無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

浜田省吾 / The Best Of Shogo Hamada vol.2

購入日  2006年8月13日
購入場所 タワーレコード新宿店
価  格 ¥3,059
備  考 ソロデビュー30周年記念、浜田本人セレクト・ベスト
浜田省吾 / The Best Of Shogo Hamada vol.2_b0042308_0143068.jpg
ベスト盤にも色々な手法がある。シングルヒット中心の者はシングルA面のみを納めて「ベスト」と言うもの、シングルと人気あるアルバム曲を入れたりとそれはほとんどが既発表音源で構成されているものだ。中には、契約中に他のメーカーに移籍してしまい、契約枚数合わせにそのミュージシャンの意志が反映されないベスト盤もある。

今回の浜田省吾のベストは、本人が選曲し、オリジナル音源は少なくし、リミックス、新録音、ライブ・ヴァージョンで構成されている。CDの帯にも書かれているが、「これからのベスト」をアピールしたいのだろう。まあオリジナル音源は、オリジナルアルバム聴いてね!というメッセージもあるだろう。「サンド・キャッスル」も新録音だし、
まあ構成が浜田らしいですよね。なので新録音された「家路」「君に会うまでは」「土曜の夜と日曜の朝」「勝利への道」はすごく新鮮ですな、なんだかライブな雰囲気がする。〆の「ラストダンス」は昨年11月のさいたまスーパーアリーナ公演のライブ・ヴァージョンを使用している。ライブもちゃんと記録残しているのかー、出し惜しみしないでライブ盤出しておくれ!

ここからは蛇足もいいところだが
「君に会うまでは」
の歌詞より

腕組み歩くよ 夜の町 二人
踊り疲れて 少しだけ お酒飲んで
最終電車に 遅れないように
いつもは もう駅への道を歩いている頃なのに

は僕の新橋ライフにそっくり(笑)但し、違うところがある。それは「君」がいないことだね(笑)、あー今夜もも男一人でひとり飲みかなー(笑)

