャケットがコレね。そして今回の2018年版が最新リマスタリングで再発です。全部買ってますね(笑)

ストーンズ風なワイルドでルーズな冨士夫さんのギターとチャー坊の鬼気迫るヴォーカルが魅力です。チャック・ベリーのリトル・クイニーをストーンズがカバーした風の「どうしようかな」とかシンパシー・フォー・ザ・デヴィル風の楽曲もあったりと当時やりたかった音が詰まってます。今回のリマスタリングでこんなに音が良かったっけ?って具合に良い音質です。チャー坊のヴォーカルがくっきりでON気味のミックスで生々しいです。
村八分 / くたびれて_b0042308_16295344.jpg
当時のメンバー5人中、4人が既に鬼籍に入ってしまって...。チャー坊も冨士夫さんも青ちゃんも浅田哲も早く逝きすぎですよ(泣)もっと村八分の音源はまだまだ眠っているはず、冨士夫さん関連の発掘音源をリリースしているgoodlovin'に期待しております!
村八分 / くたびれて_b0042308_16543503.jpg
特典は当時のライヴ・チケットのレプリカが付いております。
日本のロック、GSの後のムーブメントには欠かせない存在の村八分、もっと音聴きたいぞ!


by daisuke_Tokyocity | 2018-05-22 16:56 | 国内ネット通販 | Comments(2)
到着日  2017年1月23日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 2CD + 1 Bonus DVD-R¥3,790
備  考 1986年5月6日 渋谷ライヴイン、1986年5月4日 2nd LINE STUDIO
山口冨士夫 & 鮎川誠 with チコヒゲ、青木真一、中嶋一徳 / 1986 SESSION_b0042308_09395643.jpg
冨士夫さんの膨大な記録よりまた凄いのが発掘されましたね!
1986年初頭にシーナ&ザ・ロケッツの「ギャザード」のレコーディングに冨士夫さんは5曲参加、そのお返しとして86年5月に冨士夫バンドに鮎川さんがゲスト出演した唯一の貴重なライヴ音源です。
本当は冨士夫さんは鮎川さんとバンド組みたかったみたいだけどね。

おそらくPAから直接録音したオーディエンス録音だと思われますが、ラフでルーズな演奏がたまりませんね。シーナ&ザ・ロケッツの曲(サンハウスでも演奏したビールスカプセル)、当時のシーナ&ザ・ロケッツの新曲「レイジー・クレイジー・ブルース」や冨士夫さんのオリジナルやルート66と言ったロックンロール・スタンダード、冨士夫さん、鮎川さんお得意のストーンズのサティスファクションととにかくグルーヴ感満載のライヴで日本のロック・ファンにはたまらないスリルある演奏を楽しめるのだ!
スージーQでのリズム・ギターがカッコイイ!当時はタンブリングスでしたが、青木真一、中嶋一徳と将来のティアドロップスだね。当時フリクションのチコヒゲのドラムがタイトですね。これ1回限りってのが勿体ないと言うか、冨士夫さんらしいよね。
山口冨士夫 & 鮎川誠 with チコヒゲ、青木真一、中嶋一徳 / 1986 SESSION_b0042308_09395714.jpg
まだまだこのようなお宝音源がいっぱい有りそうですね!
Disc2はライヴのリハーサル、言わばゲネプロですね。ライヴの曲順と同じでしっかりとリハーサルしていたことが判ります。
冨士夫さんだけではなく当時の80年代の日本のロックの音源っていっぱい有ると思うんだけどな、どんどん出して欲しいな。冨士夫さんアーカイヴスはいつも楽しみです。
山口冨士夫 & 鮎川誠 with チコヒゲ、青木真一、中嶋一徳 / 1986 SESSION_b0042308_09395709.jpg
goodlovin'通販で買うと付いてくる初回限定特典DVDRは5/6のライヴインでのリハーサル映像!ってことは本番も有るってことですよね!?!?

by daisuke_Tokyocity | 2018-02-01 00:48 | 国内ネット通販 | Comments(2)
到着日  2017年8月9日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 2CD + 1 Limited Bonus CD-R ¥3,780
備  考 1976年8月27日 渋谷エピキュラス、8月30日 渋谷パレス座、12月11日 新宿LOFT 全未発表ライヴ音源
リゾート (山口冨士夫 + 加部正義) / ライヴ1976_b0042308_23340063.jpg
冨士夫さんのアーカイヴスが素晴らしい!よくぞこのような日本のロックの文化遺産をきっちりと保管していて良かったですよ。存在では知っていたけど、実際の音は知らなかった冨士夫さんとゴールデンカップスの加部さんとのグループ、リゾートの短期間でのライヴ活動音源がびっくりのオフィシャル・リリースです。

