無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

タグ:オフィシャル盤 ( 305 ) タグの人気記事

到着日  2018年5月17日
購入場所 日Amazonマーケットプレイス通販
購入価格 1中古CD送料別¥1,450
備  考 1966年5月 米マサチューセッツ州ボストン、ユニコーン・コーヒー・ハウス、未発表音源、輸入盤国内仕様
b0042308_17042470.jpg
ポール・バターフィールド・ブルース・バンドのファーストが紙ジャケになるので、何だか急に聴きたくなってしまってAmazonマーケットプレイスで1966年の未発表ライヴ盤を買っちゃいました。2016年発表、当時はレコードストアデイ限定アナログでしたが、CDでも再発されました。てっきりFM音源なのかなと思いきやエレクトラレーベルがCDのレーベル面に印刷されていたのでちゃんとしたオフィシャルCDなんですね。
b0042308_17042534.jpg
特筆はマイク・ブルームフィールドのエモーショナルなギター・プレイが聴けることかな。それに負けじとエルヴィン・ビショップのギターも良い音するではないか。若い分、音が荒々しいのが逆に良い、ポール・バターフィールドのブルース・ハープにマイクのギター、これだけでもう痺れっぱなしです。ホワイト・ブルースの幕開け、ファースト、セカンドを中心に勢いある演奏が心地よいです。ホワイト・ブルースは突然聴きたくなるんだよね!このライヴ盤、最高です!


by daisuke_Tokyocity | 2018-05-21 17:11 | アマゾン | Trackback | Comments(2)

4/21 RECORD STORE DAY 収穫品

到着日  2018年4月30日 & 5月4日
購入場所 ディスクユニオン通販 & HMV&BOOKS online & タワーレコード渋谷店
購入価格 各1LP¥2,100 ~ ¥3,500
備  考 レコードストアデイ限定アナログ・レコード

レコードストアデイ収穫品です。今年は初日にショップへ行けなかったので欲しかったブツで残念ながら買えなかったものもございますが、それでもまあまあな収穫ですかね。



収穫品はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2018-05-09 11:53 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(2)
到着日  2018年3月23日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥990(定価¥1,080の8%OFF)
備  考 オリジナル1983年発売、2017年リマスター、世界初CD化
b0042308_18235936.jpg
AOR CITY 1000シリーズで一番のレア盤でしょうね。
世界初CD化でこれは当時売っていたことも知らなかったです。
写真家のスティーヴ・ハイエットが「レコード出したい」って実現した自身唯一のアルバムです。
立川直樹氏の書き下ろし解説が当時の雰囲気が浮かび上がって面白い。当時はそんなユルさでもスタッフは真剣に制作したんでしょうね。
レコーディングは東京で10曲、ニューヨークで2曲、パリで1曲とお金もかかってます。もちろん日本主導でのアルバム、だからレア盤でしかもカルト的要素もあるみたい。

バックメンバーも豪華、この写真家ギタリストのためにエリオット・ランドール、日本からムーンライダーズのメンバー、そして加藤和彦氏までギターで参加とこれはびっくりです。

主にハイエットのギター中心ですが時おりユルイヴォーカルも披露しております。全編気だるくブルージーなギターがとにかくユルくて、仕事前に聴いちゃうと何もしたくなくなっちゃうね、もちろん良い意味で(笑)だから酔っぱらって寝床で聴くと一気に寝ちゃうこと確実、今朝も飲んだ後聴いたら1曲目のユルいギターインスト1曲で寝てしまったよ(笑)

良い意味で洗練されたアレンジではございません、ジャケット写真からだとそんなアレンジの雰囲気あるけどね。
b0042308_18245119.jpg
まだまだ面白いレコードは眠ってますね。CD化に際しての関係者の権利クリア、大変お疲れ様です。お陰で楽しめましたよ!


by daisuke_Tokyocity | 2018-03-24 18:25 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日  2018年3月20日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥990(定価¥1,080の8%OFF)
備  考 オリジナル1980年発売、2017年リマスター
b0042308_01331364.jpg
AOR CITY 1000シリーズよりカナダのメロディアス・ロック・バンド、ストレート・ラインズのファースト・アルバムです。過去に日本盤のアナログはリリースされましたが日本盤のCD化は38年目にして初のようです。(輸入盤は有るらしいが、なかなか見つからないでしょうね)

メンバーはヴォーカル、ギターのデヴィッド・シンクレア、ボブ・バックリーを中心とした5人のカナダ人スタジオ・ミュージシャンで構成されたバンド、パワーあるギター、キーボードの音色はカナダのTOTOのようだ(当時の日本盤ライナーノーツに伊藤政則氏がTOTOが好きなファンには受けるみたいな記述が有るそうです)。
なので本国カナダよりも当時AORブームの日本に注目されていたようです(自分は知りませんでした)。

確かにTOTOのテイストで全編メロディアスで日本人が好むバンドの音ですね、あっという間のスピードで10曲が聴けます。80年代の幕開けの音と言っても過言ではございません。音を聴いただけで当時の情景を思い出すね。

