無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

THE ROLLING STONES / CHICAGO 1981 3RD NIGHT

購入日  2013年7月21日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD¥3,800
備   考 1981年11月25日 米シカゴ、ローズモント・ホライズン STEREO SBD録音
b0042308_2323418.jpg

久々のCDネタです(苦笑)
最近は飲み食いやコンサート・チケットにお金かかってます。
でもCDも買いたくなります。久々に西側へ行って散在してきました。

ダイカン9Fで好評のwolfgang’s vault ストーンズ1981北米ツアーステレオサウンドボードシリーズです。今回はシカゴ公演三日目、wolfgang’s vaultだから相変わらず音は良いし、ミックスもオフィシャル・レベル、未編集、未加工のありのままの音ってところが素晴らしいです。

これ聴くとオフィシャルの「STILL LIFE」は編集、加工しているのがわかります。顕著なのがオープニングがカッコいい"UNDER MY THUMB"、オフィシャルしか知らなかった頃は"STILL LIFE"のでもカッコいいって思ったけど、実際のライヴではややゆるめでスローなテンポ、そしてイントロが異様に長い、オープニングから良い意味でユルめでテキトー?な演奏が逆にカッコいいですね!こちらの音源の方がよりカッコよく、ワイルドでスリルを感じる演奏です。最近はオフィシャルのライヴ・アルバムの編集、加工がちょっと面白くないのでこのような「生」の演奏は歓迎、まあご本人たちは納得いかないけどね。
"STIL LIFE"はまとまりすぎているのがわかるね。オープニングは絶対こちらの方が良いですよ!
その他JUST MY IMAGINATIONやBEAST OF BURDENなんか良いね。

この音質、内容、値段なら初心者向き。早く90初来日東京ドーム最終公演のステレオサウンドボード音源聴きたいね!
b0042308_23393399.jpg

Commented by 7番目の男 at 2013-07-23 06:05 x
大介様、おはようございます。私もこいつをおさえました。オープニングでは、アイコンタクトがうまくいかなかったのか、それともミックが張り出しステージの隅っこまで走って行ったのか、かなり適当な演奏が驚きでした。
本来、オープニングの瞬間とは、バンドとしていかにかっこよく決めるのか重要なポイントと思っていましたが、ストーンズレベルでは関係のないことですね。
これと同じノリのオープニングが、ジューダス・プリーストのUSフェスティバルでのエレクトリック・アイにも言えます。こちらは、現在「復讐の叫び」のデラエディでか映像の完全版が出ているので要チェックです。
ストーンズに話が戻りますが、81年のツアー時に来日の話がかなり盛り上がりました。この翌年に本当に来てくれると思ったのに大変残念でした。90年に初来日するのですが、この81~82年のツアーのころのストーンズを見たかったです。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2013-07-24 05:04
7番目の男さん、おはようございます!
飲んで爆睡してしまってこの時間に返信です(苦笑)遅れましてすみません。
これ押さえたってことは同時発売のハンプトン2日目とスティル・ライフも押さえましたか?(笑)
このシリーズ、音質がオフィシャル・レベルで素晴らしいですね。そして何よりも未編集、未加工なところでしょう。テープ・カットをAUD録音で補填しておりますが、ほぼ満点に近いプレスCDですね。

オープニングのユルめでテキトーな演奏がストーンズの魅力でもありますね。キースらがミックに早く歌えよみたいな雰囲気も良いですね。そしてテンポが急ピッチとなるし(笑)
自分も81年のストーンズが好きなので来日して欲しかったですね。
東京であのオープニング、体験したかったですよ!
Commented by 7番目の男 at 2013-07-24 05:26 x
大介様、おはようございます。ご指摘の通り、ハンプトン2日目をセットで購入しました。ハンプトン2日目とスティルライフはまだ聴いておりません。
ハンプトンの初日は、当時、渋谷のブートビデオ屋で2巻組35,000円でノーカット版を購入しました。粗い画質ながらも、十分楽しめました。
82年の夏にベストヒットU.S.A.でストーンズ特集が組まれた際に、ミックのコメントがテロップで流れたときは感動しました。

