無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

岡林信康 / 岡林信康コンサート (紙ジャケ)

到着日  2008年10月25日
購入場所 ディスクユニオン通販
購入価格 送料別2CD¥3,500
備  考 オリジナル1971年、初CD化、1970年12月1日 神田共立講堂での実況録音盤
b0042308_2325884.jpg

もう12月か〜、なんだか年々早く感じるんですけど〜、このままでは正月まであっという間でしょう。今月は欲しいDVDが意外や多いです。どれも昔の映画ですが、アマゾンで連続購入しちゃってます。何を買ったか、お楽しみに。

さて、このCDは10月に買ったものですが、色々あって紹介が遅れてしまった。今からちょうど38年前の東京の冬、外は寒いけどステージは熱さがCDから伝わってきます。
岡林の作品は正直、初期のスタジオ作しか聴いていなかった。まあライヴ盤がやっとCD化されたばかりだしね、でもこのアルバムはアナログから聴いておくべきだった!
アコースティック岡林とエレクトリック岡林が同居したライヴ・アルバム、ゲストに高田渡、加川良、はっぴいえんど、彼らの演奏も収録されております。

やっぱりバックにはっぴえんどを従えたエレクトリック・セットが鋭いナイフのような演奏だ。この時のはっぴいえんどがほんわかしたものではなくどちらかと言えばハードな感じだ。日本語ロックを意識した曲よりもこのようなバンドな音のはっぴいえんどが好きだったりする。岡林はMCでは頼りない若者イメージだが、歌う岡林は頼もしい。

その岡林信康のライヴ・アルバムが今月またリリースされる、すごく楽しみだ。やっぱりロックはライヴだなって再認識してしまう。なんだか当時のライヴ音源、もっとありそうだね。1970年代の混沌とした音が詰まっているよ。

この音を聴いたら、岡林の音源はエイベックスじゃなくてディスクユニオンのレーベルでリリースした方が雰囲気的に似合っているね(笑)

収録曲
DISC 1
01 1970年12月暮
02 山谷ブルース
03 チューリップのアップリケ
04 お父帰れや
05 生活の柄(高田渡)
06 教訓1(加川良)
07 おなじみの短い手紙(高田渡)
08 手紙
09 流れ者
10 性と文化の革命
DISC 2
01 それで自由になったのかい
02 かくれんぼ(はっぴいえんど)
03 はいからはくち(はっぴいえんど)
04 おまわりさんに捧げる唄
05 君を待っている
06 だからここに来た
07 自由への長い旅
08 私たちの望むものは
09 今日をこえて
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2008-12-04 23:44 | ディスクユニオン | Comments(0)