無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

<   2007年 12月 ( 58 )   > この月の画像一覧

今年を振り返る

早いもので2007年も大晦日でございます、今年は月日が経つのがホント早かったですね。

今年を振り返ってみると、仕事は4年ぶりに長期出張が多く1年のうち約70日は現地生活でした。長期出張で体力的にも精神的にもタフになりましたね、そのお陰ではありませんが当ブログにも影響し?更新数も昨年より73本多い、年間554本も更新できたんかなーと思います。更新出来なかった日は金曜の夜ってのが多かった、理由はわかりますよね?(笑)
そして1年を通し体調不良なし(軽度はそりゃある)や風邪を引かなかったことが大きいかな。たまにズッコケることもありましたが、まあ人生はリーグ戦ですからね。今年出来なかったこともあったな、それはまた来年にでも。

私的面では今年もCD買ったし(年間いくら使ったか不明)、飲んだし、食べたな〜(新橋だけで年間50回は行ったかも?)、日本全国仕事に遊びに色々な土地へ行けたのもよかった、そして新しい友達に出会えたのも!
そして今日まで出会えたみなさんに感謝ですね、お陰さまで楽しい時間を過ごせることが出来ました、常に笑いが多かったと思います、いや〜感謝な日々です、ありがとうございました。

みなさんにとって来年も素晴らしい年でありますよう、それでは良いお年を!!

*年明けからレギュラー・メニューで行きますのでヨロシク!これから家族忘年会の準備で〜す。
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-31 15:12 | 気になる | Comments(22)
30日の昼は久々にひとりファミレスを実施しました。今回は
b0042308_3354617.jpg

ファミリーレストラン「ココス」の期間限定メニュー(1/6まで)のメガハンバーグを食べました。ハンバーグ大好きなものでこれは行かなきゃと思いました(笑)ファミレスのハンバーグは昔よく食べていたしね。

マクドナルドのメガマック、すき家のメガ牛丼と最近は「メガ」と名の付く食べ物を食べたが、どれも大して量を感じなかったのが正直なところ、世間一般で言うメガなのだなと、しかし今回はちょっときつかったですね。
あっ、大盛りライスのセットで税込み¥1,449です。単品ですと¥1,344、そう+¥105で大盛りライス付けられるのでもちろん大盛ライスです、ドリンクバーは会社の後輩からもらったクーポン券でタダ、全部で¥1,449です。

総カロリー2,097!ハンバーグはトリプル、トマトソースwithチーズに付け合わせでいんげん、ポテト、ウィンナー、ベーコン、目玉焼きです。
ハンバーグは厚め、特に最終段のハンバーグは特に厚く、全部食べられるかなと一瞬不安が過りましたが、なんとか完食できました、いや〜、麺系、ライス系の大盛りとは違いましたね〜(笑)

b0042308_353193.jpg背面?付け合わせのポテト&いんげんが満腹中枢を刺激、最初に食べると危険です(笑)特にポテトは要注意!


b0042308_3543173.jpg高さです、もう見た目からお腹一杯になってしまう方いるでしょうね(笑)僕は一応、朝抜きで食べました。


b0042308_3562114.jpg大盛りライスですが、これは僕にとって普通盛り以下だったな。


b0042308_3575668.jpg
アップで撮影するとこれまた迫力と言うかお腹いっぱいになりますな、トマトソースwithチーズだとハンバーガーを食べている感覚ですね、デミソースは下のバーグへ、最終段のバーグだとノンソース状態となります。

b0042308_402651.jpgココスはデザートが充実、このイチゴ系のデザートも食べたかったが今回は断念(笑)


久々のファミレス・ハンバーグで美味しかったね、後半はちょっと飽きが来ましたが・・・(笑)
ファミレスは食べた後ゆっくり過ごせるから良いね〜、たまには利用しなきゃね。このゆっくり感はいいかも。
ドリンクバーのウーロン茶を何杯か飲んで、胃の中の脂分を早期分解させると胃もたれしませn、そして午後は都内を歩き回ると夜はお腹空いて来ますよ、空腹は幸せなりですな。

ちなみにこのメガハンバーグ

※下記の地域では販売しておりません。
富山県、石川県、福井県、岐阜県、滋賀県、京都府、奈良県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県 のココス

※下記の店舗では販売しておりません。
札幌石山店、須賀川店、天保山マーケットプレイス店

だそうです。
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-31 04:11 | 食べ物 | Comments(10)
購入日  2007年12月14日
購入場所 社内販売
購入価格 1CD¥1,875(定価¥2,500の25%割引き)
備  考 オリジナル1981年発表、24bitデジタル・リマスタリング、ボートラ収録
b0042308_1192849.jpg

