無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:スポーツ( 550 )

サッカーJ1リーグが昨日でW杯ブレイク突入となり7/18まで約二か月間の中断となります。
そんな中、我らFC東京の順位は
b0042308_10072051.jpg
8勝4分3敗 勝ち点28の第2位は予想外です。昨年のボロボロ状態から比べると出木杉君と言っても過言ではない。最近は守備も落ち着いてきて4試合連続無失点は評価高いです。逆に2試合連続無得点ですが、それはこの中断期間中に攻撃のバリエーションを増やしていけば良いでしょう。この中断期間を上手く使うことが重要、どのチームも過酷な15連戦を闘い抜きました。この好調さを維持するのは健太監督の腕の見せ所でしょうね。
b0042308_10072013.jpg
昨日のアウェイ・ゲームは0-0のスコアレスドロー、サポの間では勝ち点-2だなんて意見有りますが、昨年に比べたら負けなきゃ良いので、この結果にはまあ満足です。ライバルチームはズッコケてくれたしね。

ルヴァン杯は予選敗退で来月は天皇杯のみ、丁度これまたお休みだから応援に行きましょうかね。
ポンコツ日本代表には東京の選手選出は0、みんなゆっくり疲れを癒し静養して7/18再開の準備お願いしますね。
サガン鳥栖戦のハイライト、惜しいシーンが多いね。負けないことが大事なので勝ち点1の上乗せ重要です。

by daisuke_Tokyocity | 2018-05-21 10:23 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
5/16 19:00~ 東京・味の素スタジアム 観衆6,106人
スコア FC東京(1勝1分4敗 勝ち点4 4位) 0 - 1 ベカルタ仙台(3勝2分1敗 勝ち点11 1位)
※ベカルタ仙台、横浜Fマリノスがプレーオフ・ステージに進出決定。
得 点 (ベカルタ仙台)オウンゴール
b0042308_06040494.jpg
Jリーグのカップ戦・ルヴァン杯は5/9の新潟戦でグループステージ敗退が決まったFC東京、このホームゲームは消化試合だが、控え選手、特に若手にとってはアピールの場として大事な試合、なので何か起こるかな?と期待して行ったが...、結局何の収穫のないつまらない試合で終わってしまった(泣)

やはり健太監督のコメント通り、J1に出ているメンバーに比べ実力に差がありますね。勝っても負けても何も起こらないルヴァン杯ですがそんな時こそ、特に若い選手たちに「思いきり」が感じられず残念。特に久保君はJ1に壁にぶつかっているようだね。この壁を突破出来なければ、バルセロナ云々なんて言ってられません。更なる奮起を求めます。最近、J1でもベンチ外なのに納得ですね。久保君のほか若い選手はもっとトレーニングを積んで、精進しないとな!まだまだ層は厚そうで薄い東京ですね。
b0042308_06045760.jpg
終了後の挨拶は健太監督が先頭に立って謝罪と感謝をしておりました。リーグ戦にはない光景でしたね。次のリーグ戦サガン鳥栖戦の勝利期待しています!

オウンゴールは勿体なかったな~、結局この失点で終わり。それにしても負けていると時間はあっという間に過ぎていきますね...。




by daisuke_Tokyocity | 2018-05-17 06:17 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
5/13 16:00~ 東京・味の素スタジアム 観衆24,589人
スコア FC東京(8勝3分3敗 勝ち点27 2位)0 - 0 コンサドーレ札幌(7勝5分2敗 勝ち点26 3位)
b0042308_22431180.jpg
2位と3位の上位対決、一進一退の攻防で実力伯仲の拮抗した試合、FC東京はリーグ戦14戦目ですが一番強いチームに当たった感じかな。札幌、強かったです。緊張感あって、試合としても面白い試合でしたよ。勝てなかったのは残念でしたが、監督、選手のコメントをチェックすると前向きに捉えた勝ち点1としているね。選手のコメントから充実感、昨年ダメだった悔しさがバネになっている感じだね。
こういうサポーターから見てヒリヒリするような緊張感マックスな試合が出来るようになったのも成長ですよ。チームに自信が芽生えてきたかも!昨年は本当にダメだったから今季の飛躍は応援していて面白く、頼もしいです。勝ち点10差はまだまだチャンスありと思っております!
b0042308_22431855.jpg
W杯前の最終試合はアウェイでの鳥栖戦、下位で甘んじているチームなので落とせません!今の東京ならきっと勝つと信じております!
その前に消化試合となってしまったルヴァン杯がございます、若手や控え選手の底上げにもなるので大事な試合です、当然応援に行きます。健太監督もホームなので勝って〆たいと仰ってます!