日本初CD化で、これが¥1,000ですか!ストレート・ラインズはセカンド・アルバムもAOR CITY 1000シリーズにラインナップされ、セカンドは驚きの世界初CD化です!これも買ったので追って紹介しますね!
b0042308_01331474.jpg
AOR CITY 1000シリーズは日本初CD化、世界初CD化アルバムに注目かな。定番のはほとんど持っているからね。

by daisuke_Tokyocity | 2018-03-22 08:17 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日  2018年1月17日
購入場所 ディスクユニオン通販
購入価格 1CD¥2,160
備  考 オリジナル1967年、2017年再発
b0042308_17313105.jpg
これまたUSガレージ・ロックです。バンド名はザ・ライジング・ストーム、名前からだと屈強な野郎どもの屈強なバンドのイメージがございます(笑)
1967年マサチューセッツ州アンドーバーの寮制名門進学校フィリップス・アカデミーの生徒によって結成された6人組の唯一のフル・アルバム、当時プライベート・プレスで500枚もリリースしていたらしい。そのオリジナル盤は超プレミア価格だとか。

これはCDでは二度目の再発で前回はARF!ARF!と言うレーベルから出ておりました。
b0042308_17313343.jpg
シュリンクを破るとジャケットはこんな感じ。
ディスクユニオンの商品レヴューが笑えます。そして実際に聴いてみました。屈強なイメージとは正反対の、なんだか軟弱...(笑)
ユニオンのレビューにある「この地方のガレージ・バンド特有のこのいじけた後ろ向きなパワー」に納得、まあ前向きすぎるとロックっぽくない?だからと言っていじけた後ろ向きのパワーってのは...、正直暗かったです(笑)優等生なのになんでいじけるんだ~??自分の魅力ないことを棚に上げてふられた女の子を恨んでないか??(笑)

ガレージパンク特有の疾走感は感じもなくないが勢いがないね、やっぱりリメインズのドント・ルック・バックはガレージ・ロッカーにとっては避けて通れない曲なんですかね。
ウィルソン・ピケットのカヴァー「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」もなんか笑えてしまいます。多分、優等生でロックやっても女の子にモテなかったのが原因か??
b0042308_17313214.jpg
ジャケットは前向きさが有って明るさも伝わってくるんですがねー、バンドの音が暗いんだよなー(苦笑)

by daisuke_Tokyocity | 2018-02-17 16:35 | ディスクユニオン | Trackback | Comments(2)

THE Remains / Live 1969

到着日  2018年2月3日
購入場所 HMV & BOOKS online 通販
購入価格 1CD ¥1,500(マルチバイ割引)
備  考 1969年ボストン、ティー・パーティでの再結成ライヴ盤、2017年発売
b0042308_12214304.jpg
ZEPブートでみんなで大暴れ?した後はユルく60年代USガレージ・ロックを紹介しましょうか(笑)
1966年ビートルズのUSツアーの前座に登場したリメインズの1969年再結成ライヴが発掘され、サンデイズドから発売されました。1966年には解散して3年後にボストンで復活、でもこれ以降は活動していない模様です。
b0042308_12214440.jpg
ルート66やジョニーBグッドの定番ロックンロールスタンダート、御大のライク・ア・ローリング・ストーンと聴いてみると意外と「大人」な演奏しているではないか。USガレージ・ロックですとついついペブルス・シリーズに出てくるような荒々しい勢いだけでチープなイメージが強いのですが、そこはビートルズの前座をやった男達!しっかりと演奏しております。音質は発掘にしては高音質ですかね。ボストン・ティー・パーティらしい反響音?が逆に良かったりします(笑)

関係ないけどジョニーBグッドの演奏は内田裕也&トルーマン・カポーティ・ロックンロールバンドの演奏を思い出して、思わずニヤつきますね(笑)

あ、表のシュリンク・ステッカーは捨てずに取っておきましょう。

来月にはオールデイズ・レコードからファーストが再発されるようなので購入チェックしておきます。
ちなみに、このCDの詳細なレビューはAmazonカスタマーレビューでより詳しく丁寧に解説されております。

by daisuke_Tokyocity | 2018-02-15 12:38 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)
到着日  2018年1月15日
購入場所 日Amazonマーケットプレイス通販
購入価格 5中古SHM-CD¥11,800(定価¥12,960)
備  考 オリジナル1971年、2015年リマスター、日本独自紙ジャケット
b0042308_13155544.jpg
フェイセズの3枚目のアルバムです。原題は A Nod Is As Good As a Wink... to a Blind Horse ですが日本のファンにはナイス邦題の「馬の耳に念仏」がしっくり来ますよね(笑)