今月の当ブログへの検索ランキングで「甲斐バンド 紙ジャケ」が3位にランキングされているので、アクセスして頂いた方のリクエストにお応えして今月三度目の登場でございます。

オリジナルが1981年発表、斬新なタイトル、そして打ち込みを使った斬新なタイトルナンバー、そして同居した甲斐バンド節のロック・ナンバー、小林旭のカヴァー曲もあり幅広さもあって聴き応えがあります。

ゲストには当時ARBに在籍の顔立ちがシャープだった頃の田中一郎等です。
当時の甲斐バンドってスタジオ盤は中学生だから小遣いも少なくなかなか買えませんでしたが、その分、NHK-FMで彼らのライヴが放送され、タイトル曲や小林旭の「ダイナマイトが150屯」「観覧車」等はライヴ・ヴァージョンが僕にとっての定番でしたね、当時はいいライヴ番組がいっぱいあったな〜。そして久しぶりにスタジオ盤を今聴いたら、なかなかですね。

この頃の甲斐バンドはかなり絶好調だったな〜、花園ラグビー場での映像&音源のライヴ完全版なんかリリースしてほしいな〜、「BIG GIG」は権利クリアーして再発してほしいな〜。

収録曲
01 破れたハートを売り物に
02 ランデヴー
03 ダイナマイトが150屯
04 どっちみち俺のもの
05 ジャンキーズ・ロックンロール
06 陽の訪れのように
07 奴(ギャンブラー)
08 観覧車
09 冷たい愛情
BONUS TRACKS
10 暁の終列車
11 破れたハートを売り物に(プライベート・ルーム・ヴァージョン)
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-30 11:28 | 社内販売 | Comments(3)
購入日  2007年12月27日
購入場所 ダイカン9F
購入価格 各2CD¥3,800×2セット=合計¥7,600
備  考 1973年12月4日フィラデルフィア、12月6日ラーゴでのライヴ、STEREO SB音源
b0042308_22393377.jpg

b0042308_22395944.jpg

本日の午前中で年内仕事納めとなりました、今年も無事乗り切ってホッとしております。ゆっくりブログでも更新しますかー。

今回のTHE WHOの1973年米ツアーのステレオ・サウンドボード音源がリリースされ、内容・音質の素晴らしさにビックリでございます。音源元はよくわかりませんが、キング・ビスケット・フラワーアワー放送音源なのですが、エアチェック音源ではないのでハッキリ言ってこれぞオフィシャル級と言っても過言ではありません。ミックスのバランスもバッチリです。

この頃のツアーは僕の好きなアルバム「四重人格」ツアーなんですね、フーの1970年代のライヴ・アルバムは1970年の「LIVE AT LEEDS」と「WHO'S NEXT」DX版に収録された一部でしかないからこのCDは貴重ですね。ビート・バンドのフーも好きだけど、ハード・ロック仕様のフーも好き、とにかく演奏が素晴らしい、やっぱりリズム隊はキースとジョンなんだよな〜と改めて実感、ピートのギターを弾く感覚ではなくHITする感覚がこれまた素晴らしい。もちろん、ロジャーのヴォーカルもね。
ちなみにLargo 1973からの

「The Punk And The Godfather」
「5:15」
「Won't Get Fooled Again」

の3曲はフーの公式サイトに入会するともらえるライヴ・アンソロジーCDに収録されております。このライヴのほぼ全貌を知りたければこれしかありません。(但し、「See Me,Feel Me」はフェイドアウトで終了)

またフィラデルフィア公演の「Spectrum 1973」はステージのオープニングからアンコール〜エンディングとステージ丸ごと収録、「See Me,Feel Me」も完奏、その後約8分間の客席の歓声を経てアンコール曲の「Naked Eye」へと続くので、会場にいるような感覚となるかな??ととにかく熱いフーのライヴが満喫できますよ!このままオフィシャル・リリースが難しいようだからとりあえずオフィシャル以上のライヴ・アルバムと言っておきましょう。

b0042308_22594799.jpg2枚買ったのでオマケでもらったのがコレ。フーの60年代TV映像集です。


収録曲
「Spectrum 1973」
Disc 1
01 Introduction
02 I Can't Explain
03 Summertime Blues
04 My Wife
05 My Generation
06 Quadrophenia Introduction
07 I Am The Sea
08 The Real Me
09 The Punk And The Godfather
10 I'm One
11 5:15
12 Sea And Sand
13 Drowned

