無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

V.A. / FUK THE ROCK

到着日時   2005年4月13日
購入場所   オークション
購入価格   全て込みで¥3,000
備  考   1990年ポートレートより発売、九州出身のバンドのレア音源集
V.A. / FUK THE ROCK_b0042308_2244434.jpg
九州出身のビート系バンドのレア音源集をオークションで手に入れた。九州のビート・バンドはほんと個性的。日本ロック史でも欠かせない存在です。

収録アーティストはサンハウス、ロッカーズ、ルースターズ、モッズ、YAMAZEN、アクシデンツ、アップビート・アンダーグラウンド、南浩二。帯には'70年代のオリジナル・ロック未発表TAKE集と記載されているが実際はどうなんでしょう?
調べてみると、サンハウスの2曲(「地獄へドライブ」「キングスネークブルース」)は74年発表の自主製作らしいが聴いたことあるぞ、ルースターズの「リアル・グッド・タイム・トゥゲザー」はどこかで聴いたことあるなー、本当に70年代か?その他の出所は不明だが、ルースターズの前身でもある元人間クラブの南浩二の3曲は明らかに70年代ではないでしょう。(たぶん90年に出したアルバムのアウトテイク?)
音源のことと関係ないが陣内は俳優やっているよりロッカーズの頃がいいな。

このCD、クレジットは不親切でいつの音源か全く不明、また一応JASRACシールが貼ってあったが恐く本人たちの許可は得ていないでしょう、所謂ほとんどブートってヤツでしょうね(苦笑)

でもこのCDを聴いて思ったのは、このような九州を中心としたビート系バンドの源にはサンハウスの存在はとても大きいってこと。何かしら菊こと柴山俊之のヴォーカルスタイルが見え隠れしております。鮎川のギターもカッコいいしね。かなり影響与えたと思いますよー。
それにしても何故かサンハウスやルースターズは権利が滅茶苦茶?なのかブートまがいのCDが多いですねー、日本のバンドとしては珍しいかもしれませんね。
Commented by samyu at 2005-04-15 00:26 x
毎晩、こんばんは(笑)
これは、ルースターズは何を演奏してるんですか?
>何かしら菊こと柴山俊之のヴォーカルスタイルが見え隠れしております。
この間、久々に「ロック画報」の付録CDを聞いていて、
感じました。
アクシデンツをこの間ちらッと聞いたんですが、
スマイリーさんの声、なんだかよさげだったんで
機会があったら聞いてみようかなぁと思いました。
しかし、未発表って多いですよね(^^;)
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-04-15 00:46
samyuさんこんばんは!ルースターズはルー・リードの「リアル・グッド・タイム・トゥゲザー」収録されしかもライブ音源でした、ネットで調べたらビデオ「EARLY LIVE 1981」と同一音源だそうです。(未発表じゃないのね。)
このアクシデンツはなんかARBっぽい演奏でした。
ルースターズの「DO THE BOOGIE」はもろサンハウスですね!
Commented by じみへん at 2005-04-15 01:02 x
サンハウスの音源はたしかに無許可で収録されている可能性は高いですよね。
昔から出所が怪しい音源やビデオ映像が多かったですから。
そーいえば、最近出たCDで九州出身のミュージシャンばかりを集めた新ユニットのアルバム『FUKUOKA(福岡)』というのが、DVD付きで発売されていますね。どんな内容なのか未聴なのでよく判りませんが(苦笑)!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2005-04-15 10:24
じみへんさん、おはようございます!
1990年頃ってかなり出所の怪しいのかなり出ていたようですね。
>『FUKUOKA(福岡)』というのが、DVD付きで発売されていますね。
なんか6月にはそのライブDVDも出るそうです。石橋凌も出ているとか。カヴァー集のようですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2005-04-14 23:15 | オークション | Comments(4)

by daisuke_Tokyocity