無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

到着日  2011年2月21日
購入場所 amazon.co.jp
購入価格 1DVD¥3,466(定価¥4,725の27%OFF)
備  考 オリジナル1976年東映京都 デジタル・リマスター 監督:中島貞夫 主演:渡瀬恒彦

2017年3月16日再掲載(オリジナル記事:2011年2月22日 午前1時48分掲載)
渡瀬恒彦逝去 享年72歳

個性派俳優 渡瀬恒彦逝去、自分が小中学生の頃、角川「戦国自衛隊」でのタイムスリップ先での千葉ちゃんへ反抗する反乱部隊リーダー役、松竹「皇帝のいない八月」でのクーデーターを企てた自衛官役、日本テレビ系ドラマ「大激闘マッドポリス80」でのハチャメチャ刑事役と、近年の演技派俳優よりアクションで目がギラギラしていた頃の渡瀬さんが好きですね。

当ブログで掲載したこの76年の東映映画は渡瀬さんのギラギラさ、正に野獣のような怒涛な演技にインパクト大でした。目つきが鋭いし、いつ暴走するか判らない迫力がございました。
いきなり演技派となってしまう最近の若い俳優には出来ないパワフルな演技、やはりアクションを出来ることが俳優として必要なことだったのではないでしょうか。この映画はキアヌ・リーヴスの「スピード」の元ネタですな!フルスロットルな爆走映画、オススメです。

安らかにお眠りください。合掌。
b0042308_1241121.jpg
b0042308_1242725.jpg

久々に日本のB級アクション映画が初DVD化されたので買ってみました(笑)
ヤン・デ・ホン監督、キアヌ・リーヴス主演の「スピード」は日本の「新幹線大爆破」と「狂った野獣」を足して2で割った映画のようだ。なんとくわかるな~。

お話は時価¥8,500万円の宝石強奪に成功した渡瀬が移動の手段をタクシーではなくケチってバスで移動したため、銀行強盗犯(川谷拓三&片桐竜次!)がバスに乗り込んじゃったためにバスジャックに巻き込まれたってお話。

もう出演陣からして個性丸出し、目がギラギラしている正に狂犬な渡瀬、相変わらずカッコ悪い役が似合う川谷拓三、アクション映画以外は絶対似合わない片桐竜次(この俳優さん好きですよ~)、今の俳優に全く遺伝子が伝授されていない室田日出男に志賀勝と当時の脂ギトギトな俳優さんが最高なんです。

渡瀬恒彦が今でこそ落ち着いた役ですが、当時32歳の彼の目はまるで狂犬、今の若手俳優には出来ないギラギラ感がございますね。本人自らスタントもやっております!さすが渡瀬恒彦です!

この映画、当時のアメリカの映画から影響受けたらしく、白バイ警官の室田が歩道橋から飛び降りてバスに乗り込もうとするシーンは「ダーティハリー」(乗り込みは結局失敗)、これは後付けだと思うが、DJ役にアフロヘアな笑福亭鶴瓶ですがこれを「バニシング・ポイント」って本当かな??

ちなみにライヴハウスみたいなシーンに三上寛が「しょんべんだらけな湖」を披露しております。

もちろん、現在では「不適当」なシーンもあり(苦笑)とにかくハチャメチャ、突っ込みどころもありアクションそしてちょっとウフフって笑ってしまうところもあって楽しめた78分でしたね。

やはり男はギラギラしていないとね。渡瀬の狂犬のような演技は今の若手俳優には無理だろうな~。
b0042308_1444512.jpg

この眼光鋭い男はそういないよね!でもバスでの移動はいただけなかった、危機管理能力が不足してしまったためにバスジャックに巻き込まれちゃったじゃん!
by daisuke_Tokyocity | 2017-03-16 18:34 | アマゾン | Trackback | Comments(14)
購入日  2013年10月6日
購入場所 西新宿ダイカン9F
備   考 オリジナル1965年、こちらのボーナスDVD-R
b0042308_0143752.jpg

こちらは、珍しい日本語吹き替え版です。オフィシャル化は可能なのでしょうか??
え!?タイトルは「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」じゃないの??

