無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

RAINBOW / LOST IN BREMEN

購入日   2010年3月5日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD¥5,400
備   考 1980年1月30日 ドイツ、ブレーメンでのステレオ・オーディエンス録音
b0042308_17344136.jpg

やっぱり今日も虹祭り!寒い雨を吹き飛ばそう!(笑)
西側界隈はレインボー人気が凄まじいですね、このブートも予約で番号入りは売り切れって何だか圧倒されちゃいます。

今回は虹祭りブートでは3度目の登場、グラハム・ボネット在籍時のブレーメンでのライヴです。この頃の音源はあまり多くなく音質もまあ仕方ないねってレベルが多いようですが、今回のコレ、最初は音が遠いかなって思いましたが、自宅オーディオのヴォリュームを20%程上げると、演奏がくっきりの高音質な部類な音源だと思います。この頃はポップ感がアップした「DOWN TO EARTH」ツアーですが、ライヴでは迫力ある演奏が楽しめます。ブートを聴きなれたファンにはお店のキャプション通り高音質の部類ですね。グラハム期の高音質アイテムはうれしいですね。CATCH THE RAINBOWの盛り上がるところでのテープ・チェンジが惜しいですが、まあ迫力ある演奏に免じて許せる範囲でしょう。

リッチーのギターも絶好調ですが、グラハムのヴォーカル、これまた力強いヴォーカルでびっくり。「ALL NIGHT LONG」での観客とのやりとりが迫力あります。あまりにも迫力あって観客がついて来れないシーンもあって楽しい(笑)グラハムは数年後に「実はヘヴィ・メタルは嫌いなんだ」ような発言しておりますが、実は好きだったりして。ロニー在籍時の曲でも難なくクリアーしている感じ。
ブート聴いてから好きになった「LOST IN HOLLYWOOD」はスピード感、ソリッド感が素晴らしいですね。今、グラハム期のレインボーが観られるなら、客席からグラハムと一緒に「ロスト・イン・ハリ~ウッドォォ~~~~!!!」って叫ぶだろうね、叫びたいね!

またこの頃はコージーもいるからドラムソロ~序曲1812年も収録され、壮大感あるレインボーのステージがギリギリ味わえる頃かな。

そう考えると新タラから80武道館が楽しみ、自宅でも「ロスト・イン・ハリ~ウッドォォ~~~~!!!」って叫びそう(笑)

収録曲
Disc 1
01. Land Of Hope And Glory
02. Soundcheck/Over The Rainbow
03. Eyes Of The World
04. Love's No Friend
05. Since You Been Gone
06. All Night Long
07. Catch The Rainbow
 
Disc 2
01. Keyboard Intro.
02. Lost In Hollywood
03. A Light In The Black/Guitar Solo/Beethoven 9th
04. Keyboard Solo
05. Drum Solo feat. 1812 Overture
06. Lost In Hollywood(reprise)
07. Guitar Solo/Lazy
08. Man On The Silver Mountain
09. Blues
10. Will You Still Love Me Tommorow
11. Long Live Rock 'n' Roll
12. Kill The King incl. Guitar Crash
13. Long Live Rock 'n' Roll(reprise)
14. Over The Rainbow

Ritchie Blackmore - Guitar
Graham Bonnet - Vocal
Roger Glover - Bass
Don Airey - Keyboard
Cozy Powell - Drums

Live at Stadthalle, Bremen, Germany 30th January 1980

b0042308_17561080.jpgバックジャケです。グッドセンスな??グラハムのファッションが良いですね(笑) リッチー先生より怒られそうですが(苦笑)

Commented by 7番目の男 at 2010-03-07 22:22 x
大介様、こんばんは。

グラハム期 RAINBOW もいいですよね。

私もこのブツを火曜日の予約でゲットしました。最近のダイカン系のブツは、足が速くて困っております。
音は、かなりいいですね。USツアーからの Since~Over~All の流れは、かなり好きです。
同年日本公演では、ブランデンブルク~Since~Over~Silver でしたから、ある意味新鮮です。

ただ、ダイカン系のジャケットデザインは、ダメダメです。この手のコラージュジャケットは、いささか食傷気味です。
アーティストに愛着をもって、しっかりとジャケットを作りこんでほしいものです。
現在は、ナンバリング入りステッカーで持ち直していても、やがてジャケット等の作りの甘さから、飽きられてくるのは目に見えているのではないでしょうかね。
この金額で紙ジャケにトライすれば、Taranturaといい勝負になるのではないかと思います。
辛口のコメント、お許しください。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-03-08 17:36
7番目の男さん、こんばんは!
当方も火曜日に予約してナンバーは50番目以降でしたよー。売れ行き意外と良いのでびっくりでございます。
1980年でも音質は高音質部類ですのでびくっりでした。曲の流れも好きです。
ジャケットはダイカンらしいっちゃあダイカンらしくて特に意識してませんでしたね(笑)
ダイカンものですとZEP関連は1969パリ意外は食指が動きませんね、なぜか。

>この金額で紙ジャケにトライすれば、Taranturaといい勝負になるのではないかと思います。

確かにタラの紙ジャケは結構センス良いと思いますね。ジャケット買いってのもブートにもありますからね。
Commented by プルトニウム・ラヴ at 2010-03-08 18:18 x
この盤は先月にLOST AND FOUNDから出たモノと同音源みたいですね。プレスになった分、こちらの方が特かもしれません。

グラハム期は期間が短かかったので、高音質となると大人気になるのかも知れません。

ダイカンのジャケですが、結構頑張っているほうだと思いますよ。
いろいろと当時の古雑誌を集めてて思ったのですが、30年前だとなにぶん写真が限られたモノしか残っていないんですよね。
ダイカンは何気にその時の状況に合わせて、写真をちゃんとセレクトしていますよ。
同じのが多くなってしまうのは、ダイカンがそれだけRAINBOW出しすぎだからだと思います(笑)

ちなみに新タラが最近チケットだったり写真じゃなかったりするのは、地方公演だから当時の写真が無さ過ぎるのが原因だと思いますよ。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-03-08 19:13
プルトニウム・ラヴさん、こんばんは!
LOST AND FOUNDはRですから、やはりプレスで持っていたいですよね。
あまり音源が多くないようですし、このような高音質のプレスは歓迎です。
ジャケも限られた中の写真選びは大変ですよね。

>同じのが多くなってしまうのは、ダイカンがそれだけRAINBOW出しすぎだからだと思います(笑)

確かにそれは言えますね(笑)

僕はダイカンのジャケ写は好きなほうだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2010-03-07 17:57 | 西新宿 | Comments(4)