無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

2014年 07月 01日 ( 1 )

到着日   2014年6月28日
購入場所 日amazon
購入価格 2DVD+1ブックレット+2カード¥1,728
備   考 1976年6月26日 東京・日本武道館 格闘技世界一決定戦 アントニオ猪木vsモハメド・アリ
発   行 集英社
b0042308_23193146.jpg

b0042308_23181611.jpg

b0042308_2319222.jpg

いや~、凄い試合がDVD化されましたね。ソフト化は無理なんじゃないかと思いましたから。
今から38年前の6月26日、日本武道館で行われた格闘技世界一決定戦、アントニオ猪木vsモハメド・アリの異種格闘技戦が2枚組DVDとしてリリースです。しかも¥1,728と激安価格じゃあないですか。
今後、再び総合格闘技がブレイクしてもこの試合を超えるものは一生出てこないでしょう!
正にプロレスとボクシングの競技生命を賭けた危険試合ですから!
b0042308_23192791.jpg

DISC1は世紀の一戦プロローグとして、3月25日のニューヨークでの契約調印式、モハメド・アリ来日、モハメド・アリ記者会見、調印式ディナーパーティ、公開計量と断片しか観たことない映像がほぼ完全に観られます。アリの口達者が最高!「ペリカン野郎!」に始まり、終始猪木さんを挑発、逆に猪木さんはその挑発に乗らず落ち着いた対応です。アリのビッグ・マウスに圧倒されず、落ち着いた態度で対応する猪木さん、流石です!

ニューヨークの契約調印式の雰囲気からアリ側は完全にエキシビジョン・マッチな雰囲気がわかりますね。アリ陣営は笑って対応してるし、ちょっとお気楽モード。出来れば後楽園ホールで猪木さんと木村健吾とのスパーリングでビビったと言われた映像が入っていれば良かったけど、それを差し引いてもこの試合前映像は貴重です。

そしてDISC2はその試合がノーカット完全版です!!!両選手の入場から判定が出るまで余すところなく収録。当時、生放送されてラウンド間はCMが入ったと思われますがその間もちゃんとカメラが回っているんですね。

猪木陣営、アリ陣営の緊張感は半端ありません。アリのセコンドもかなり屈強なヤツラ多いですが、猪木陣営のセコンドも頼もしい、カール・ゴッチを参謀格とし、坂口征二、山本小鉄、星野勘太郎、荒川真、栗栖正伸ら、アリが猪木さんを挑発する時いち早く体を投げ出すのは小鉄さんでした。
b0042308_23193663.jpg

そして第1ラウンドからじっくり鑑賞、早くも猪木さんの回し蹴り(実況ではそのように言ってました、後のアリキックですね。)がさく裂、最初はその蹴りを余裕でかわして舌を出しておどけるアリでしたが、段々とヒットしてくるんですね。その度に自分は「お~!」って叫んじゃいましたよ。
そしてイラつきも出始めたアリは第4ラウンド終了後、観客に大きな声で"Inoki girl!""Inoki afraid!"と叫びながら挑発しても猪木さんは常に冷静。そして唯一のビッグ・チャンスである第6ラウンド、アリの足を取ってグラウンドに持ち込んだ時の盛り上がりは半端ありません、自分も思わず「よし!行け!」って叫んじゃう位です。結局ロープ・ブレイクとなってしまうのですが、その前に猪木さん、エルボーをアリの顔面にヒットさせましたね(笑)
あのアリ陣営の猛烈な抗議を考えるとグラウンドでの打撃は一切禁止だったんでしょうね。(またルールが試合直前まで明確化されていなかったようです。レフェリー、ジャッジも???だったようです。そんなだから観ているファンは一層わからない、ルールが明確化されていないから世界から不評の試合と言われたと東スポの桜井康雄さんが解説されてます、ブックレットも薄いですが読み応えありますよ)あのエルボー攻撃を理由に猪木さんの反則負けにしたかったのでしょうが、アリはよく戦意喪失しなかったですね。

ラウンドを追う毎に猪木さんはアリとの間がわかってきたようでアリキックがことごとくヒットします。完全に猪木さんの距離でしたね、蹴られたアリの左足は紫色に腫れて変色しながらも、最後まで戦い抜いたアリは凄い!さすが世界のスーパースターです。

結局試合はお互い攻めることが出来ずレフェリーのジン・ラベールはドロー、ジャッジ遠山甲は猪木、ジャッジ遠藤幸吉はアリと三者三様のドロー判定です。そして最後はお互いの健闘を称えて抱擁、猪木さん、アリ同様、無事に終わってホッとしたことでしょう。アリ陣営は早く終わらせたかったような感もありますね。逆に猪木さんはちょっと悔しそう??
b0042308_23203031.jpg

この試合がガチであることがノーカット映像から伝わってきます。お互い攻められなかった=真剣な勝負ってことですよね!結果わかっているのにこんなに緊張した試合はそうありません!それだけ凄まじい試合だってことです。見どころもいっぱい、「世紀の凡戦」はこの完全版発売で更に見直されるでしょうね。

プロレス・ファンなら絶対に観るべし!
やっぱり総合格闘技よりも異種格闘技戦だよね!格闘技世界一決定戦って響きも素敵です!

追伸

当ブログの常連さんであるPIOさん、情報ありがとうございました!このDVDは家宝となります(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2014-07-01 00:32 | プロレス・格闘技 | Comments(30)