Disc 2
01 Bell Boy
02 Doctor Jimmy
03 Won't Get Fooled Again
04 Pinball Wizard
05 See Me, Feel Me
06 Naked Eye

Live at Spectrum, Philadelphia, PA. USA 4th December 1973

「Largo 1973」
Disc 1
01 I Can't Explain
02 Summertime Blues
03 My Wife
04 My Generation
05 The Real Me
06 The Punk And The Godfather
07 I'm One
08 5:15
09 Sea And Sand

Disc 2
01 Drowned
02 Bell Boy
03 Doctor Jimmy
04 Love, Reign O'er Me
05 Won't Get Fooled Again
06 Pinball Wizard
07 See Me, Feel Me

Live at Capital Centre, Largo, MD. USA 6th December 1973

Roger Daltrey - Vocals, Harmonica
Pete Townshend - Guitar, Vocals
John Entwistle - Bass, Vocals
Keith Moon - Drums, Vocals
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-29 23:09 | 西新宿 | Comments(0)

LED ZEPPELIN / OLYMPIA 1969

購入日  2007年12月23日
購入場所 ダイカン9F
購入価格 1CD¥2,500
備  考 1969年10月10日パリ、オリンピアでのライヴ、SB音源
b0042308_047191.jpg

今日は金曜日で仕事納め〜と思ったら実は明日の午前中は仕事がある大介です、なので新橋での呑みは後ろ髪引かれる思いで帰って来ました(苦笑)
気持ち切り替えてCD紹介です。
先日再結成したZEP、ファンの間でも好評でした。その再結成の前祝い?としてフランスのFM局で11/7に1969年パリ、オリンピアでのライヴが再放送され、その翌日にネット公開された音源をCD化したものです。
これはダイカン仕様ですが、各社リリースしているね。
突然の1969ライヴ再放送、曲にフランス語のナレーションが被ってしまうのは残念ですが貴重な1969ライヴ、これは迫力ありますね。
beatleg2月号にも詳細が書かれております、beatlegと同様、ナレーションなしの音源が出てくれば素晴らしいですよね。
外国のFM放送はいいライヴ番組を放送しているんですね、我が国のFM放送は僕が十代の時は素晴らしいライヴ番組があっただけに、今のうるさいDJだけの番組じゃあ自宅で積極的には聴かないよな〜。フランスもなかなか粋な再放送してくれますな!と言うことは世界にはまだまだ素晴らしい音源が眠っているんでしょうね!!

収録曲は以下の画像を見てね。
b0042308_0582369.jpg

by daisuke_Tokyocity | 2007-12-29 00:59 | 西新宿 | Comments(5)
購入日  2007年12月27日
購入場所 タワーレコード新宿店
購入価格 1CD¥2,200
備  考 オリジナル1979年
b0042308_485565.jpg

リトル・フィートのフロントマンであるローウェル・ジョージの唯一のソロ・アルバム「特別料理」が年末も押し迫った12/27に再発された。
今回は、ヴァン・ダイク・パークスの紙ジャケ・シリーズの一環として発売、ヴァン・ダイク・パークスも欲しかったけど、取りあえずこれだけ押さえました。

1曲目からアラン・トゥーサンのカヴァー曲が良いね、ボズ・スギャッグスも「シルク・ディグリーズ」でカヴァーしている名曲、やっぱりアルバムは1曲目が大事だね〜。リトル・フィート時代の曲をリメイクしたり、ヴァン・ダイク・パークスとの共作もあったりとファンキー&タイト、またポップでありますな。最新リマスターでないのは、まあ仕方ないかー。ワーナー作品ながら日本主導で紙ジャケ化出来たことを評価しましょう。長門芳郎氏の最新解説も良かったりします。今回、
初CD化時のボートラ曲でヴァレリー・カーターとのデモ曲も収録されております。
年末も押し迫ったこの時期に、ローウェルのソロは疲れを癒すね〜〜〜。

収録曲
01 WAHT DO YOU WANT THE GIRL TO DO
02 HONEST MAN
03 TWO TRAINS
04 I CAN'T STAND THE RAIN
05 CHEEK TO CHEEK
06 EASY MONEY
07 20 MILLION THINGS
08 FIND A RIVER
09 HIMMLER'S RING
Bonus Track
10 HEARTACHE
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-28 04:26 | 音楽 | Comments(4)
購入日  2007年12月24日
購入場所 タワーレコード新宿店
購入価格 1CD¥2,310
備  考 オリジナル1986年
b0042308_0334036.jpg

