無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

岡村靖幸 / yellow (紙ジャケ)

購入日   2012年2月15日
購入場所 タワーレコード新宿店
購入価格 1blu-spec CD¥2,500
備   考 オリジナル1987年、2012年デジタル・リマスタリング
b0042308_1374539.jpg

岡村ちゃんこと岡村靖幸のエピック時代のアルバムが紙ジャケ&最新リマスタリングで復刻された。本来なら2008年に再発される予定だったけど、3度目の事件起こして発売中止になっちゃったんですよね。なのでブックレットには柳美里氏の2008年に書かれたコメントが今回、掲載されました。再発まで4年かかってしまいましたが、高品質CDに最新リマスタリングでの発売となりました。紙ジャケでの再発ですが、このファーストはWジャケット仕様、発売当時はWジャケでしたっけ?当方が持っている2005年に発売された「岡村ちゃん大百科」ではチープなシングルジャケットでした。

初々しい21歳に発表したこのデビュー・アルバム、日本人で数少ない「フォー!」「ベイベ~!」の掛け声が似合うね。プリンスの影響がアルバムの随所に見られ、ファンキーなアレンジがかっこいい。バックはドラムが古田たかし、青山純、ギターに佐橋佳幸、北島健二、音に納得ですね。21歳にしてほとんどの楽曲を作詞・作曲そしてアレンジまで担当しております。恐るべしです。
ライヴでは独特なダンスが印象的だったね。
同時期に活動していた尾崎豊や吉川晃司とはまた違う個性が光っておりました。

音質も最新リマスタリングでクリアな印象です。

あと、岡村ちゃんの「ブルース・スプリングスティーン、松田聖子、プリンスを同列に語られる」みたいな発言のお陰?でで音楽のジャンルを超えて語れる音楽ファンが増えた気がしますね。自分もそのひとりですが(笑)

最近はライヴ活動も活発のようですね。自分が観た時は、着ぐるみを着ていたような大きい岡村ちゃんの時代、最近はデビューの頃のようにスマートになったようだから、40代半ばを過ぎた岡村ちゃんの「フォー!」を聴きたくなったね。
同じ40代として、岡村ちゃんには頑張って欲しいです。

収録曲

01 Out of Blue
02 Young oh!oh!
03 冷たくされても
04 Check Out Love
05 はじめて
06 Water Bed
07 RAIN
08 彼女は Science Teacher
09 White courage
Commented by bakafutomon at 2012-02-17 17:01 x
お世話様です。
とうに発売されたと思っていたアルバムでしたが、
まさかの延期の憂き目に遭っていたとは。
まあ、仰るとおり事件もありましたので
致し方ない対応なんでしょうけれど。

初期作は全部押さえておきたいところです。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2012-02-17 17:38
bakafutomonさん、こんばんは!

2008年の発売中止は憶えておりました。紙ジャケは2005年以来2度目です。
今は芸能界でも簡単には復帰を許されませんから、岡村ちゃんには4度目は絶対にいけません!
エピック時代のアルバムは全部押さえたいですよね。このファースト以降更に凄さを発揮してますから。
Commented by はるぅ at 2012-02-18 22:29 x
秘かに岡村ファンでして…(笑)高校生の時に初めて聴いて衝撃受けましたね。ライブは一度しか行った事ないけど、最近また活動しているようなので気になっていました。
out of blue、はじめて など大好きです!大百科のDVDもいいんですよ〜♪
Commented by daisuke_Tokyocity at 2012-02-19 07:44
はるぅさん、おはようございます!
当方の拙いブログにコメントありがとうございます(笑)
嬉しいですよ~!

ななななんと、岡村ちゃんのファンでしか~(驚)
ファンキーな楽曲にファンキーなアレンジ、エピック時代は捨て曲なしですね。最近はライヴも活発で来月には2011年のライヴDVDがリリースされますよ!
お酒片手にまた話が弾みそうですね!
大百科のDVDを知っている方は初めてです(笑)
今後ともよろしくお願い致します!
Commented by 異端審問スペイン人 at 2012-02-23 00:38 x
あ、もう記事になってたか・・・やはり今回の復活は大きいですね。
もう店によっては限定版は売り切れてしまってました。
特に90年の「家庭教師」はもう白眉でしょう。
40台をライブで見かけましたが、20台も多かったですし。

ただ、スピード感がやはり今と昔は違うのかなぁ、という気は拭えませんが。
あと、「ビートルズ、プリンス、松田聖子」だった気がします。当時のソニーマガジンズから出ていた「What's In」で読んだ気が・・・
Commented by daisuke_Tokyocity at 2012-02-23 23:02
異端審問スペイン人さん、こんばんは!

コメントありがとうございます。ライヴにはなかなか行けないので来月発売される2011年のライヴDVDでも買って観てみます!
今回の紙ジャケ、そんなに売れているとは驚きです。

>あと、「ビートルズ、プリンス、松田聖子」だった気がします。当時のソニーマガジンズから出ていた「What's In」で読んだ気が・・・

あ~、確かにビートルズかもしれません。彼のこの発言はとても印象的でした。ビートルズと松田聖子を両方好きって言うのが許されたと勝手に解釈しましたから(笑)
「What's In」懐かしいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2012-02-17 02:05 | 音楽 | Comments(6)