無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

早見優 / AND I LOVE YOU (紙ジャケ)

到着日  2008年8月29日
購入場所 HMV通販
購入価格 1CD¥2,500
備  考 オリジナル1982年、多分音的にリマスター、アルバム単体久々の再CD化
早見優 / AND I LOVE YOU  (紙ジャケ)_b0042308_2111470.jpg

夏の終わりにアイドル2連発!早見優のファースト・アルバムです、CD化になるのは何年ぶりでしょうか?早見優の音源は一時、「ぼくらの」シリーズでボックス化されましたが、オリジナル・アルバムの再CD化は実現しておりません。オリジナル・アルバムのCD化はかなり前。後期のCDはよくブックオフで見ますが、初期のアルバムはなかなかお目にかかれません。なのでこのファースト紙ジャケ化はうれしいですね。ベスト・アルバムだけでは満足出来ないアイドル・シンガーですから。
今回の紙ジャケではさすがにトーラス・レコードのロゴは無理だったようですが、歌詞カード、ピンナップ、内袋が忠実に再現しております。

当時16歳だったんですね〜、健康的なイメージですな。また英語で答えたりするところなんかもなかなか。結婚されても主婦タレントとして確立しておりますし、良い歳の重ね方しておりますな。
ハワイで育った印象が強く、夏のイメージが強いですね。なのでファーストは夏っぽい曲が多いです。サンバ調あり、西海岸のAORテイストありと聴いていて楽しい。ファーストとしては結構レベル高い作りしておりますよ〜。典型的なアイドルアイドルなアルバムじゃないのも良いね!出来ればセカンド以降も紙ジャケ化して欲しいな。

収録曲
01 I Love,who?
02 太陽の恋人
03 ゴンドラ・ムーン
04 青いSea Side
05 サテン サンバ72
06 素敵なRAIN DROPS
07 急いで!初恋
08 私を見つめて・・・
09 ハニーな昼下がり
10 LOVE-LIGHT
11 ALL MY LOVE


早見優 / AND I LOVE YOU  (紙ジャケ)_b0042308_226267.jpg当時付属のピンナップ、内袋、歌詞カードも再現。EMIの紙ジャケも最近は再現度のレベルが高くなってきたと思う。アイドルも紙ジャケが一番似合うかも

Commented by たどん at 2008-08-30 09:14 x
一連のARB記事といい、この度といい、過去の記憶がボコボコと掘り起こされますよって。買うか、コレも(笑)。

当時トライアングルという3人組の熱狂的なファンだったバンドのギター担当が次に?好きだったのが彼女で、いつの間にかアタシもファンになっておりました。写真集まで買ったりして(爆)。LPで買ったのは3rdの『LANAI』で、これはズバリ名作。いや、最高傑作じゃないかと思ってますがいかがでしょ。結構歌唱力あるんですよね。

この後路線が変わってしまって、ロック歌謡風?に寄っていっちゃいますが、もっとこの”夏”&”ハワイ”路線を続けていってもらいたかった
ですね。それにしても右の写真かわいいなぁ~。買うか、コレも(笑)。
Commented by ouichi at 2008-08-31 13:00 x
大介さん、こんばんは。今でこそ英語が話せるのは珍しくもないですが
当時、早見優の出現は画期的でしたよね。
歌に大きな影響は受けなかったのですが
外国育ちの雰囲気がインタビューなどから感じられて
いいなぁ、と遠い目をした記憶があります。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-08-31 18:25
たどんさん、こんばんは!
当時の音楽シーンを思い出すでしょ?(笑)ロックもアイドルもとにかく楽しい年代でした、今より良かったですよ〜。

3rdの「LANAI」は是非とも紙ジャケ&リマスターで復刻して欲しい、出来ればこの夏にでもリリースしてくれると嬉しかったですけどね。まあ今回のシリーズがそこそこ売れれば次もあるでしょう、
実はアイドル好きの同世代の方々には買って欲しいかな〜(笑)

ロック歌謡路線ですが、「PASSION」なんか結構歌い回しが難しいのですがそれを難無く優さんは歌ってみせてます。結構その路線も好きですね。あっ「アンサーソングは哀愁」って彼女の中では一番ダークな歌も好きです、まあ秋風に彼女は似合いませんが(苦笑)とにかくコレ買って損ないですよ〜〜〜。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-08-31 18:35
ouichiさん、こんばんは!
やっぱり英語が出来るアイドルの第一人者は彼女でしょうね。極端な発音も好きでしたよ。当時、ライヴでは彼女、洋楽カヴァーも歌っておりました。当時のライヴ・テープ(カセットのみなんですよ)を聴くと、エイティーズ洋楽を多く取り上げております。
洋楽を難無くこなせるのは彼女だけでしたね。
今でも遅くありませんので、是非はまってください(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2008-08-30 02:29 | 国内ネット通販 | Comments(4)