無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

藤子・F・不二雄大全集 / オバケのQ太郎 第3巻

到着日   2009年11月26日
購入場所 復刊ドットコム通販
購入価格 1book¥1,575
備   考 オリジナル1965年
b0042308_12385917.jpg

やはり一番売れているのは久しぶりに読めるオバQですかね??
待望の第3巻、少年サンデー1965年掲載分が発行されました。僕が生まれる前の作品、今読んでも楽しめます。相変わらずおっちょこちょいなQちゃんですが、一緒に居たら大変だけど楽しいでしょうね。世界、宇宙にも行っちゃうし、誘拐犯捕まえちゃうし、多方面で意外と活躍しているんですよ。

今回はQちゃんの家族が登場しておりまして、オバケの国へ行ったりします。
b0042308_1242535.jpg

雲の上に存在するオバケの国、正ちゃんが「一つ目小僧やゆうれいはいないんだね」に妹のP子ちゃんは、「それは迷信よー」とのこと。みんなQちゃん系ですな(笑)
b0042308_124622100.jpg

P子ちゃんによるとずーっと昔に地球には人間族とオバケ族が共存していたらしい。P子ちゃんのセリフに正ちゃんの言うとおり我々人間は耳がいたくなるお話ですな(苦笑)

昔、てんとう虫コミックスの単行本で幾つか読んだことあるが、初めて読むお話もあってこの大全集、やっぱり素晴らしい。そろそろ、あの「国際オバケ連合」のお話が掲載されるはずだ。楽しみ!
Commented by hedoron at 2009-11-29 22:58
いやぁ、今度オバケ銀座に遊び行きましょう…なんて、うふ♪
いよいよ「国際オバケ連合」は次ですかね♪楽しみっす!
あ、トラックバックかましましたよ、いぇー♪
Commented by daisuke_Tokyocity at 2009-11-30 23:28
へどろんさん、こんばんは!
TBありがとうございます。
オバケ銀座、楽しそうですね。
「国際オバケ連合」は次でしょうね、1966年掲載ですから。
当時ちゃんと話あっていれば封印なんてなかったのですから。

それにしてもQちゃん、かなり活躍してますね。動きは悪いですが(苦笑)
Commented by らいと at 2009-12-07 23:37 x
すっごいお久しぶりコメントです。私はマンガでなくアニメで見てました。
オバQ音頭をデタラメに踊ったりもしてました。P子ちゃんがかわいくて大好きでした。確かドロンパもひそかに惚れてるんでしたよね。ハカセの顔デザインは秀逸だと思いました。
でもこのマンガで一番印象強かったのは小池さんです。小池さんがすごいのは、今や大人の我々の間でもチリチリ頭でメガネの人を形容するとき(わりといますよね)「小池さんみたいな人」って言えばちゃんと通じる事です。
しかしあのQちゃんにもNGな話ががあった事は知りませんでした。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2009-12-08 21:40
らいとさん、こんばんは!お久しぶりです。
僕もマンガではなく、新オバQなんですよー。盆踊りではオバQ音頭を踊ったこともあります。
小池さん!ラーメンを好きになったきっかでもある偉大な方ですよね。確かに「小池さんみたいな方」って一発でわかりますね。

>しかしあのQちゃんにもNGな話ががあった事は知りませんでした。

NGと言っても、当時偏屈な訳のわからない圧力団体と話し合いをしなかっただけなんですよ。当時はそんな雰囲気が一切なかったですね。臭いものには蓋をしろって風潮でした。

http://cdsagashi.exblog.jp/5985999

当ブログの関連記事です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by daisuke_Tokyocity | 2009-11-29 12:50 | 国内ネット通販 | Comments(4)