スタジオ・レコーディングの話も有ったらしいけど結局は立ち消えとなってそのままグループも消滅したらようです。その後、加部さんはジョニー、ルイス&チャーに参加し、冨士夫さんには村八分を再結成し、直ぐに解散となって裸のラリーズに参加します。

曲は冨士夫さんのオリジナル曲に洋楽カバーを演奏してます。音質はAUD録音だと思うが思ったより良い音で聴けます。冨士夫さん、加部さんのギターはかなりラフ!ビートルズもカヴァーしたSlow Down や ゼムのグロリアは荒々しいですね。加部さんがギター弾いているのも珍しいでしょうね。ブート耳かもしれませんが歴史に遺る音源です。2枚組で聴けちゃうのが素晴らしい!
冨士夫さんオリジナル「漂う」のルーズでラフなインスト演奏がけだるさ全開でカッコイイね。
リゾート (山口冨士夫 + 加部正義) / ライヴ1976_b0042308_23340732.jpg
バンドとしてのノリの良いんじゃないですかね。これでリゾートの音は打ち止めかな?冨士夫さんアーカイヴスは膨大の量みたいだからこのシリーズ、期待しちゃいます。
リゾート (山口冨士夫 + 加部正義) / ライヴ1976_b0042308_23342085.jpg
goodlovin'の通販で買うと、初回限定特典CD-Rとして76年8月日付不明、渋谷屋根裏でのライヴ音源付です。ユニオンでも特典付きだと思った。買うなら特典付きがお得です!

by daisuke_Tokyocity | 2017-08-14 00:56 | 国内ネット通販 | Comments(2)
到着日  2017年3月20日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 1CD¥2,484
備  考 1984年5月11日 渋谷・屋根裏 2017年デジタル・リマスタリング
山口冨士夫 / Tumbling Down Vintage Vault vol.4 LIMITED EDITION_b0042308_00402553.jpg
冨士夫さん没後のVintage Vault vol.4です。膨大なライヴ録音量とのこと、これはスタッフも発掘のしがいがあるでしょうね。
今回も貴重な音源です。84年5月、タンブリングスが青木真一を除く3人編成(冨士夫:ギター、ヴォーカル、青木正行:ベース、ヴォーカル、小林秀弥:ドラムス)で活動していた頃のライヴです。こういう音源があるんですね。青木真一が不在な分、冨士夫さんのギターの音がデカいです。録音はAUD録音っぽいけど、小さいライヴ・ハウスの屋根裏ですとどのパートもON状態での録音、全編ノーカット、曲間のMCも収録でファンはかなり楽しめる内容です。

この当時、解説では冨士夫さんのようなバンドはオールド・ウェイヴ扱いされて屋根裏のスタッフからも「まるで化石のようだ」と揶揄されていたそうですが、84年、自分は17歳ですが逆にこういう音が好きでしたね。ギターはリズムを刻むだけのダンス・ミュージックが流行り出したとのことですが、いえいえ、音にうるさい耳の肥えた屋根裏のファンも「フジオ、サイコー!」って歓声がある位だから当時は客受けも良かったんだと思います。冨士夫さんも自分のやりたい音楽をやるだけって姿勢だったろうから流行廃れなんか関係ないでしょうね。
山口冨士夫 / Tumbling Down Vintage Vault vol.4 LIMITED EDITION_b0042308_00403530.jpg
ルーズな音がカッコイイです。オリジナルはラストのNo Songだけで後は村八分のセルフカヴァー、ソロ楽曲、ソウルカヴァー、ビートルズのLove Me Doをカヴァーですが当時の雰囲気が思い出され良いですよ。日本のロックファンは聴かなきゃです。
山口冨士夫 / Tumbling Down Vintage Vault vol.4 LIMITED EDITION_b0042308_00404581.jpg
goodlovin'通販ですと84年5月、原宿クロコダイルでの3人編成のライヴ映像のオマケが付いております。買うならgoodlovin'通販が良いですよ~!

