無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

山口冨士夫 / Tumbling Down Vintage Vault vol.4 LIMITED EDITION

到着日  2017年3月20日
購入場所 goodlovin'通販
購入価格 1CD¥2,484
備  考 1984年5月11日 渋谷・屋根裏 2017年デジタル・リマスタリング
山口冨士夫 / Tumbling Down Vintage Vault vol.4 LIMITED EDITION_b0042308_00402553.jpg
冨士夫さん没後のVintage Vault vol.4です。膨大なライヴ録音量とのこと、これはスタッフも発掘のしがいがあるでしょうね。
今回も貴重な音源です。84年5月、タンブリングスが青木真一を除く3人編成(冨士夫:ギター、ヴォーカル、青木正行:ベース、ヴォーカル、小林秀弥:ドラムス)で活動していた頃のライヴです。こういう音源があるんですね。青木真一が不在な分、冨士夫さんのギターの音がデカいです。録音はAUD録音っぽいけど、小さいライヴ・ハウスの屋根裏ですとどのパートもON状態での録音、全編ノーカット、曲間のMCも収録でファンはかなり楽しめる内容です。

この当時、解説では冨士夫さんのようなバンドはオールド・ウェイヴ扱いされて屋根裏のスタッフからも「まるで化石のようだ」と揶揄されていたそうですが、84年、自分は17歳ですが逆にこういう音が好きでしたね。ギターはリズムを刻むだけのダンス・ミュージックが流行り出したとのことですが、いえいえ、音にうるさい耳の肥えた屋根裏のファンも「フジオ、サイコー!」って歓声がある位だから当時は客受けも良かったんだと思います。冨士夫さんも自分のやりたい音楽をやるだけって姿勢だったろうから流行廃れなんか関係ないでしょうね。
山口冨士夫 / Tumbling Down Vintage Vault vol.4 LIMITED EDITION_b0042308_00403530.jpg
ルーズな音がカッコイイです。オリジナルはラストのNo Songだけで後は村八分のセルフカヴァー、ソロ楽曲、ソウルカヴァー、ビートルズのLove Me Doをカヴァーですが当時の雰囲気が思い出され良いですよ。日本のロックファンは聴かなきゃです。
山口冨士夫 / Tumbling Down Vintage Vault vol.4 LIMITED EDITION_b0042308_00404581.jpg
goodlovin'通販ですと84年5月、原宿クロコダイルでの3人編成のライヴ映像のオマケが付いております。買うならgoodlovin'通販が良いですよ~!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2017-03-27 01:11 | 国内ネット通販 | Comments(0)