アレサのアリスタ時代のアルバムが紙ジャケ化されました。その中でもアンディ・ウォーホールのジャケがカッコよくて、アレサの当時の好調さがにじみ出ている邦題タイトル「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を買いました。
この頃のアレサ、聴いてみてなんだか懐かしい気分となりましたね、1986年ですから昔を思い出します。
当時20年振りに全米No.1となったジョージ・マイケルとのデュエット曲「愛のおとずれ」は懐かしいです、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」は説明不要のストーンズのナンバー、ゲストにキースですからね。
エイティーズなサウンドのアレサもなかなか、ソウルを感じない、ポップすぎるなんて思う人もいると思うけどスキルの高いアレサだから余裕で対応できちゃうんですよね、AORアプローチのラリー・グラハムとのデュエット曲「今宵ふたりで」なんか素晴らしいですよ〜。

今回は紙ジャケ・シリーズの他にアレサのデュエット・アルバムもリリースされております、新曲も2曲収録です。いや〜アレサ姐さん、現役感あって素敵ですね!

収録曲
01 JIMMY LEE
02 I KNEW YOU WERE WAITING (FOR ME) (DUET WITH GEORGE MICHAEL)
03 DO YOU STILL REMEMBER
04 JUMPIN' JACK FLASH
05 ROCK-A-LOTT
06 AN ANGEL CRIES
07 HE'LL COME ALONG
08 IF YOU NEED MY LOVE TONIGHT (DUET WITH LARRY GRAHAM)
09 LOOK TO THE RAINBOW
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-27 00:47 | 音楽 | Comments(6)
今週は残業規制で10時フレックス出社、出社したら課の後輩から「今日は食べに行きましょう!先週のリベンジです」と朝の挨拶代りにオファー来たので、定時後後輩三人と川崎にある中華料理屋「萬楽」へ川崎インディーB級グルメの代表格?アホーメンを食べに行きました。(今回も画像多いです)

b0042308_23445366.jpg店構えは普通の中華料理屋さんでございます、無事開いていてよかった〜


b0042308_23455311.jpgアホーとはスペイン語でニンニクの意味だそうです。中華料理にスペイン語とはなかなか粋である(笑)


b0042308_2348177.jpg
出て来ましたこれがアホーメン辛口¥890、ノーマルは¥840、辛口は+¥50、激辛は+¥100、ニンニク大盛りは+¥200、麺大盛りは+¥100、麺を大盛りにしておけばよかったな〜。

ニンニク、玉ねぎ、ニラがたっぷり、豚肉がいい味だしております。ニンニクが丸ごと入っております。わかりやすく言えば、スタミナラーメンってところでしょうか?

b0042308_23514077.jpg麺は太麺やや縮れあり、スタミナ系ラーメンには太麺が合います。


b0042308_23531672.jpgニンニク丸ごとですから一片がたくさん入っております。じゃがいものような食感、ホクホクして美味しい、すったり、刻んだりしていないので強い匂いは感じないね。


いやー、これは美味しい!ニンニクが程よく効いてこのしょうゆベースのスープも美味しい!肉野菜の炒め具合も良く、バクバクいけちゃいます。

b0042308_23554716.jpg
こちらは見た目、アホーメンですが実は、アホークッパ辛口¥990、中にご飯が入っております、ちなみにこれは4人で一つです、1人一つではございません、念のため(笑)
なので当然ご飯にも合いますよ、このスープは。またこの辛さも丁度良くたまりません!うめ〜〜んだよ〜〜ってヤツです。

b0042308_001275.jpg取り皿に分けて食べるとこんな感じです、食がススミます。


b0042308_011239.jpg
中華料理屋に入ったら、やっぱりノーマルなチャーハン¥680も食べたいってことでこれも4人で一つです、チャーハンは1人一皿でも良かったな〜。このチャーハンも美味しかった、ほとんどのチャーハンはご飯がべちょ〜っとしているんだが、ここはご飯の粒がしっかりしてよかったぞ、冷や飯を使っているのかな?

b0042308_041977.jpg〆はニンニクの臭みを抑えるお茶が出て来ます。


b0042308_052256.jpg完食は言う間でもありません、ニンニク食べると風邪引かないし、心も体も健康になるよ〜。ニンニクは元気の源ですね!


