無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

GEORGIE FAME / GOING HOME (紙ジャケ)

購入日  2006年12月31日
購入場所 HMV立川店
購入価格 ¥1,890
備  考 オリジナル1971年、2006年DSDマスタリング、紙ジャケ
GEORGIE FAME / GOING HOME (紙ジャケ)_b0042308_21523955.jpg

2006年最後の無駄遣いです、ジョージー・フェームの紙ジャケCDは11月にユニヴァから4枚、ソニーから6枚再発され、性懲りなく全部買いました。実は4月にもリリースされていたんですね。プラケで持っておりましたが、2006年DSDマスタリング、10枚買ったからやっぱり紙ジャケで締めたいよね。
ユニオンのCBS時代のアルバムを全買いするともらえる箱はこの「GOING HOME」を入れるスペースがありましたね。
内容は自作曲ではなく、他のコンポーサーの曲を取り上げ、ソフト・ロックに仕上げてなかなか良いかもね。商業的には成功しなかったみたいだけど、ロック・ファンには記憶が残るんです。逆に商業的に成功してもダメなアルバムはいっぱいあるからね〜、それは全く記憶に残らないのです。売れなくても良いものはこの世にいっぱいあるよね!その典型的なアルバムかな?

2006年の記事もこれでお開き、タイトルも「GOING HOME」でいい締めとなったかな?(笑)
それにしても今年は書いたよ!なんと482件!来年もたくさん書きたいですね。2006年読んでくれたみなさん、書き込んでくれる常連さん、来年もよろしくお願いしますね。それではみなさん、良いお年を!(って年明けすぐに更新しちゃうかな?)
Commented by shintan_shintan at 2006-12-31 23:20
こんばんは!今年は色々とお世話になりました。
大介さんに影響を受けて始めた僕のブログも、なんとか年を越すことができそうです。来年は是非、合同漁り大会を開催したいですね。

ジョージィ・フェイムのユニバ紙ジャケは購入しなかったんですが、CBS期はこれと、セブンス・サンは買おうかなと思ってます。

それでは良いお年を。来年もよろしくお願いいたします。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-12-31 23:56
shintanさん、こちらこそ交流が出来てうれしいです。
来年は是非、直接交流実現に向けて頑張りましょう!合同漁り大会は濃い大会ですよ!

来年もよろしくお願い致します、良いお年を!
Commented by ななしのごんべい at 2007-01-01 10:55 x
明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
毎日楽しく読ませてもらっています。

ところで 482件の日記もすごいですが、購入された CDの枚数もすごいですね。さしつかえなければ購入枚数と購入金額も教えていただけますか?
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-02 12:03
ななしのごんべいさん、明けましておめでとうございます!

CDの枚数ですか〜?正直数えておりませんが多分、年365日と考えると365枚以上は買っていると思われます。金額は7桁は余裕で行くでしょうね(笑)使っていないと・・・う〜ん想像出来ませんね(笑)
今年もヨロシク!
Commented by ななしのごんべい at 2007-01-03 02:40 x
当然 365枚は購入されているでしょう。7桁も当然でしょう。7桁のどのくらいかが大きな問題です。どのくらいにせよ、普通の家庭なら家庭崩壊でしょうね(笑)。

今年も楽しい記事を期待しています。また新橋でお会いしましょうね!
Commented by lee at 2007-01-03 22:21 x
SONY期を全買いしました。念願のユニバーサル4タイトルの再発も決まり、予約しました。こうなったらこれも買うしかないですね!僕も注文してます。でも、なぜこのアルバムだけ先に紙ジャケ化されたんでしょうね?
Commented by daisuke_Tokyocity at 2007-01-04 00:31
leeさん、またまたこんばんは!
おお!同志よ!(笑)SONY+ユニヴァですね。当然これも買わなきゃ!このアルバムはソフト・ロック特集としてリリースされました、確かに聴いてみるとソフト・ロックな要素はあります、売れなかったらしいですが、そんなこと関係ない名盤だと思います。あるうちに買いましょう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2006-12-31 22:51 | 音楽 | Comments(7)