無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:西新宿( 839 )

QUEEN / HOUSTON 1977

到着日  2005年10月18日
購入場所 西新宿ダイカン9F LH からの通販
価  格 ¥4,300(CD¥3,800+送料¥500)
備  考 2CD 1977年12月11日ヒューストンでのライブ(モノラル・サウンドボード)
b0042308_0171930.jpg
普段仕事が忙し過ぎても、ネット通販なら可能!ってことで最近リリースされたQUEENの1977年12月のヒューストン公演のライブ盤は西新宿ダイカン9Fより通販で買った。
CDは特別価格の2枚組¥3,800、送料が今まで¥900だったのが¥500に下がっているではないか、これはありがたい。
このCDは雑誌beatlegの解説によると1977年は「NEWS OF THE WORLD」リリースに合わせたワールド・ツアー、既に日本での人気を固めた彼等、今回は日本を外し、北米、欧州、英国をツアーしたそうです。その成果があって、人気バンドとなったそうです。
音質はモノラル・サウンドボード音源で楽器のバランスも良く自然な感じ、聴いていて全く違和感ありません。今から28年前のQUEEN、演奏もまた良い意味で荒々しくいいですなー。「GUITAR SOLO」から「NOW I'M HERE」の流れ、「KEEP YOURSELF ALIVE」いいですね!「WE WILL ROCK YOU」も色々なパターンありますな。
結構、お気に入りのQUEEN BOOT CDです!
そう言えば、QUEEN来日公演間近ですね

収録曲
DISC1
01 WE WILL ROCK YOU(SLOW)/A DAY AT THE RACES(INTRO)
02 WE WILL ROCK YOU(FAST)
03 BRIGHTON ROCK
04 SOMEBODY TO LOVE
05 DEATH ON TWO LEGS
06 KILLER QUEEN
07 GOOD OLD FASHIONED LOVER BOY
08 I'M IN LOVE WITH MY CAR
09 GET DOWN MAKE LOVE
10 THE MILLIONAIRE WALTZ
11 YOU'RE MY BEST FRIEND
12 LIAR
13 LOVE OF MY LIFE
14 '39

DISC2
01 MY MELANCHOLY BLUES
02 WHITE MAN
03 THE PROPHET'S SONG
04 GUITAR SOLO
05 NOW I'M HERE
06 STONE COLD CRAZY
07 BOHEMIAN RHAPSODY
08 KEEP YOURSELF ALIVE
09 TIE YOUR MOTHER DOWN
10 WE WILL ROCK YOU
11 WE ARE THE CHANPIONS
12 SHEER HEART ATTACK
13 JAILHOUSE ROCK
14 GOD SAVE THE QUEEN
by daisuke_Tokyocity | 2005-10-25 00:36 | 西新宿 | Comments(6)