ハイライト貼っておきます。


by daisuke_Tokyocity | 2018-05-14 23:43 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
5/5 14:00~ 神奈川県川崎市・等々力陸上競技場 観衆24,667人
第31回多摩川クラシコ
スコア 川崎フロンターレ(6勝3分4敗 勝ち点21 5位) 0 - 2 FC東京(8勝2分3敗 勝ち点26 2位)
得 点 (FC東京)橋本拳人、森重真人
b0042308_23044363.jpg
久々のアウェイ・ゲームでした、そんなアウェイでの試合、FC東京、昨季J1王者の川崎フロンターレに完勝!

ほとんど完勝って言葉は使わない自分ですが今日の試合の勝利には完勝って言葉を使っても良いでしょう。それ位良い内容でした。全員ハードワークで川崎を圧倒、川崎の良さを一切引き出さない試合運びでした。終盤攻められておりましたがそれは勝っているからです。それでも自分の体に緊張感を注入して応援した方がダレませんね。

太田宏介の復活を印象付けるFK2発が良かったし、永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラが走りまくり、田邉草民が90分フル出場でチームの層を厚くさせたのも良かった。もちろんゴールゲットの橋本拳人、森重真人の活躍も褒めないといけない、いや、全員だね!

そして何が痛快って昨年チームを変えると意気込んだものの、文句ばっかり言ってしまいには後半はやる気ゼロで結局チームを去った大久保嘉人に何もさせなかったことだろう、昨年の東京に居たよりも全く存在感が無かったね。前半、余計なシュートで川崎のチャンスの芽を逆に摘んでしまうことも有ったね。もう川崎も大久保中心のチームじゃないし、我が強すぎてやっぱりそういうヤツだったんだな。東京サポも選手紹介時はブーイングだったけど、試合中はほとんど相手にしていなかったね(笑)改めてサヨナラ大久保嘉人ですな!
b0042308_23044438.jpg
今は応援していて本当に楽しい!2位をキープ出来ました。1年3か月ぶりのアウェイ・ゲーム、しかも川崎に勝ったのはとても嬉しい!等々力で2点差で勝つのは自身初!チームも等々力での勝利は6年ぶりだよ。

ゴールデンウィークはゴール出まくりウィークで勝利に始まり勝利に終わった近年稀にみる最高のゴールデンウィークだったな!
b0042308_23054843.jpg
蛇足ですが、ちなみに等々力の生ビールはプレミアムモルツの香るエールでした。たっぷり入ってましたね、注ぎ方も上手かったです。これは味スタも見習うべき(苦笑)

当然、ハイライトも貼らないとね(笑)次の試合は調子良いコンサドーレ札幌、昨年2敗しているだけに今年は倍返ししなきゃです!交替勤務だけど夜勤明けで休みなので応援出来ます!

by daisuke_Tokyocity | 2018-05-06 00:04 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
5/2  10:00~  東京都多摩市・多摩一本杉球場  観衆不明
スコア
第1試合  国士舘大学 5  -  2  青山学院大学
第2試合  日本大学 15  - 2 東京農業大学
b0042308_13012769.jpg
5/2は毎年恒例にしようとしている東都大学野球2部リーグを多摩市の一本杉球場でまったりリラックスで観戦です。

