無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

到着日  2007年7月13日
購入場所 GOOD LOVIN'
購入価格 送料込み1CD¥2,500
備  考 2005年デジタルリマスタリング、ニューパッケージ
b0042308_1125582.jpg

村八分の「草臥れて」がニューパッケージで再発されました、発売&販売元のGOOD LOVIN'で購入したら一般発売より一週間早くの到着です。
でもこのCD、既に持っている村八分BOXに収録、そしてオリジナルである緑のジャケのも持っているからわざわざ買う必要もないだろうと思うかもしれませんが、GOOD LOVINで買うと
b0042308_11294294.jpg

プロモ用に制作された村八分BOX非売品サンプラー紙ジャケCD(8曲入り)がもらえるので、買ってしまったのです。動機はそんなものです(笑)
ジャケットもカッコいいし、まあBOXのダイジェスト盤?って考えると買って正解と思っております。
「くたびれて」もこのサンプラーCDも今から35年以上前の音、山口富士夫のドライヴ感あるギターに思わず横ノリしてしまいます、廃盤時期が長かったせいか、一般層には届きにくい環境、今の日本のロック・シーンに引き継がれていない部分か?引き継がれないか、今はファーストフード的な音楽が多いから(苦笑)
今は村八分も聴きやすい環境となったので若い世代に聴いてもらいたいアルバムですね。

b0042308_11382633.jpg「くたびれて」のブックレットより、バックステージからの写真、いい時代の香りがしますよ。新橋の日本のロックを語るトークショー行かなきゃ。


収録曲
01 どうしようかな
02 のんだくれ
03 くたびれて
04 あやつり人形
05 ドラネコ
06 あッ!
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-15 11:42 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)
18:30〜味の素スタジアム 観衆17,044人
スコア FC東京 2 - 4 横浜Fマリノス
得 点 (東京)石川、金沢 (横浜F)山瀬功、大島2、マルケス
1勝1敗、2試合総得点3-4で準々決勝敗退
b0042308_4522814.jpg

雨の中久々サッカー観戦です、相変わらずホームでの試合は酷かったな〜(泣)
第1戦を勝ち、今日は引き分け以上で準決勝進出の東京であったが、ウチは弱いので引き分け以上としてもやっぱり先制しなければ優位になれない、点を取る姿勢でないといけないのです。

雨の試合だから、僕ら観戦仲間は遠くからのシュートをガンガン撃つべきだと試合前に話しておりました、しかし雨の試合なのに相変わらず狭いエリアで精度悪いのにカッコつけたパスで相手に取られミドルを撃たれる展開、マリノスの方がちゃんと対策たてて、試合運びしとりますね。
あの中央での狭いエリアでのカッコつけプレーは観ていて腹が立って来る時もあります(苦笑)もっと両サイドをワイドに使うべきだよー。

しかもホームで4失点とは情けない限り、今季はホームで3勝6敗でアウェイで4勝3敗2分けとホームではホント分が悪い、いや悪過ぎである。
これでカップ戦の優勝はなくなり、リーグ戦だけとなった。リーグ戦の目標は・・・、今の状況では今季もJ1残留の道しかなくなってしまった、また今季も残留目標か〜〜。
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-15 05:03 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
b0042308_1447480.jpg

無事帰って来ました。
7/12は福岡へ出張しておりました、久々の都心への出張に気持ちがワクワクしておりましたねー、ギリギリに福岡入りするのはもったいないので、余裕もって夕方に鹿児島本線南福岡駅の宿に到着、重い荷物を置いて事前に会社仲間から教わった牛もつ鍋屋さんへ直行!
入店したら「もつ鍋は二人前でよろしいですか?」ともう決まり事項のようだ。
それが上の画像、1人前¥950
グツグツ煮込んでかき回すと
b0042308_14513121.jpg

こんな感じ、ニラ、キャベツ、コーン、にんにくのスライス、牛もつと基本的な構成のようです。にんにくスライスからの香りが食欲を倍増させますな(笑)
あ〜、やっぱり関東で食べるもつ鍋と比べると美味しさが違うな〜、パクパク行けちゃいます、また二人前でも多めですね。出汁が美味しいですわ〜。

b0042308_14551358.jpg具を全部食べた後の鍋をパチリ、脂がいい感じです。やっぱり何かトッピングしたくなる気分(笑)


b0042308_14562569.jpgちゃんぽん玉¥110を投下!ここは太麺がマッチします。もつ、にんにくの出汁のビートが効いて素晴らしいお味です。


b0042308_14575013.jpgちゃんぽん玉を食べた後の鍋もパチリ、これまた脂が最高です、いやーうめ〜んだよ〜ってヤツです!


