無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

DAVID BOWIE 紙ジャケ第1弾到着

到着日  2007年1月10日
購入場所 ディスクユニオン通販
購入価格 送料込み6CD¥16,100
備  考 ユニオンおまけ(ミニチュア帯、箱)付
DAVID BOWIE 紙ジャケ第1弾到着_b0042308_21215818.jpg

妖艶なドレス・カヴァーが素晴らしい「世界を売った男」
DAVID BOWIE 紙ジャケ第1弾到着_b0042308_21222081.jpg

左から「ピンナップス」「ジギー・スターダスト」「スペース・オディティ」
DAVID BOWIE 紙ジャケ第1弾到着_b0042308_21223495.jpg

左から「アラジン・セイン」「ハンキー・ドリー」
DAVID BOWIE 紙ジャケ第1弾到着_b0042308_21225231.jpg

ディスクユニオン・ミニチュア帯。時代を感じさせます。
DAVID BOWIE 紙ジャケ第1弾到着_b0042308_2123746.jpg

ジギー・スターダスト箱

当方は今日から仕事始め、12連休と久々の長い休みで社会復帰が難しいのなんのって。会社着くまで我慢です(笑)
そして帰宅しましたらユニオンより待望の紙ジャケが到着しておりました。基本的には数年前プラケで出たものを紙ジャケしたもの。リマスターも最新ではありません。(注:アラジン・セインは30周年記念盤と同じ2003リマスター、ジギーも同じく30周年盤と同じ2002リマスター:soundbeatさんブログより

RCAのロゴはまあダメでしょう、レーベル面も当然無理。
ジギー・スターダスト・ロシア盤・紙ジャケに入っていたポスターが無いじゃん!内袋は入っておりました。ジャケットの色合いは良いようだね。
この頃のボウイのアルバムはデフジャケが何種類かあったが、今回は見送られたようだ。ユニオンで全17作品買うとデフジャケ付けると言うロスタイムに大逆転はないかな〜???

なんだか、ジャケットの再現度のことばかりの解説だが、この「グラム・ロック」時代のボウイが一番好きですね、尖っているし創作力も攻撃的だ。僕らの世代は「レッツ・ダンス」のボウイが人気あるみたいだが、この1970年代付近の妖しげな魅力のボウイが最高だな!

ボートラ付のライコ盤は売れないね、またスペース・オディティも別ジャケだからこれも売れないね。ボウイのCDもいっぱい増えましたな!
Commented by soundbeat at 2007-01-09 23:35
こんばんはっ♪私のところにも届きました。
確かにジギーポスターが無いですね。
「世界を売った男」の美しさに見とれてしまいチェックが甘かった(笑)
でもポスターはオリジナルに付いていたのかが疑問です。
安価でUKマトリクス枝番1を購入すべくebayで数十枚LPをチェックしていますが今までポスター付きは見た事が無いのです。
ポスターの件は謎です。オリジナル盤に詳しい人がそのうち解明してくれるでしょう。
今回は出来る限りのことは最低限しているなという印象です。
ジャケの作りなんかはレベルが高いと思います。
どうして好きなアーティストだと贔屓目になりますが満足しています。
Commented by lonehawk at 2007-01-09 23:38
こんばんは~。
早速ワタシも店頭に引き取りに行って来ましたよ。
何だかんだと待望の紙ジャケ化だったので、手にした時は感慨深かったです。
出来ることなら今からでもデフジャケをDUに付けて欲しいところですが、やっぱり無理なんでしょうかね。
Commented by ttetsuya at 2007-01-09 23:47 x
おお、やはり買われましたか(笑)ボウイ紙ジャケ。ボウイは最高ですよね。過小評価され過ぎな感じがします。私も『ハンキー・ドリー』から『アラジン・セイン』までの「グラム」な時期の3枚は大好きなんてもんじゃないくらいの愛聴盤なので今日ユニオン渋谷店にて買おうかどうか迷いましたが、とりあえず見送っちゃいました。『ジギー』と『アラジン~』は30周年盤持ってるし、今回は最新リマスターじゃないところが理由なんですけどね。でも月末の給料日まで売れ残ってたら買っちゃうかも(苦笑)。ところで今回のボウイの紙は世界発売されるみたいです。そこまでやるんなら『DAVID LIVE』と『STAGE』も紙ジャケにしてよ!ってな感じですよね。ユニオンも『世界を売った男』のデフジャケや当時のシングル盤のジャケ写を集めたブックレットとか作ってくれればいいのに(でも4月分まで全買いしたらなんか付きそう)。ダメだ、ボウイに関しては言い出したらキリがない。来月分も期待してます。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-10 00:08
soundbeatさん、こんばんは!TBありがとうございます。
やっぱり、あのポスターは謎ですかー。でも今回は何だかんだ言ってもジャケの出来具合いはレベル高いから満足しております。
当然第2弾も先程、予約しました。
みなさんデフジャケ欲しいですよね、僕も付けて欲しかったな〜!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-10 00:11
lonehawkさん、こんばんは!
今夜は音楽ブログの間ではこれは外せないでしょうね、全世界発売ってのもすごいな。
ドレス・カヴァ−はホント素晴らしい出来で大変満足しております。これぞ紙ジャケです!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-10 00:15
ttetsuyaさん、こんばんは!
仰る通り、全世界発売なら「DAVID LIVE」「STAGE」も紙ジャケ化して欲しかったですね。なぜ「tin machine」なのかもよくわかりませんが(苦笑)
「世界を売った男」と言えば、あの蹴り上げジャケとマンガジャケ、あれを出して欲しいですよね!
Commented by chitlin at 2007-01-10 00:23
大介さん、皆さん、こんばんは。
いや、恐れ入りました。
紙ジャケットの作りには相当力が入っているようですね。来月もあるんですよね、どうしましょ。
Commented by ミネちゃん at 2007-01-10 00:52 x
こんばんは。当方にもユニオンから届きました。
もちろん、ボウイ(氷室じゃないよ)は全買いです。
なぜなら、この時代のボウイは全く聴いたことがないのです。
当然、CDも持っていません。
という訳でグラムボウイの素人なんですが、そんな私も一から楽しめるのは紙ジャケのおかげですね。
しかし、ユニオンのとどめの特典はでかい箱ではなくて、デフジャケにして欲しいなあ。メーカー特典と言い、箱ばっかりあっても保管にねえ?困るだけなんですが…。
Commented by ともんだ at 2007-01-10 19:46 x
だいすけさん、こんばんは!!

