無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

ダディ竹千代&東京おとぼけCats / おとぼけLIVE at 屋根裏

到着日  2006年9月21日
購入場所 HMV通販
価  格 送料込み¥2,500
備  考 1979年9月24日 渋谷・屋根裏(夜の部)での実況録音盤
ダディ竹千代&東京おとぼけCats / おとぼけLIVE at 屋根裏_b0042308_513435.jpg


ついに出た!知っている人は知っているけど、知らない人は全く知らない(当たり前か)ダディ竹千代&東京おとぼけCatsの未発表ライブ第1弾がリリースされた。当時は「東京おとぼけCats」だったようだ。

音はブート並の音質ですが、まさか今から27年前の音がよく残っていたことに拍手!その音質がその時代を思い出させて、逆に良かったりします。
彼らはやっぱりライブが一番!スタジオ盤も何枚か出していたがライブの方が数倍楽しい。

僕も過去に三度ほどライブへ行ったことがある。高校1年生の時の屋根裏、そして社会人1年目の頃での90年クラブクアトロのライブ等。
その中で声帯模写ならぬ音帯模写全開のゲスト・コーナーが面白かったなー。当然、このCDにもメドレーで収録されており、
ゲストに
ジミー・ペイジ(笑)
エリック・クラプトン(笑)
キース・リチャーズ(笑:ちゃんとABKOから許可とってリリースしている)
スタンリー・クラーク、カーマイン・アピス、コージー・パウエル、ジャッキー吉川、ジョージ・ハリスン、ブライアン・メイ、はたまたDOOBIEやイーグルスまでと超豪華なゲスト(爆笑)が狭い屋根裏で大暴れしております。

ライブの雰囲気もよく、ダディ竹千代のMCにお客さんは常にゲラゲラ笑いっぱなし、僕もライブ行った時は大笑いの連続だったな〜。あ〜、古き良き時代を思い出しちゃったよ(しみじみ&ほろり)
このようにコミック・バンドでありながら演奏はピカ一!みんな実力者だよ。ドラムは「そうる透」氏だもんね。バンド・アンサンブルはいつ聴いても素晴らしいの一言です。オーティス・レディング風ありと演奏もカッコいいよ。

来月は渋谷ライヴ・インでの音源がリリースされる予定です。
そろそろ再結成しないですかね〜、ライブ観たいですよー、メール待ってますよ、キスノさん。

収録曲
01 Opening
02 船乗りの夢
03 青年
04 あなたのジルバ
05 電気クラゲ
06 〜MC1〜
07 夕方フレンド
08 メドレー曲(ご存じギター・バトル)*ゲスト・コーナー
  胸いっぱいの愛を〜幻惑されて
  レイラ
  ジャンピン・ジャック・フラッシュ
  Bass
Dr〜ブルー・シャトー
  Guitar
JESUS IS JUST ALRIGHT
One Of These Night
09 EASY GIRL
アンコール
10 嘆きのチャールストン
11 〜MC2〜
12 東京ラグタイムブルース

メンバー
ダディ竹千代(Vo)
そうる透(Dr)
なかよし三郎(Bass)
キー坊金太(G)
ダニエル茜(G)
どんまいめぐみ(Key)
ボーン助谷(Tb)
碑文谷パーラッ太(Sax)
ペット小池(Tp)
 
Commented by todocci at 2006-09-23 00:06
おいらもamazonで注文しました。
出張中なのでまだ聞いていませんが、もう届いたかな~

DVDが出るという噂もあったし、おとぼけキャッツはりリースラッシュ
ですかね。

日本で一番多く解散したバンドだから、また再結成ライブあるといいですね
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-09-23 02:11
todocciさん、書き込みありがとうございます。今回はtodocciさんだけだろうなーって思っておりました(笑)
基本的にライヴ構成は変わっておりません、なんだか懐かしい気分となりましたよー。
再結成、僕も希望しております。その前に映像集出してほしいなー。
Commented by takanori678 at 2006-09-23 17:49
屋根裏っていうとオーケンの小説で出てきた記憶が。。。
なんか今はこうしたロックのための場所が減ってるように思えますね。
インディーズはみんなしてウィーザーの模倣ですし。。(泣
かつてのようにインディーが力を取り戻すことはないのでしょうかねぇ。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-09-23 20:17
takanoriさん、こんばんは!
オーケン氏は僕より学年が一つ上だから渋谷・屋根裏世代ですよ。
僕も何度か行ったことがありますが、今のライブハウスに比べるとROCKな感じがします。(なんだ?ROCKな感じって:笑)

>かつてのようにインディーが力を取り戻すことはないのでしょうかねぇ。

仰る通り、今のインディーズって商売っ気出したのがそもそも凋落の原因でしょう。昔もあったかもしれませんが、そんな雰囲気は微塵も感じられません。そして今よりは自由もあったと思います。
takanoriさんのような若い世代が今の音楽に危機感を持っておられることはとても大事だと思います。プロになっちゃえば?(笑)なんて。
Commented by dekodeko at 2019-03-23 16:27 x
いいですね。今更ながらCDを集め始めましたが屋根裏のライブはなかなか見つかりません or 高くて手が出ません。。。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2019-03-26 05:49
dekodekoさん、はじめまして。コメントありがとうございます!

チェックしたら、高いですね~。
最近は中古店でも見なくなりました。
これが発売された頃はライヴDVDがリリースなんて噂ありましたが、結局頓挫しちゃったようです。スタジオ・アルバムは権利者が行方不明で復刻出来ず...、まあこのバンドはライヴが一番ですけどね。

またライヴ・アルバム...、出ないでしょうね~(苦笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2006-09-22 05:40 | 国内ネット通販 | Comments(6)