無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

ARB / 砂丘1945年 (紙ジャケ)

購入日  2008年8月23日
購入場所 HMV通販
購入価格 1CD¥2,500
備  考 オリジナル1985年、最新デジタル・リマスタリング、ボートラ3曲付き
ARB / 砂丘1945年 (紙ジャケ)_b0042308_22504756.jpg

ARBの後期オリジナル・アルバムの紙ジャケCDが発売となりました。今回は当ブログ初登場の1985年発売、戦後40年の年に発表された戦争をテーマにした9枚目のアルバムでございます。
当時僕は勉強しかしないくそ真面目な18歳、だけどARBは僕の悶々とした生活に喝を入れてくれました。言わば僕の青春のアルバムの1枚です。当時もうちょっと遊んでいたらどうなってたかな??
ギターは既に斉藤光浩に代っておりましたが、ARBそのものが好きでしたので光浩時代のARBも大好きなんですよ。

この頃は更に音に厚みが出てホーン・セクションやキーボードを多用しておりますが、そんなでもARBらしさはそのままでした。作曲にベースの岡部滋が担当している曲がある、「あの娘はアトミック・ガール」「THE WORKER」となかなか良い曲を作っているのがわかる。光浩も「明日かもしれない」「闇をぶっとばせ!」やっぱり海辺で聴きたいバラード「波止場にて」なんか良いね。

ロックンロールなARBもあり、またバラードな静なARBが一緒に同居しております、緩急つけていると言うか、その差がまた良いんですよ〜。もう40過ぎたオッサンですが、コレ聴いたら、18歳の頃のオレを思い出すね!(笑)

ボートラに当時の12inchシングルの「ブルー・カラー・ダンサー」が付いておりますが、ここはやっぱり当時を思い出すと「波止場にて」で聴き終わりたいのは贅沢??
「ONE WAY TRIP」のライヴ・ヴァージョンも収録されているが、「HIT MAN」のイントロが聴こえてフェイド・アウト、絶対音源残っているはずだ!ARBのLIVEアンソロジー聴きたいな!

収録曲
01 明日かもしれない (MAYBE TOMORROW)
02 闇をぶっとばせ!
03 Deep Inside
04 あの娘はアトミック・ガール
05 AFTER'45
06 THE WORKER
07 THE BOXER
08 黒いギター (PASSION! NOT,FASHION!)
09 September Moonlight
10 波止場にて(マーロン・ブランドに捧ぐ)
Bonus Tracks
11 BLUE COLOR DANCER
12 BIG ROMANCE
13 ONE WAY TRIP (LIVE)


ARB / 砂丘1945年 (紙ジャケ)_b0042308_2395983.jpg植田正治氏によるモノトーンなジャケットもカッコいい!当時似たような写真撮ったっけ(笑)

Commented by ミネちゃん at 2008-08-26 10:17 x
1週間ずっと待ってましたよ!(笑)
実は、なぜか僕のARB体験は前作で終わっており、このアルバムを聴くのは今回が初めてでした。
う~ん、ちょっと僕のARB像とは合わないな。
やっぱりYellow Bloodが良すぎるんだろうなあ?
Commented by todocci at 2008-08-26 12:26
>当時僕は勉強しかしないくそ真面目な18歳

私が出会ったときには、すでに「くそまじめ」ではなかったので、その辺の2~3年で人生が変わったとはとても思えませんな(笑)
Commented by へどろん at 2008-08-26 20:35 x
なんで第二弾からボートラがついたのでしょうね?
でも、個人的にはPAPERS BEDのボートラが気になります。
あのシングルってなかなか見かけないブツなんで。
ああ、だったら第一段もボートラを、って全部買ってもいないのに。笑
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-08-26 22:36
ミネちゃん、こんばんは!すみませんね、遅れちゃって(苦笑)
お〜、YELLOW BLOODで一区切りしておりましたか〜。
聴けば聴く程僕ら労働者には響くものがそのうち伝わって来ると思いますよ。後期のARBもよく聴きましたよ。社会を切り裂く歌詞は後期の方がより鋭さを増しておりますよ〜〜。
まあYELLOW BLOOD以降音が厚くなっているのがどうもってファンも居ますけどね。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-08-26 22:39
todocciさん、毎度!
あ〜出会った頃はもう「くそ真面目」の粋には居ませんでしたね(笑)中学高校はあまり面白くない自分でしたよ、いやホントに。と言うかtodocciさんの会社でバイトしたらより弾けたんですよ〜〜、もう20年以上も前の話ですな〜(遠い目)
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-08-26 22:52
へどろんさん、こんばんは!
そうですよね〜、出来れば初期のシングルとか入れて欲しかったですよね。アルバム未収録曲、多数ありますものね。
「PAPERS BED」のボートラはシングルVHS&シングルCDの収録曲、確かにこのオリジナル、見ないですね。
リマスター効果はかなり良くて、岡部滋のベースがブイブイ唸っている感じです、音はかなり良くなっておりますよ。YELLOW BLOODのあの音揺れも解消されている感じがします。(ヘッドフォンで再度確認しないといけませんが)
Commented by so-ichiro at 2008-08-27 22:06 x
daisukeさん、こんばんは。ARBへのコメント大変遅くなりました。
前回発売分リリース時や聴いてた頃の季節感に合わせて聴こうと思い、まだ全部買い直してませんが、daisukeさんの熱い紹介うれしく見ておりました(笑)
光浩時代のARBですが、その後もバンドが存続したので過渡期的に語られがちですが、一郎が抜けた時にどうなるんだろうと思ってたARBをつなぎとめた光浩の貢献はデカいとおもいます。
ライブ観た時ルックスもいいし、バウワウ聴いたことなかったのでギターもうまいなとおもいました。
なので「YELLOW BLOOD」は特に好きなアルバムですね。過渡期というならこの頃から凌が役者を始めたことではないでしょうか。再結成後のARBは光浩時代を発展させたような感じで個人的には解散前よりもサウンド的には好きでした。

解散後に出た「RED BOX」を見返したら「魂こがして」と同じ日の録音が5曲クレイジーダイアモンズから2曲収録されてました。まとまった時期のライブを聴きたいですがビクター以外からのリリースは当分無理ですかね?
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-08-27 23:14
so-ichiroさん、こんばんは!
待ってました!(笑)
僕もARBをガッツリ聴いたのは光浩時代からだと思います、それ以後の久時代も何の抵抗もなくすんなり聴けたと言うかもっと聴いておりましたね。
光浩さんは当時、テレキャスターを弾いていたと思います。BOW WOW時代に比べるとシンプルかつストレートなギター・サウンドがARBに合ってましてね。
やっぱり「YELLOW BLOOD」人気ありますね〜、メンバーチェンジの不安を一気に払拭したアルバムなんですよね!

RED BOXにクレイジー・ダイアモンズの音源収録されてましたか〜!!と言うことはビクターの倉庫には必ずやあると言うことですね、そうなるとやっぱりARB LIVE アンソロジーは是非聴きたいですね、まとめて聴くことに価値があると思います!RED BOX聴かないといけませんね!

ビクター以外は難しいでしょうね〜、だからビクターさん頼むよ〜〜〜。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2008-08-25 23:11 | 国内ネット通販 | Comments(8)