日本ではロッドの名前を強調してますね。まあアルバムそのものもロッドの強烈なヴォーカルが目立ちますもんね。wikiによると本国では2位、アメリカでは6位と売れてます。日本で49位って大健闘じゃあないでしょうか。
ロッド、ロンの共作であるジュディズ・ファームとステイ・ウィズ・ミーのワイルドかつラフ、ルーズな楽曲がカッコイイね。日本人はステイ・ウィズ・ミーのような楽曲は好みだよね。
またチャック・ベリーのカバー、メンフィス・テネシーのワイルドさもカッコイイ。
b0042308_13155662.jpg
ロッドのワイルドなヴォーカルも素晴らしいし、バックの個性的な演奏も素晴らしい、フェイセズのソリッドなロックが楽しめる名盤ですね。
英米初回盤に入っていたポスターも付属しておりました。

ボートラのBBCセッションのジュディズ・ファームとステイ・ウィズ・ミーはよりワイルドな演奏だね。BBCセッションは是非ともハーフ・オフィシャルではなくワーナーから出て欲しいね!ブートの方が作りは良いけどね...。


by daisuke_Tokyocity | 2018-02-02 14:40 | アマゾン | Trackback | Comments(6)
到着日  2017年1月24日
購入場所 日Amazoマーケットプレイスn通販
購入価格 2中古CD ¥2,480
備  考 オリジナル1980年、オリジナル・未発表シック・ミックス、2003年リリース
b0042308_06043032.jpg
この記事で足掛け13年3か月で10,000記事到達です!個人的に嬉しい記録です(笑)

ダイアナ・ロスの1980年リリース、ナイル・ロジャース・プロデュースの「ダイアナ」のデラックス・エディションをやっとこさ入手出来ました。
2003年リリースのデラックス・エディションも廃盤状態、輸入盤でも¥5,000以上する中、これは激安。速攻で購入です。
昨年9月の来日公演も後押ししてますかね(笑)

特筆は当時未発表となってしまったシック・ミックスの収録でしょうね。
聴いてみると、ナイル・ロジャース気合い入りまくりで各曲のほとんどがオリジナル・リリース時よりも長いですね。

この長さ、今聴いても悪くなくむしろ気に入りましたね。ディスコなアップサイド・ダウンやアイム・カミング・アウトはいつ聴いてものれちゃうね!
b0042308_06050111.jpg
ディスク2は当時未発表のダンス・リミックスを収録、エイティーズの味付けのダイアナ・ロスも良いよー!
by daisuke_Tokyocity | 2018-01-30 06:51 | アマゾン | Trackback | Comments(4)
到着日  2017年1月19日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 2CD ¥1,601
備  考 2017年リリース最新ライヴ・アルバム
b0042308_12400742.jpg
スティーヴ・ウィンウッドの最新オフィシャル・ライヴ・アルバムです。Amazonで2枚組¥1,601は安いので思わず購入です。ライヴ・クレジットは一切ないもののここ最近のライヴのようですね。
スペンサー・デイヴィス・グループ、ブラインド・フェイス、トラフィック、そしてソロ楽曲の美味しいところが詰まって正にグレイテスト・ヒッツ・ライヴの内容となっております。
b0042308_12400897.jpg
オフィシャル音源だから音質も最高です。そんな最近のウィンウッドの有名曲を聴けるのは素晴らしい!歳を重ねても充実な音楽活動は尊敬に値します。ハイアー・ラヴでの高めのヴォーカルも昔と変わらんから凄い。ロック・ファン必聴のライヴ・アルバムです。

安いし、音良いし、充実な演奏で大スイセンです!


by daisuke_Tokyocity | 2018-01-21 12:49 | アマゾン | Trackback | Comments(2)
到着日  2018年1月15日
購入場所 日Amazonマーケットプレイス通販
購入価格 5中古SHM-CD¥11,800(定価¥12,960)
備  考 オリジナル1970~1975年、2015年リマスター、日本独自紙ジャケット
b0042308_13384756.jpg
フェイセス箱より2枚目の登場です。71年発表のロング・プレイヤーです。米オリジナル・ジャケットです。ミシン糸を使う仕様はさすがにコストが高くなるのでそれを除いては再現度高いと思います。
帯はROCK AGE仕様です。米盤紙ジャケを手に入れるにはこの箱を買わないといけません。
b0042308_13384773.jpg
ファーストよりR&B色が強いアルバム作りですね。中には牧歌的な楽曲も有ってマイペースな感じはいかにも彼ららしい。酔い度も少しアップか?
ポールのカヴァー、メイビー・アイム・アメイズドのR&Bテイストが素晴らしい。フィルモアでのライヴ・ヴァージョンなのでこの日のフル・ライヴをオフィシャル化して欲しいですね。フィルモアだからあるはず。これと8曲目のフィール・ソー・グッドもライヴ・ヴァージョン、フェイセスはやっぱりライヴだなと再認識します。

ボートラのトゥー・マッチ・ウーマンやストーンズのむなしい恋も同じフィルモアのライヴかな??ライヴのフェイセス、カッコイイね!
b0042308_13384893.jpg
レーベルカード付です。フェイセスの良い意味でのユルさがたまらないな~、何もしたくなくなるな~(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2018-01-20 13:49 | アマゾン | Trackback | Comments(2)