無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:プロレス・格闘技( 49 )

Go For Broke!! マサ斎藤

b0042308_12433773.jpg
マサさん、熱いプロレスをありがとう!

TV解説では闘魂三銃士の中で何故か橋本真也だけには厳しかったですね。今頃天国でもダメだしして橋本も困っているかな。
87年の猪木さんとの巌流島(実は90年に行ったことあります)が有名だけど、個人的にベスト・バウトは90年2月10日、東京ドームで行われたラリー・ズビスコからAWA世界ヘビー級のベルトを奪取した試合ですかね。(これはドームのアリーナで観戦して盛り上がりました!)
このWARとの対抗戦でのマサさんの出方、マイク・パフォーマンスはカッコイイ!お客さんをヒートさせるのが上手いプロレスラーでしたね。

by daisuke_Tokyocity | 2018-07-20 13:18 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(2)
夜勤明け休日の6/30は両国国技館へ米プロレス団体WWEの日本公演二日目を観戦してきました。

WWEを観戦するのは久しぶり、ストーリー作りやギミック、ネタ作りもマット界最高峰でしょうな。席は東側2階9列目の中央、A席¥12,000です。両国国技館は升席より絶対に椅子席なので観やすいし、お尻痛くないから楽だね。

お目当ては
b0042308_11585336.jpg
元新日本プロレスの中邑真輔の凱旋試合でしたが帰国四日前の25日に警察犬に噛まれる事態が発生!その後の試合も欠場しついにはこの日本ツアーも欠場を余儀なくされることに...、非常に残念だワン。
この「警察犬に噛まれる」、このことがファンには信じてもらえずギミックなんかじゃないか、中邑おいしいな~なんて言われて苦笑いなんですが、本当に噛まれて全治2週間だそうですね。現地でも警察がWWEの「従業員」(笑)を噛んでしまったって公式発表あったようです。

アメリカの警察犬って日本の警察犬と違って、怪しいヤツには向かって行く性質だそうで...、中邑真輔、よほど怪しく思われたのかな??笑うに笑えないけどなんか目立つ男だね~。そんな中邑真輔ですがタダじゃ終わりません。
b0042308_12104769.jpg
メインのAJスタイルズが持つ3ウェイのWWE王座戦に乱入!(笑)サモア・ジョーに昨日(日本公演初日)のお返しとばかりとローブローを食らわせ、AJスタイルズをアシストし、AJスタイルズの必殺技フェノメナル・フォア・アーム炸裂でAJスタイルズ王座防衛です(笑)
その乱入の仕方が面白くてね、中邑おいしいな~って思いましたよ。本当に全治二週間なの?(笑)って思いましたが、盛り上げてくれたので感謝です(笑)その後WWEがネタに使うよう気がしてなりませんが、どうなんでしょうね。
それにしても乱入のタイミング、初日からの流れ、怪我してもこういう流れ作るのWWEは上手いよ(笑)お客さん喜ぶもんね。

元新日本のAJスタイルズやカール・アンダーソンが元気で一安心、中邑とAJスタイルズとの試合、観たかったけどそれは次のお楽しみってことで取っておくよ。
その他に見ごたえありまして
b0042308_12182728.jpg
女子プロレスラーの紫雷イオが正式にWWE入団を発表!イオにはスーパースターズの仲間入りをしてもらいたい逸材。日本の女子プロでは狭すぎるから世界に羽ばたいておくれ。
b0042308_12191623.jpg
大阪出身で、大好きなASUKAは女子スマックダウン王座に挑戦もカーメラから反則勝ちで勝利を収めたが、反則裁定では王座移動ならず。でも元気な我らのASUKAに会えただけでもこちらとしては満足です。カッコイイんだよ。WWEのトップクラスってところが素晴らしい!
ASUKAの試合はもっと近いところで観戦したいくらいです。
b0042308_12242292.jpg
元プロレスリング・ノアのKENTAことヒデオイタミは中邑やASUKAに比べたらまだ派手さが足りないかな。

プロレスが面白い、今年はより多く観戦するかもしれません。
b0042308_12291825.jpg
最後は中邑の

「次回、日本に来るときはこのベルト(WWE王座)を巻いて、再びこの両国のリングで試合をしたいと思います。WWEがまた日本に来るとき、WWEユニバースの皆さん、この両国国技館に『Come On!!』」

