無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

2015年 11月 10日 ( 2 )

到着日   2015年11月8日
購入場所 bobdylan.com
購入価格 18CD+9 7inch送料込み¥85,000+消費税+地方消費税¥3,400=合計¥88,400
備    考 オリジナル1965~1966年、ブートレッグ・シリーズVol.12 限定5,000
b0042308_17335982.jpg

そして再びディラン御大のカッティング・エッジでございます。

封入と謳われながら入っていなかったハイレゾのダウンロード・コードですが今朝、bobdylan.comからダウンロード・コード付きのURLが貼りついたメールが当方宛に届きました。その手があったか!
なので無い!と慌てたディラン・ファンの皆さん、ご安心をってもう届いてますかね??

そして引き続き夜勤明けの中Disc3を聴いてみました。
b0042308_17333995.jpg

これがCDが収納されているジャケットです。6CD仕様も一緒ですがこちらは18枚収納仕様です。
b0042308_17334782.jpg

こんな感じです。

Disc3の収録曲は以下の通り。

[Disc3 - CD]
1. If You Gotta Go, Go Now – Take 1 (1/15/1965) Complete.
2. If You Gotta Go, Go Now – Take 2 (1/15/1965) Complete.
3. If You Gotta Go, Go Now – Take 3 (1/15/1965) Complete.
4. If You Gotta Go, Go Now – Take 4 (1/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 1-3, 1991.
5. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 1 (6/15/1965) Complete.
6. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Takes 2-3 (6/15/1965) Fragments.
7. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 4 (6/15/1965) Breakdown.
8. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Takes 5 (6/15/1965) False start.
9. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Takes 6 (6/15/1965) Breakdown.
10. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 7 (6/15/1965) Insert.
11. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 8 (6/15/1965) Complete.
12. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 9 (6/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 7, 2005.
13. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 1 (6/15/1965) Rehearsal and breakdown.
14. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 2 (6/15/1965) Complete.
15. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 3 (6/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 1-3, 1991.
16. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 2 (6/15/1965) Edited version. Complete.
17. It Takes A Lot to Laugh, It Takes A Train To Cry – Take 1 remake (6/15/1965) Released on The Bootleg Series, Vol. 1-3, 1991.
18. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Takes 4-5 (6/15/1965) False starts.
19. Sitting On A Barbed-Wire Fence – Take 6 (6/15/1965) Complete.
20. Like A Rolling Stone – Takes 1-3 (6/15/1965) Rehearsal.
21. Like A Rolling Stone – Take 4 (6/15/1965) Rehearsal. Partially released on The Bootleg Series Vol. 1-3, 1991.
22. Like A Rolling Stone – Take 5 (6/15/1965) Breakdown.

前半のIf You Gotta Go,Go Now の4テイクはBringing It All Back Homeでのセッション、これもアウトテイクだなんてもったいないよね。まあ御大にとっては泣く泣く外したのか、アルバムにそぐわないってことで外したのか不明ですが、良い曲だよね。テイク4は過去のブートレッグ・シリーズで陽の目を見た楽曲です。

そして5曲目からHighway 61 Revisited レコーディング・セッションに入ります、Bringing It All Back Homeから五ヶ月後にレコーディングに入っております。若き御大、アイデアがどんどん浮かんできたことでしょう。創作力も半端ありませんね。
ここから追憶のハイウェイ61セッションの量が膨大です。約二か月のレコーディングのようで今回はテイク数が多いです。そしてこれまたアウトテイクとしては勿体ないSitting On A Barbed-Wire Fenceやアルバムに収録しておりますがこれまた早くも完成形に近いIt Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry等聴きごたえございます。そしてLike A Rolling Stoneのセッションとなります。まるで御大のレコーディング・セッションに立ち会っているような感覚です。

こういうレコーディング・セッション、ビートルズのゲット・バックで高音質でリリースして頂くととても嬉しいのですが多分無理かな~??

まだまだ続きます御大の大箱シリーズ!!
by daisuke_Tokyocity | 2015-11-10 17:53 | 海外ネット通販 | Comments(2)
ディランの大箱の後は夜勤明けのビールネタ!(笑)やっぱり落差激しいブログですかね。
夜勤明けのビールを冷蔵庫に冷やしておくの忘れたってことでコンビニに寄りましたら
b0042308_17151374.jpg

11/10本日発売の深み味わうヱビスが売っていましたので迷わず購入です。ロング缶です。
冷やしておかなくて良かったな~(笑)
b0042308_17152392.jpg

ヨーロッパ産の麦芽を使用、そして麦芽100%使用、ブラウン系のビールです。アルコールは高めの6%。
確かに深みあるコクが最高!ビールはいつ飲んでも美味しいね。これはまた飲みたくなる逸品でございます。

二本目は
b0042308_17153610.jpg

キリンビターズほろにが柚子チューハイでございます。期間限定商品です。アルコールはこれまた高めの8%
b0042308_1715506.jpg

柚子チューハイはほろにがながらスッキリとした味わい、朝から美味しい!

酒の肴はこちら
by daisuke_Tokyocity | 2015-11-10 17:26 | 食べ物 | Comments(2)