失礼しましたー。

収録曲
01 家路
02 君に会うまでは
03 19のままさ
04 散歩道
05 今夜こそ
06 愛という名のもとに
07 土曜の夜と日曜の朝
08 モダンガール
09 Midnight Flight-ひとりぼっちのクリスマスイブ-
10 ロマンスブルー
11 こんな夜はI miss you
12 勝利への道
13 生まれたところを遠く離れて
14 ラストダンス
Commented by DEADROCK at 2006-08-14 03:06 x
ハマショウはいつまでたってもホント全然変わらないですよね。特に中学~大学時代までは好きでよく聴いていました。今でもバラードはもちろん、「マネー」とかの反骨心バリバリの曲なども好んで聴く事があります。
特に大学時代の日々って、ハマショウの歌詞に自分を重ねるつつ、社会に溶け込めない(?)いびつなモラトリアムの時期を肯定してみたものです。「愛という名のもとに」は同名のドラマがありましたよね。自分は当時証券会社に内定が決まっていたのですが、友人に「証券マンのチョロみたいにはなるなよ」とからかわれていました。
*余談ですが、当時はハマショウと尾崎豊を勝手に「師弟」だと思っていました
Commented by samyu at 2006-08-14 08:13 x
こんにちは♪ 全然曲が入らない(笑)MP3プレイヤーには、「J・BOY」が入ってます。昔によく聞いたオリジナルアルバムもひさしぶりに聞きたくなります。はじめて聞いたのが、丁度この時期、夏だったので当時を思い出しましたよ~。
Commented by lee at 2006-08-14 19:38 x
そしてこれですね。こういう形式のベスト盤って前代未聞なんじゃないでしょうか?オリジナルヴァージョンに愛着が強いので違和感がある曲もありますが、聴いているうちに慣れるでしょう。浜省の曲ってほんと、聴けば聴くほど良くなっていきますから。同時発売のvol.1とTheHisutory~も買いました。The Hisutory~は、2000年当時、何だこの薄っぺらい選曲は!と思い、買わなかったんですが、聴いてみると、1曲1曲「キターーーー!!!!」と燃えている自分がいました。
Commented by lee at 2006-08-14 19:40 x
HisutoryじゃなくてHistoryでした・・・。
Commented by jyubon at 2006-08-14 19:52
おぉとうとうですね?浜省いいですよね?
このアルバムはまだ聞いてないのでなんとも言えませんが
良さげですね。家に会社から無事帰れましたか?お疲れ様です。
「君…」の存在、出来るといいねぇ。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-08-15 00:02
DEADROCKさん、こんばんは!
僕は高校生の頃でしょうか?「約束の地」「DOWN BY THE MAIN STREET」で火が着き、「J-BOY」の頃でライブに行きまくりましたよ。なので「J-BOY」の頃の歌が胸にしみますね。
ドラマ「愛という名のもとに」、懐かしいですね。唐沢よりも江口よりも鈴木保奈美よりも印象に残るのが「俺はチョロじゃねー!」のセリフが印象に残る中野英雄氏だと思います!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-08-15 00:06
samyuさん、こんばんは!
samyuさん、「J-BOY」がお好きですか、うれしいなー。ちょうど夏に浜名湖・渚園でライブ「A PLACE IN THE SUN」に行きまして、かなり盛り上がったことを思い出しました。当時は車で行きましたからね、よく行ったなー。
このベスト盤は新録音ばかりですが、聴けば聴く程味が出ますよ。オススメです!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-08-15 00:19
leeさん、またまたこんばんは!
そして次がコレです!
vol.1は未聴ですが、今までの曲を新録で固めてベストというのは浜田らしいですよね。
まあシングル出して、云々と言うタイプではありませんからね。
このアルバムの新録も聴けば聴く程好きになりますよ。「勝利への道」がお気に入りです。
実はhistoryは持っていないのでこの機会に買おうかな?初心者はhistoryの方がいいかもしれませんね。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-08-15 00:23
じゅぼんさん、こんばんは!
じゅぼんさん世代でもこのアルバムはマッチすると思いますよ。なんて言うかなー、ガツンと気合が入ったりもします。
「君に会うまでは」の歌詞への突っ込み、どうもありがとうございます(笑)
「君に会うまでは」の歌詞はほんと新橋での飲みにそっくり、ただまだ腕組んで歩いて帰った人はまだ居ないんですよねー(苦笑)
あ、あと最近は終電で帰ってないねー(更に苦笑)
Commented by chikazo-toto at 2006-08-15 00:50
だいちゃん、まいど。
ええCD出てますねえ。前回紹介いただいた佐野元春で悩んでいるところですのに・・・。(笑) 困ります。(再笑)
なつかしい選曲ですね。
「J-boy」と「Father's Son」が聴きたくなりましたよ。だいちゃん。

ありがとう、だいちゃん。 さんきゅ~!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-08-15 01:00
ちかちゃん、毎度!
悩んでおりますかー、やっぱりどれ買うか悩みますよね(笑)
僕はvol.1よりvol.2の選曲が好きですね。
どれもこれも思い出しますよ、vol.1かvol.2どれか買うなら、やっぱりvol.2かなー。
「19のままさ」とかいいよ〜!
Commented by takanori678 at 2006-08-15 21:21
どーもこんばんわです。
ハ、ハマショー!拙者のオヤジの世代では
尾崎、矢沢、ハマショーの三派に分かれてるとか言います。
ハマショーの姿は何十年経ってもかっこいいんだろうな。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2006-08-16 00:12
takanoriさん、こんばんは!

>尾崎、矢沢、ハマショーの三派に分かれてるとか言います。

なるほどー、それぞれのファンは確かに個性的ですね。僕は三者とも好きなので、逆に変に見られるかもしれませんね(笑)
浜田省吾、基本的に風貌も変わらないのが凄いです。もういくつなんだろう?カッコイイおやじですよー。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2006-08-14 00:33 | 音楽 | Comments(13)