やっぱりおいしい中邑真輔でした!(笑)楽しかったよ!次は必殺技キンシャサを魅せておくれ!


by daisuke_Tokyocity | 2018-07-01 12:36 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(8)
3/21 19:00~ 東京都日野市・ライヴBARぞうさん食堂 観衆23人 チャージ(1ドリンク付き)¥3,500
葛西純(フリーダムズ) vs 杉浦透 (フリーダムズ) ゲスト・レスラー:藤田ミノル(フリー)
b0042308_08221938.jpeg
昨夜は近所のライヴBARぞうさん食堂でプロレス・イベントに参加してきました。このイベント、好評で3回目だそうです。豊田でプロレスってのも驚き!自分を含めかなりクレイジーなお客さん23人も集まりました(笑)


続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2018-03-22 11:57 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(4)
1/4 16:00~ 時間差バトルロイヤル開始 17:00~ 第1試合開始 観衆34,995人
b0042308_22464425.jpg
16年ぶりに参加の新日本プロレス1.4東京ドーム大会、これはもう新日本プロレス最大の祭典を超えて日本プロレス界最大の祭典と言っても過言じゃあないでしょう。

自分がよく観ていた90年代のドーム大会の風景と全く異なってましたからね。グッズ売り場はドームで行うコンサートのように大混雑、グッズ、特にアパレル関係は酷かった90年代に比べ雲泥の差ですね。このセンスならプロレスに興味ない人でも着れるんじゃないですかね。そして客層も変わってましたね。女性同士、しかも若い人が多いね。男性も昔ながらのプロレス・ファン風じゃないし(笑)
休憩なしの一気の6時間ビッグイベントは本当にビッグだったよ!




More
by daisuke_Tokyocity | 2018-01-07 23:59 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(2)
b0042308_00373735.jpg
1/4は紐解いたら何と2002年大会、16年ぶりの新日本プロレス・東京ドーム大会に参加してきたよ~!

1/4 深夜1時10分よりテレビ朝日で録画中継のため、時間差でアップしました。

取り急ぎメインイベントの結果だけ報告します。

メインイベントのIWGPヘビー級選手権、オカダ・カズチカvs内藤哲也の試合はプロレス・マスコミ、ファンの予想を良い意味で裏切る結果でしたね。
オカダ・カズチカ絶対王者君臨!
逆転のツームストーン・パイルドライバーからのレインメーカーで30分を超える死闘、内藤哲也を撃破してIWGPヘビー級選手権9度目の防衛!新日本プロレスはオカダ・カズチカを絶対的エースに押し上げたね。

50のオッサンもこの試合展開に痺れ、熱くなれましたよ!元気いっぱい、1/5から仕事始めです!(笑)

今年はプロレスの試合を多く観戦しそうだな~...。


by daisuke_Tokyocity | 2018-01-05 03:00 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(10)
今年面白かった大晦日の番組はインターネットTV局、AbemaTV(アベマTV)の「朝青龍を押し出したら1000万」ですね。
b0042308_13423979.jpg


続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2018-01-01 14:59 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(0)
昨日の有給休暇のメインはこれだ!
b0042308_12042228.jpg
久々のプロレス・ネタです。こういう時間をを取れるって幸せだな~。1年9か月ぶりのプロレス観戦に誘われました。デスマッチでお馴染み、大日本プロレス「~BIGJAPAN DEATH VEGAS~2017」神奈川・横浜文化体育館大会です。

続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2017-12-18 12:46 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(6)
b0042308_00042567.jpg
Never give up ! プロレスラー、高山善廣。命あるからこそ可能性はございます!

昨日より今日、今日より明日、明日より明後日、ほんの少しの回復の兆しが見えるだけでもプロレス・ファンは嬉しい。同世代の高山選手、負けるな!これからも俺たちプロレス・ファンは高山選手を応援します!プロレスラーは絶対に強いと信じております。

by daisuke_Tokyocity | 2017-09-06 23:59 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(2)
購入日  2017年6月5日
購入場所 中野ブロードウェイ3Fタコシェ
購入価格 1Magazine¥1,000
備  考 続プロレスギミック大全科、マイティ井上インタビュー
b0042308_00192649.jpg
渋いプロレス雑誌の存在を知り、中野ブロードウェイ3Fにあるタコシェという本屋さんで購入しました。昭和のプロレスを語るならこの方が世界一でしょう、ミック博士監修の自主制作雑誌(自主制作の響きが懐かしい!)昭和プロレスマガジンです。Vol.42と結構出しているんですね。表紙はテリー・ファンクではございません元AWA世界ヘビー級王者のニック・ボックウィンクルです。

