無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

購入日時   2005年2月26日
購入場所   ディスクユニオン通販
購入価格   ¥8,190
備  考   4CD
b0042308_22224293.jpg
今から31年前に福島県郡山市で行われた「ワンステップフェスティバル」が31年の時を超えて発売された。当初は3枚組で発売がなんと4枚組に変更しての発売。
驚きなのはよくもまあテープが残っていたなーってこと。このCDから熱い日本のロックを堪能出来ます。主な出演メンバーは
沢田研二&井上尭之バンド、サンハウス、ダウンタウンブギウギバンド、外道、サディスティック・ミカ・バンド、クリエイション、イエロー、ゴールデンカップス、上田正樹、四人囃子、かまやつひろし、内田裕也等。
また今回のCD収録を見送られたのが、キャロル、シュガー・ベイブ等。
テープは実際に20時間分も収録したらしいのでもっと音源があるようです。
この歴史的なフェスでの音源を聴いて、当時の熱い息吹を感じます。みんなノー・ギャラだったみたい。
まとめ役の裕也さんこと内田裕也氏のインタビューによると、当時渡辺プロ所属のジュリーをノー・ギャラで出演させるのは大変だった(渡辺プロが許さない)とか、キャロルも出演交渉が大変だったようです。(インタビューでは矢沢に「ギャラねえからな!」とかなり念を押した模様)
それでも、ノー・ギャラでもみんなで盛り上げようと言う団結力はアーティスト同士あったようです。
「今のロック・シーンは全てカネカネカネでつまらん」と裕也さん、嘆いておりました。また「地震があった時くらい、矢沢や桑田とかがノー・ギャラで集まって何かやるべき」とも言っておられましたね。確かに今の音楽シーンでそう言う団結心ってないかもね。
b0042308_22434485.jpgディスクユニオンで購入するとワンステップフェスのスタッフTシャツ(レプリカ)をプレゼント!

このCDを出したDEAD FLOWERというレーベル、今後のリリースとして
裸のラリーズ・ライブ(CD)
アトミック・カフェ・フェスティバル1984(ルースターズ、ばちかぶり、白竜)(DVD)がリリースされるようです。期待できますね!
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-18 22:51 | ディスクユニオン | Trackback(2) | Comments(12)
購入日時   2005年3月17日
購入場所   amazon.co.jp
購入価格   ¥3,675
備  考    1975年4月13日日比谷野音での解散ライブ・ドキュメント
b0042308_22381325.jpg
3/15に矢沢永ちゃんが、裁判でこのDVDを発売したユニーヴァーサルに対して、損害賠償及びDVD販売の差し止めを勝ち取った。「ユニヴァーサルに対して販売は許可していない」と言う言い分が認められたらしい。
前から買おうと思ってもう2年経っていたが、今回の裁判で販売差し止めとなると、ヤバイ!と思い在庫確認が出来たアマゾンに速効注文して本日到着した。(購入動機がすごく不純ですな。ユニヴァーサルも控訴するので販売差し止めは解除されると思うが)
ちなみに一晩経ってアマゾン見たら、もうお取り寄せとなっておりました。

このDVDの素材がテレビ・ドキュメント、これでは権利クリアーは凄く複雑、ユニヴァーサル側はこちらに著作権があると言っても矢沢側は認めてねえってことだろうね。
また最近の永ちゃんもキャロル音源、映像の使用許諾はもの凄くシビア、先日発売された「郡山ワンステップフェスティバル1974」CD&DVDでも許可しなかったしね。キャロル時代は抹殺したいのかな〜?これではオリジナル・アルバムのリマスターも当分なさそう。

法律は当然守らなければいけませんが、不良系バッドボーイズ・ロックの元祖(その路線を受け継いだ当時クールスの舘ひろし、岩城滉一も出ております。)です、音楽的にも文化的にも重要な存在ですよー、キャロルは〜。ですので、発売元と十分に話し合って解決してもらいたいです。ファンはやっぱりキャロルの矢沢を観たいからね、そこんとこヨロシク!(矢沢風でした。)
b0042308_2256874.jpg
TVK「ヤングインパルス」でのお宝映像も収録されています!
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-18 00:10 | アマゾン | Trackback(1) | Comments(10)

