無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:西新宿( 835 )

JIMI HENDRIX / MAUI 1970

購入日時 2019年5月20日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD¥3,800
備  考 Live At the Rainbow Bridge Vibratory Color / Sound Experiment,Haleakala Volcano Crater,Maui,HI,USA 30th July 1970  SBD録音
b0042308_22410817.jpg
久々のブートネタです。しかもブートではあまり多くないジミの登場です。70年のジミ最後のツアー、レインボーブリッジで有名なハワイ州マウイ公演です。
オフィシャルでも出ておりますが、ハーフ・オフィシャルで余計なイコライジングして、イマイチだとか。
今回は、流出サウンドボード音源をまとめて入手困難な既発ブートを見直しし、ピッチをアジャストし、音量を上げて聴きやすくなりましたかね。
b0042308_22410825.jpg
屋外でハワイの太陽を浴びてリラックスのびのびした演奏です、時折、ジミ自身がノッて来たのか暴走?してるところはライブならではですね。当時24歳とは思えない!

現状のジミの音源管理からこのレインボーブリッジも高音質で出そうな気がしますが、現段階では、これがベストでしょう。

余計なイコライジングしたハーフ・オフィシャルを聴きたくなりましたね(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2019-05-22 07:50 | 西新宿 | Comments(2)

QUEEN / DEFINITIVE LIVE AID

購入日  2019年1月28日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1プレスCD + 1 Limited Bonus DVD-R¥2,800
備  考 1985年7月13日 英ロンドン、ウェンブリー・アリーナ AUD録音、ステレオSBD、ステレオSBD+オーディエンスマトリックス
b0042308_18192288.jpg
クイーンのライヴ・エイド公演のオーディエンス録音 + FM放送サウンドボード・マトリックスを聴いてみました。
クイーンはブートでも売れ行き絶好調なのですが、中古市場でも絶好調のようで昨日行ったユニオンやオフではクイーンのコーナーは有ってもCDが売り切れでしたね!みんな聴いているんですね、驚きです。
b0042308_18192312.jpg
さて、今回は昼の公演と夜のフレディ&ブライアンのアコースティック・セットそれぞれ、オーディエンス録音、サウンドボード、マトリックスの3音源を収録しております。

メインのマトリックスですが音だけでも迫力が違いますね。逆にFM放送音源は臨場感が失われている感がございますね。
やはりオーディエンスメインの音源が現場の雰囲気を感じます。なのでこのマトリックス、現場の臨場感もプラスされ映画観た方は感動が蘇るかと思います。

おまけの映像と上手くシンクロしているので重宝しますね!大画面のカラオケボックスでかける価値はあると思うね(笑)オフィシャルより断然良いね(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2019-01-31 13:48 | 西新宿 | Comments(7)
購入日  2019年1月28日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1プレスCD + 1 Limited Bonus DVD-R¥2,800
備  考 1985年7月13日 英ロンドン、ウェンブリー・アリーナ AUD録音、ステレオSBD、ステレオSBD+オーディエンスマトリックス
b0042308_18190793.jpg
オフィシャルでもブートでも盛り上がっているクイーン熱!
もしフレディが存命していたら…、どうなっていたかな?もしかして映画は無かったかもしれない。
存命していて、映画もあってと色々想像すると面白いよ。きっと年末の紅白に出てたかな?なんて!(笑)

話が脱線しそうなので本題です。
b0042308_01420148.jpg

マニアには話題のライヴ・エイドのオーディエンス音源、今度はなんとオーディエンス音源とFM放送ステレオSBDのマトリックスをリリースです。他に先に出たオーディエンス録音、そしてFM放送ステレオSBD音源も各単独で収録されているので、マニアの間では出し惜しみしないでよぉ~っ、最初から出してよぉ~って声が有るそうですが、まあブートの世界です、それを含めてこそブートですからね(笑)

まずはボーナスDVDから紹介です。
b0042308_18190864.jpg
FM放送の音声を映像に上手くシンクロさせた仕様でも良い音質です、オフィシャルよりも良い音質とも言われます。

そして今回のFM放送ステレオSBDとオーディエンス音源をマトリックスした音源を映像にシンクロさせたら、まるで映画を観ているような錯覚となりますよ、これは!
しかも映像の中は本物のクイーンですから、更に感動を呼ぶこと間違いないでしょう。
またしてもボヘミアン・ラプソディからレディオ・ガ・ガの流れで熱いものが込み上げて来たよ!(泣)

