無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

RAINBOW / 第3種接近遭遇 Very Limited Edition その2

購入日   2010年4月2日
購入場所 西新宿P
購入価格 4プレスCD¥14,800
備   考 1980年5月9日 東京・日本武道館でのステレオ・オーディエンス録音2種、限定150セット
RAINBOW / 第3種接近遭遇 Very Limited Edition その2_b0042308_22281163.jpg

昨日に引き続き新タラからリリースされたRAINBOWの第3種接近遭遇の桃印ヴァージョンを検証してみましょう。当ブログのヘビー・ユーザーの虹ファンの方々は買われているのではないでしょうか?(笑)
RAINBOW / 第3種接近遭遇 Very Limited Edition その2_b0042308_22321920.jpg

左下には1st Editionの記載あり。
そして聴いてみると・・・、凄い!凄すぎます!一体どうやってこのような録音が出来たのか?
まるで1980年の武道館にタイムスリップしたような感覚だ。録音機は多分デンスケでしょう。カセットテープは当時のSONYのカセットテープではメタルに次ぐ高性能なDUADカセット(ちなみにアクエリアス音源はTDKの一般用ロー・ノイズ120分カセット)、武道館1F南側最前列と言うベスト・ポジションも高音質な録音の要素でしょう。デジタルリマスタリングされて音圧を上げているような感じです。
会場SEのジミのヘイ・ジョーから録音されている。そして歓声の音だけで高音質であることがわかる。そして威風堂々~Over The Rainbow~Eyes Of The Rainbowとあまりにも超高音質でびっくり!80武道館、いやグラハム期レインボーの中でもトップ・オブ・超最高音質、この時代でもトップ・オブ・超高音質録音の称号は間違いないでしょう。アナログ録音でこんなに素晴らしい録音は正にトップクラスです。
とにかく音質の良さはずば抜けており、コレ以上の音質は無いと断言しても過言ではないでしょう。

とにかく凄いんです、この1st Editionは売り切れですが桃印音源のみの2nd Editionが発売されますのでブートが好きで虹ファンの方はこれは必修課目だと思いますよ!

あ~、桃印音源を全て買う!って人の気持ち、わかるなー。78新潟、78郡山、そしてディラン!と買ってしまうだろうな~。知らなくても十分幸せに生活できるのにー、コレを知ってしまったらこれはもう脱出不可能ですな。ブート依存症はヤバイぞ~(苦笑)
RAINBOW / 第3種接近遭遇 Very Limited Edition その2_b0042308_22573418.jpg

Commented by ケーン at 2010-04-04 23:13 x
大介さん、こんばんはです。
これは本当にトンデモナイものが出てしまったということですよね!!
この音源の素晴らしさについては最高のAUDであるとか、
SB級の高音質であるとかを突き抜けて
しまっているようなレベルに到達している
気がします。このメンツでの虹LIVEの魅力を
120%表現してくれている本作、
ホント、素晴らしいですね。
Commented by たどん at 2010-04-05 00:15 x
またしてもやってくれましたね、現ブート界の最強タッグ。ロニー期に続いてグラハム期の最高峰音源登場といった感じですね。

僕もベックのライヴの前になんとか記事にしようと思っています。いやはやコイツは凄いぞ〜。
Commented by プルトニウム・ラヴ at 2010-04-05 01:42 x
待ってました。

久々登場の高音質AUD録音ですね。グラハム期としては間違いなくNo.1AUD録音です。

雷神でもそうでしたが武道館は1階席の前列が絶好の録音ポジションだったみたいですね。

個人的には「威風堂々~Count Down~Over The Rainbow~Eyes Of The World」の流れはイマイチ好きにはなれないのですが(「威風堂々」の後はやっぱり「Spotlight Kid」でしょう)、あの「威風堂々」でテンポが変わった時のメンバー登場から、すっかり聞き入ってしまいます。

高音質で聞いていて思ったのですが、やっぱりレインボーはコージーが軸だったのかも知れません。全体を通して安心感があります。

購入以来すっかり聞き入りすぎてしまったのと、ダイカンで今週ALCATRAZZの新作もあったおかげで、すっかりグラハムボネットにハマってしまいました。

大介さんは新タラにハマったのが最近なのであまり知らないかと思いますが、実は桃印音源はかなり昔からいろんなアイテムが出ていましたよ。
特に昔は今回のように限定数が少なかったアイテムが多いので、結構廃盤が多いです。
新タラ旧音源を探してみるのもイイかも知れませんよ。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-04-05 22:52
ケーンさん、こんばんは!
この音源はホント、とんでもない音源ですね。
仰る通り、SBD,AUDの枠を超えた最高級音質だと思います。
グラハム期のオフィシャル音源はモンスターズ・オブ・ロックのみですから、これは正にオフィシャルを超えた音源だと思います!
価格は高価ですが中身はそれ以上の内容なので大変満足しております!