ライブ帝国 アナーキー

購入日時   2005年3月7日
購入場所   ヤフーショッピング(discstation)
購入価格   ¥2,678
備  考   TVK(テレビ神奈川) Figting80より1980〜1981年の映像
b0042308_045180.jpg
本日最後のアップは、アナーキー!
1980年デビュー直後にTVK「Fighting80」に出演したライブ映像がDVD化された。TVKにはこう言った80年代初期の映像がいっぱい眠っているんだろうなー。某国の国営放送はテープ使いまわして消去していたというから、TVKはちゃんと保存して正解!こうやって商売出来るんだからね。某国営放送よ、見習え!
アナーキー、なんか1980年じゃあデビュー早過ぎたかも。もう突っ走て突っ走て客を置く置く。デビューアルバム収録「季節の外で」は「季節の中で」の松山千春をふざんけんな!と罵倒(いま、こんなことするバンドいないっしょ?)。
「アナーキーのファン居ねえんだろ!ガッツがねえんだよ!」と客を煽るところは痛快、僕はこのライブ映像を観て、ステージ前に駆け込みたくなるような気分になったよ、そう最前列でノリ捲るのさー!
メンバーの育ちが埼玉の団地ってところが親近感が湧く,僕も団地育ちだからね。(「団地のオバサン」はそこから出来た曲なんだろうな。)
とにかくこのバンドが持っているスピード感とスリル感は、今のバンドにはないね。なんか日本のジョー・ストラマーと言ってもいい程、ヴォーカルの仲野茂はカッコいいな!80年代初期の日本のロックが好きな方は是非、観るべし!
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-17 00:22 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(2)

2月のB級グルメ

本日は久しぶり2本アップします。まずは久しぶりB級食べ物ネタから。普段デジカメを持ち歩いているのでブログネタには事欠きません。もう3月も半ば過ぎているのに2月のB級グルメだと〜?とは思いますがボツにするのもかわいそうなので、未発表テイクと思ってくださーい。この時間に見せられると小腹が空く?
b0042308_22455978.jpg左はJR中央線豊田駅付近にあるホームラン軒での煮玉子そば。2/9W杯アジア予選VS朝鮮民主主義人民共和国戦の帰りに食べた勝利の深夜ラーメン、背脂ギトギト系と思いきや意外とあっさり、あっさりしたところがいいかもね。麺は中太です。¥550でした。
b0042308_2251399.jpg2/25,会社近くのサラリーマンの味方のやす〜い某居酒屋で4人で食べた超巨大メンチ!¥600!横に置いてあるたばこの箱がメンチの大きさを物語るでしょ?ここの居酒屋は焼酎割りの焼酎が濃く、3杯飲んだらKOとなるでしょう。安いのでいっぱい食べて一人¥3,000いきません。こういう居酒屋はビートが効いて好きですね。
b0042308_22561676.jpgその安い居酒屋で飲んだ後、いっぱい食べてお腹いっぱいなはずなのに後輩がラーメン食べましょう!電車で家路に向かうこと60分、またしてもJR中央線豊田駅近くにある大王亭で食べた「のりつけめん」、つけ汁はつけ麺特有の酸味ある味が飲んだ後にいいですねー。大王亭はつまみもあるので飲みにも最適。深夜1時まで営業しているので、遅くにつけ麺食べたい時はどうぞ!

