無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:テレビ( 9 )

新型コロナ・ウイルス・ショックで地球が大変なことになっておりますが、ウルトラセブンを見返すと、何だか今の状況と似たことが描かれております。
ウルトラセブン第8話「狙われた街」、赤い結晶体を煙草に混ぜさせ、その煙草を吸った者は突如大暴れをする、そして時間経過と共に気を失ってしまう...。
ウルトラセブン第8話「狙われた街」よりメトロン星人の言葉_b0042308_17184469.png
そんなとんでもない結晶体を混ぜたのはメトロン星人です。メトロン星人のショットではこの夕陽をバックの写真が有名なのですが実際には使われていなく、川の水面に映るシーンなのです。

今でも冬の夕焼けが綺麗なシーンに出くわすとメトロン星人が出てくるのではないか?と思うところあります。
夕陽と言えば、自分にとってはメトロン星人なのです。

そんなメトロン星人、人間の信頼に目をつけたのです。
「そうだっ!赤い結晶体が人類の頭脳を狂わせるのに、十分効力があることが分かったんだ。教えてやろう、我々は人類が互いにルールを守り、信頼しあって生きていることに目をつけたのだ。地球を壊滅させるのに暴力をふるう必要はない。人間同士の信頼感をなくせばよい。人間たちは互いに敵視し傷つけあい、やがて自滅していく。どうだ、いい考えだろう?」

この動画でもコメントが書かれておりますが、新型コロナ・ウイルスはメトロン星人が50年後にばら撒いたのでは?と思ってしまいます。今、一部ですが人間同士がいがみ合うシーンが多いじゃないですか、店員さんをののしるヤツ、感染してしまった方を差別するヤツ、結局傷つけあって自滅する、メトロン星人の目論見と似ております。

勝負はあっけなく決まります。セブンの存在を脅威に感じていたメトロン星人、夕陽で交わる影の演出がカッコイイ!
逃げるメトロン星人をアイスラッガーからのエメリウム光線で撃破です。

また終わりのナレーションが考えさせられます。

「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです…。え、何故ですって?…我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから…」

本当の敵は新型コロナウイルスなのです。日に日に緊急事態宣言は解除されて日常に戻ろうとしておりますが引き続き、この難局を乗り越えるには一致団結が必要ってことですな。

by daisuke_Tokyocity | 2020-05-21 17:38 | テレビ | Comments(16)
先日、山崎製パンの吹雪まんじゅうでシーボーズやらギガスやらウーやガンダーを思い出したら、その凍結怪獣ガンダーが出たウルトラセブンの第25話「零下140度の対決」を思い出しました。
この話は何と言っても
ウルトラセブン第25話「零下140度の対決」よりポール星人の言葉_b0042308_01051213.jpg
何と過去に2回も地球を氷河期にしてしまったポール星人でしょう。体長30cmですが地球人よりもずば抜けた能力を持っております。恐竜やマンモスを死滅させたのはきっとポール星人に違いない?
零下140度なのに炎に包まれての登場が今でも印象に残っております。
三度目の氷河期実現のために、彼らの操る凍結怪獣ガンダーを送るがウルトラセブンにやられ、彼らは敗北を認める。その敗北はセブン相手ではなく
ポール星人の敗北宣言:「ウルトラセブン!どうやら、我々ポール星人の負けらしい。第3氷河時代は諦めることにする。しかし、我々が敗北したのはセブン、君に対してではない。地球人の忍耐だ!人間の持つ使命感だ!その事をよーく知っておくがいい、ハッハッ、われわれは、君のエネルギーが、元のように多くなく、そして活動すればたちまち苦しくなる弱点を作っただけでも満足だ!ハッハッハッハッ」

なんと人間の頑張りに感心して第3氷河期を諦めたようだ。50年前の地球人は忍耐力があったようだね...。

要するに何が言いたいかって言うと...、まだ東京は緊急事態宣言下だから、他県が解除されたからって緩まないようにしないといけない、特に休みの日はお家で過ごそうってこと!!

