無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

入手時期 2000年7月
入手場所 東京都八王子市内のブッ○オフK店
価  格 ¥950+消費税
備  考 1997年発売 紙ジャケット仕様 定価¥2,000

ブッ○オフには実は廃盤・レア盤が埋まっているのでは?と思わせたきっかけの1枚です。このCDに出会ってネヴァーエンディングなブッ○オフ巡りが始まりました。

このボズの名作、1976年AORの代表的名作、名曲「WE ARE ALL ALONE」「LOWDOWN」「HARBOR LIGHTS」を収録、日本のミュージシャンにも影響を与え日本のAOR的アルバムにメロディやアイディアを拝借したものが多いです。

フォーマットも昔のLPレコードをCDサイズにした紙ジャケット仕様、このシリーズ他にもBRUCE SPRINGSTEEN, BOB DYLAN,BILLY JOEL等もリリースされましたが、生産限定盤のためすぐに市場から消え、中古市場、オークションでも高価アイテムとなりました。

それがまさかブッ○オフにあるなんて、毎度の事ながら驚き!また値段も¥950と激安値で更に驚きでしたので見つけた瞬間すぐに買い!です。
もちろん2004年の現在、中古専門店でもあまり見かけず、当然ブッ○オフではそれ以後見かけません。やはりレアであることを知らない店員さん、値段安価に設定してくれてどうもありがとう!
発掘その12 BOZ SCAGGS / SILK DEGREES_b0042308_0231812.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-24 00:24 | 音楽 | Comments(2)
入手時期 2001年4月
入手場所 東京都八王子市内のブッ○オフM店
価  格 ¥350+消費税
備  考 1994年再発 音蔵シリーズ

実はネットオークションで高値となるCDを激安でGET!しかもカス盤の中に発掘したダイヤモンドって感じだね。

¥250〜¥750のコーナーってどうも見送ってしまします、どうせ在庫過剰かつ消費期限の切れたJ-POP、いわゆる「カス盤」しかないしね。¥105コーナーとなるともうそのCDは命さえ奪われた?って思うもん。
でもたまに、じっくり探して見てみると極々たまに、カスどころかダイヤモンド級の廃盤が埋まっております、これも大型古本店でしか味わえないよね。そのダイヤモンドがこのCD。

このCD、BOW WOWのBをVに買えての再出発アルバム、ヴォーカルは新加入の人見元基、ハイトーンなヴォーカルが魅力です。
発売された1984年は当方じは高校生でした。このアルバムを出す前に新宿ロフトでライブを行い、最前列で汗だくになったことを思い出します。
なので、思い入れ強いのですよこのアルバム。当時は日本のヘヴィ・メタルが流行り出した頃、アメリカ風売れ線なところもありますが、人見のヴォーカルと山本恭司のギターがうまい具合にマッチしております。音もいかにも80年代ってところがいいよね。歌詞も日本語、英語が交互しているし。

今、VOW WOWのアルバムは東芝EMIから出ているツインベストだけで、オリジナルアルバムは今も廃盤状態。一時期発表されたゴールデン・ベストはなぜか発売が見送られているし。
実は日本のHEAVY METALて意外と好き。ラウドネス、メイクアップら、かつてのJAPAN HEAVY METAL勢がCD再発しているのでここは大御所のVOW WOWもリマスター再発希望!みんなが気軽に聴ける環境になってほしいね。

発掘その11 VOW WOW /  BEAT OF METAL MOTION_b0042308_1114776.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-23 01:12 | 音楽 | Comments(0)
入手時期 2001年7月
入手場所 東京都八王子市内のブッ○オフH店
価  格 ¥1,250+消費税
備  考 1987年リリース 米国輸入盤

今年の夏に結成40年目にして初来日のザ・フーのステージは最高でしたね。40年も待たせたお詫び?にギター気持ちよく壊してくれたしね。とにかく最初から最後まで興奮しっぱなしでした。

と言うわけで今回はフーの米国編集レアリティーズ「TWO'S MISSING」(画像上)を紹介。米国未発表の音源を掻き集めたレコードをCD化されたものです。(確かそう)

このCD、タワーレコードとかで普通の値段で売っていたので、いつでも手に入るだろうと思っていたらいつのまにか廃盤、そしてCDはプレミアが付いて毎度お馴染み入手困難となってしまいました。みなさんある時にはちゃんと買いましょう。

しかししばらくしてから例のごとくブッ○オフへ行って何気なく洋楽WHOのコーナーを見たら、なんと別の米国編集盤「WHO'S MISSING」(画像下)と2枚もあるではないか!!!

大型古本店ではまずお目にかからない、輸入廃盤(WHO'S MISSINGは一時期デッドストックが市場に出ましたが、TWO'Sは未だに廃盤状態)が一気に2枚もしかも安価で入手できるなんてまさに奇跡!放出したフー・ファンの方、何を血迷って売ってしまったんだ?まあ自分的にはめちゃおいしいが。もちろん現在ではこれらのCD見ないよねー。あー、笑いが止まらないぜ〜!

