無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

入手時期 2001年10月
入手場所 東京都八王子市内のブッ○オフ
価  格 ¥1,250+消費税
備  考 帯付 1990年発売
見かけ度 4年の通いで1回

ブッ○オフでキングレコードのGS&POPS COLLECTIONシリーズ:寺内タケシ&バニーズ「レッツ・ゴー・テリー/バニーズ・ゴールデン・アルバム」(オリジナルは1966/1967年リリース)を発掘、しかも帯付きで!

このCD、当時は「レッツ・ゴー・テリー」の紙ジャケット仕様がリリースされ、一旦価値が下落しましたが、この紙ジャケ仕様も今や品薄、かつカップリングの「ゴールデン・アルバム」がこのCDにしか聴けないことから、見直されまた価格上昇?
とにかく大型古本店ではあまり見かけないシリーズ、もちろん中古専門店でも見かけません。オークションではちらほら見ますね。
なので当時、プレスの少ないCDを大型古本店で安価で買えるのはほんとうれしいね。

中身の方はやはり「レッツ・ゴー・テリー」の7曲目で、ガレージ・ロックファンに人気のインスト曲「テスト・ドライバー」。
曲名のように、疾走感あふれる寺内のギターがいいですね。

それにしても今リリースされている寺内の作品はジャケットがださいベスト盤ばかり。一時期、初期のブルージンーンズや内田裕也と競演したCDが出されたが、すぐに廃盤。ほんとマニア層しか聴けないのが、残念。
ここはまたリマスター、紙ジャケで発売を希望!
b0042308_9265118.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-29 23:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
入手時期 2003年2月
入手場所 ブックオフ八王子駅北口店
価   格 ¥1,550+消費税
備   考 帯なし アルファ音源
見かけ度 4年の通いで2回

このCD、相変わらずオークションでは定価以上(¥3,000超える時も)の額になるね〜。

このCDYMO WORLD TOUR 1980といっしょに買ったもの。YMO WORLD TOUR 1980が2枚組で¥950という破格値に対し、このCDは¥1,550というのが?でしたが、まあ一気にYMOの廃盤が2枚も買えたのだから、よしとしなきゃね。

中身を聴いたら、司会の紹介にどうも聞き覚えが。
そうか、当時FM放送で放送された音源のCD化だったんだ。当時のテープが紛失したのでこれはありがたいCDだ。(現在廃盤と言うのがありがたくない)
昔のFM番組はライブ番組が多くて、いい時代だったなー。どれもオフィシャル商品されていないから、これから商品化するといいのになー。

CDの収録時間は35分とまあ少量、完全版としてリリースを希望します、お願い!SONYさん!
b0042308_18153097.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-28 18:16 | ブックオフ | Trackback | Comments(2)
見よ!このオリジナルアルバム7枚を!

LPレコードではありません、これらは紙ジャケットCDです。
イーグルス来日記念で発売された紙ジャケットシリーズ7枚一挙に全買いしてしまいました!全部で¥16,380ど〜だい〜!
内容は言う間でもありませーん!

紙ジャケ仕様は、紙ジャケファンから絶賛の嵐!
当時発売された仕様・帯付きで再現しております。

例えば

「ホテルカリフォルニア」は内袋・ポスター付かつダブルジャケット。(画像下参照)
「呪われた夜」はジャケットエンボス(浮き出し)印刷再現、内袋付き。
「オン・ザ・ボーダー」は独特のでこぼこのある紙質再現、内袋付き。

等、当時リリースされた仕様を最大限に再現したまさに紙ジャケットの金字塔です!
プラスチックケースではここまで再現出来ません!紙ジャケだから出来る技ですな。

ワーナー、いい仕事しております。音の方も2003年のリマスター音源ですので、いい音です。プラケ持っているファンは買い直し!
それに比べ東芝EMIよ、来月リリースのビートルズ・キャピトル盤紙ジャケをCCCD(CCCDはCDではない不良品!)でリリースする場合ではないぞ!

と言うことで早くも2004年の紙ジャケット大賞間違いないでしょう。

値段も1枚もの¥2,100とリーズナブル。お小遣いの関係で全部買えないリアルタイム世代はせめて「ホテルカリフォルニア」だけでも押さえましょう。まだ間に合うぞ!

来月から年末にかけて、大物の紙ジャケCDリリースされるんだよな〜、財政難だよこりゃあ!
b0042308_051392.jpg
b0042308_0511474.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-27 00:52 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
今月の無駄遣いコーナー

今週からEAGLESが9年振りに来日します。来日記念ってわけではありませんが、メンバーのソロアルバム2枚(紙ジャケットCD仕様)を買ったので紹介します。

これらのCDですが紙ジャケ仕様ですので、紙ジャケ大好きな当方にとって後先考えず手当たりしだい買ってしまうんです。
LPレコードの盆栽みたいでかわいいし、何より当方が多感な80年代はレコードなんて月に1枚買えればいい方だったので、その恨み?を晴らすべく当時買えなかったものは買っちゃえ!こんな勢いです。(お小遣いがたばこ代含めて¥10,000ちょっとの所帯持ちの方々、すみません。)
話があさって方向に行ってしまいました、更にすみません。

もちろん当方も今週の土曜日に会社の方々とドームへ行きます!