あー、B級グルメはいいね!そう言えば今日から25日まで吉野家の豚丼が一杯¥250ですね。給料日前の食生活にどうぞ!
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-16 23:08 | 食べ物 | Trackback | Comments(6)
購入日時   2005年3月15日
購入場所   amazon.co.jp
購入価格   ¥4,900 → ¥3,920(20%OFF)
備  考    DVD&CD2枚組
b0042308_23283159.jpg
1971年西アフリカ・ガーナで開催されたコンサートを記録した映画がようやくDVD化、そしてオリジナルサウンドトラック盤も初CD化豪華2枚組が発売された。
実はこのDVDまだ観ておりません、サントラ盤を聴いて書いております。所謂「観てから聴く」ではなく「聴いてから観る」で行きたいと思います。

これが発売されるまでの経緯が大変だったそうです、再発プロジェクトが1996年に発足、当時プロデューサーのトム・モスクの住所を突き止め、各出演アーティストに利益分配が公平に行くよう保証することで、ようやくOKが出たようだ。またそこからアーティストの各々関係するところに交渉し、本当のOKが出てリリース。なんと9年かかって交渉していたんですね!
まあそれを交渉したのが丁寧なリイシュー・レーベル:ライノだから出来たんだろうね。ライノ&ワーナー偉い!(ロバータ・フラックだけ彼女の要望で映画、サントラ共にカットなのは残念だが)

出演はウィルソン・ピケット、サンタナ、アイク&ティナ・ターナー等とアフリカのグループ。サントラを聴いただけだと、やはりウィルソン・ピケットのステージが凄そう。「ダンス天国」が大盛り上がりしておりました。映画を観るのが楽しみ。またサンタナがアメリカのミュージシャンにしては一番アフリカ風の演奏でかなり盛り上がったようですね、その後の西アフリカの音楽シーンに影響を与えているとのことです。
やっぱり映画観て、書いた方がいいみたいね。週末、ゆっくり観ようっと!
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-15 23:48 | アマゾン | Trackback | Comments(13)

12"/80s

購入日時   2005年3月13日
購入場所   amazon.co.jp
購入価格   ¥3,064
備  考    3枚組 12inchヴァージョン集
b0042308_23231173.jpg
いきなりシャープのアナログも聴けるラジカセが80年代しています。
80年代UKロックの12インチヴァージョンを集めたコンピレーションCDが3枚組で発売、1枚当たり¥1,000ちょっと,3枚で30曲以上詰まってこの価格は安い!さすがアマゾン。(注:今現在¥3,600程度)
当時の12インチヴァージョン、所謂ロング・ヴァージョンってやつです。今から思えばただ長くしただけじゃんなんて揶揄する人もいるが、今のリミックスは原曲を崩しに崩してよくわからんのが多い、だから僕らの世代は長い方がいいのだ。
確かにアメリカのミュージシャンの12インチリミックスとか?はありましたね。スプリングスティーンの「ダンシング・イン・ザ・ダーク」はまだしも「カヴァー・ミー」はひどかったなー。
でも今回はUKロック、キュアー、アズテック・カメラ、ジャム、スタイル・カウンシル、スクリティ・ポリティ、ジャパン、シンプリー・レッド、エコー&ザ・バニーメン等はロング・ヴァージョンが似合いますね。
ジャムの「プレシャス」、スタイルカウンシル「マイ・エヴァー・チャインジング・ムーズ」のロングは本当にカッコいい!いやー、長けりゃいいってもんです!
本来ならフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、やコステロなんかも収録して欲しかったなー。
12インチヴァージョンはアメリカよりUKの勝ち!だね。裏ジャケで曲目がわかりますよー。
b0042308_23362967.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-14 23:40 | アマゾン | Trackback(2) | Comments(10)
購入日時   2005年3月7日
購入場所   ヤフーショッピング(discstation)
購入価格   ¥2,678
備  考   TVK(テレビ神奈川) Figting80より1982年の映像

b0042308_19214284.jpg
クリエイション、エディ藩はやはりヨコハマの音をイメージする。エディ藩はゴールデン・カップスのメンバーだからわかるけど、クリエイションは?って方多いかもね。
このTVライブにはヒットしてザ・ベストテンにも出演した名曲「ロンリー・ハート」は日テレTVドラマ「プロハンター」の主題歌、このドラマ、横浜を舞台にしているから、それでヨコハマサウンド?のイメージがあるんですよー。