ERIC CLAPTON / KIND OF BLUES

購入日  2005年10月2日
購入場所 西新宿BF
購入価格 ¥5,000
備  考 ディジタル・リマスター盤 MID VALLEY 326/327
b0042308_0355946.jpg
エリック・クラプトン1994年11月3日L.Aフォーラムで行われたブルース・カヴァー・ライブがディジタル・リマスターされMVから再発された。旧ジャケの再発盤が欲しかったが既に売り切れ。こちらはリマスターされていると言うことで購入しました。旧ジャケ盤の音は聴いたことないので比較は出来ませんが元々上質なと言うか、オフィシャル級のレベルなので悪いわけがありません、とにかく音が良くて最高です。最近音がいいブートが増えてきましたね!
オール・ブルース・カヴァー・ライブですが、なんだかクラプトンが完全に自分の曲にしているなって感じがしました。
確か日本では武道館でやったんですよね。このようなブルース・カヴァー・ライブなら場末なライブハウスでお酒を飲みながら聴きたいですねって絶対実現不可能だけどね!秋の夜長にブルース・ライブはいいでしょうね!
しみじみと秋の夜長にブルース・クラプトン!
by daisuke_Tokyocity | 2005-10-07 00:50 | 西新宿 | Comments(15)
購入日  2005年9月16日
購入場所 西新宿BF
購入価格 ¥5,000
備  考 2CD再発盤
b0042308_0363680.jpg
ちょっと2週間前に購入したCD。あの元サンタナ、現ジャーニーのニール・ショーンが今から35年前にデレク&ザ・ドミノスと競演した1970年11月19日バークレーのコミュニティ・シアターでのライブ盤がMID VALLEYから再発された。
ニール・ショーン当時なんと15歳!天才ギタリストですな。なんかクラプトンがドミノス正式加入のオファーを出したが、米国で活動したいため(ロンドンに行きたくないが妥当らしい)にそのオファーを断ってサンタナに参加したみたいです。
もしニール・ショーンがドミノスに正式参加したら歴史はかなり変わったでしょうね。クラプトンもその実力に目をつけるとはさすがです。
音質は時代を考慮すればまずまずの音質ではないでしょうかね、「LITTLE WING」「LET IT RAIN」なんかいいですよー!
by daisuke_Tokyocity | 2005-09-30 00:47 | 西新宿 | Comments(11)
購入日  2005年9月16日
購入場所 西新宿BF
購入価格 ¥6,800
備  考 2CD 1970年フロリダ州タンパでのライブ コレクターズNo.00474
b0042308_2225353.jpg
デレク&ザ・ドミノス、1970年12月1日フロリダ州タンパでのライブ盤がようやく発売となった。金曜日は会社が定時退社日なので、速効で上がって西新宿へGO!
中身はオーディエンス録音で当時としては良好な音質で聴けます。8月に新規発掘音源としてリリースされた「SPEED FREAKS」の音(正直、上級者向けの音質)を知っているので、もうこれは十分聴ける音質ですね。
何と言ってもこのライブにはスカイドッグことデュアン・オールマンが全面参加していること、だから一発目の「レイラ」なんかお互い負けるもんか!とギターをバリバリ弾いております、クラプトンが気持ちよく弾いているのがわかりますね。当時クラプトンは20代ですから、今より尖ってギター弾きまくっております、いいですよーギター弾きまくりのクラプトンは。
当然デュアンも20代、それにしても恐るべし20代ですね。でもデュアン・オールマンは24歳の若さで事故死、太く短い人生だったんですね。
こうやって音源が残って聴けるのはファンにとってありがたいこと、とにかく若きギタリストたちの記録を満喫したいですね。
なんだかドミノスのライブ音源をたくさん聴きたくなりましたね!デュアン・オールマンも聴きたくなった!
by daisuke_Tokyocity | 2005-09-17 22:51 | 西新宿 | Comments(4)
購入日  2005年9月11日
購入場所 西新宿BF
購入価格 ¥5,000
備  考 2CD MID VALLEY 053/054 再発盤
b0042308_2337191.jpg
9月11日の散財シリーズ第3弾です。前回のJOKERと同時に購入したCDです。
内容は1999年11月24日横浜アリーナでのJAPAN TOUR 99 ライブのサウンドボード音源です。ここ最近のサウンドボード音源ですので、オフィシャル並ですな。この日のライブはBSかなんかで放送されたようだから放送音源でしょうか?(誰か詳しい方教えてー)
1999年はクラプトン先生、確かベスト盤をリリースしましたね、97年のCHANGE THE WORLD TOURからチケット入手が難しくなり、今回のこのツアーも希望した日が取れなかった記憶がありますね。更に新しいファンを見事開拓したツアーでしょう。
僕の周りにも新規開拓ファンの友人がいますが、新しいファンの人と話すと面白いですね、過去は掘り起こさないけど今のクラプトンを十分満喫されている感じがします。
このCD、音は良いし、曲の構成も良いので(最近のツアー定番曲多い)ECブート初心者には十分楽しめるCDではないでしょうかね!