手拍子、合唱が良い感じでシンクロされ、臨場感、一体感がアップされます。コメディアンの紹介もちゃんと収録されております。

このマトリックスシンクロ映像をパセラリゾートのライヴ仕様カラオケボックスでみんなで盛り上がるのも良いでしょうね(笑)

あ、自分は企画しませんよ(笑)

モノクロ・ジャケットがカッコいい旧盤を無理してヤフオクで高く買うより、こちらの方がオススメです!
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-29 01:54 | 西新宿 | Comments(2)
購入日  2019年1月21日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 4 プレス CD¥5,000
備  考 1979年4月22日 Oshawa Stadium,Toronto,Canada NEW SBD録音 & LP Source
b0042308_12200663.jpg
自分がブートにハマるきっかけとなったブートが音質アップで嬉しい再発です。有名なトロントでの麻薬撲滅コンサートね。このキースのジャケットがカッコイイ!確か80年かそこらのFM雑誌でこのジャケットが目に入って思わず聴きたい!トリガが引かれましたね。んで3年後の高校一年生で西新宿で買ったオリジナル・ジャケではないブラインド・デイトが初、その後も色々と買い当ブログでも10年前に

購入してます。
今回はジェネレーションの若いテープが発見されたそうでニュー・サウンドボードとしてのリリース、確かにDISC1&2のサウンドボード音源はクリアになっております。演奏は相変わらずヘロヘロだけど、まあそこがキースの魅力、ストーンズの魅力です。やはりメインアクトのストーンズへの観客の反応が良いね。
b0042308_12200721.jpg
このバック・ジャケもかっこいい!ジョン・ベルーシのMCがこれまた決まってます!

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-28 12:33 | 西新宿 | Comments(4)
購入日  2019年1月21日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2 Limited Gift CD-R¥0
備  考 1985年5月11日 東京・代々木第一体育館 ステレオSBD録音 ウィークエンド・ライヴ・スペシャル ザ・コンサートより
b0042308_06370712.jpg
お昼のまさかのブートネタです(笑)

クイーン人気、衰えを知りませんね。
今度はライヴ・エイドのオーディエンスとFM放送音源とのマトリックスだそうです!考えますね(笑)

演奏をFM放送音源で観客の手拍子、合唱をオーディエンス音源を使用する形でしょうね。

って話が明後日の方向に行きそうだ(苦笑)

こちらのギフトRは先日リリースして完売となった
これの放送丸録りヴァージョンです。なのでイントロ、そして中間では某DJが短いクイーンの解説と曲目紹介が入っております。
オフィシャルよりもミックスバランスが良くて、音質も良いと言う正にオフィシャルを超えたブートってやつです。

2019年はこれのリール・マスターが出れば…、最高なんですけどね。現状このプレスで十分ですがね(笑)
b0042308_06370820.jpg
ラジオ・ガ・ガってそのまんまの曲紹介が昭和だな~(笑)
放送遺産としてもこれは価値有りですね。

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-23 12:55 | 西新宿 | Comments(0)

THE WHO / STUTTGARUT 1975

購入日  2018年12月30日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD¥3,800
備  考 1975年11月3日 独シュツットガルト、メッセホール、AUD録音(オリジナル・マスター)
b0042308_18091893.jpg
夜勤昼休みの更新です(笑)

久しぶりのザ・フーのブートです。

75年11月、ドイツ、シュツットガルト公演です。一ヶ月前にザ・フー・バイ・ナンバーズをリリース、このリリース後の75年の音源が有りそうで無かったんだと、意外ですね。

75年でも臨場感あってしっかりと聴ける音質です。ファンがエキサイトしたのか、ピートがお前ら座れ!とヒートしているところのロジャーのサンキュー!が微笑ましい。こういう予期せぬ出来事を収録しているのはブートならでは。

トミーをショート仕様として披露しております。
後半は怒涛のお馴染みの曲で攻めております。
キース・ムーンのドラムを聴けるだけでもハッピーだね。
b0042308_18091874.jpg
カット箇所は別公演で補填しておりますが、それを差し引いても70年代のカッコいいフーを満喫出来ます。

やっぱりフーはライヴだね!
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-19 01:44 | 西新宿 | Comments(2)

