無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:安部恭弘 ( 1 ) タグの人気記事

6/14はお休み、お休みだから出掛けたい。

今日はシティ・ポップ、AORの第一人者である安部恭弘の渋谷マウント・レイニー・ホール・プレジャープレジャーで行われたライヴへ行ってきました。5月末から今日まで良いライヴに行っているな~、アルカトラス、伊藤蘭、そして安部恭弘、この三つを行ったのはきっと自分だけでしょう(笑)
b0042308_00184440.jpg
デビューは1982年、デビュー37年です!
渋谷プレジャープレジャーは初めて行くライヴスペースです。ドリンク代¥600を払って入場です。
b0042308_00184547.jpg
元々は映画館でして居抜きでライヴスペースとなりました。椅子は映画館のままで席は広くカップホルダー有り、雨の場合は席に傘立てがございます。椅子の背もたれは後頭部まで有り楽ちんです。そして元映画館ですので傾斜があってとても観やすいですね。このライヴスペースは良いですね。

ステージ前半が最新アルバム「スルー・ザ・パスト」の全曲をアルバム順で披露、今年の1月にNewアルバムを出していたのか~。
そして特筆なのがバック・ミュージシャンで、安部さん含んで9人編成、小田和正バンドの木村万作(ドラムス)、吉池千秋(ベース)が参加、ギターの高山一也の洗練されたギターソロが煌びやかだ。そしてバックコーラスに木戸泰弘の参加がこのライヴ参加のきっかけでもあります。木戸さんのコーラス、渋いね~。唯一のリーダーソロ「キッド」が素晴らしいのです。ワンマンソロでも出来る実力の持ち主ですから木戸さんのコーラス聴けただけでも来た価値あるね。そんな素晴らしいメンバーだから演奏は素晴らしいの一言、AORライヴは音の洗練さが素晴らしい、CDを聴く以上に美しい。それを渋谷で聴く、なんておしゃれなんでしょう。まるでそこは流星都市、誰かと聴きたいな~。

後半戦は安部恭弘ベスト、初期のナンバーが嬉しかったね。セルフカバーで稲垣潤一のロング・バージョンが渋かったな~。アンコールで聴けたSTILL I LOVE YOU は正に奇跡!ダブル・アンコールのカフェ・フラミンゴで〆!今回のエレクトリック・バンドの演奏に引き込まれ、安部さんの優しいヴォーカルにリラックスする素敵なライヴ・ナイトでした!

また機会が有ればこのエレクトリック・ライヴに参加したいですね。

あ、その前にNewアルバムの「スルー・ザ・パスト」は買います!



by daisuke_Tokyocity | 2019-06-15 00:46 | ライブ | Comments(2)