無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

小山卓治 / ひまわり

到着日  2008年6月26日
購入場所 小山卓治オフィシャルHP通販
購入価格 送料別1CD¥2,000
備   考 オリジナル1984年、2007デジタル・リマスタリング
b0042308_23582658.jpg

小山卓治のオリジナル・アルバム紹介が今になって好評なので調子に乗ってと言うか、勢いでセカンド・アルバムも紹介しちゃいます。
当時の小山はコンスタントにアルバムを発表しておりました。今のJ-POPと言うジャンルですと、売れる数字主義ですから、だからと言ってこのアルバムがめちゃ売れたと言う記憶はないが、よくラジオから耳に入っておりましたね。80年代が売れるのも大事だが良質な音楽を作ろうというプロ意識がギリギリな時代だと思うから、このようなアルバムが当時リアルタイムで聴けるのは至福の喜びだよね。

1stがダークなんだけど、2ndはダークさもありながら平凡で暮らす幸せ感がちょっと垣間見えてくる。みんな日々生活がきついのだけど、どっこい生きている曲が多い。ライヴで盛り上がる「DOWN」や「下から2番目の男」、男の哀愁漂う「傷だらけの天使」、「PARADISE ALLEY」も言いね。

そして唯一、他人に作ってもらった曲でこのアルバムでかなりお気に入りの曲、元ブルーハーツの真島昌利作曲の「煙突のある街」は強烈だね、マーシー本人もコーラスで参加。歌詞も結構えぐい感じがする。どのようないきさつでこの「ひまわり」に収録されたのか知りませんが、これ結構名曲よ!

あと「土曜の夜の小さな反乱」も良いね、家族にだまってたまには男だってハメを外したくなるのだが、どうも勇気がないみたいだね、まあ男ってそんなものさ(笑)

ボートラのシングルB面の「悪夢」はデモっぽい作り、「The Fool」収録の「Bad Dream'86」のアレンジの方がカッコいいね!

収録曲
01 ひまわり
02 煙突のある街
03 下から2番目の男
04 DOWN
05 家族
06 傷だらけの天使
07 土曜の夜の小さな反乱
08 PARADISE ALLEY
09 記念日
Bonus track
10 悪夢(Single Version)
Commented by 半世紀少年 at 2010-08-28 01:24 x
「煙突のある街」は1984年初頭にプロデューサーの前田さんから真島のデモテープを聞かされ「やられたー」って思って収録したらしいです。マーシーはこの頃ブレイカーズというバンドをやっていて、ミュージックウェイブ83にも出演しています。ビデオで見ると髪形違っててかわいいす!事務所が同じだったのかなぁ。「悪夢」はこの頃「走り出せばまだ間に合う~」から始まるかっこいいアレンジでライブやってました。「傷だらけの天使」は85年の4月のライブインではショーケンのテレビのオープニングをさわりでやり、本編を演奏!かっこよかったす!「記念日」をリクエストすると嫌がられてました(笑)
「家族」は84年4月、初のライブインの1曲目アコースティックでした!84年6月の教育会館の1曲目は「ひまわり」セットに座りながら歌ってましたっけ…すんません一人で熱くなってます!
あんまり熱くなったので、自分のブログにもこの頃の小山卓治の事書いちゃいました。もし、よかったら見てみてください(汗)
Commented by so-ichiro at 2010-08-29 01:04 x
daisukeさんこんばんは。「ひまわり」嬉しいです(笑)
また長文書込みさせていただきます。

このアルバムは確か発売が1ヶ月遅れて「Born in The USA」と同じ頃に出たので、どっちを買うか迷った思い出があります。

実はボクも一番好きなのはマーシーの「煙突のある街」なのですが、当時どこかに「イタリア映画のサントラのようなアルバムを作りたかった」と書かれてた通り、1、2曲目のブルーカラーな詞の世界がいいですね。音的に重い「家族」も好きです。
そうARBの「HOLIDAY」やBOROの「after the work」が多分同じ年で、この頃からワークソングが好きでした(高校生なのに)
このアルバムはシングルで先に出てた「傷だらけの天使」以外サックスが使われてませんが、多分そこは意図的なのでしょう。
(尾崎豊のデビューをにらんで?(笑)

「悪夢」に関しては珍しく反同意ですが、「傷だらけの天使」のB面で、サックスから始まる、いかにもCONXのアレンジは先の話1stの延長線上な感じで個人的には「The Fool」の再録より好きでした。

かつてソニーのCD選書で「NG!」と「ひまわり」は出てましたが、この2枚はやはり隠れた名盤だとおもいます。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-08-29 11:08
半世紀少年さん、こんにちは!
思い出しました!マーシーのプレ・ブルーハーツはブレイカーズでしたね!
もうこの頃からソングライティングで本領を発揮しておりますね。
小山さん(と言うかプロデューサー?)、いい選曲しましたね。この曲は本当に大好きなんですよー。

それにしても半世紀少年さんはライヴ経験が豊富ですね!当時のお話が聞けてうれしいですよ。ブログやって良かった!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-08-29 11:18
so-ichiroさん、こんにちは!
2年前は小山の記事を書いても書き込みがほとんど0だったのにこのような書き込みが多く、大変嬉しい気持ちとなりました。

小山のワークソングもブルーカラーで、僕らサラリーマンと同じ目線なのが共感できるんですよね。
今の時代なら、このようなワークソングに共感できる人が多いと思いますが、いかんせんJ-POPじゃあ出せないのでしょうかね。

サックスのアレンジがありませんね!尾崎をスプリングスティーンの路線にしたかったのかな??歌詞は小山卓治の方が踏ん張っていて好きですね。

小山の3rd以降は復刻がこの2007年デジタル・リマスター・シリーズまで復刻されていないんですよね。3rd、4thも好きなので近々アップしちゃいましょうか!
Commented by 半世紀少年 at 2010-08-30 01:03 x
3rdでも4thでも、そのころのライブなら付き合いますのでぜひアップして下さい!「TheFool」発売時テイトムセンの特典、ルイードにおけるファンの集いでのスマイリーとの漫才のようなおしゃべりまでフォローします!ぜひぜひ!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-08-30 20:07
半世紀少年さん、こんばんは!

レアなお話が結構聞けますね!
これは楽しみです。今後も小山卓治オリジナル・アルバム・シリーズ続きますのでよろしくお願いします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2010-08-28 00:14 | 国内ネット通販 | Comments(6)