無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

OLIVIA NEWTON JOHN / LOVE PERFOMANCE

到着日  2022年5月24日
購入場所 BFヤフオク代理店
購入価格 1プレスCD¥3,300
備  考 オリジナル1981年 1976年12月3,4日 大阪フェスティヴァル・ホール
OLIVIA NEWTON JOHN / LOVE PERFOMANCE_b0042308_17595954.jpg
いつまでもかわいいオリヴィア・ニュートン・ジョンの未CD化のオリジナル・ライヴ・アルバム「ラブ・パフォーマンス」がEVにブートCD化されました。76年12月の大阪公演です。

このような日本主導のライヴ・アルバムって権利が複雑なのでしょうか?1981年にリリースされて41年経過しておりますが未だCD化されずです、未CD化、そしてこのライヴ・アルバムの存在、知らなかったな~。てっきりアナログ・ブートと思ったくらい笑、聴いて音が良くて驚きました笑
OLIVIA NEWTON JOHN / LOVE PERFOMANCE_b0042308_17595869.jpg
オフィシャル音源なので音は良いよ。当時31歳のオリヴィアさん、素敵です!
「カントリー・ロード」「ジョリーン」「そよ風の誘惑」、いやー!癒されます。
オフィシャルCD化して欲しいし、完全版出来るはず!

Commented by blackmore1207 at 2022-05-28 17:15 x
こんばんは。
これは当時東芝EMIから発売されたアルバムです。CD化はBOXのみ一部収録されたものらしいので希少価値はありそうですね!
騙された感は捨て購入し聴いてみたいです(笑)
Commented by 2019から年金生活のB級テーパー at 2022-05-29 04:39 x
おはよう御座います

この元のアナログのライブ・イン・ジャパン
の発売のこぼれ話
1970年代初頭はまさに日本はROCK発展途上でした
そこで各音楽メーカーは来日するグループに独自に
色を付けたかった、それがライブ・イン・ジャパンの走りだったので、手始めにワーナーがZEPを計画が失敗したが次のPURPLEで大成功🤘
そしてソニーがボブ・ディランやマウンテンやBBAで成功し、ビートルズを出さなかった大失敗の東芝EMIが計画したのがこのオリビアだったわけで見事成功したという経緯があります、他のメーカーも
来日するグルーブに片っ端からライブ・イン・ジャパンを出しましたね
おっと東芝EMIはオリビアの前にも色々ありましたがベンチャーズやアニマルズ出しましたけど
ホノグラムはBTOやランナウェイズやレオンラッセルなど、しかしZEPいやPURPLEのような売り上げはつくれませんでしたそんなライブ・イン・ジャパンの
各メーカーの暗黙の了解の企画話があります
あ!ソニーの姉妹会社のエピックからはチープ・トリックやチェイスなど ビクターからは(すみません~思い出せません)

そんな業界話です、でもやはりZEPとPURPLEですかね、もし東芝EMIがビートルズを出していたら
情勢は変わっていたでしょうね
問題は各マネジメント側が許可したかどうかでしたけど、ソニーは好意的ですがワーナーはZEP以外は好意的みたいなバラツキありました
ビートルズはどうだったのかは図り知り得ない所です

そんなROCK発展途上の日本の当時の業界話でした
早朝から失礼しました

Commented by daisuke_Tokyocity at 2022-05-31 22:53
> blackmore1207さん

こちらの記事にもコメントどうもありがとうございます。

CD化は一部のみですか!
音が良いし、これは満足なアイテムです。

> 騙された感は捨て購入し聴いてみたいです(笑)

爆笑!

デラックスエディション完全版としてリリースして欲しいな~。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2022-05-31 22:57
> 2019から年金生活のB級テーパーさん

とても興味深いお話ですね。

ライヴ・イン・ジャパンは日本主導ってことですね。
ZEPは出して欲しかったな~。
そうビートルズを出さなかったのは大失敗と言うか出せなかった??

日本での洋楽の歴史は色々と紐解きたいですね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2022-05-27 18:31 | オークション | Comments(4)