今ポール星人が地球に来たら、忍耐力が弱くなったな~、ハッハッハッハッと嘆くことでしょう。

それにしてもポール星人は「自業自得」だとかダンのことを「お前さん」と呼んだりとなんと和風?な宇宙人だこと(笑)
声がチコちゃんみたいだしー。

ウルトラ怪獣宇宙人の中でお気に入りの宇宙人のひとりです、ポール星人。

by daisuke_Tokyocity | 2020-05-19 01:30 | テレビ | Comments(6)

追悼 岡江久美子さん

カレーを食べる準備をしていたらスマホから飛び出したニュースは「岡江久美子さん死去 新型コロナで」...、志村けんさんに次ぐ新型コロナでの訃報で思わずえー!と声を出してしまいました。享年63歳は早すぎます。
乳がん手術後の放射線治療で免疫力が下がった時に感染したらしい。

ご家族は面会も出来ず、亡骸に最期の言葉もかけられない、こんな理不尽あっていいのか!(怒)
追悼 岡江久美子さん_b0042308_21234855.jpg
※所属事務所のHPからスクリーンショットで画像を使っております。
嫌味が全くっていいほど無くて、屈託なく気さくな感じがとても好きでしたね。個人的にも理想の中高年女性ですよ。

実は素敵な岡江さんの著書をいくつか所有しております。追悼記事として著書を紹介しましょう。存命中に紹介すべきだと後悔しております。


続きはこちら
タグ:
by daisuke_Tokyocity | 2020-04-23 23:36 | テレビ | Comments(2)

追悼 志村けん

追悼 志村けん_b0042308_19363796.jpg
志村けん逝去...。

コロナ・ショックで不安な毎日を過ごして来ましたが、志村けん死去のニュースは気持ちが更にに落ち込みました。
これには参った...。

各世代に知られている志村けん、この死はふわふわ浮ついた俺らへの「気をつけないとダメだ!」という警告と思いたい。
彼の死を無駄死ににしてはいけません!

ご冥福をお祈りいたします。

by daisuke_Tokyocity | 2020-03-30 20:03 | テレビ | Comments(8)
おはようございます!
昨日NHKおはよう日本のメインキャスターを5年間も務めていた我らが鈴木アナが退任に...。退任と言うことは
NHK おはよう日本 まちかど情報室 グッドバイ鈴木奈穂子_b0042308_764771.jpg

3/27のまちかど情報室で最終回(泣)with小山アナ

続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2015-03-28 07:32 | テレビ | Comments(6)
まちかど情報室と同じ時間帯に予約投稿です!(笑)
先日のまちかど情報室の記事が相当の人気で当ブログの記事アクセス月間1位となりました(笑)
ジモンちゃん紹介したんだから我らが鈴木アナも!ってリクエストがありそう?なので
久々です!その2 NHK おはよう日本 まちかど情報室 鹿島VS鈴木編_b0042308_23205863.jpg

このコンビも3/27までか...

続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2015-02-13 06:46 | テレビ | Comments(4)
忘れた頃にやってきました、当ブログのまちかど情報室!最近もこちらの記事がデイリーで当ブログのトップ10以内にアクセスされます。でもこのコーナーも残りわずかか...。
久々です!NHK おはよう日本 まちかど情報室 鹿島VS寺門編_b0042308_040149.jpg

今回は鹿島アナと休暇中の我らが鈴木アナに代わってユルキャラなジモンちゃんこと寺門亜衣子アナとのコンビVersionをお送りします(笑)

続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2015-02-07 00:56 | テレビ | Comments(6)
蟹江敬三さんのCMワーク集です。
やはり個性的な俳優さん、何でも出来ます。懐かしいCMでも観て、蟹江さんを偲びたいと思います。

チョーヤの梅酒

花王 サクセス

日刊アルバイトニュース、やまや辛子明太子

合掌。
by daisuke_Tokyocity | 2014-04-06 11:51 | テレビ | Comments(4)

追悼・山口美江さん

最近は、著名な方の訃報が多すぎます、でも早すぎますよ、美江さん、51歳って・・・。

当方はCNNヘッドラインの印象も強いですが、バラエティでご活躍された美江さんが好きでしたね。
バラエティはあくまでも「仕事」だったとは思いますが、ビートたけしとの絡みや、ダウンタウンの大晦日の野球拳での紅組キャプテン役として白組キャプテン役の片岡鶴太郎との野球拳対決はとても面白かった。

最近は、芸能活動をセミリタイヤされ、横浜中華街で輸入雑貨店を経営されていた頃には一度、見かけたことがございます。最近は講演活動が活発だったようですね。

80年代後半から90年代、日本が元気だった頃の欠かせない存在だったと思います。すごく印象にそして身近に感じていた方が亡くなるのはとても悲しいですね・・・。



なんと、岡村靖幸「だいすき」のPVに出演されていたのですね。

ご冥福をお祈り致します。
by daisuke_Tokyocity | 2012-03-10 13:37 | テレビ | Comments(2)