収録曲
disk1
01. my father's eye
02. plogrim
03.river of tears
04.going down slow
05.hoochie coochie
06.she's gone
07.rambling on my mind
08.tears in heaven
09.bell bottom blues
10.change the world
disk2
01.gin house
02.cocaine
03.wonderful tonight
04.badge
05.have you ever loved a woman
06.layla
07.sunshine of your love
by daisuke_Tokyocity | 2005-09-14 23:58 | 西新宿 | Comments(29)
購入日  2005年9月11日
購入場所 西新宿BF
購入価格 ¥10,000
備  考 4CD 再発盤
b0042308_23395078.jpg
とにかくこの日は散財した、もちろん選挙にも行きましたよ。今週はもう9/11ネタですかね(笑)
西新宿BFにてMID VALLEYレーベル再発シリーズと言うとんでもない企画があり、早速情報をキャッチし、プロレス観戦前に西新宿に寄ってしまった。
今回は今から30年前の1975年の2LIVE(マサチューセッツ&LA)を収録したCD「JOKER」を購入した。4CDで¥10,000はまあいいだろう。(ホント?)
オーディエンス録音だが、音質はサウンドボードではないか?と思うくらい超高音質オーディエンス録音ですね。今から30年前でもこんな素晴らしい音源があるとは驚きました。
聴いてみると、やはり今から30年程前の演奏とあって荒々しさあり、ギター全開ととにかくクラプトン節が堪能出来ます。
またLAのライブでは、キース・ムーン!、サンタナ、ジョー・コッカーがゲストで参加しております。いやーもう素晴らしい音源、音質ですな。
更に詳しい解説と曲目は僕の音楽仲間であるじみへんさんの廃盤日記を参照してね!あー、明日はドミノスのライブが出るんだよなー。
b0042308_2357209.jpgCDと関係ないが、西新宿で散財するとどうもお腹が空くってことで、二郎のラーメン(トッピング:野菜盛り、脂多め、ニンニク)を食べた。うまかった!しょうゆダレ増しにすると塩っぱくなるので、しょうゆダレ増しはやめた!
by daisuke_Tokyocity | 2005-09-13 23:58 | 西新宿 | Comments(7)
購入日  2005年8月14日
購入場所 西新宿BF
購入価格 ¥5,700(2CD)
b0042308_2311968.jpg
2002年から2003年の「LICKS」ツアーよりストーンズ・オフィシャルサイトで配信されたライブ・トラックを集めたCD。(雑誌beatlegによると場内ラジオを傍受した音源もあるとか)中にはAMラジオ並の音質もあるが、傍受音源を除き全てライン音源だから音質は最高と言っても過言ではございません。(音のレベルに差があるのはまあ致し方ないでしょう。)
僕が所有している武道館オーディエンス音源CD-Rと比べると違いがわかります。オーディエンスも音は良いのですがやっぱりライン音源が良いですね。
あの悪名高きCCCDでのオフィシャル「LIVE LICKS」よりは格段に上と思っております。日本盤CCCDのみ収録の「IF YOU CAN'T ROCK ME」もこのブートでカバー出来たぞ!
確か「LIVE LICKS」ではギターを差し換えたような気がするが(間違っていたらゴメン)、これは純粋に全くいじっていないライブ音源なんでしょうね。
このライブ集を聴くと、思わず武道館公演を思い出しますな。

そう言えばそろそろストーンズのCDが出ますね、日本盤はCCCDだからパス、米盤はまさかCCCDじゃあないでしょうね?今アマゾンで¥1,600代と大変お買得なんですがねー。
収録曲
DISC 1

01 STREET FIGHTING MAN
(BOSTON Fleet Center 09.03.2002)
02 IF YOU CAN'T ROCK ME
03 STRAY CAT BLUES
(TORONTO Palais Royale 08.16.2002)
04 DON'T STOP
(BOSTON Fleet Center 09.03.2002)
05 ANGIE
(ATLANTA Turner Field 10.26.2002)
06 CAN'T YOU HEAR ME KNOCKING
(NEWYORK Roseland Ballroom 09.30.2002)
07 THRU AND THRU
(OAKLAND Oakland Arena 11.12.2002)
08 SYMPATHY FOR THE DEVIL
09 YOU GOT ME ROCKING
10 LET IT BLEED
(PHILADELPHIA Veterans Stadium 09.18.2002)
11 TORN AND FLAYED
12 CAN'T TURN YOU LOOSE
13 HEART OF STONE
14 HAPPY
15 JUMPIN' JACK FLASH
16 BROWN SUGAR
(TORONTO Palais Royale 08.16.2002)