虹ファンはこれを避けられませんね、必修課目です!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-04-05 23:09
たどんさん、こんばんは!
ブートが好きで良かった瞬間でしたね。いや~、予約しておいて良かった!
アクエリアスで衝撃を受け、桃印で言葉を失うような凄さに圧倒されました。当分ヘビーローテーションですね、こりゃあ。
高音質の中の高音質でもうたまりません!!!
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-04-05 23:27
プルトニウム・ラヴさん、こんばんは!
お待たせしました!
グラハム期レインボーの最高峰音源、コレ以上のモノはないでしょう。
こんな素晴らしい音源が30年も眠っていたと思うと感慨深いです。

やはりレインボーの軸はコージーですね。土台を支えていることが彼のプレイで伝わってきます。
虹に嵌りますね、78新潟、78郡山も買わねば(苦笑)

桃音源中毒になりかけております、と言うかなってしまったようですかね、中古で廃盤を見つけても今はプレミア付いているでしょうね。
今後のリリースがとても楽しみです!

ヤバイですね!!
Commented by at 2010-04-06 00:56 x
daisukeさんこんばんは、今も桃印音源聴いています。
初回の衝撃はすごかったです。勢いとはいえ、RAINBOW初心者
のクセに高価なこのBOXを予約した自分を褒めたいです。(笑)

当たり前なのでしょうけど、座席の位置や機材で音の印象は
随分違うものなのですね。聴き比べる楽しさもありそうです。

またハードルがあがって他のブートが買いづらくなりました。
Commented by lee at 2010-04-06 17:10 x
78郡山?
そんな情報知りません。いつ頃出るんですか?
懐の都合があるんで(皆さんそうでしょうが)休み休みだしてもらいたいですねー。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-04-06 21:59
犬さん、こんばんは!

思い切って買って大正解だと思いますよ!
録音機材、録音テープ、席の位置、どれもがベストでスーパー・ベストな音源が生まれたのだと思います。アナログなのにホント凄い音質ですよね。

>またハードルがあがって他のブートが買いづらくなりました。

基準とするより、この音源は別格と思った方が良さそうですね(笑)
コレ以上の音質は無い!と思いますから。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-04-06 22:21
leeさん、こんばんは!
情報ソースはbeatlegの広告です(笑)
78年ツアーでは地方を周っていたようですね。新潟、郡山公演は知りませんでした。
欲しいのですが、76東京体育館を優先にしております。虹祭り、これは当分終わりそうにありませんね。
Commented by PIO at 2010-04-06 23:18 x
daisukeさん、こんばんわ!
>78年ツアーでは地方を周っていたようですね。新潟、郡山公演は知りませんでした。
実はこのツアーでは秋田にも行っています。音は聴いたことはありませんが・・・。
さすがの桃様も秋田は無理でしょうね。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-04-06 23:33
PIOさん、こんばんは!

>秋田

レインボー東北行脚していたとは驚きです!実際に音は存在するんですかね?

>さすがの桃様も秋田は無理でしょうね。

それが実は・・・、なんて展開だとびっくりしますよね。意外と持っていたりして!!!
Commented by 7番目の男 at 2010-04-11 20:26 x
大介様、こんばんは。

ようやく、半分ほど聞きました。
第一印象ですが、「威風堂々」が流れた時に、おもわず声が出ました。
素晴らしい臨場感です。
私は、5月12日公演に行きましたが、まさにあの時に流れていた音がフラッシュバックしたようでした。

特にオープニングが感動的です。
大英帝国の威信にかけて作ったロケットに乗り、虹の向こうへと降り立ったというストーリーでライブを組み立てていたのでしょうか。
ロニー期とはまた違ったかっこいいオープニングです。

低音の響きも素晴らしく、コージーのフィルインからマグネシウムがたかれ、ステージの照明が全開となってキメのポーズをとるあの時のリッチーが目に浮かんできました。

すごいブツがリリースされたものです。今年度のブート・オブ・ジ・イヤー最有力候補ですかね。

それとも、まだ秘密兵器があるのか・・・。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-04-12 21:01
7番目の男さん、またまたこんばんは!
僕は最初の拍手、歓声でヤバイ!って感じました。
そして威風堂々で早くも圧倒されちゃいました。

当時、このライヴに行かれた7番目の男さんにとって、当時の状況が思い出されたことと思います。

もの凄いブツですね!ブート・オブ・ジ・イヤーは現段階では高音質リリース連発の新タラでしょう。それを上回るものが出るのを期待したいですね。
まずはこれまた高音質が噂される76初日の音に期待したいです。

高音質アイテムが昨年から今年にかけていっぱいリリースされてお金が続かないです!(泣)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by daisuke_Tokyocity | 2010-04-04 22:59 | 西新宿 | Comments(14)