無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

歌いまくる大映スター 座頭市・女賭博師・ザ・ガードマン (紙ジャケ)

購入日  2007年9月16日
購入場所 タワーレコード新宿店
購入価格 1CD各¥2,625
備  考 オリジナル1969年
歌いまくる大映スター 座頭市・女賭博師・ザ・ガードマン (紙ジャケ)_b0042308_081276.jpg

昔はこんなレコードまでリリースしていたのか〜、存在すら知りませんでしたが、それを紙ジャケ化するP-VINEは凄過ぎ!一体どれくらい売れるのか予想しているのでしょうかね??(笑)
これは大映レコード創立1周年記念として有楽町・サンケイホールで行われた実況録音盤、映画でお馴染みのシーンをライヴで見せ、そして歌ってしまうんです。その4時間興行を歌の部分を収録したアルバムです。
現在に例えると、映画「HERO」をライヴでご披露しちゃうものでしょうか?そして男性アイドルを多数持つJ事務所と旬な女優が一同に集まって歌を披露するのですが、どんなにメンツを集めても、当時の大映スター軍団には適わないでしょう、このアルバムには収録されておりませんが市川雷蔵、京マチ子、若尾文子も出演、そしてこのアルバムに収録されている大スター・勝新太郎が出演、つまり大映オールスター軍団が全員出演ですからたまりません。
座頭市の勝新さんが好きだから、思わず買っちゃったけど、当時の熱い雰囲気が伝わって来ます、座頭市をライヴでやってその後歌っちゃうから最高です(笑)
勝新さんのムード歌謡「シーサイド横浜」なんか良いですよ〜〜、しかもライヴですからね!
TV放送もあったそうだから、映像もきっと残っているはず、この映像は見てみたいな。

その他、「女賭博師」の江波杏子、「ザ・ガードマン」の藤巻潤等とにかく素晴らしい実況録音盤です!昭和にタイムスリップ!

収録曲
01 ザ・ガードマンのテーマ(宮間利之とニュー・ハードと大映レコーディング・オーケストラ)
02 星降る夜のタンゴ (藤巻潤)
03 アイ・ラブ・ユー (渚まゆみ)
04 傷だらけのブルース (本郷功二郎)
05 シルバーフィズの夢(三条魔子)
06 座頭市 (勝新太郎)
07 女ひとりで(八泉鮎子)
08 眠れぬ夜のために (江波杏子)
09 おじゃまします(南州太郎)
10 十和田湖エレジー(姿美千子、平泉征)
11 シーサイド横浜(勝新太郎)
12 座頭市子守唄(勝新太郎)
02 星降る
Commented by chitlin at 2007-09-25 01:19
これって紙ジャケットCDなんですか!
一応、カートには放り込んではあるんですけれど、幻の名盤解放歌集の散らばって収録されてるんだろなと思い込んでいまして。
ありがとうございましたーっ
Commented by kassy63 at 2007-09-25 10:21 x
うわー、昇り竜のお銀だ!
江波杏子かっこえ~。 子供ながらにこの人すげぇーかっこいいなんて思ってました。
その後Gメンに出てきたときはもっとかっこよかったですね。

しかし、こんなCD(レコード)出てたんですね。まったく知らなかったですね~。

大映レコード1周年て、何年のライブ盤なんですか?まだ、勝さんが大映に居たころだから65~66年くらいでしょうか?

南州太郎しぶい!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-09-25 21:21
chitlinさん、こんばんは〜!いや〜、この紙ジャケCDに反応されるとは驚きです(笑)
僕も最初は最近のオムニバスだろうと思ったら、ちゃんとしたオリジナル盤を復刻したのにはびっくりです。思わずジャケ買いですからね。
やっぱり勝新さんがカッコいいですね〜、今の若手俳優が100人かかってきても適わない大スターですよ〜、勝新さんは!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-09-25 21:30
kassy63さん、またまたこんばんは!まさかこのCDに反応されるとは・・・、みんな引いちゃって書き込みなしだと思ったのですが(笑)
江波杏子さん、カッコいいですよね。昔の女優さんはホント美しいしカッコいい、このカッコよさが今はないんです。今、女賭博師やるならせいぜい高島礼子くらいか、仲間由紀恵はもうちょっとアクション映画に出ないとね(笑)
南州太郎さんのおかまキャラでの「おじゃまします」は今聴いても笑えます。
Commented by lee at 2007-09-25 22:31 x
座頭市大好きです!でも僕が好きなのは、初期の映画の座頭市ではなく、テレビ版の「座頭市物語」「新座頭市物語」「新座頭市Ⅱ」「新座頭市Ⅲ」四部作です!高校の時、深夜に再放送されていまして、ビデオに録ってはまって観てました。テレビの時代劇って、なんか舞台劇みたいじゃないですか。演出が大味でわざとらしくて。でも座頭市は、せりふの言い回しが、実際に会話するとしたらこのくらいの声のトーンだろうって感じに、ぼそぼそっとしゃべるんですよね。それに立ち回りもわざと正面から撮らずにのれん越しに撮ったりして。とにかくリアルなんです。映画版もビデオで何本か観ましたが、やっぱりテレビ版の方が好きですね。あ、それと、89年に公開された新劇場版の「座頭市」は大好きです。一級のバイオレンス・アクション時代劇です!意外と知られてませんが、大傑作です!!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-09-25 22:55
leeさん、こんばんは〜。leeさん、座頭市の大ファンですね!これまたびっくりしました。
TV版見たいのですがDVD化すら話ないし、悲しいですね。
そして勝さんは斬新な演出をされますよね、ぼそぼそ喋る手法はその後あの「警視K」にも引用しましたが何言っているのかわからないのと、あまりにも前衛すぎて周囲が付いて来られなかったと聞きます。
また殺陣が上手くてスピードあってホント、カッコいい、今の若手俳優はお世辞でも上手いなんて言えませんから。
あー、座頭市観たくなりましたね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2007-09-25 00:31 | 音楽 | Comments(6)

by daisuke_Tokyocity