DISC 2

01 START ME UP
02 IT'S ONLY ROCK'NROLL
(BARCELONA Stadi Olimpic Montjuic 06.29.2003)
03 TUMBLING DICE
(TOKYO Budokan Hall 03.10.2003)
04 DEAD FLOWERS
(LAS VEGAS MGM Grand Garden Arena 11.30.2002)
05 ROCK ME BABY
(SYDNEY Enmore Theater 02.18.2003)
06 WHEN THE WHIP COMES DOWN
(TOKYO Tokyo Dome 03.16.2003)
07 MISS YOU
(BANGALORE Palace Ground 04.04.2003)
08 MONKEY MAN
(MONTREAL Bell Center 01.08.2003)
09 YOU CAN'T GET ALWAYS WHAT YOU WANT
(SINGAPORE Indoor Stadium 03.24.2003)
10 JUMPIN'JACK FLASH
(LOS ANGELES Wilturn Theater 11.04.2002)
11 THE NEARNESS OF YOU
12 SYMPATHY FOR THE DEVIL
13 HONKY TONK WOMEN
14 (I CAN'T GET NO)SATISFACTION
(TORONTO Downsview Park 07.30.2003)
by daisuke_Tokyocity | 2005-08-23 00:01 | 西新宿 | Comments(0)
購入日  2005年8月21日
購入場所 西新宿BF
購入価格 ¥14,800(3CD+1BONUS CD)
備  考 限定300 LIMITED NUMBER 00079
b0042308_23521386.jpg
今日は、本来なら自宅でボーっとしている予定(朝まで飲んでいたため!)でしたが、ネットで入荷している情報をキャッチ、また新宿行かなきゃあって夕方西新宿へ買いに行きました。
内容はデラニー&ボニー&フレンズの1970年2月21,22日サンフランシスコ、フィルモア・ウェストでのライブ。
DISC1が22日分のサウンドボード音源、DISC3が21日ファースト・セットのオーディエンス録音、DISC4が21日セカンド・セットのオーディエンス録音、DISC2がボーナスCDとして22日分のサウンドボード音源のエディット・ヴァージョンとなっております。
もうジャケットからしてオフィシャル級の出来、これで購入意欲も増倍です。サウンドボード音源は前回リリースされたデンマークのライブより音質も格段に上、音の良さに納得です。クラプトンのギターも気持ち良く聴こえますよ。
一方、オーディエンス録音の方も1970年にしては、音の輪郭もはっきりわかるし、当時としてはかなり良好な録音、聴くのに支障は一切ございません。
オーディエンス録音セカンド・セットでスペンサー・デイヴィス・グループの「ギミ・サム・ラヴィン」をカヴァーしておりました、またファースト・セットとセカンド・セットの演奏内容が違っておりますのでこれまた楽しめます。演奏自体、バンドがノッていますね、いい演奏です。
このライブが1970年2月、8月ソロアルバム、そして12月にはデレク&ザ・ドミノスとして「レイラ」を発表、クラプトンにとって充実した1970年なんですね。
デラニー&ボニーの呼び掛けが無ければ、ドミノスもレイラも生まれなかったわけですから、この頃のライブは興味深く聴けますね!
by daisuke_Tokyocity | 2005-08-22 00:18 | 西新宿 | Comments(2)

LED ZEPPELIN / BOSTON CREAM PIE

購入日時 2005年7月23日
購入場所 西新宿
購入価格 4CDで¥10,800
備  考  JULY20,1973 BOSTON GARDEN,BOSTON,MASSACHUSETTS,USA
b0042308_2326865.jpg
カテゴリについに西新宿を追加!ついに禁断のZEP BOOTに手を出してしまいました(ってBOOTは全て禁断だって)。星の数程の音源が存在するZEPのブート、今回購入したのはつい先日発売された限定300枚の1973年7月のボストンでのライブ、4CDのうち2CDが今回新たに発見されたジェネレーションの若いテープから起こしたCDと旧マスターを元にしたブートの復刻盤2CD(でOKですよね?)をセットで¥10,800。
旧マスターは1曲目のロックンロールが途中からで、ブートを聴き慣れている者には「良好な音質」だがちょっと音がダンゴっぽいところがありますね。また最近のオフィシャル級レベルのブートしか聴いていないと「音悪!」って言っちゃうでしょうね。
新規マスターはジェネレーションが若いテープ?らしく旧マスターより更に聴きやすい音質で、当時の雰囲気が味わえます、この場合オフィシャル級ブートとは比較するのは野暮ってものですね。
やはりZEPPELINの魅力はライブと色々なパターンのインプロでしょうね、各ライブで異なる演奏が楽しめるわけです。
やはり今回のCDで圧巻!と思ったのは30分近く演奏した「幻惑されて」でしょうね。ジミー・ペイジ先生のインプロの洪水が襲って来ますよ、すごいブルースロックです。もうこちらが幻惑されちゃいましたよ。あー、ZEPのライブも色々聴きたくなっちゃいますね!
b0042308_2342852.jpgこれが旧マスターでのCD。アナログジャケを復刻?(そこまで詳しくないので・・・)
by daisuke_Tokyocity | 2005-07-27 00:01 | 西新宿 | Comments(9)