それだけじゃない、1981〜82年のクリエイションは活発に活動、故松田優作のソロアルバム「HARDEST DAY」に参加、そして優作さん主演「ヨコハマBJブルース」に出演及び楽曲の編曲を担当、更に翌年の82年には優作さんライブアルバム「HARDEST NIGHT LIVE」でツアーに帯同(エディ藩もです!)、その2枚のアルバムにはその当時に経験していないとわからない?ヨコハマ・ブルースの香りがするんですよね。中学生の僕はこの音に憧れました!

一方もう一組収録のエディ藩もヨコハマ・ブルースですね、偶然にも竹田和夫作曲の「ヨコハマ・ホンキー・トンク・ブルース」は、エディ藩バージョンが似合っております。
曲作りのイメージは横浜の裏通り、不良をベースにして曲作りしたと言うエディの言葉はぴったりだよ。
このライブ帝国シリーズ、ほんと重宝しております。80年代の日本のロックで完全に音楽の虜になったので、もっと秘蔵映像見たいですね!それにしても竹田和夫のギターはうまい!
b0042308_19403585.jpg優作さんの「HARDEST DAY」、ジャケットは映画「ヨコハマBJブルース」そのまんま?
b0042308_19414328.jpgバックバンドがクリエイション&エディ藩!この凄腕バンドに優作さん負けずに付いて来ております!「ヨコハマ・ホンキートンク・ブルース」収録。
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-13 19:54 | 国内ネット通販 | Trackback(1) | Comments(6)
三ツ沢公園球技場 横浜FC 1-1 モンティディオ山形
得点(山形)原、(横浜FC)吉武 観衆4,653人

b0042308_18335815.jpg
本日はFC東京がアウェー広島で試合のため、横浜FCサポの友人と横浜FCホーム開幕戦を観戦しました。
横浜FCは前節湘南にいいところなく完敗、友人が「監督が変わりチームに戦術が浸透していない。」とのこと。
さて試合の方は・・・、うー相変わらず横浜FC中盤での試合組み立てが出来ないのでこれからと言う時に山形にボールを取られてしまう。新外国人選手・シルビオは決定的なシーンを外すし。
一方山形はこれと言って特に恐怖感は感じられない。
後半も前半と同様の展開だったが山形がサイドを切り崩し中へ折り返しヘッドで先制、それを折り返したのが昨季まで横浜FCに在籍した臼井、山形への移籍の経緯が横浜FCサポには納得いかない移籍、なのでヤツにやられちゃあイカンでしょ。
でも臼井の活躍に発奮したのか、横浜FC攻める姿勢を忘れません、ロングボールがうまいタイミングで城に渡り、折り返して吉武が同点ゴールには、スタジアムに活気が戻りました。やっぱりホームチームが得点しないとね!
この後お互い攻めましたが、決定力を欠きドロー。まあ横浜FCにとっては、まずはホームだけど勝ち点1を取ったことが重要、追いついてのドローはいいんじゃあないかな。
今季のJ2、昇格がどのチームだかわかりません。昨季の川崎のようなずば抜けたチームがいないだけにこちらもリーグ渾沌な予感がしますね。意外と面白いかもね!
(広島での試合は結局スコアレスドローか〜、まあ勝ち点1を取ってよしとします!)追記:今回、横浜FCサポがバックスタンドの一般層に対し、応援キャンペーンを実施していた。昨年の天皇杯からそのような融合が見られた、これを継続させればスタジアム全体が活気づくだろう。都会は地域密着ってなかなか難しい、この小さい動きが大きいものへ変化すると思うね。
b0042308_18561962.jpgやはり両チーム中盤を制することが出来ないのが勝てない原因か?
b0042308_1858156.jpg無料のマッチデープログラムと横浜FCパートナーJA福島から「さとうのごはん」をもらいました!
b0042308_18594316.jpg三ツ沢球技場前のレストハウス恒例の典型的なしょうゆラーメンと横浜駅で購入した崎陽軒・ポケットシウマイ、これにキリン・ラガービール(瓶)を飲んで、スタジアムイン!します。
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-12 19:07 | スポーツ | Trackback | Comments(6)