by daisuke_Tokyocity | 2017-03-27 01:11 | 国内ネット通販 | Comments(0)
到着日  2016年12月21日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 2CD+1 Limited Bonus DVD-R¥3,780
備  考 1983~1986年ライヴ音源集、2016最新マスタリング
山口冨士夫 / Jump So High 1983 ~ 1986_b0042308_14381142.jpg
毎年2枚位未発表音源がリリースされてファンとしては嬉しく楽しいです。音源の中ではしっかりと冨士夫さん、生きてますから。
冨士夫さんのライヴ音源、スタジオ音源はかなり膨大に遺っているようですね。そんな質の高いアーカイヴ集が今回もリリース、1983年~1986年のタンブリングス時代の未発表ライヴ音源です。よくぞ残ってましたね、録音者に感謝です。音質も良く、冨士夫さんの鋭いギター・プレイも聴けて最高です。自分が好きな80年代の日本のロックですよ。
山口冨士夫 / Jump So High 1983 ~ 1986_b0042308_14382002.jpg
未発表写真を使ったジャケット中です。
山口冨士夫 / Jump So High 1983 ~ 1986_b0042308_14385068.jpg
今は亡き青木真一のルーズなギター・プレイはライヴで栄えます。このライヴ集、あくまでも厳選でもっと有るんですよね。ワンステージ完全版とか出してくれると嬉しい!ライク・ア・ローリング・ストーンでも使われた84年9月4日、屋根裏のステージ完全版はあるはず!
山口冨士夫 / Jump So High 1983 ~ 1986_b0042308_14391767.jpg
goodlovin'通販限定で未発表ライヴ映像のDVD-R付きです。オーディエンス・ショットですが在りし日の冨士夫さんが観られるだけでも貴重な映像です。2017年もどんなリリースがあるのか今から楽しみです。
YouTubeで探したら

裕也さん主宰のニューイヤーロックフェス出場時の貴重な映像がございました。これ当時TVで観た記憶あります。No Songsは今回のライヴ・アルバムにも収録されております。動くタンブリングスは貴重ですね!


by daisuke_Tokyocity | 2017-01-13 15:34 | 国内ネット通販 | Comments(0)
到着日  2016年8月20日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 1Book ¥1,600
備  考 2008年復刊So What未発表インタヴュー
山口冨士夫 / So What こぼれ話_b0042308_13203575.jpg
冨士夫さん没後、色々な音源、映像がリリースされておりますが、今度は未発表インタヴューを1冊にまとめた本が通販限定でリリースされました。元は2008年に復刊した自伝So What での未収録インタヴューをまとめたもので、2008年の冨士夫さんの「声」が活字となって聴けます。幼少の頃の施設での話、ダイナマイツ、タンブリングス、ラリーズ、ティアドロップス時代の深くて濃い話が読めます。薬でラリッた話が一番ヤバくて薬の恐ろしさまで語ってくれてます。
山口冨士夫 / So What こぼれ話_b0042308_13204590.jpg
未発表写真も掲載、「悲しき雨音」でお馴染みカスケーズとの一緒に写っている写真(ダイナマイツ時代)はある意味貴重と言うか、音楽性全く違うから何だか浮いてます(笑)
冨士夫さんの未発表音源、映像の蔵出しはファンとして歓迎なので今後のgoodlovinの活動期待しております!


by daisuke_Tokyocity | 2016-09-02 13:29 | 国内ネット通販 | Comments(0)
到着日   2016年3月3日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 2CD+1DVD¥4,644
備    考 1990年10月19日 東京・吉祥寺 バウスシアター 最新マスタリング
TEARDROPS / LIVE 1990 \'BAUS THEATER\' Vintage Vault vol.2_b0042308_1534298.jpg

冨士夫さん関連の蔵出し音源、映像にエキサイトしちゃいますね!
ヴィンテージ・ヴォルト・シリーズ第2弾はティアドロップスの1990年10月19日の吉祥寺バウスシアターでのライヴ音源&映像でございます。映像、音源ノーカットの2時間たっぷり楽しめます。
ティアドロップス絶頂期の演奏だけにスリリングでエキサイティング、ワイルド、そしてドライヴ感あってたまりません!
冨士夫さんのMCはファンキーで元気です。ところどころのディラン、ストーンズ・テイストがニヤついて良いね。
ティアドロップスは結局生で観ることが出来なかったからこの音源と映像は後悔の穴を埋めてくれるアイテムですね。
どんどん発掘して世に出しておくれ!日本のロックが好きで良かった瞬間です。いや~、カッコイイ!
TEARDROPS / LIVE 1990 \'BAUS THEATER\' Vintage Vault vol.2_b0042308_1534986.jpg

オリジナルメンバーで存命しているのはベースの中島一徳氏だけという悲しい現実ですが、このライヴは活き活きとしております。やっぱり冨士夫さん、ティアドロップスはライヴだな!
冨士夫さんのヴィンテージ・ヴォルト・シリーズ、続編も楽しみでございます。
by daisuke_Tokyocity | 2016-03-10 15:07 | 国内ネット通販 | Comments(0)
到着日   2015年8月10日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 2CD+1 Limited Bonus DVD-R¥3,790
備    考 オリジナル1987年 2015年最新リマスター、86年4月4日 原宿クロコダイルでの完全未発表ライヴ付き
山口冨士夫 / Like A Rolling Stone DELUXE EDITION_b0042308_142729100.jpg

またしてもgoodlovin'がやってくれました。今度は冨士夫さんのソロ・ライヴ・アルバム「ライク・ア・ローリング・ストーン」のデラックス・エディションをリリースです。

