無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

カテゴリ:アマゾン( 298 )

黒川沙良 / Now Best One

到着日  2018年6月24日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1 7inchアナログ¥1,836
備  考 オリジナル2016年、2018年7inchカット
b0042308_05321981.jpg
雨の東京?外はネオンが煌びやかでまるで流星都市、車のリアシートにくつろいで目を閉じている女性が素敵だ。黒川沙良の2016年にリリースしたアルバムより7インチカットされたNow Best One です。
黒川沙良さん、そしてこの楽曲、全く知らなくて購入、ジャケットが素晴らしいので思わずジャケ買いの1枚です。
YouTubeにもアップされておりました。
木目細かいアレンジに透明感あるヴォーカル、シティ・ポップしているね。歌詞も素敵な恋愛しております。
この楽曲ならフル・アルバムも聴きたくなる。昨年11月に発売された「Girl's Talk」のジャケも今回同様赤いドレスを着たジャケットだから欲しくなるね!ってチェックしたらプレミア付いている...。
b0042308_05322049.jpg
ジャケ買いも楽しい!ちなみにこの7インチも売り切れ寸前かも!!


by daisuke_Tokyocity | 2018-07-15 05:46 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日  2018年6月24日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1マキシCD¥1,221
備  考 オリジナル2012年
b0042308_17145948.jpg
当ブログ初登場の五木ひろしさんの2012年発表のシングル「夜明けのブルース」です。
これは思わずジャケ買いです。黒のストラトを弾いている五木さん、カッコいいですね。

元々BOOK・OFFでマキシCDコーナーで¥280で見つけたのだけど帯付が欲しいからそれはリリースして、Amazonで買っちゃいました。

レーモンド松屋作詞作曲、演歌と言うか、昭和なムード歌謡だね。ムード歌謡、結構個人的に好きなので五木さんのこの路線、良いですね。合間に五木さん渾身のギターソロ(実際はレーモンド松屋さんか?)が聴けます。
まるでエリック・クラプトンのようだね!
いつか「五木ひろし、エリック・クラプトンを歌う」なんてアルバム…、無理かな(笑)

レーモンド松屋さんの作曲センス、昭和歌謡で良いですね。五木さんのヴォーカルに艶やかさを感じます。
b0042308_17150026.jpg
カップリングは小椋佳作詞、堀内孝雄作曲、川村栄二アレンジの壮大なるブルース演歌「山河2012バージョン」収録です、この川村栄二氏の壮大なアレンジが素晴らしい。山河のオリジナルは2000年だけど、残念ながらオリジナル・バージョンは廃盤で入手困難なんですよー。

演歌系の楽曲って実は廃盤とか実はセルフカバーとかオリジナル・バージョンが聴けない環境って多々あるようです。たまにムード歌謡、アップしようかな(笑)

この「山河」も名曲だよね~。♪俺の山河は~、美しいかと~♪、カラオケで歌いたくなります!
by daisuke_Tokyocity | 2018-06-27 18:08 | アマゾン | Trackback | Comments(4)
到着日  2018年5月17日
購入場所 日Amazonマーケットプレイス通販
購入価格 1中古CD送料別¥1,450
備  考 1966年5月 米マサチューセッツ州ボストン、ユニコーン・コーヒー・ハウス、未発表音源、輸入盤国内仕様
b0042308_17042470.jpg
ポール・バターフィールド・ブルース・バンドのファーストが紙ジャケになるので、何だか急に聴きたくなってしまってAmazonマーケットプレイスで1966年の未発表ライヴ盤を買っちゃいました。2016年発表、当時はレコードストアデイ限定アナログでしたが、CDでも再発されました。てっきりFM音源なのかなと思いきやエレクトラレーベルがCDのレーベル面に印刷されていたのでちゃんとしたオフィシャルCDなんですね。
b0042308_17042534.jpg
特筆はマイク・ブルームフィールドのエモーショナルなギター・プレイが聴けることかな。それに負けじとエルヴィン・ビショップのギターも良い音するではないか。若い分、音が荒々しいのが逆に良い、ポール・バターフィールドのブルース・ハープにマイクのギター、これだけでもう痺れっぱなしです。ホワイト・ブルースの幕開け、ファースト、セカンドを中心に勢いある演奏が心地よいです。ホワイト・ブルースは突然聴きたくなるんだよね!このライヴ盤、最高です!


by daisuke_Tokyocity | 2018-05-21 17:11 | アマゾン | Trackback | Comments(2)
到着日  2018年5月1日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD¥1,296
備  考 2018年新曲  通算38枚目のシングル
b0042308_22583166.jpg
この時間帯だと夜勤飯?油そば大盛食べたので無し、代わりにaikoの新曲いかがですか?(笑)

aikoの新曲をやっと聴けました。通算38枚目のシングルです。
今回のアレンジは全てOSTER projectが担当、今回はよりaikoと相性がマッチした楽曲に仕上がってますね。