「イギリスは幸せさ。女王と俺がいるんだから」

そして、番組の最後にはキースが一言

「ストーンズのキースだ。日本で会いたいぜ」

このつくりには本当に感激しました。おそらく、ダイカンでギフトとして出てもおかしくないかっこよさでした。また、82年のヨーロッパツアーにおけるオープニングのアンダー・マイ・サムがワンカメラ収録(しかも右サイドオンリー)で流されたことも画期的でした。

90年の最終日はダイカンブートがすごいことになっていますが、私はパスしました。もちろん、ドームには3回行ったのですが、81~82年のツアーで来てほしかったですね。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2013-07-24 22:18
7番目の男さん、こんばんは!

やはりセットでご購入ですよね(笑)
ハンプトン2日目のオープニングもユルさ、適当さ全開でこれまたカッコいいですね。
スティル・ライフはこの後記事にしますが、演奏が上手過ぎますな(苦笑)
ビデオ2枚組¥35,000って凄いですね!
ベストヒットUSAのは自分も覚えております。
キースは日本の国旗を上着に貼り付けて演奏してましたね。
81,82年のストーンズ、観たかったですね!
Commented by 少年ロール at 2013-07-25 00:34 x
大介様、いつも楽しく拝読しております。
お食事ネタも好きです。

お手すき時に教えていただければ幸いです。
最近話題の『wolfgang’s vault』音源、
これらは元音源がmp3だと思うのですが
それをwav等に変換してフィジカル商品として
成り立っている様子なのでしょうか。
それだとしても、音質は問題ないですか?

年会費払ってサイトに登録しようかと考えているのですが、
FLACでダウンロードできるのが少ないとも聞きますし
悩んでおります。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2013-07-26 09:00
少年ロールさん、はじめまして!当ブログへよーこそです!

いつもアクセス、ありがとうございます。
食事ネタも気に入って頂き本当に嬉しいです。

ご質問の件ですが、少年ロールさんの仰る通り、wav等に変換しCD化しているのかと思います。そのような変換があっても音質はオフィシャルのライヴ盤を聴いている感覚以上です。テープカット位置を同日のAUD録音で補填していることから何らかの独自のマスタリング作業を行っているかもしれません(これはあくまでも当方の予測ですが)
またこのようにパッケージ・ソフト化されるのがパッケージ・ソフト派の自分にとって大歓迎ですね(笑)

確かに年会費払ってのプレミア会員になられると、色々な高音質SBD音源が聴けるのは魅力ですよね。自分はダウンロード派ではないので、このようなプレス化が好きですね。
その音源が全てオフィシャルCD化されると嬉しいのですが、「ありのまま」ですからまず無理でしょうな(笑)

またコメントお待ちしております。
これからもよろしくお願い申し上げます。
Commented by 少年ロール at 2013-07-30 22:53 x
大介様、丁寧なお返事ありがとうございました。
感激しております。

心情的にはパッケージ・ソフト派なのですが、住環境とハイレゾ音源にハマってしまい、すっかりデータ派(?)DL派(??)になってしまいました。
ハイレゾ好きではありますが思わず手を出した『ハイドパーク』を聞くと、ミックス・マスタリング等によりかなり聞けるものがあるのもわかってきました。と、いいますか、この公演やハイドパークは50周年記念公演もののなかでは、演奏の出来がグンと良いのも影響しているんですかね。
んー。

また、円高になったら(笑)『wolfgang’s vault』検討しようと思います。
どうもありがとうございました。
またお邪魔させてください。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2013-07-30 23:12
少年ロールさん、こんばんは!

どういたしまして。再コメント、ありがとうございます。
なるほど~、確かにハイレゾ音源は音良いですよね。
DLが好きになると今回のハイドパーク・オフィシャルはかなり楽しめたのではないでしょうかね(笑)
ストーンズのみなさんは、このようにオフィシャル・レコーディングがあると普段より何倍も気合が入って素晴らしい演奏になるらしいです。ハイドパークもその影響でしょうかね(笑)

最近は音楽ネタが極端に少ないですが、またのコメントお待ちしております(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2013-07-22 23:40 | 西新宿 | Comments(8)