本編の最新リマスターに86年4月4日 原宿クロコダイルでのライヴ音源をノーカット収録でございます。この頃の演奏はタンブリングスが主ですがプレ・ティアドロップスとも言えるメンバーでの演奏もあり、冨士夫さんのキャリアの中でもかなり充実していたのではと思います。
山口冨士夫 / Like A Rolling Stone DELUXE EDITION_b0042308_142730100.jpg

特にDisc2のクロコダイルでのライヴ音源が生々しい、多分カセットで録音したAUD録音なのですが演奏がONで当時の雰囲気を味わえかつタンブリングスの生々しい演奏が楽しめます。本編よりも良いかも(笑)
1曲目にビートルズのディア・プルーデンスを持ってくるところが渋い!このタンブリングスのディア・プルーデンスを聴くだけでも価値ありです。この原宿クロコダイルでのライヴ、よくぞ遺っておりました。録音者に感謝ですね。これも文化遺産でございます!
全編にワイルドな演奏、ストーンズ・テイストがとても美味しい(笑)ストーンズ、レゲエあり、そしてサイケな感も良いですね!

そして
山口冨士夫 / Like A Rolling Stone DELUXE EDITION_b0042308_14273026.jpg

買うならgoodlovin'通販です。初回限定特典で86年5月6日、渋谷ライヴ・インでのワンカメ固定AUDショット映像DVD-R付きです。ボーナスなので3曲しか入っておりませんがこれは完全版リリースへの伏線か?だと良いな~。村八分時代の「どうしようかな」をセルフ・カバーしております。メンバーはティアドロップスだね。
ライヴインのステージ後方のカーテン、懐かしいな(笑)

それにしてもこのデラックスエディション、各通販サイトでもあまり話題になっていないのがとても残念。
だからこうして当ブログで絶賛オススメします!

そしてこれからもgoodlovin'に期待しちゃうぞ!
by daisuke_Tokyocity | 2015-08-14 14:43 | 国内ネット通販 | Comments(4)

村八分 / 1972 - 1973

到着日   2015年6月30日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 1CD+1 Limited Bonus CD-R¥2,484
備    考 オリジナル発売2003年、完全未発表ライヴ音源付
村八分 / 1972 - 1973_b0042308_148147.jpg

久々に村八分のライヴ音源がリリースされました。
元は2003年にユニバーサルのハガクレレコード(懐かしい)からリリースされた「UNDERGROUND TAPES 1973 京都大学西部講堂」を最新リマスタリングし、しかもステレオでリマスタリングされてます。まあオフィシャル・ブートなのですがブート聴いているファンには全く問題ない音質です。セパレートしたステレオ感はないものの、マスターはステレオで録音されていたので本来の音が詰まっているわけです。ストーンズ・テイストの荒々しい演奏が村八分の魅力、やっぱり冨士夫さんのギタープレイが最高です。
ちなみにこの西部講堂の二日間のライヴ音源完全版は未だ出てきていないとか。意外とあるところにあると思うのですがいかがですかね??
8曲目、9曲目は1973年2月4日テレビ番組「リブヤング」でのスタジオ・ライヴ音源、これまた2003年にリリース済みですね。映像のマスター(コピー含めて)はテレビ局にも無いらしい、まあ写真と音源が遺っているだけでも奇跡的なんだろうね。
村八分 / 1972 - 1973_b0042308_148286.jpg

そして10,11曲目が未発表音源でして10曲目が1972年10月13日、福岡ロックハウスでのライヴ音源。
ドラムの村瀬茂人氏所有のマスターカセットからの大発掘音源ですね。なんとヴォーカルのチャー坊不在のインストライヴって凄すぎ!今なら開催不可能だけど、そのままやってしまうところが逆に新鮮(笑)
当時のお客さん、怒らなかったのかな??
11曲目は72年月日不明京都ガロでの未発表ライヴ音源、これも村瀬茂人氏所有のマスターカセットより収録、2005年発売のボックスに収録された音源とは別マスターでございます。
村八分 / 1972 - 1973_b0042308_148246.jpg

goodlovin'で買うと初回限定特典CD-Rとして10曲目のライヴ会場福岡ロックハウスでの未発表ライヴ音源が更に2曲聴けます。これはお得!goodlovin'通販で買っちゃいましょう!

と言うことはこのインストライヴ、全曲までとは言わずほとんどあるかもしれませんね。
提供の村瀬茂人氏所有のマスターカセット、なんだかいっぱい有りそうな予感がするのは自分だけじゃないはず??
これからのgoodlovin'のリリースに期待しちゃうぞ!
by daisuke_Tokyocity | 2015-07-02 14:26 | 国内ネット通販 | Comments(6)