紙ジャケ最近どんどんでてますね。
アナログを知ってる人にとっては懐かしいですもんね。

デビット・ボウイといえば、なぜか大学の授業を思い出します。
当時の先生(多分イギリス人)がロックの歴史の授業で結構取り上げてたんです。(ちなみに私は英文科)
その時グラムロックっていうのを初めて知って
彼の音楽を聴くようになったんです。
見た目のせいもあってか色っぽいロックって感じします。

さて、ひさびさに今日聞いてみます。
Commented by いのりん at 2007-01-11 00:01 x
こんばんは!
昨年は、色々とお世話になり感謝しております。
今年も宜しくお願い致します。

私もまとめ買いして聴いております!
『ジギー・スターダスト』 ボックスも良いですが、
ジャケ的には、『世界を売った男』ボックスの方がカッコイイ感じがしますね。。。。

2弾もオーダー済みですので、楽しみにしています!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-11 01:09
chitlinさん、こんばんは!
ジャケットのカラーはほんと、オリジナルに準拠しておりましてとても綺麗です。東芝EMIもやれば出来るじゃんって思いました。
第2弾もかなり期待できますから、目が離せませんよ!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-11 01:12
ミネちゃんさん、こんばんは!
確かに、紙ジャケのおかげで知らない音楽まで手を出しますね、実際僕もそうですから(笑)
この頃のグラムなボウイは創作力も凄くて、とても好きな時代です。ミネちゃんさんもやっぱり、デフジャケ希望ですよね。今からでも遅くないからデフジャケ付けてくれ〜〜〜〜!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-11 01:17
ともんださん、こんばんは!

授業でボウイとはこれまた渋い、いい先生ですねー。
グラム・ロックのボウイは中性的なところがこれまた魅力です。
日本のミュージシャンもかなり真似しておりますもんね。

新橋ですが急ですが12日金曜はいかがでしょうか???
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-11 01:23
いのりんさん、こんばんは!今年もよろしくお願い致します!

さて、メーカー特典のボックス、柄が「世界を売った男」の蹴り上げジャケっぽい気がするのは気のせいですかね、応募紙を見たらその蹴り上げがあったので想像しちゃいましたよー(笑)
Commented at 2007-01-11 17:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takanori678 at 2007-01-12 17:15
うらやましーッ!学生で金のない拙者は「LOW」を唯一近辺で発見しました!売り切れるの早過ぎるーッ!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-13 15:25
takanoriさん、こんにちは!
学生さんでこの当時の音楽が好きですと、けっこう体に毒でしょ?(笑)
ボウイ紙ジャケはオリコンにチャートインしちゃったみたいですからね、恐るべしです!
Commented by takanori678 at 2007-01-14 13:13
風邪ですけどちょっとお邪魔します。
>けっこう体に毒でしょ?(笑)
一番ギラギラしていた頃のロックは中毒性があります(笑)

>ボウイ紙ジャケはオリコンにチャートイン
すごいですねー。さすがボウイです。
「LOW」の紙ジャケットが欲しいです。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-14 22:18
takanoriさん、こんばんは!寒いですからね、お身体ご自愛ください。
「LOW」は来月2/7に発売されます。今回の出来がなかなか良かったので次も期待できますよ。お小遣いためて買いましょう!
Commented by 遼(parlophone) at 2007-01-14 23:46 x
大介さん、新年おめでとうございま~す(←遅すぎっちゅうねん!)
ぼくもボウイの紙ジャケを記事にしました。
初めてアルバム単位で聴いたのですがさすがですね!
文中LINKさせていただきました。
今年もよろしくです^^
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-14 23:53
遼さん、こちらこそ新年のごあいさつが遅れまして大変申し訳ありません、明けましておめでとうございます(笑)今年もよろしくお願い致します。
オ〜!ボウイ紙ジャケ買われましたか〜、グラムロックのボウイ、創作力が攻撃的で好きなんですよー、第2弾でしたら「ヤング・アメリカン」「ステイション・トゥ・ステイション」なんかいいですよ!後でコメント書きます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2007-01-09 21:40 | ディスクユニオン | Comments(21)