無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

最近、焼酎をホッピーで割るのが好きで、マイブームとなっております。あの柔らかいビールテイストがいいですね!お陰で飲み過ぎちゃうことも・・・。

以前読んだ酒場巡りの文庫本で人気ある焼酎ってことで僕の住んでいる周辺で売っているか調査したがなし。
そうしたらネットしかないだろうと検索したら三重県にある宮崎本店の酒造会社HPが引っ掛かりアクセスしたら、通販も可能ってことで思わず静かなガッツポーズをしてしまいました。よっしゃ、買うぞ!いやー、便利な時代ですねー。

まずは900ml瓶を購入、本体¥900送料¥300¥代引手数料¥335の合計¥1,535也。

正式名 亀甲宮焼酎 またの名を キンミヤ焼酎

スッキリとしたまろやまな焼酎、酎ハイやカクテルのベースにいいみたいね。
だからホッピーにも合うだろうなー。
今夜のお酒が今から楽しみだ!
通信販売大好き! キンミヤ焼酎到着_b0042308_131595.jpg
通信販売大好き! キンミヤ焼酎到着_b0042308_13153036.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-11-20 13:16 | 食べ物 | Comments(9)
入手時期 2000年12月
入手場所 北海道札幌市内のBOOK ○FF
価  格 ¥950
備  考 帯付 1995年初CD化
見かけ度 ほとんど見かけません!

また4年前に戻ってごめーん。
このCDは会社の後輩であるkorosuke君と行った第0回北海道大食いツアー時(あの時は、お昼に寿司20皿、夜はジンギスカン食べ放題に味の時計台ラーメンでしたな!って脱線するなー!)に立ち寄った札幌のBOOK○FFで発掘した早見優のセカンドアルバムです。

以前にも説明したようにアイドルものはベスト盤中心でオリジナルアルバムはすぐに廃盤→発掘しにくい、これも典型的な廃盤でほんとに見ません、見かけそうで見かけない1枚、オークションでもあまり出ないよね。
現在発売されているのがゴールデンベスト程度、CD-BOX「ぼくらのベスト」は既に廃盤だから、あまり彼女のシングル以外の歌って聴けないんだよね〜。

中身はやはりシングルヒットでマイナー調な「アンサーソングは哀愁」が目立ちますが、80年代歌謡曲の名アレンジャー萩田光雄編曲の曲「恋におちないで」も彼女の声と哀愁さがマッチしていい感じだね。明るいアルバムか?どっちかと言えばちょっと哀愁感あるアルバムだな〜、シングルは明るい曲が多い彼女ですがね。
オリジナルアルバム単品じゃあ売れないならCDBOXとしてリリースしたら買うぞ!

ところで今、トーラスレコードってあるのか?
発掘その26 早見優 / Image_b0042308_22392332.jpg
発掘その26 早見優 / Image_b0042308_22393781.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-11-20 00:11 | 音楽 | Comments(3)
入手時期 2004年8月
入手場所 神奈川県相模原市内のBOOK ○FF
価  格 ¥1,350
備  考 帯なし 1986年発売
見かけ度 ほとんど見かけません!

世間より1週間ずれたお盆休みの平日に発掘した夏の奇跡の1枚。
デヴィット・T・ウォーカー・プロデュースの故アンリ菅野(2000年に病気で逝去)のAOR的なアルバム。
どちらかと言えばこの人、本来ならジャズなんだけどこのようなAORテイストもなかなかいいっす。
カヴァー曲も渋く、山下達郎「甘く危険な香り」、ユーミン「海を見ていた午後」など収録されています。
このCD、1986年に発売されていますが以後再発されることなくずっと廃盤。それが相模原のとある大型古本店にひょっこりあるから、たまらないよね!

実はこのCD、「Light Mellow和モノ669」(AORライター金澤寿和著)と言う日本のAOR,CITY POPの名盤、あまり知られていないレコードを紹介した本に掲載されていたんだよね。

こういうディスクガイド面白くて、へーこんなのもあるんだ〜と感心しちゃいます。
日本でも音楽は広いねー。
本来、こういうCDがディスクガイドに載ると専門店では一気に価格高騰しちゃうから載る前に発掘するのが一番だけど、大型古本店では、そこまでレア価格付けないからふと安く見つけることが出来るのが魅力だね!

発掘その25 アンリ菅野 / SUNSHINE DREAM  Light Mellow和モノ669_b0042308_23521632.jpg
発掘その25 アンリ菅野 / SUNSHINE DREAM  Light Mellow和モノ669_b0042308_23522738.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-11-19 00:32 | 音楽 | Comments(0)

買い直しって?

買い直しって?

このブログでよく「買い直すのに〜」ってことば出ますけど、CDが違うフォーマットで出ると買い直ししなきゃ!ってのは、もうマニアだけでしょうね。
一般人にはとうてい考えられない行為でしょうな。

CDで例えると、初CD化で買う→ボーナストラック付で買う→リマスター再発で買う→紙ジャケット仕様で買う、これで最低同じもの4枚買うことになりますねー。

僕のところにも、そのようなCD正直かなりあります!
節操なく多ジャンルが好きで買っているので、「えー、こんなのも出るのー!」ってCD出る度に一喜一憂するなんて一般人から見たら変なヤツって思われるでしょうね。
まさに業界のカモ状態ってのはこのことですな。

レコードメーカーも一発で紙ジャケ・リマスターってわけにはいかないんでしょうね、特に大物は(ビートルズがすぐにリマスター紙ジャケなんてしないようにね)、でもやっぱり色々なジャンルのCDも買いたいので買い直しは回避したいのが本音。メーカーさんお願いだから、紙ジャケットでリマスター仕様でリリースしてくれー!
(って一気に出さないでね、財政難になるのでってここでも一気一憂)

それじゃあ無駄遣いブログにはならないかー!?とにかく買える時は買っちゃいます!(結局業界のカモかい!)
# by daisuke_Tokyocity | 2004-11-18 00:10 | 音楽 | Comments(0)
入手時期 2004年11月14日
入手場所 神奈川県川崎市内のBOOK ○FF
価  格 ¥1,000−¥850(割引券使用)=¥150
備  考 帯付 1988年初CD化
見かけ度 ほとんど見かけません!

昨日に引き続きシーナ&ザ・ロケットのアルファでのアルバム「ピンナップ・ベイビー・ブルース」を紹介。
同じお店でアルファ盤2枚、しかも帯付きで発掘出来たのがうれしいね。出来れば「真空パック」があれば申し分なかったが、それは欲張りというもの。2枚も一気に入手できたことを喜ぶべきだろう。

中身はスタジオライブのような作り(6曲目以降はライブだね。)が、月並みな言い方だけどストレートなロックンロールだね。この作品から、テクノポップの要素はなくなり現在に至っているのかな〜?
「KRAZY KOOL KAT」やカヴァー曲の「サティスファクション」(ストーンズ)での鮎川誠のヴォーカル&ギターがいいね!もちろんバンドアンサンブルも最高さ!

安く入手したけど、なんだか近いうちにSONYから紙ジャケ・リマスターで再発する予感がするなー。そうしたらもちろん買い直ししちゃうけどね。
発掘その24 シーナ&ザ・ロケット / ピンナップ・ベイビー・ブルース_b0042308_23384096.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-11-17 00:10 | 音楽 | Comments(0)

by daisuke_Tokyocity