無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

妖怪人間ベム 初回放送('68年)オリジナル版DVD-BOX

到着日   2010年12月28日
購入場所 amazon.co.jp
購入価格 4DVD¥1,4730(定価¥20,790の27%OFF-¥516amazonギフト券使用)
備   考 オリジナル1968年フジテレビ デジタル・リマスター DVD-BOX通常版
b0042308_0191811.jpg

b0042308_019482.jpg

主題歌内での強烈なセリフ「はやく人間になりたい」で有名な妖怪人間ベムのオリジナル・ノーカット版が昨年末に発売された。
当然リアルタイムですと当方は1歳ですので、観た記憶なんて一切なし。どちらかと言えば物心ついた頃に何度も放送された再放送版で記憶がございます。(東京12チャンネル?)オリジナルはフジテレビだったんですね。月曜日19時30分から、26話の平均視聴率は約20%って驚き。
b0042308_0234984.jpg

普段は人間のような風貌ですが、変身すると右のような妖怪に。これを知らないと単なるホラー・アニメって思われちゃいますよね。確かにホラーなのですが、怪しい、怖い、しかしながら正義の血が流れ人間のため、平和のために戦い、憎き悪を蹴散らす勧善懲悪なお話って言っても信じられませんかね。

でもこの風貌です、人間のために平和のために戦っているのに人間には怖がられ、邪険にされ、しまいには警察に追われる始末、人間のためにつくせばいつか必ず人間になれる・・・と信じていた3人は結局・・・。
結構悲しいお話でもあります。

これが初DVD化と思いきや、実は二度目でして以前DVD化された時はお話のタイトルは変えられちゃうや、現在では「不適切」とされる言葉にぼかしが入っていたりとオリジナルを尊重していない作りとなっておりましたが、今回はしっかりとノーカット、タイトルの改ざんなしで完全オリジナル仕様となっております。

いつか、人間のためにつくせば・・・、切ない挽歌のように、ああ、悲しくなりますな~(泣)
b0042308_0322519.jpg

この絵も結構、僕と同世代の方々はかなり印象に残っていると思います。
最近はオリジナルを尊重したリリースでうれしいですね。昔の日本のアクション映画やアニメは、「不適切」なシーンが多いから、いじったらその作品の価値が下がってしまうよね。オリジナルの尊重、大事です。
Commented by Galaxy at 2011-02-18 10:38 x
懐かしいですね。お父さんの声は誰だったんでしょうか?

確かに「不適切」といわれても、そのままにしておいて欲しいですね。
Commented by もりひろ at 2011-02-18 13:48 x
これ好きだったんだよ。

で、今TVKで「巨人の星」やってるんだけど、オリジナルをそのままやってるみたいだよ。
Commented by はぁ、どっこい at 2011-02-18 14:42 x
こんにちは。
懐かしいですね… これ子ども時代、怖くて見れなかったんですよ。
確かに現在では、放送コードに引っかかる台詞が多いですね。なにより指3本の時点でアウトです。
私、関西人なのでアニメ「じゃりン子チエ」が好きなのですが、あれも今だと放送出来ないかもしれません。
小学生のチエが店で働いていますから。

なんだか窮屈でつまらないですね。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2011-02-18 14:43 x
ベラは決して美人じゃないのに、毎回見てしまったのは、
・・・きっと、その時間、他に番組が無かったからか???
ずっと、東京12チャンだと思ってた!
Commented by Paco at 2011-02-18 23:15 x
とっても懐かしい、でも最近MXテレビかなんかで見た記憶も‥ベムって、どこの国のお話なのかわからなくなる時がありませんでした。港とかの風情は完璧に異国なのに東京タワーが出てきたりとか‥幼心にこれと河童の三平はマジ怖かった。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2011-02-18 23:24
Galaxyさん、こんばんは!

ベムは次元大介でお馴染みの小林清志さんです。イメージ沸いてきました?
「不適切」って誰が決めたんでしょうね??昔の映画、ドラマ、アニメは「不適切」シーンばかりで放送できないようです(泣)
Commented by daisuke_Tokyocity at 2011-02-18 23:37
もりひろさん、こんばんは!

懐かしいでしょ!?

>TVKで「巨人の星」

一応、「不適切」と言われているセリフは無音になるようです。
また、星一徹がスパルタで飛雄馬を殴るシーンとかは「不適切」なシーンなんだって!え~!って感じですよね。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2011-02-18 23:44
はあ、どっこいさん、こんばんは!

子供心に観ると結構びっくり、おっかないですよね。
あ、子供の供って今はダメみたい??

指3本もダメって聞きました!

>小学生のチエが店で働いていますから。

それもダメなんですか???
上げたらキリが無いですね~。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2011-02-18 23:49
葛飾のオヤジ先輩!こんばんは!

コメント多くてびっくりしております。
やっぱり東京12チャンネルのイメージですよね。
ど根性ガエルとかも他局からの買い物なんですよね。エンディングの歌で静止画像になるし!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2011-02-18 23:55
Pacoさん、こんばんは!

無国籍情緒は当時の日活アクションにも観られましたね。
今、コレを放送するとうるさそうですね。
便利な時代ですけど、とてつもない窮屈さを感じます。
Commented by もりひろ at 2011-02-19 07:12 x
はあ?

親父が殴るシーン、駄目なの?

Commented by daisuke_Tokyocity at 2011-02-19 07:24
もりひろさん、おはようございます!

現在ではそぐわない、「不適切」な場面だそうです(?_?)

何か、おかしいですよね。うるさすぎる世の中です。
Commented by 越後もち豚 at 2011-02-21 01:46 x
私もこの番組、(たぶん)小学生くらいの時観てましたよ。
当時はさほど思っていなかったのですが、今見ると主人公たちの本来の姿(?)って妖怪というよりもエイリアン(笑)って感じですが。。。

ところで、“手の指の本数が放送コードに引っかかる”といった記述がありましたが、これでふと思い出したのが、トッド・ラングレンの『二アリー・ヒューマン』のジャケ写ですね~。
ご存知かもしれませんが、このアルバムの表ジャケには真っ赤な手形を押したような絵が使用されてまして、オリジナルは指の数が6本なのに、日本盤は修正されてフツーの5本指になってるわけです。
当時私は日本盤を購入したので、この違いにすぐには気付きませんでした(苦笑)

指の数って少ないのは勿論、多過ぎてもいろいろ不適切なのですね~

Commented by daisuke_Tokyocity at 2011-02-21 14:52
越後もち豚さん、こんにちは!

僕らの世代では何らかの形でベムは観てますよね。
改めて、今観ると仰る通り彼らの本来の姿は妖怪以上ですね(汗)

トッド・ラングレンのニアリー・ヒューマン、そうそう日本盤はなぜか5本指でしたね。

>多過ぎてもいろいろ不適切なのですね~

不適切な表現については色々調べたいと思います。
昔の映画、漫画なんて全て「不適切」で規制規制でこの先が不安ですね。僕らでもこれはヤバイて感覚が確実に埋め込まれてますからね。

昔のお笑い番組なんか今じゃあ出来ない内容ばかりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2011-02-18 00:36 | アマゾン | Comments(14)