これで生ビール一杯にお通しの小鉢ともつ鍋、ちゃんぽん玉で1人¥2,000もしなかったから安かったです。都心部への出張が夜が楽しみですな、毎日散財となるから今回は一泊で良かったかも???(笑)
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-14 15:01 | 食べ物 | Trackback | Comments(6)

帰京します

仕事も無事終わり、さあ帰ろうと福岡空港に着いたけど、19:00前の飛行機は全て満席。
仕方ないので、重い荷物は宅急便で自宅に送って、身が軽くなったので博多をぶらりしてきます。
まあ、こういう時の時間潰しは全く苦ではないので、楽しんできますわー。
東京に着いたら、新橋にでも寄りますかー(笑)
博多&新橋、なんて素敵なコラボでしょう!
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-13 16:06 | 出張 | Comments(2)

福岡におります

b0042308_23324494.jpg

仕事で福岡市博多に来ております、と言っても明日帰京します。
久々都心部への出張、ちょうど博多祇園山笠を開催しておりました!
また飲み屋さんもいっぱいあっていいですね!
グルメリポートは後日アップ致します。
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-12 23:32 | 出張 | Comments(4)
購入日  2007年7月11日
購入場所 BOOK OFF 八王子堀之内店
購入価格 1CD¥1,750(定価¥2,300)
備  考 オリジナル1978年、24bitリマスター、帯付き、2003年9月再発
b0042308_23263741.jpg

夕陽を浴びる海岸のジャケがいいね〜。
尾崎亜美の3rdアルバムの紙ジャケ、リマスターを見つけた。
全編作詞・作曲・編曲担当と尾崎亜美自身、音楽活動に更に加速のついた時代でしょうね。
当時はポスト・ユーミンなんて有り難迷惑なレッテルを張られたそうで、それを跳ね返した時期でもあるみたい。僕が彼女の音楽を知った頃はそんなこと微塵も感じなかったけどね。

アレンジがとにかくメロウです、鈴木茂のギターが木目細かいし、佐藤博のエレピは夏の終わりに
聴くと、心地よく感じる。ホーンアレンジはソウルフルだ。
参加ミュージシャンも豪華でティンパン系メンツに、松原正樹、高水健司、コーラスで寺尾聡が1曲、オフコースが2曲参加しております。

とにかくアレンジが素晴らしいのでAOR / CITY POPが好きな方は、是非聴いてもらいたいですね。
佐藤博のエレピ、斉藤ノブのパーカッション、松尾一彦のハーモニカがグッとくる「ラストキッス」は晩夏に聴くと泣けてきますよ〜。
とにかく彼女のアレンジ、最高です!

収録曲
01 センセイション
02 ジョーイの舟出
03 嵐を起こして
04 ドランクダウン
05 来夢来人
06 ストップモーション
07 春の予感
08 悪魔がささやく
09 もどかしい夢
10 ラストキッス
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-11 23:27 | ブックオフ | Trackback | Comments(4)
b0042308_21225184.jpg

久々、ニューホープ軒のネギラーメン¥760です。最近、麺太で脂多めの濃いとんこつ醤油味ばっかり食べているな〜(笑)
やっぱりネギは千切りの辛めのネギより、小口切りの味付けなしのネギがいいな〜。
もやしも追加で(有料だけど)トッピングしておけばよかったな〜。
二郎の方が味が濃いが、このとんこつ醤油味も好きであります、脂多めがやっぱりガッツリ来ますな!
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-11 21:28 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)
購入日  2007年6月23日
購入場所 タワーレコード新宿店
購入価格 1CD¥2,625
備  考 オリジナル1978年リリース
b0042308_123324.jpg

高中正義のバックコーラスを務める大空はるみがTANTAN名義で制作した1978年のオリジナル・アルバムが再発された。

発売元はビクターだが、販売元はマスクラック・レコードと言うインディーズ、最近はこのようなインディーズ・レーベルがリスクを負って紙ジャケ再発もしくはプラケ再発することが多くなりましたね。
ビクター本人はリスクが少なくて良いんだろうけども、こうやってリリースするインディーズ系は偉い!と言いたいですね。大手も頑張ってよ〜。

タワレコ新宿店で試聴したらそりゃあもうソフトかつライトなアレンジがシティ・ソウル風に仕上がって、この蒸し暑さを除湿する心地よさがあり、即気に入り即購入でございます(笑)

この頃は日本人ミュージシャンが海外録音(これもアメリカ録音)が多い時期だが、洗練された洋楽チックなアレンジでもちゃんと個性をアピールできるところはさすが、デヴィッド・ポメランツ、ユージン・レコード、カーラ・ボノフ、ビージーズ、ジョニー・リヴァース等全曲洋楽カヴァーで占めているけど、このシティ感覚なアレンジとTANTANのジャズ・ヴォーカルは合いますね。
参加ミュージシャンはスティーヴ・ルカサー、トム・サヴィアーノとこれまた豪華。これ聴いて蒸し暑い夏を乗り越えましょう。

