無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

伊藤銀次 / PERSON TO PERSON 紙ジャケ

到着日  2017年8月20日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD ¥1,000(定価¥2,571)
備  考 オリジナル1985年、7thアルバム、ボートラ3曲、2007年リマスター
b0042308_11453863.jpg
伊藤銀次の85年発表の7thアルバム、パーソン・トゥ・パーソンを聴いてます。タワレコの原価割れバーゲンセールで¥1,000でした。新品で¥1,000ならってことで購入です。

全体的に典型的な80年代のポップ・アルバム、元々シティ・ポップ畑の人だから、80年代のメロディアスなキーボードや乾いて洗練されたアレンジが似合う銀次さんです。そんなポップ・センスあふれるアルバムではございますが「サイレント・ダンサー」は中途半端なヒップホップみたいなヴォーカルはちょっと苦笑いかな、「夜を駆けぬけて」や「フラワーズ・イン・ザ・レイン」や「いつでもここにいる」「愛をあきらめないで」は銀次さんらしいポップ・センスです。

アクセントが良い土方隆行のリズム・ギターはこのアルバム・リリース30年後の東京女子流に活かされてるね。佐野元春のヴィジターズ・ツアーに参加した横内タケもこのアルバムのギター・ソロに参加してますがソロの音がそのまんまヴィジターズなのが微笑ましい。あ、当時ヤング・ブラッズで大人気の佐野さん、「夜を駆けぬけて」にコーラスで参加してますが、ちょっと目立ちすぎです(苦笑)、「フューチャー・ショック」で杉真理さんがコーラス参加してますが、杉さんは控えめですよ(笑)

80年代独特なキーボード、打ち込み系の音の中、銀次さんのポップ・センスは埋もれてません、むしろ上手く使って個性を主張している感もあります。カッコイイね!
b0042308_11460878.jpg
ボートラは日清パワーステーションでのライヴを収録、このアルバム収録の「夜を駆けぬけて」「ノー・モア・ブルース・トゥナイト」「フラワーズ・イン・ザ・レイン」のライヴ・ヴァージョンです。そのライヴの完全版とあるはずなんだけどな~、ライヴ全て聴いてみたいよ。
SMEのオーダーメイドファクトリーからリリースされる銀次さんアンソロジーも買おうかな。

Commented by B級テーパー at 2017-11-08 13:37 x
伊藤銀次さんと言えば、最近では(笑)😂
いかすバンド天国の審査員で出てましたね

で、審査員バンドの武道館のステージがカッコ良かったですね

まだ活躍してるバンドもいますね
Commented by daisuke_Tokyocity at 2017-11-09 10:23
B級テーパーさん、おはようございます!

最近(笑)
一応、ソニーからアンソロジーがリリースされます。
それは今回の聴いて、買うこと決めました~。

いか天懐かしいな~。今考えればほとんどがプロモーションで出演ってバンドが多かったですかね。途中で出なくなったバンドあるし(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2017-11-08 12:11 | 国内ネット通販 | Comments(2)