THE STALIN / 電動こけし/肉

購入日時   2005年2月26日
購入場所   ディスクユニオン通販
購入価格   CD,ソノシート合わせて¥3,150
備  考   ディジタル・リマスタリング
b0042308_215801.jpg
海外通販の制限、買いたいCDがCCCD、エキサイトブログが緊急メンテ、あー、グレてやる!
グレるとしたら、暴れる?そうしたらパンクだ!(なんだそりゃ?:笑)そうなると日本パンク史に惨然と輝くスターリンだ!(凄く強引)
スターリンが1980年にリリースしたデビューソノシートが復刻された。まさかソノシートまで出るとは思わなかった。これをもって、ソノシート製作が一切終了とのこと、スターリンで終了とは凄いな。
スターリンとの出会いは親父が会社帰りに買ってきた夕刊フジだが日刊ゲンダイだげで、過激バンド(笑)として記事になったのが始まり、当時中学生の僕はそのスキャンダラスさんに驚きましたね。ライブとしては1981年の1月、TV朝日で裕也さん主催のニュー・イヤー・ロックフェスティバルで「バキューム」という歌で全身跳ねるミチロウが今でも印象に残りますね。また中学2年の時に聴いたメジャーデビューの「STOP JAP」からの「嫌だといっても、愛してやるぜ」と言う歌詞も過激だねー。
今月末にはセカンド・シングル「スターリズム」が復刻されるみただから,
この勢いでファーストの「トラッシュ」も出るといいね!(リリース希望!)
こう書くとゲテモノが先行するスターリンですが、このシングル聴くと僕は音楽もしっかりしていると思うんだけどな。これを買う人ってやっぱ80年代初頭中学〜高校生だった人かな?
b0042308_21584354.jpgソノシート、CD両方買うともらえるディスクユニオン特典ソノシートマガジン「INGO」の復刻版。
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-11 21:59 | ディスクユニオン | Trackback(1) | Comments(4)

Hip-o Selectまた会う日まで

b0042308_2331450.jpg
最近海外インターネット通販で人気急上昇中のユニヴァーサル系Hip-o selectよりメールが来て、要はこれからは「送付を北米のみにしますよ」と言うこのサイトのファンには大変ショックな内容でした。(泣)
なんかユニヴァーサルは各国にカンパニーがあり、その国の利益を守るためにはアメリカの商品は送れませんってことらしい。
これって、もしかして今年1/1に施行された輸入権?なんか納得いかないなー。
このサイト商品はここで買えないCDがたくさんあり、初めてサイトを覗いた時の衝撃は今でも忘れません。上の画像のTHE JAM / SNAP!完全版(初回に付いたシングルまでCD化)や、ジャクソン5の日本公演、それからモータウン・シングル・コレクション(これは完全試合達成を目指していたため買えないのは非常にショック!)等、とにかく素晴らしい商品だらけ。
そもそも音楽って国境がないものでしょ?全く音楽の素晴らしさ、インターネットの素晴らしさをわからないバカ共が決めたんだろ、どうせ!日本のユニヴァーサルがこれらのCDを日本盤化するとは考えられない!JEFF BECK / TRUTHのCCCD問題等、僕は怒っているぞ!僕達に商品を選ぶ権利はないのでしょうか?

b0042308_23202485.jpgつい最近買このサイトから買ったCDの数々。(一部)

メールによると3/15までは海外発送してくれるみたいです。まだの方はお早めに!
# by daisuke_Tokyocity | 2005-03-10 23:27 | 海外ネット通販 | Trackback | Comments(10)