収録曲
01 DAYBREAK
02 YOU STEPPED INTO MY LIFE
03 BETTER DAYS
04 BRING ME YOUR BROKEN HEART
05 POOR SIDE OF TOWN
06 ISN'T IT ALWAYS LOVE
07 TRYING TO GET TO YOU
08 LET THE MORNING COME
09 DON'T EVER SAY GODDBY
10 I'M GONNA LOVE YOU
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-11 01:21 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
購入日  2007年6月10日
購入場所 TSUTAYA富士店
購入価格 1CD¥2,310
備  考 オリジナル1980年リリース、紙ジャケ、リマスター、ハリウッド録音
b0042308_2354928.jpg

この頃の日本のミュージシャンは西海岸にレコーディングに頻繁に行った時期だそうだ。
ジャケットはなんだかカリフォルニアの太陽を浴びながらも涼しげな表情が印象的、白い木造の壁が夏を表している感じか?
「いちご白書をもう一度」や「SACHIKO」のヒットでお馴染みのばんばひろふみの1980年発表のオリジナル「COAST」、ただ単にハリウッドへ観光目的に録音しに行っただけだろなんて思いきや、1980年の5月14日〜30日の半月は凄いメンツとレコーディングしております。

ニコレッタ・ラーソン
ディック・セント・ニクラウス
ジェイ・グレイドン(元エア・プレイ)
ポール・バレル(元リトル・フィート)
マーク・ジョーダン等

とにかく豪華なんです、イントロからジェイ・グレイドンを思わすギター・プレイに裏AORなアルバムか???と思いきや、やっぱりばんばひろふみのヴォーカルになるとニュー・ミュージックになってしまうな〜(苦笑)
大村雅朗のアレンジも日本向けのエイティーズなアレンジだから少し彼らの個性を打ち消しちゃっているかもしれない。

しかし所々の間奏、アレンジに西海岸チックな僕らの憧れるカリフォルニアっぽく感じるAORを感じ取ることが出来る、中にはジェイ・グレイドン&ポール・バレル参加の曲もあり、渾身のギター・ソロを少しだけ披露しております。

またニコレッタ・ラーソンがバック・コーラスで参加、以前紹介した矢沢永吉のアルバムよりも目立っており、「不思議にウキウキ」ではニコレッタが日本語で「不思議にウキウキ」とコーラスするところなんざ、素敵です。
豪華バックミュージシャンだけにもっと洋楽チックなAORにしても良かったのではないかな〜、そうするとばんばの個性が潰れてしまうのだろうな〜、どっちを取るか、ばんばのソロアルバムだからこれは仕方ないだろうね。

ジャケット観た時はひょっとして〜と思ったのだが、まあ西海岸サウンドを若干ながら垣間見ることが出来たのでまあいいかな〜(笑)最後の曲「マリー」はカントリー・ブルース調、ポール・バレルのアコギがなんだかリトル・フィートみたいだ!

b0042308_23545256.jpgディック・セント・ニクラウス、ニコレッタ・ラーソン、ばんばひろふみのスリー・ショットでございます。


収録曲
01 不思議にウキウキ
02 Car Radio
03 Tenderness
04 旅に行こうよ
05 Give Upお嬢さん
06 Welcome To My Love
07 あざやかモニュメント
08 Two Boys
09 Coast
10 マリー
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-10 00:01 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
19:00〜ベトナム・ハノイ 中継:NHK BS 実況:野地俊二 解説:山本昌邦
スコア 日本 1 - 1 カタール
得 点 (日本)高原 (カタール)セバスチャン

AFCアジアカップ2007が昨日からスタートしましたね、アジアカップって実力よりも気候・土地柄で左右されるところが好きなんですよー、だから観ていてとても面白い、昨日は豪州がやっとこさオマーンに追いついたのもアジアカップならではだと思うのです。

今日の日本の初戦、う〜ん、先制点の後に追加点を取れなかったのが痛かったな〜、と同時にアジアでの戦いは難しいことをサッカーは教えてくれた。
カタールのチャンスは少なかったがそれを得点に結びつけるところは敵ながらお見事と言うしかない。
これがサッカーの恐ろしさでもあり醍醐味である、いつも思うことだが楽観視すると落とし穴があるのがサッカー、何度も何度も気をつけなきゃって思うんだけどねー、どうしても余裕ぶっこく自分はいかんですよー。何が起こるかわからないってことを再認識しなきゃあいけないのです、それはサッカーに限らず人生でもそう!
終了後のオシム監督、怒ってましたね〜、どんどん怒って怒って怒りまくれ〜〜!

この結果でグループBは面白くなってきたのではないでしょうか?ホームのベトナムがなんとグループ首位、ベトナムに負けたUAEも次の日本に勝てばチャンスありと燃えて来ることでしょう、そして日本はグループリーグ第3戦がホーム・ベトナムと難敵は続きます、でもその展開の方が面白いや〜、第2戦、第3戦がとても楽しみですね、頑張れ日本(笑)
だからアジアカップって好きなんですよね!
# by daisuke_Tokyocity | 2007-07-09 22:32 | スポーツ | Trackback | Comments(2)