無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND / GOT A MIND TO GIVE UP LIVING LIVE 1966

到着日  2018年5月17日
購入場所 日Amazonマーケットプレイス通販
購入価格 1中古CD送料別¥1,450
備  考 1966年5月 米マサチューセッツ州ボストン、ユニコーン・コーヒー・ハウス、未発表音源、輸入盤国内仕様
b0042308_17042470.jpg
ポール・バターフィールド・ブルース・バンドのファーストが紙ジャケになるので、何だか急に聴きたくなってしまってAmazonマーケットプレイスで1966年の未発表ライヴ盤を買っちゃいました。2016年発表、当時はレコードストアデイ限定アナログでしたが、CDでも再発されました。てっきりFM音源なのかなと思いきやエレクトラレーベルがCDのレーベル面に印刷されていたのでちゃんとしたオフィシャルCDなんですね。
b0042308_17042534.jpg
特筆はマイク・ブルームフィールドのエモーショナルなギター・プレイが聴けることかな。それに負けじとエルヴィン・ビショップのギターも良い音するではないか。若い分、音が荒々しいのが逆に良い、ポール・バターフィールドのブルース・ハープにマイクのギター、これだけでもう痺れっぱなしです。ホワイト・ブルースの幕開け、ファースト、セカンドを中心に勢いある演奏が心地よいです。ホワイト・ブルースは突然聴きたくなるんだよね!このライヴ盤、最高です!


トラックバックURL : https://cdsagashi.exblog.jp/tb/28324508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by B級テーパー at 2018-05-21 23:20 x
これまた、渋い❗

マイクブルームフィールド…あのスーパーセッションのアルバムは聴いてましたね
当時は良く分からないけど、凄いな~と
自分に納得させてました、何が凄いのかは??
(笑)😂

若かりしき頃(40年以上前(笑)😂)十代の頃は
何でも新鮮で偏見もなく聴いてましたね

レコードはなかなか買えなかったから、音楽業界に入って、爆買いしてました…
今で言う、大人買いですね
月に20枚~30枚ペースで…
スーパーセッションはその中の1枚です
Commented by daisuke_Tokyocity at 2018-05-22 16:19
> B級テーパーさん

ポール・バターフィールドの記事にコメントありがとうございます!
久々にまともなコメント?(笑)併せてありがとうございます(笑)
当時はよく分からないけど凄いな~って感覚、なんとなく判ります。
耳がぶっ飛ぶほどのカッコ良さ、ブルースを気軽に聴かせてくれたのはポール・バターフィールド・ブルース・バンドやスモール・フェイセス、ZEPですかね。

スーパー・セッション、聴きたくなりましたよ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2018-05-21 17:11 | アマゾン | Trackback | Comments(2)