無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

平山みき / 鬼ヶ島 (紙ジャケ)

到着日  2008年3月12日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD¥2,625
備  考 オリジナル1982年
b0042308_012899.jpg

「真夏の出来事」でお馴染み、平山三紀が近田春夫プロデュースで「平山みき」に変身、ニューウェイヴ歌謡曲の名盤が久々のCD化です、確か90年頃、インヴィテイション・ヴィンテージ・ロック・コレクションで再発して以来ですね。

当時の近田氏はビブラトーンズというバンドでも活動していたと思う、当時の近田氏らしい音、この人、結構新しいことには積極的に導入していますよね。
意外と平山みきと合っている感じです、テクノとは違う近田氏のニューウェイヴを満喫できますよー。ビブラトーンズのメンツが曲提供しているし、実際に参加しているでしょう。
難を言えば作品ではなく、当時のアルバム制作の裏話なんか新解説とともに掲載して欲しかったな〜、当時の歌詞カードのみでは寂しい(当時の近田氏と筒美京平氏の対談は面白いけど)

ビブラトーンズの過去のアルバムも聴きたいな〜、福岡ユタカ(PINK)ヴォーカルの「金曜日の天使」は名曲だ!

収録曲
01 ひろ子さん
02 プールサイド・クラッシュ
03 月影の渚
04 ドライマティニ
05 蜃気楼の街
06 よくあるはなし
07 おしゃべりルージュ
08 電子レンジ
09 雨ふりはハートエイク
10 鬼ヶ島
Commented by ふるん at 2008-03-14 13:46 x
これ音よくなってますかね。90年のそのCD再発はもってるんですが。。
ビブラトーンズもアルバムとミニアルバムきちんとリマスターで再発してほしいですね~。
Commented by gemini at 2008-03-14 22:52 x
僕はビクターが1800円で再発したQ盤で持ってます。
近田×筒美対談がおもしろいですよね。
音のほうはかつての筒美時代の印象が強く、買った当時は全く理解できなかったのですが、最近聞き返したらおっ、いいじゃんと思いました。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-03-15 10:56
ふるんさん、おはようございます!
リマスターかどうかは書いておりませんが、音圧は上がっているようなのでリマスターしているのではないでしょうか??(確証ありませんが:苦笑)

ロックやっていた頃のビブラトーンズのアルバムは是非復刻してほしいですね、近田氏ソロが復刻しているだけにこの頃も聴きたいですね。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-03-15 11:38
geminiさん、こんにちは!
Q盤でも再発されたのですか〜、となると今回が三度目のCD化でしたか〜、ありがとうございます。
それぞれの観点で語っているこの対談、面白いですね。筒美三紀も近田みきもそれぞれ個性あって好きですね、他のアルバムも聴いてみようかと思います。
Commented by MASA at 2008-03-17 17:20 x
遅レスすんません。これ聴いたことないんですがちょっと気になってます。近田春夫も平山みきも好きなもので^^。

近田春夫はハルヲフォン時代から大好きです。'79年の唯一のソロ・アルバム「天然の美」は歌謡史に残る傑作です。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2008-03-17 22:52
MASAさん、こんばんは!

>遅レスすんません。

いえいえ、昔の記事でも書き込み歓迎ですよ。

当時の近田氏のニューウェイヴ路線が色濃く反映されております、テクノじゃないところがミソ。独特な雰囲気が近田氏の音に表れて好きですね。ビブラトーンズから派生したPINK、パール兄弟なんかも良いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-14 00:12 | 国内ネット通販 | Comments(6)