昨年は大田スタジアムでしたが今年は近場の一本杉球場です。

観戦同行者は自分の三大バカ友人のひとりで、ゴールデンウィーク中は野球観戦以外に何して良いか分からない野球のバカ後輩もとい野球バカの後輩です。本当のバカだ(笑)
b0042308_13063268.jpg
第1試合は国士舘大学と青山学院大学との対戦、両校共に2部で甘んじている場合ではない野球伝統大学だよね。終盤に国士舘大学が逆転して5-2で勝ち。
b0042308_13012818.jpg
第2試合は母校の日大が登場、昨年1部だったのに駒沢大学との入れ替え戦で負けて2部降格(泣)甲子園強豪校から選手入ってきているんだけどね。日大も2部で甘んじている場合ではない!
b0042308_13012834.jpg
そんな自分の喝が通じたのか1回から打線爆発で15-2で勝利、2部とは言え母校が勝つと嬉しいものです。
b0042308_13012885.jpg
木製バットと硬球が当たる乾いたパカーンって音が気持ちいい。良いプレー、良いバッティングには拍手です。
b0042308_13012801.jpg
一本杉球場と言えば、この記念樹は
b0042308_13150573.jpg
名投手・江夏豊氏の記念樹です。メジャーのテスト落ちて引退した江夏さん、当時どこの在籍球団は引退試合は行われず、有志のみんなで引退試合をここ一本杉球場で行われたんですよね。
b0042308_13150548.jpg
こちらはなんと打撃の神様・川上哲治さんの名前が刻印されてるではないか!

いやー、楽しい野球観戦でしたね。
また来年も平日のゴールデンウィークは大学野球で満喫だな(笑)  
by daisuke_Tokyocity | 2018-05-04 13:23 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
4/28 15:00~ 東京・味の素スタジアム 観衆25,185人
スコア FC東京(7勝1分3敗 勝ち点22 2位) 3 - 2 名古屋グランパス(2勝1分8敗 勝ち点7 18位)
得 点 (FC東京)ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ (名古屋グランパス)ジョー、ホーシャ
b0042308_09073884.jpg
スマホを機種変更したのでカメラの性能が大幅アップ、綺麗な青空の下の味の素スタジアムです。

25日に首位・広島に勝った東京、ホーム2連戦の昨日は最下位・名古屋戦です。首位に勝って、最下位のチームに勝ち点を上げられないと25日の勝利がチャラになってしまう重要な試合、健太監督もサポーターと同様な考えで選手を送り出したようだ。

そして今回も頼れる男、ディエゴ・オリヴェイラのPKで先制、名古屋のセットプレーで同点に追いつかれるものの、その6分後もう一人の頼れる男、永井謙佑が相手キーパーにプレッシャーをかけての攻撃で2-1と突き放す、更に後半開始早々、高萩のパスブロックから永井⇒ディエゴ・オリヴェイラのパスが決まって、またしてもディエゴ・オリヴェイラのゴールで3-1となり試合を優位に進めました。これでディエゴ・オリヴェイラは9得点で得点王です。永井も昨年を上回る4得点二人合わせて13点取っているのが大きいね。

後半16分に名古屋のセットプレー(名古屋・シャビエルのFKは綺麗で正確、これはもう敵わない)で2点目を取られたけど、名古屋のプレーはやけくその縦ポンサッカーしかないので守備陣が踏ん張って3-2の勝利!
失点は頂けないが、それを上回る得点力が今の東京には有るので勝てます!これで守備をもっと強固にすると1-0でも勝てる試合が多くなるかな。週二回の厳しい日程が続きますが、踏ん張りながら勝ち点を上乗せして欲しいですね。
b0042308_09075501.jpg
2試合連続3得点!ゴールデンウイークはゴール出るウイークだ!
b0042308_09084539.jpg
永井謙佑がFWの勘を取り戻せたと健太監督からの評価が高いです。古巣・名古屋に得点ってのも嬉しいね!
b0042308_09090348.jpg
味スタグルメはイカ焼き(姿焼き、美味い!)と
b0042308_09094497.jpg
オム焼そばとお祭りスタイルでした。ビールも3杯飲んだし、そして勝ち点3も獲得出来たし、最高のゴールデンウィーク四日目の休日でした!!