QUEEN / DEFINITIVE KOBE 1975

購入日  2018年12月30日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1プレスCD +  1 Bonus Limited CD-R¥2,800
備  考 1975年4月23日  神戸国際会館、AUD録音
b0042308_18371163.jpg
映画「ボヘミアン・ラプソディ」の人気が半端ありません。立川シネマシティの極音胸アツ応援上映の席が1分で満席!こりゃあ、当分極音胸アツ応援上映鑑賞は無理そうだな。

無理なのでブート聴こう(笑)

クイーン1975年初来日神戸公演AUD録音です。

この頃の招聘元はウドーではなく渡辺プロなんですね。どのようなルートだったのか興味が沸きます。

そんなヤング・クイーンの皆さん、凄まじい人気ですね。今から44年前の若いファンの黄色い歓声と野太い男性ファンの歓声?文句?も入り交じって面白い。

音質は75年でこの録音はストレスなしで聴けるヴィンテージ音源、LIARで終了なのが残念ですが、それを差し引いてもこの音源、音質が言葉では表せないヴィンテージ感が素晴らしいね!
b0042308_18371272.jpg
そして今回は
b0042308_18371228.jpg
別ソースの神戸公演のアナログ・ブートを疑似体験出来ます。もちろん当時は不完全、曲順も変え、各曲フェイドアウト処理されてますが、これまた音が良いのにびっくりです。プレスのソースで欠陥している所をこのアナログ・ブートで補填しているようです。

そうか、当時、オフィシャルでは当然ながらライヴ・アルバムはリリースされていなく、オフィシャル・ライヴ盤「ライヴ・キラーズ」が発売される前の状況、これがクイーンのライヴの音か!とファンはびっくりしたでしょうね。

確かに自分もFMラジオでクイーンのライヴを聴いてびっくりしたことを思い出しました。あの感覚だね。

映画では本の少しだけ語られた1975日本ツアー、東京公演も聴きたくなったので手に入れました~。

by daisuke_Tokyocity | 2019-01-17 01:54 | 西新宿 | Comments(3)
意外や反応あるブートレッグ・オブ・ジ・イヤー2018(無駄遣いな日々版)も最終コーナーとなりました。
2018年の殊勲賞、敢闘賞、技能賞の発表です。大相撲みたいですが、2018年を盛り上げたブートを紹介しましょう。


受賞作はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-16 17:34 | 西新宿 | Comments(4)

QUEEN / DEFINITIVE SUN CITY 1984

購入日  2018年12月30日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD¥3,800
備  考 1984年10月19日 南アフリカ、ボプタツワナ、サンシティ・スーパーボウル ステレオSBD録音
b0042308_21555033.jpg
おはようございます!

2019年もクイーン人気は衰えないでいて欲しい、オフィシャルだろうがブートだろうが盛り上がって欲しい。
今回は映画「ボヘミアン・ラプソディ」では語られなかったエピソードの84年、南アフリカ、サンシティでのクイーンにとっての黒歴史?なステレオSBDを聴いてみました。
でも

こちらのコラムを読むとイメージが変わります。実際はアパルトヘイトに反対の意志が有ったのですね。
なので映画には不要っちゃあ不要だね。彼らの本意が当時の国連、マスコミに伝わらなかったのが残念だったことでしょう。日本ではあまり話題にならなかったと思います。このコラムは映画上映前のコラムなのでより深く自分らに伝わってきますね。

音質はオフィシャル級ではない歓声が遠めの「秘匿感ある」サウンドボードですね。なのでマニアなら何の問題なく聴けますよ。
サンシティの公演ではフレディが喉を痛めて中止となった公演も有ったようだけど、この公演ではそんな気は感じられません。いつもの感じがします。
b0042308_21555156.jpg
ワークス・ツアーのセットリストが個人的に好きですね。ボートラにブライアンとロジャーのサンシティについてのインタヴューが収録されているけど、英語なので判らなーい(笑)


by daisuke_Tokyocity | 2019-01-15 07:31 | 西新宿 | Comments(0)
ブートレッグ・オブ・ジ・イヤー2018(無駄遣いな日々版)、まだまだ続きます(笑)

今回はイヤモニマトリックス部門を設けました。21世紀の新型ブートでしょうか、会場に居なくても出来てしまいます。音質が良いので、何年後か海外のメーカーがしれっとハーフ・オフィシャル化しそうですね(苦笑)、ミュージシャンもいつかはオフィシャル・ブートレッグでも良いんじゃない?ってレベルです。果たして大賞は??


エントリー及び大賞はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2019-01-14 12:15 | 西新宿 | Comments(4)