こういうマニアックな雑誌は好きですね。音楽で言えばbeatlegのようなそんな雰囲気と言えば音楽もプロレスが好きなファンはピンとくるでしょう。
特集は続プロレスギミック大全科、プロレスはギミックが重要、ギミックが無いとプロレスは成り立ちません。ニセロシア人、カウボーイ・ギミック、キャラクター・ギミック、医師ギミック、怪人ギミック、クレイジー・ギミックとそのギミックを売りにして商売するわけです、しかも体を張ってね。
面白かったのがミュージシャン・ギミックでプレスリーをモチーフにしたWWEに登場したホンキートンクマンは知っていましたがビートルズのギミック・レスラーが居たとは知りませんでした。1964年ビートルズが米上陸したと同時にそのレスラーは存在した、その名もジョージ・リンゴ―(笑)ポール・レノンってリング名にしなかったのは謎らしい(笑)それでもそのまんまですね。

その他キッスのメイクを元にしたマスクマン、ザ・キッス(そのまんま)なんてのも存在しました。キッス当局は訴えず黙認していた??
キッス系は他にもメイクだけですとWWEで蛇使いでブレイクしたジェイク・ロバーツもポール・スタンレーのメイクで登場していたことをこの雑誌で思い出しました。他にも笑えるレスラー多し、ロッキード事件を元にしたブラック・ロッキードという黒覆面のレスラーが国際プロレスに上がっていたことは爆笑!(国際プロクオリティ全開です)

その他マイティ井上デビュー50周年記念インタビュー等昭和のプロレスがめーいっぱい楽しめます。通販でも買えるので興味ある方はこちらへどうぞ!
b0042308_00193497.jpg
裏表紙はクレイジー・ギミックの国際プロレスに登場したブルドーザー・ビッグ・ベンという似非レスラー?です。引き連れているのがキューバン・アサシン1号、この選手もキューバ・ギミックでしょうね(笑)
この雑誌、定期的に買って読む価値ありですね。昭和のプロレスを満喫出来ます!



by daisuke_Tokyocity | 2017-06-06 01:06 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(2)
ネットのニュースで知ったのですが
b0042308_17012359.jpg
ロシアの怪豪と呼ばれかつてBIとも対戦経験のある元WWWF世界ヘビー級王者のイワン・コロフ選手が逝去されました。享年74歳。
コロフ選手は実際はカナダ出身なのですが当時の米ソ冷戦での悪役にはもってこいの選手でしたね。ソビエトをギミックにした選手、その後のニコリ・ボリコフやニキタ・コロフと続く、「ソビエト系」選手の元祖か。サルマン・ハシミコフよりもソビエト連邦らしいよ。ベア・ハッグが懐かしい。

最近、自分らに影響を与えたロック・ミュージシャンや俳優の訃報が多いですが、それと並行して僕らを沸かせた名プロレスラーも残念ですが続々と訃報が来ております。
b0042308_17103117.jpg
藤波辰爾選手との死闘を演じたチャボ・ゲレロ選手も逝去、享年68歳は早すぎです。ロメロ・スペシャルの名手でしたね。画像は全日本ですが新日本のゲレロ選手の方がカッコ良かったです。
b0042308_17132781.jpg
ブロディとのコンビはカッコ良かったですね!スーパーフライはカーティス・メイフィールドかジミー・スヌーカ、僕らの世代はジミー・スヌーカですね。スーパーフライはジミーのためにある、フライング・ボディ・シザーズが美しい!享年73歳、これまた早すぎ!
昭和の外国人プロレスラーって華があってカッコ良かったです。

あと、最近では元ノアの泉田純選手が51歳の若さで逝去、泉田選手は金銭被害もあって可哀想でしたね...。

かつて僕らを沸かせた
名プロレスラーのご冥福をお祈り致します。

by daisuke_Tokyocity | 2017-02-20 18:13 | プロレス・格闘技 | Trackback | Comments(8)