ストロー、オープニングの「君にいいことがあるように」って歌詞が印象強いよ。

カップリングの「雨フラシ」はエレピのアレンジがきめ細かく、それでいてaikoのヴォーカルが前面に、ドーンと来るミックスも良いね。

「夜の風邪」はミディアムテンポで乾いたこの季節に合うね。
b0042308_22583102.jpg
6月には待望のフルアルバムが出ますね。そちらも楽しみだね。
b0042308_22583159.jpg
42歳とは思えん!カワイイ40代の女性は大好きです!

by daisuke_Tokyocity | 2018-05-12 01:24 | アマゾン | Trackback | Comments(2)
到着日  2018年3月23日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥990(定価¥1,080の8%OFF)
備  考 オリジナル1983年発売、2017年リマスター、世界初CD化
b0042308_18235936.jpg
AOR CITY 1000シリーズで一番のレア盤でしょうね。
世界初CD化でこれは当時売っていたことも知らなかったです。
写真家のスティーヴ・ハイエットが「レコード出したい」って実現した自身唯一のアルバムです。
立川直樹氏の書き下ろし解説が当時の雰囲気が浮かび上がって面白い。当時はそんなユルさでもスタッフは真剣に制作したんでしょうね。
レコーディングは東京で10曲、ニューヨークで2曲、パリで1曲とお金もかかってます。もちろん日本主導でのアルバム、だからレア盤でしかもカルト的要素もあるみたい。

バックメンバーも豪華、この写真家ギタリストのためにエリオット・ランドール、日本からムーンライダーズのメンバー、そして加藤和彦氏までギターで参加とこれはびっくりです。

主にハイエットのギター中心ですが時おりユルイヴォーカルも披露しております。全編気だるくブルージーなギターがとにかくユルくて、仕事前に聴いちゃうと何もしたくなくなっちゃうね、もちろん良い意味で(笑)だから酔っぱらって寝床で聴くと一気に寝ちゃうこと確実、今朝も飲んだ後聴いたら1曲目のユルいギターインスト1曲で寝てしまったよ(笑)

良い意味で洗練されたアレンジではございません、ジャケット写真からだとそんなアレンジの雰囲気あるけどね。
b0042308_18245119.jpg
まだまだ面白いレコードは眠ってますね。CD化に際しての関係者の権利クリア、大変お疲れ様です。お陰で楽しめましたよ!


by daisuke_Tokyocity | 2018-03-24 18:25 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日  2018年3月20日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥990(定価¥1,080の8%OFF)
備  考 オリジナル1980年発売、2017年リマスター
b0042308_01331364.jpg
AOR CITY 1000シリーズよりカナダのメロディアス・ロック・バンド、ストレート・ラインズのファースト・アルバムです。過去に日本盤のアナログはリリースされましたが日本盤のCD化は38年目にして初のようです。(輸入盤は有るらしいが、なかなか見つからないでしょうね)

メンバーはヴォーカル、ギターのデヴィッド・シンクレア、ボブ・バックリーを中心とした5人のカナダ人スタジオ・ミュージシャンで構成されたバンド、パワーあるギター、キーボードの音色はカナダのTOTOのようだ(当時の日本盤ライナーノーツに伊藤政則氏がTOTOが好きなファンには受けるみたいな記述が有るそうです)。
なので本国カナダよりも当時AORブームの日本に注目されていたようです(自分は知りませんでした)。

確かにTOTOのテイストで全編メロディアスで日本人が好むバンドの音ですね、あっという間のスピードで10曲が聴けます。80年代の幕開けの音と言っても過言ではございません。音を聴いただけで当時の情景を思い出すね。

日本初CD化で、これが¥1,000ですか!ストレート・ラインズはセカンド・アルバムもAOR CITY 1000シリーズにラインナップされ、セカンドは驚きの世界初CD化です!これも買ったので追って紹介しますね!
b0042308_01331474.jpg
AOR CITY 1000シリーズは日本初CD化、世界初CD化アルバムに注目かな。定番のはほとんど持っているからね。

by daisuke_Tokyocity | 2018-03-22 08:17 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日  2018年3月18日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥990(定価¥1,080の8%OFF)
備  考 オリジナル1982年発売、2017年リマスター
b0042308_00182199.jpg
懐かしいマリーンのCDを買ってみました。AOR1000シリーズより、このシリーズ、侮れないですよ。世界初CD化も有ったり、そして最新リマスターです。歌詞対訳が無いのが残念ですが廉価盤なのでそれは仕方ないでしょう。もうちょっと早くこういう廉価盤シリーズ出て欲しかったけど、CD売れなくなっての策なんでしょうね~。もうCD買うのは自分らの世代だけじゃないかな(苦笑)