ハイライト付けなきゃね!!


by daisuke_Tokyocity | 2018-04-29 09:29 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
4/25 19:00~ 東京・味の素スタジアム 観衆13,425人
スコア FC東京(6勝1分3敗 勝ち点19 2位)3 - 1 サンフレッチェ広島(8勝1分1敗 勝ち点25 1位)
得 点 (FC東京)ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ (サンフレッチェ広島)稲垣
b0042308_09340124.jpg
昨年とは全く別人のFC東京、これまた昨年とは全く別人の首位で無敗のサンフレッチェ広島に3-1の激勝!気持ち良かったね!
広島の監督は一昨年途中まで東京を指揮していた城福監督、広島に来たら東京時代全く歯が立たなかったレッズにアウェイで勝っちゃうし、そしてこの試合までリーグ戦無敗と東京時代とはこれまた全くの別人ではありませんか。

そんな因縁の対決とも言える首位攻防戦、前半の早い時間に早くも歓喜が訪れる。東京が相手のミスにつけ込んで前半10分以内に電光石火の2得点で東京のペースとなりましたね!
しかし、1点を返されると危なっかしい展開となってしまうので油断出来ません、そんな後半、高萩⇒ディエゴ・オリヴェイラのホットラインで3-0としたのが大きかったね!

1点を返され攻められる時間帯が多かったものの、守備陣が体張って守って3-1の勝利!リーグ戦無敗の広島に黒星付けたのは東京ってのが嬉しいね。

週二回の過酷なスケジュールなので3-0となってレギュラー陣3人を交代させて疲労軽減も良いんではないかね。どのチームもハードスケジュールなので選手交代がポイントとなりそうですね。怪我は絶対に禁物です!
b0042308_09343151.jpg
首位・広島戦の次は最下位・名古屋戦です。これは絶対に落とせません、この勝利を活かすには次の名古屋戦がとても重要です。ハードな連戦を制して欲しいです!
b0042308_09350021.jpg
ディエゴ・オリヴェイラは本当に頼りになる男ですね。柏レイソル、よくレンタルで出してくれましたね(笑)
b0042308_09353111.jpg
生ビールはバックスタンドのタコス屋さんで注ぐお母さんの生ビールがなみなみ注いでくれて美味しい。この画像はちょっと飲んだ後ね(笑)
b0042308_09353207.jpg
FC東京勝サンドは欠かせません。
b0042308_09353395.jpg
今回はエビカツですね。
b0042308_09353352.jpg
タルタルソースたっぷりで美味しい!ビールに合います!

もちろん、ハイライト動画も貼り付けます!!



by daisuke_Tokyocity | 2018-04-26 10:09 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
4/18 19:00~ 東京・味の素スタジアム 観衆8,320人
スコア FC東京(1勝1分2敗 勝ち点4 Aグループ3位)2 - 2 横浜Fマリノス(2勝2分 勝ち点8 Aグループ1位)
得 点 (FC東京)富樫敬真、梶山陽平 (横浜Fマリノス)伊藤2
b0042308_00251924.jpg
今月初の東京の試合です。
週二回の試合の15連戦、どこも水曜日のカップ戦は控え選手で臨むことが多いですね。東京もここは主力を温存しないと持ちません。4/14のセレッソ大阪戦から富樫敬真を除く10人全て入れ替えての試合です。レギュラー陣はベンチにも入っておりません。
前半、愛されキャラのケイマンが移籍後初のゴール、2013年以来5年ぶりの公式戦ゴールの梶山と盛り上がりましたが、守備陣がやっぱり危なっかしい。2-0となっても2-1になったら不利だなとの予想的中、結局2-2のドローでした。

でもこの試合、控え選手の底上げには重要な試合です。U - 23でもレアなU-18所属の高橋亮が出たり、新人・品田はJ1公式戦初出場、中学が後輩の原大智も出て、懸命にアピールしておりました。新しい戦力の底上げでこの厳しいリーグを乗り越えたい、そのためにはルヴァン杯は勝つことが重要です。ルヴァン杯残り2試合、控え選手頑張れ!
b0042308_00251942.jpg
次のリーグ戦はレギュラー陣に任せた!控え選手、特に若い選手はこのルヴァン杯予選で健太監督に猛アピールです!