やっぱり穴場だよね、ブッ○オフ!めったにお目にかからないものに出会うってことが感動を呼ぶのですね!
肝心の中身もビートが効いて最高にかっこいいよ!

発掘その10 THE WHO / TWO\'S MISSING_b0042308_23555333.jpg
発掘その10 THE WHO / TWO\'S MISSING_b0042308_23561558.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-22 00:15 | 音楽 | Comments(1)
今や全国に店鋪展開している大型古本店B、レア盤・廃盤を探し求め、出張ついで、旅のついでに全国制覇目論んでおります。知らない土地でブッ○オフ見つけるとなんだかわくわくします。

そのBの売り値(値段)の歴史について述べましょう。

現在、主に\105,\250,\750,\1,000,\1,350,\1,550,\1,850,\2,350
の8段階が1枚ものの価格。\750以下はいわゆる在庫過剰のカス盤、主にレア盤・廃盤は\1,000以上が主流です。リリース直後のCDはだいたいが\2,000以上です。

今でこそ価格は主に8段階に分かれ、はっきり言って中古CD専門店で買った方が安い価格もありますが、むか〜しむかし20世紀の2000年12月まで、それこそ激安な時代もありました。

とにかく標準価格が税抜き\1,250、その下が\950、例を上げるとBEATLESの赤盤、青盤各2枚組が\1,250!(今は\3,100程度)、とにかく何でも\1,250、そのお店の店員さんが知らないのは\950といい加減な価格設定でした。(僕にとっては最高な時期でもあった)、リリース直後の有名どころでやっと\1,550程度でしたね。

ところが2000年の年末から2001年初頭にかけて\750で売っていたものが\1,650と倍以上に、要するに全ての価格が見直され値上げされ、そして今の価格に統一されております。ついに儲けを倍にしようと思いはじめたか。

今ではあっ、これ見かけないなーと言うのはどれも\1,550以上となっております。お店も色々と研究しております。買取り価格例とかあるみたいですし。

中には価格統一されているのに敢えてプレミアを付けるとんでもない店鋪もあります。プレミアを付けないのが大型古本店の魅力なのに・・・。(ニルヴァーナのホルモウニングが専門店価格の\8,000だったり、初期ミスチルの初回盤が\15,000ってのは一体どういう神経をしているのでしょうか???)

そう、価格も全国統一されどのお店に行っても同じ価格ってのもつまらないですが、それを上回る知識でレア盤ゲットが僕の使命!(実際、他店と比べ安いところもあります、どのような価格設定しているのでしょうか?)

ブッ○オフとの闘いは続くよ!まだまだ発掘の余地あり!まだまだあるでしょう、とんでもないものが!
# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-21 00:10 | 音楽 | Comments(4)
入手時期 2001年7月
入手場所 北海道網走市内の中古店G○O
価  格 ¥1,180+消費税
備  考 帯なし 1991年リリース 別ジャケット

北の大地でCD発掘。旅のついでに寄った網走市内のレンタル&中古ゲームソフト販売が中心となっているG○O(このお店、全国的にカス盤が多い。)で発掘、同時にウィングスの紙ジャケCDも上記の値段で買えました。

このジョージのアルバム、2001年当時は廃盤で専門店、オークションでも高価取引きのアイテム、それが旅のついでに見つけちゃうんだから何が起こるかわからない、いやー、生きているって素晴らしい!
友人からも、「レコード店があれば、どこへ行っても楽しめるでしょ?」って言われますね。

2004年となった現在、実はこのアルバム、ジャケットをオリジナルジャケットに差し換えて更にリマスターされて再発したので、この別ジャケット仕様は、更に貴重となりました。(画像上段が別ジャケ、下段がオリジナルジャケ)

オリジナルジャケットではちょっと暗いイメージだから、ワーナーの指示で差し換えられたようですが、僕は別ジャケットの方がリアルタイム(1981年)で聴いていたので、こちらの方に愛着を感じます、ジョージの人の良さがジャケットに表れていよね。(曲も何曲か差し換えられたらしいけど、その音源はなぜかお蔵入り?のようです。)
中身の方も亡きジョンに捧げたと言われる「ALL THOSE YEARS AGO」や、「TEARDROPS」等いい曲入っております。

やっぱり地方を回って、思わずお宝を見つける瞬間ってほんと何とも言えない、喜びを感じますね!
発掘その9 GEORGE HARRISON / SOMEWHERE IN ENGLAND_b0042308_22135186.jpg
発掘その9 GEORGE HARRISON / SOMEWHERE IN ENGLAND_b0042308_2214211.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-20 00:15 | 音楽 | Comments(2)