82年発表のAOR、シティ・ポップなアルバムです。フィリピンはマニラ市出身のマリーンとハワイの凄腕ミュージシャン集団
シーウィンドとのコラボ盤、シーウィンドの演奏とマリーンのエモーショナルなヴォーカルがとてもマッチします。温かくなってきたら、そして夏に合うサマー・アルバムです。アレンジに湿度が無く清涼感も感じるかな。歌詞が掲載されている旧盤(Q盤)は手放せないな(笑)
b0042308_00182249.jpg
当時22歳のマリーン、現在も歌手として活動中です。
このAOR1000シリーズ、遅ればせながら注目してみます!


by daisuke_Tokyocity | 2018-03-21 00:40 | アマゾン | Trackback | Comments(4)
到着日  2018年3月9日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥2,500
備  考 2018年発売、2017年12月28,30日 麗蘭・磔磔Vol.25
b0042308_23243900.jpg
スライダーズのライヴ聴いたら、スライダーズのメンバーのソロ活動を聴きたくなったので久々に麗蘭を聴きました。麗蘭、チャボと蘭丸のユニットです。57歳には見えない蘭丸と67歳には見えないチャボ、二人で組んで今年で何と27年ですよ!スライダーズよりもウマが合う??(笑)

バンド編成で、年末恒例の京都・磔磔でのライヴ盤です。新曲5曲収録の全11曲、11曲じゃあ物足りない、もっと聴きたいって欲望が疼くね(笑)

とにかく二人のギターがカッコイイんだ、そして若いんだよね。麗蘭はライヴ盤がとても似合うね。50歳になると麗蘭のような音楽が身に染みて良いんだ。1曲目のチャボのMCがカッコイイ、イエー!って言えるチャボ、いつまでも若くいて欲しいな。歌い方が清志郎に似て来たね(笑)Come on! Let's go! ~ Get Back の流れが最高!自分が好きなロックのリフが良いんです。この2曲だけでも買いです。
b0042308_23243920.jpg
日本のロックが好きで良かったよ、これをきっかけに麗蘭の過去のライヴ盤に手を出します(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2018-03-19 23:40 | アマゾン | Trackback | Comments(2)
到着日  2018年3月8日
購入場所 日Amazonマーケットプレイス通販
購入価格 1中古CD ¥1,100 + 送料¥350
備  考 2008年発売
b0042308_11373652.jpg
ミドル&メロウなクレイジーケンバンドがカッコイイので2に引き続き2008年リリースの第1集も買っちゃいました。
音に湿度が無くて心地よくカッコイイですね。ラップ調な剣さんのヴォーカルも歌詞にあるような空気読めない勘違いおじさんじゃないです(笑)
嫌味が無くてカッコイイ、それにこのバンドには欠かせない菅原愛子女史のヴォーカルが絡むと何だか女性を口説いているようで(笑)
とにかく湿度が低く、乾いたアレンジとマッチして最高だね。
b0042308_11373760.jpg
このミドル&メロウシリーズはタイトルは少ないものの、良いアイテムが出てますね。古内東子や土岐麻子も機会が有れば聴いてみたいな。クレイジーケンバンドのミドル&メロウは夏の歌も暑苦しくないのがイイネ!

by daisuke_Tokyocity | 2018-03-11 11:58 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日  2018年3月4日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1CD ¥1,933(定価¥2,571の22%OFF)
備  考 2013年発売
b0042308_05575470.jpg
ミドル&メロウ・シリーズって有るんですね。フリーソウル・シリーズ、ライトメロウ・シリーズと、まあコンセプトはどれも同じです。フリーソウルとライトメロウと違うのはミドル・テンポな楽曲を限定し更にメロウなメロディを集めたものかな、シリーズは少なくて8枚程リリース、2018年現在このシリーズはちょっと停滞しているかな。

今回はカッコいい50代の横山剣さん率いるクレイジーケンバンドにスポットを当てたものです。
b0042308_05575532.jpg
選曲はなかなかイイよ!
女性目線の失恋ソング「せぷてんばぁ」が心地よい。明日は会社休みますって歌詞が好き(笑)
これが男目線だと湿っぽく未練たっぷりだから、カラッとした女性目線が正解(笑)

「ランタン」では歌詞でmany timesかと思ったら、目に痛いと独特な英語日本語がこれまた面白い。

そして何よりもミドル&メロウってことでソウル、ボサノバ、AOR、シティ・ポップのきらびやかなアレンジが美しいね。
菅原愛子女史のバック・ヴォーカルが栄えます。それだけメンバーのスキルが高いんだろうね。

彼らのCDやライブも聴きたくなるね。おっさんになって好きになったバンドです(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2018-03-06 07:45 | アマゾン | Trackback | Comments(4)