寒いけど、アホーメン&アホークッパ&チャーハン食べて体がホットになりましたね、また来たくなるお店でした!1人当たり約¥1,300で今日は帰宅しました〜〜。

一応、メニューの一部をアップしておきます。
b0042308_075881.jpg

b0042308_081537.jpg

by daisuke_Tokyocity | 2007-12-27 00:12 | 食べ物 | Comments(2)
昨日のクリスマスは新橋コネクションを中心としたメンバーで三軒茶屋・伝心望で、クリスマス忘年会を開催、今流行りらしいカレー鍋をみなさんで食べました。(今回、画像多いです)

b0042308_2148195.jpgキャロットタワー前、世田谷通り沿いにあります、ちょっとわかりにくくみんな迷ったみたい。店構えは普通。


b0042308_21502669.jpg今回は¥3,500円の鍋コースに¥1,800の飲み放題コース、前菜があってまずは酢もつです。


b0042308_21574041.jpg牛刺しのフレンチ・ソース、フレンチ・ソースは要らなかったな、そのままでOK


b0042308_21593635.jpg穴子です、これは柔らかくて美味しかったね


b0042308_2201351.jpgそして、メインのカレー鍋、こちらの卓はピリ辛、他の卓は普通、激辛と分けました。まずはぐつぐつさせてから


b0042308_222188.jpg牛ロース、鶏つくねなんこつ入り、豚ばら、鶏肉、初めにつくねと鶏肉を入れます。


b0042308_2235387.jpgしめじ、玉ねぎを投下、投下してからゆっくりかき回します、かき回さないと後々焦げるので注意!画像がブレていたのでありませんが、牛ロースをしゃぶしゃぶして食べます!


b0042308_226159.jpg何やら生のずわいガニが降臨!一体なにするの????


b0042308_2271467.jpg
カレー鍋でしゃぶしゃぶしてしまうのだ!ピリ辛のカレー味とかにの味が同居してこれはVERY美味しかった!初めての試みなのでこれには驚きでしたね。

b0042308_2291229.jpg
しゃぶしゃぶタイムが終わったら、残りの野菜(レタスなんです)、豚肉を一気に投下!そしてゆっくりかき回します、ちなみに鍋の蓋はなし、蓋をするとかき回さなくなり焦げてしまうから、とにかくかき回す。サイドにあったにんにくチップやお店オリジナルのスパイス、ソースを入れたら味が変わりこれまたコクがあってうめ〜〜〜んだよ〜〜の世界となりました!!当卓には素晴らしい鍋奉行さんが仕切ってくれたおかげで一番美味しい鍋となったんじゃあないかな〜(自信)

b0042308_22125041.jpgまだまだ終わりません、鍋には〆がございます。うちの卓は雑炊にしました、ご飯を入れて、溶きたまごを投下!


b0042308_22151517.jpg
そしてとろけるチーズ&長ネギを入れて出来上がり!このチーズがまた美味しさを演出してくれました。最強の味でしたね。

これで生ビール四杯、焼酎黒霧島ロック二杯、ゆずサワー一杯呑んで食べてで税込み¥5,565でした〜。本格派カレー鍋はお初、これははまりますね。一過性のブームだけでは終わらない気がします、ちなみにこのお店、本店は兵庫県姫路市だそうですね、関西在住の読者のみなさん、是非行ってみてくださ〜い。
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-26 22:21 | 食べ物 | Comments(7)
到着日  2007年12月19日
購入場所 ディスクユニオン通販
購入価格 送料別3CD¥6,930
備  考 オリジナル1977,78,81年、デジタル・リマスタリング
b0042308_82667.jpg

中古市場で高騰化していたタモリのCDが再発されました。「ラジカル・ヒステリー・ツアー」は初CD化でございます。やっぱり買ってしまいました。
旧盤のCDはブックオフでも¥4,500以上のプレミアが付いておりましたし、紙ジャケの復刻は大歓迎ですね。
大人気らしく、タモリ1,2の初回生産分の紙ジャケは既に売り切れらしく店頭にはプラケ盤しか置いてありませんでしたから、通販で押さえていて正解でした。
聴くと、芸人タモリの原点が聴かれます、今は司会しかしなくなっちゃったけど、これを聴くと、タモリは昭和の芸人だと言うことがわかります。今のお笑いタレントには到底出来ない技ですね。
残念ながらタモリ3は予想通り復刻は出来ませんでしたが、いつか復刻できることを信じましょう。
タモリ1の4曲目「CMブラジャー・ミシン」が一部を変えているらしい、どのように変えているのかな???
by daisuke_Tokyocity | 2007-12-26 08:10 | ディスクユニオン | Comments(10)