続きはこちら
by daisuke_Tokyocity | 2014-02-25 00:32 | 西新宿 | Trackback | Comments(6)
到着日   2012年11月10日
購入場所 日Amazon通販
購入価格 1Blu-ray¥3,527(定価¥4,980の29%OFF)
備   考 オリジナル1971年香港、6ヴァージョン収録、日本語吹替え付き
b0042308_0191255.jpg

ようやく観ることが出来たよ、ブルース・リーの映画!
ブルース・リー記念すべき初主演作です。日本では「燃えよドラゴン」の人気で「燃えよドラゴン」の後に上映されたらしく、なのでジャケットの日本版ポスターにはブルース・リー第2弾となってるわけですね。1974年上映だそうです。

ストーリーはタイへ親戚を頼って出稼ぎに来たチェン(ブルース・リー)はブラック企業な製氷工場で働くことに。作業環境、賃金が劣悪な作業環境で優しい親戚達と真面目に働くチェンです。しかしこの製氷工場、実は麻薬を密かに製造しており、それを知った純朴な仲間が次々と殺され、チェンは復讐の鬼となって、悪人達を単身でやっつけ、ラストは極悪な製氷工場社長宅に乗り込み一騎打ちとなる、そんな単純明快なわかりやすいストーリーです。
b0042308_0264468.jpg

画質がめちゃくちゃ高画質で驚き!特典の日本初回公開時別カットでの画質と比べたらその画質の綺麗さが一発でわかります。自分は当時テレビ朝日の日曜洋画劇場で観た口なので、こんなに画質綺麗だったけ?と改めて驚いてしまいました。

音声は北京語、広東語、英語の各オリジナル音声とテレビ放映時の日本語吹替え(ブルース・リーは藤岡弘さん!、極悪製氷工場社長はブロンソンの吹替えでお馴染みの大塚周夫さん)も収録、また日本公開ヴァージョンとして、ジョセフ・クー作曲のメイン・テーマ、マイク・レメディオスの歌う主題歌「鋼鉄の男」を収録し日本公開復元版として収録、製作スタッフ渾身の作りでございます。当時は日本仕様なんて上映がたくさんあったようですね。当時観られたファンはこの英語版日本公開ヴァージョンが当時を思い出させてくれて懐かしい気分となるそうですね。

また一緒に観ていた自分の弟はブルース・リーのファンでこの映画ではブルース・リーが母親からプレゼントされたペンダントを見る度に鳴るオルゴールの音のような効果音が入っていないぞとチェックしておりました。さすがファンですな(笑)
と言うことは細かい点をチェックするとヴァージョンは結構いっぱい有るんでしょうな。
b0042308_0365547.jpg

オマケも充実していて、日本劇場公開時パンフレット復刻版(縮小版)や香港公開時チラシ(縮小版)も入っておりました。オフィシャルで各ヴァージョン、オマケとこれだけ作れば完璧に近いでしょう。特典映像も充実、パラマウント・ジャパンのみなさん、渾身の製作ありがとうございます!(笑)

それにしてもブルース・リーのアクション、カッコいいですね!怒りに満ちた渾身の一撃に拍手しちゃいます。
by daisuke_Tokyocity | 2013-05-01 00:48 | アマゾン | Trackback | Comments(0)
到着日   2013年4月23日
購入場所 日Amazon
購入価格 1Blu-ray¥4,387(定価¥5,980の約27%OFF)
備   考 オリジナル1963年、ロング・バージョンの日本語吹替え付、4Kデジタル・トランスファー・マスター採用、特典映像付
b0042308_2245112.jpg

ジョン・スタージェス監督、スティーヴ・マックィーン主演の不朽の名作「大脱走」が製作50周年記念としてブルーレイ化されました。

今回のブルーレイ化ポイントとして以前DVD化の際にカットされた収録された日本語吹替えが追加となりロング・バージョンとなって完全版となったことでしょうね。個人的には実は洋画を観るなら字幕スーパーより吹替え派なんです。テレビで映画を観た派ですからね。よくクラスメイトが映画館で観たのを自慢してましてね~。時間が経ってからの月曜ロードショー、水曜ロードショー、ゴールデン洋画劇場、日曜洋画劇場が大好きでした。そこで観た映画は当然ながら吹替えです。スティーヴ・マックィーンは絶対宮部昭夫に決まってます(笑)ブロンソンの大塚周夫も最高です。なのでGWで観るこの大脱走も吹替えで観ますね。
b0042308_22542364.jpg

ジェームズ・コバーンの小林清志もいいね!

今後のブルーレイで予約しちゃったのがこれまた吹替え付のダイハード、そして悩んでいるのがマッドマックスです。
マッドマックス1~3も吹替えなのですがマッドマックス2は残念ながら柴田恭兵&ジョニー大倉じゃあないみたいですね。多分マスターが無いのかな?最近の吹替え音声も一般視聴者からの録画映像をマスターにするようですね。マスター無いってよくあることみたいですね。
by daisuke_Tokyocity | 2013-04-25 23:00 | アマゾン | Trackback | Comments(4)