無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

村下孝蔵 / 哀しい恋の歌 村下孝蔵セレクションアルバム

購入日   2012年8月5日
購入場所 タワーレコード八王子店
購入価格 1SHM-CD¥2,500
備   考 オリジナル1983,84,96,89,94年、2012年リマスター(と思われます)、未発表ライブ5曲
b0042308_11153018.jpg

先月末の関西遠征でdabadaで飲んで、彼の映像を観て久しぶりに聴いてみたくなりました。
人当たりの良さそうな表情にふくよかなヴォーカル、そしてギターが上手い、メロディにもそのヴォーカルに合う優しさがある、そして今のJ-POPにはあまり聞かれなくなった叙事的な歌詞が良い、切ないんだけど優しい気持ちとなれる。横文字もない歌詞は日本の誇りと言っても過言じゃあないでしょう。孝蔵さんがもし今生きていたら癒され、救われた方はいっぱいいたでしょうかね。

amazonで調べたらセレクション・アルバムとして新発売されていたので買ってみました。
没後13年となりますが存命中に発表したオリジナル・アルバムに近い編集盤がリリースされて、リリースの頻度はジミ・ヘンドリックス級ですな。

このセレクション・アルバムは女性の視点から歌った哀しいラブ・ソング集、孝蔵さんの歌詞の中の女性は想いを胸に秘め、それを耐えたり、はたまた追いかけていくわ的なものもあるし、諦めきれない切ない女性もおります。そこには可憐かつ古風な日本女性が活き活きとしている感もあります。そしてメロディが良いね~、80年代のアレンジが素晴らしい。そこには町支寛二のコーラス・アレンジが素晴らしい演出となっておりますね。90年代の孝蔵さんらしくないピコピコした?アレンジもありますがそれはふくよかなヴォーカルでカバーしてますね。

特筆は未発表ライブ5曲のスペシャル・トラック、ギター2本で演奏しているアコースティック・ライブ4曲にバンド編成のライブが良いんです。小出しじゃあもったいない、いっそうのことライヴ・アンソロジーとして箱化しても良いんでないかな~。バンド編成の「初恋」は素晴らしくて、もっと聴きたいぞ~!

収録曲

1. 花れん
2. 私一人
3. りんごでもいっしょに
4. ソネット
5. つれてって
6. 落葉
7. かげふみ
8. とまりぎ
9. アンバランス
10. しゃぼん玉
11. だめですか?
12. 似顔絵
13. 踊り子
スペシャル・トラック
14. レンガ通り
15. ゆうこ
1995年9月13日 博多DRUM BE-1
16. 春雨
17. この国に生まれてよかった
1995年7月9日 江津 ミルキーウェイホール
18. 初恋
1998年7月5日 渋谷公会堂
Commented by ryo_1989 at 2012-08-10 20:37
GOING UNDER GROUNDが「初恋」をカヴァーしていて、なかなか良い仕上がりになっておりました。
母親が大好きな曲で、カラオケにいっしょに行くと、熱唱しております(笑)。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2012-08-10 23:09
ryo君、毎度!
最近、孝蔵さんの初恋を多くカバーされてますね~。
これをきっかけに本家を聴くと更に良いなって思いますよ~。
叙事的な歌詞は孝蔵さんの世界そのものです。

自分も今度、カラオケを行ったら村下孝蔵の世界にどっぷり浸りたいですね(笑)
Commented by ごろたん at 2012-08-11 19:04 x
こんばんは。初めまして。失礼します。リアルタイム世代ではないのですが、今更ながら村下孝蔵さんの歌やギターテクの凄さに感銘を受けてよく聴いています。ほんわかとしたキャラもあってなんだか癒やされますね。最近カラオケの18番が彼の好きだった曲「ロマンスカー」になりました(笑)。この曲、歌ってみると以外にノリが良くて声量がなくても結構気持ちよく歌えるんですよねよかったらトライしてみて下さいヾ(´c_,`*
Commented by daisuke_Tokyocity at 2012-08-11 23:10
ごろたんさん、はじめまして!当ブログへよーこそです!

リアルタイム世代ではなくても孝蔵さんの世界に感銘を受けられて、素敵な音楽に出会いましたね。
ヴォーカル、作詞作曲センス、そしてギターテクどれもが素晴らしいですよね。どんどん聴いてください。
お~!「ロマンスカー」良いですね~、今度歌ってみますね。
「松山行きフェリー」なんか好きだったりします(笑)

これからもよろしくお願いいたします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2012-08-10 11:25 | 音楽 | Comments(4)