無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

週刊プロレス2053号

購入日時 2020年2月14日
購入場所 kiosk豊田駅店
購入価格 1Mgazine¥550
備  考 2/13発売 通算2053号
週刊プロレス2053号_b0042308_12245879.jpg
最近、プロレスに何度目かの個人的ブームが来ておりますが、週刊プロレスを買ったのはとてもとても久しぶり、多分今世紀初じゃないかな。昔は創刊号のタイガーマスクの表紙からリアルタイムで買っておりましたが、観ない時期もあり買わなくなりましたが、当時は何誌かあったプロレス雑誌、新聞もこれだけと言っても過言じゃあないでしょう。
一時、ター山の活字プロレスに洗脳された時期もございましたがその洗脳を解かれた今は反ター山(笑)長い目で見たらGKの人生が良いのかもね。今もテレビで解説の仕事もしているしね。ター山は一切テレビは出なくなったしね(と言うか出られなくなった?)

まあ、そんなター山チックな書き方はなし、全体的に読みやすくなったかな。生観戦(スターダム2・8)、TV生観戦(新日本2・9)のおさらいには良いね。
週刊プロレス2053号_b0042308_12245989.jpg
新日本3・31両国国技館にはKENTAが写っているではないか、早くジェイ・ホワイトのような存在になって欲しい期待の表れか?
週刊プロレス2053号_b0042308_12250077.jpg
こういう女子プロレスラーのプライベート・ショットは歓迎!たむもありさも可愛く掲載されているね(笑)
その他、札幌でオカダ・カズチカが突然叫んだ「アントニオ猪木!」に触発されての、本物の猪木さんにインタビューしているのは拍手ですね。気になる記事掲載は良いと思いますよ。
あ、政治家ではない猪木さんは好きですよ。


Commented by れいんめ~か~ at 2020-02-15 14:20 x
こんにちわ。
自分も「週プロ」のヘビーリーダーです。
女子選手の普段着姿は貴重ですよね。
スターダムは色気のある選手が集合してます!

今回は、表紙にKENTAがいないのは違和感を覚えました・・・
 でも“裏表紙”はゲットかな(笑)
内藤vsヒロムは、いうほど「夢対決」って感じてないもんで。
Commented by アクセル全開 at 2020-02-16 13:55 x
こんにちは!
実は僕も数十年ぶりに何週か前の週プロ買いました!
スペル・デルフィンの30周年の特集が読み応えありました!
デルフィンもライガーのようにメモリアルボックス出して欲しいな〜なんて思っております。

追伸
自分も内藤vsヒロムは夢のカードとは思えないです(^_^;)
Commented by daisuke_Tokyocity at 2020-02-17 11:46
れいんめ~か~さん、こんにちは!

久々の週プロ、読み応えありました。
この内容ならまた買って読んでも良いかな~(笑)

表紙は団体の意向ですかね(笑)
ここはれいんめ~か~さんの仰る通りSNSで新しい盛り上げを示したKENTAですよね!

> “裏表紙”はゲットかな(笑)

見事にGETしてましたね(笑)

> 内藤vsヒロムは、いうほど「夢対決」って感じてないもんで。

同感。こういう意見はプロレスマスコミは書けませんから!
やっぱりファンの意見が本意だと思います。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2020-02-17 12:07
アクセル全開さん、こんにちは!

レスラーの周年企画は歴史が判って面白いですよね。
デルフィンは自分と同い年、モンキー・マジック・ワキタ時代から知っていますので30周年は凄いな~。

> 内藤vsヒロムは夢のカードとは思えないです(^_^;)

話合いますね。同感です。所詮ヘビー級王者とジュニア・ヘビー級王者の対決は橋本vsライガー戦の焼き回しなんですよね。。繋ぎ興行でしょう。そういう記事の書き方はプロレスマスコミでは不可能です(笑)
ネットのファンの意見に納得することが多いですかね。
Commented by 神宮の燕 at 2020-02-17 14:27 x
大介さんこんにちは!

週プロ、週ゴンは中学時代から今に至るまで買ってます、自分も洗脳されていた1人かも(笑)

自分は内藤がとりあえず防衛したので一安心、ほかの皆さん同様対ヒロムは若干思い出作りな感じが否めずKENTAの時のような熱量は無いです。

むしろKENTAの次のターゲットが気になります、今年は俺の年と言ってますからね目が離せません!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2020-02-19 14:21
> 神宮の燕さん

週プロへのコメント、ありがとうございます。
やはり当時のター山の洗脳はゴング派を追い込み、活字プロレスが最強のプロレスみたいなこと謳っておりましたが蓋を開けたらUWFを飽きたター山が馬場への忖度で全日本をよいしょしSWSを潰した腹黒い編集者であることが判りましたね。
当時の橋本真也はプロレスにお金を出してくれる会社に悪いこと書くなみたいな反論を思い出しました。

内藤vsヒロムは単なる繋ぎですかな。
KENTAの次の照準は飯伏かそれともタナか?それともオカダ?トップを突っつくことは次のシリーズでもやるでしょうね。意外やNEW JAPAN CUP優勝か~?なんて思ってしまいます。

それにしても新型コロナウィルスの国内拡大で興行がヤバイことに!
スターダムは来月14日までの興行を全中止、3/8後楽園ホール大会は無観客試合だそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2020-02-15 13:05 | プロレス・格闘技 | Comments(6)