ハイライト貼っておきます。愛されキャラのケイマンのゴールは盛り上がるから是非ともJ1リーグ戦で決めてもらいたいです!



by daisuke_Tokyocity | 2018-04-20 00:38 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
4/7 14:00~ 群馬県前橋市・正田醬油スタジアム群馬 観衆2,486人
スコア ザスパクサツ群馬(1勝1分3敗 勝ち点4 15位)0 - 2 鹿児島ユナイテッド(2勝1分2敗 勝ち点7 8位)
得 点 (鹿児島ユナイテッド)野嶽2
b0042308_00271105.jpg
土曜日は東京在住の鹿児島県出身の友人とJ3リーグの鹿児島ユナイテッドの応援に群馬県前橋市へ小遠征です。新幹線経由だと東京から2時間弱でスタジアムに到着します。

ザスパクサツ群馬、鹿児島ユナイテッド、この両チームに元東京の選手が3人も居て懐かしかったな。U-18から昇格したものの出場機会に恵まれず移籍してしまった平出涼は鹿児島のレギュラーセンターバックとして活躍、平出と同期の阿部巧は26歳と若いのに流浪の選手でザスパクサツ群馬でこれまたレギュラー左サイドバックとして活躍してますね。二人ともしっかり戦えているのが嬉しい。阿部巧は上州の闘将ってニックネーム付けられているし。
そしてもう一人はゴールキーパーの常澤聡、東京時代は1試合も観ていないけど、古巣のザスパに帰ってJ2昇格を後押しすることでしょう。

それにしても雨の予報が逆転の晴れ!しかし、陽がたまにさすものの、風が強くて寒い!聞いていないよ~な風の強さ、寒さでした。もう少し厚着にすべきでした(苦笑)

試合は終始鹿児島の動きが良くてJ2復帰を1年で目論むザスパクサツ群馬を圧倒、2-0で鹿児島の勝利でした。ザスパクサツ群馬はJ2に1年で戻るって気負いが有りましたね。体に力を入れすぎかもね。それ以上に闇のあるチームだからな~、問題のGM辞任で良い方向に進むと良いのですが...。
b0042308_00271197.jpg
平出涼も守備で活躍、東京の元選手が活躍すると嬉しいね。いつかJ1で試合したいチームです。

ハイライトも貼っておきましょう。


by daisuke_Tokyocity | 2018-04-09 01:22 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
3/31 15:00~ 東京・味の素スタジアム 観衆21,940人
スコア FC東京(2勝1分2敗 勝ち点8 8位)3 - 2 ガンバ大阪(1分4敗 勝ち点1 18位)
得 点 (FC東京)東慶悟、森重真人、ディエゴ・オリヴェイラ (ガンバ大阪)ファン・ウィジョ2
b0042308_09211698.jpg
今回も勝った!公式戦3連勝、リーグ戦2連勝です。しかも複数得点での勝利、複数得点は昨年8月以来です。
前半、簡単に2点先行!しかし、そこからは相変わらず緩んでしまったようだ。ハーフタイムでは東が「これじゃあ、いつもと同じじゃないか!」とチームメイトに𠮟咤激励したとか。変われば変わるものですね(笑)

2点先行したものの、前半終了間際にPK献上で失点、そして58分に同点に追いつかれ、昨年の東京なら簡単に逆転されていたでしょうが、今回は違った!強い気持ちで攻め上がり大森⇒小川のアーリークロスからのディエゴ・オリヴェイラの頭が決まって勝ち越し!

そして大事なプレーが炸裂!終盤のファン・ウィジョのシュートを富樫敬真がゴールライン上で見事なクリア!サポーターの間では決定力も含めて2代目戸田と命名され、まだ点取っていないけど愛されキャラ決定でしょう。このケイマンのクリアが無かったら勝ち点1止まりだっただけに影のMOMでしょうな(笑)健太監督の采配もズバリでした。
b0042308_09220547.jpg
昨年とは違う東京になりつつあります。チームの雰囲気も良さそう。両SBの小川、岡崎の調子が良いだけに、レギュラーの太田、室屋に危機感が芽生え、奮起することでしょう。特に太田は結婚後調子がイマイチ以上なので更なる奮起を求める!
b0042308_09221363.jpg
ディエゴ・オリヴェイラは2試合連続のゴール!東京のエース・ストライカーですな!

ハイライトも貼っておきます、勝ち試合のハイライトは何度観ても飽きないね(笑)




by daisuke_Tokyocity | 2018-04-01 10:23 | スポーツ | Trackback | Comments(2)