さてCDですが、画像向かって左側が

DON HENLY / BUILDING THE PERFECT BEAST

右側が

GLENN FREY / THE ALLNIGHTER

ともに1984年リリースなんですね。ドン・ヘンリーは「ボーイズ・サマー」、グレン・フライは「セクシーガール」「ヒート・イズ・オン」をヒットさせてます。
もう20年も経っていますが、今の音楽と比べ全く色褪せていないのは、彼らそしてバックミュージシャンに確固たるミュージシャンシップがあるからでしょうね。

ドン・ヘンリーはどうしてもイーグルス時代の「ホテル・カリフォルニア」のソロ・ヴォーカルが根強いですが、晩夏に聴いたらグッとくる「ボーイズ・オブ・サマー」で新たなファンを開拓しましたからね。僕も「ホテカル」世代と言うよりはどっちかと言えば80年代野郎だから「ボーイズ・オブ・サマー」かな。

一方、グレン・フライは映画「ビバリーヒルズ・コップ」のテーマソング「ヒート・イズ・オン」が大ヒット、またTVドラマ「マイアミバイス」に自らゲスト出演し、ブルースアレンジの「スマグラスブルース」もヒットしました。

この2曲、この「オールナイター」に収録されていますが、CD用のボーナストラックなので「オールナイター」のコンセプトと全く異なります、ですので通して聴くと違和感ありますが、まあヒット曲一気に聴けるのでまあいいかな。

またCDの音ですが、2004年最新ディジタル・リマスターで音圧が上がりとてもいい音に仕上がっております。
また当時のレコード内袋も再現され言うことなしです。(だからプラスチックケース仕様を持っているファンなら買い直しをお薦めします)

とにかく今週末のコンサートがとても楽しみ!9年前はソロの曲も披露したけど、今回は無理かな??

b0042308_2265871.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-26 22:16 | 音楽 | Trackback | Comments(3)
入手時期 2003年6月
入手場所 新潟県関越自動車道六日町インター近くのブッ○オフ
価  格 ¥1,250+消費税
備  考 1989年発売 シングルA/B面集 定価¥2,348
見かけ度 4年の通いで1回

1989年、ビクターがシングルA、B面を発売順に収録したシングル集VOL.3、当時はピンクレディーの他に岩崎宏美(なかなか見ない)、小泉今日子、松本伊代、酒井法子らがリリース、A,B面(このB面曲が貴重!)が発売順に収録されているので当時のアイドルファンには重宝したんじゃあないかなー。

このCDが欲しかった最大の理由が「波乗りパイレーツ」のB面曲「波乗りパイレーツ(U.S.A吹込盤 1979年)」が収録されていることでした。(注:現在は銀ボックスで再CD化)
このU.S.A吹込盤、なんとビーチボーイズがコーラスで参加しているのです!メンツは

マイク・ラブ!
カール・ウィルソン!
ブルース・ジョンストン!
そして
ブライアン・ウィルソン!!!!!

とまあ凄いメンツです。編曲はポール・フィエルソ、A面の日本吹込盤の編曲が都倉俊一なので同じ曲ながら編曲が異なるので雰囲気全然違います。
曲調といい、編曲といい、コーラスといい、メンツといい、このU.S.A吹込盤がいいですね!
実際、ビーチボーイズのコーラス・ワークとピンクレディーのヴォーカルがいい具合にマッチしてますなー。
来年の1月にブライアン・ウィルソンが「スマイル」を引っさげて来日、ピンクレディーも現在再活動していることからいっしょにやることは・・・、ないでしょうね。
(上段がCD本体、中央が「波乗りパイレーツ」のシングルジャケット、下段がブライアン・ウィルソン最新アルバム「SMILE」)

b0042308_2324756.jpg
b0042308_23131212.jpg
b0042308_549521.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-25 23:03 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
新潟県の皆さん、頑張ってください!

新潟県中越地震、時間が経つにつれ、被害が大きいことがわかってきました。
新潟は両親の実家でもあり、当方の生まれ故郷です。また友人も居ます。

このCD発掘ブログでも新潟県内で発掘したCDも多々あり、また美味しいお酒、お米、魚、温泉、サッカー観戦等、大変お世話になっております。

まだ余震もあり、不安な日々をお過ごしでしょうが、負けないで頑張ってください!

心よりお見舞い申し上げます。
# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-24 22:56 | その他 | Trackback | Comments(3)
入手時期 2000年7月
入手場所 東京都八王子市内のブッ○オフK店
価  格 ¥950+消費税
備  考 1997年発売 紙ジャケット仕様 定価¥2,000

ブッ○オフには実は廃盤・レア盤が埋まっているのでは?と思わせたきっかけの1枚です。このCDに出会ってネヴァーエンディングなブッ○オフ巡りが始まりました。

このボズの名作、1976年AORの代表的名作、名曲「WE ARE ALL ALONE」「LOWDOWN」「HARBOR LIGHTS」を収録、日本のミュージシャンにも影響を与え日本のAOR的アルバムにメロディやアイディアを拝借したものが多いです。

フォーマットも昔のLPレコードをCDサイズにした紙ジャケット仕様、このシリーズ他にもBRUCE SPRINGSTEEN, BOB DYLAN,BILLY JOEL等もリリースされましたが、生産限定盤のためすぐに市場から消え、中古市場、オークションでも高価アイテムとなりました。

それがまさかブッ○オフにあるなんて、毎度の事ながら驚き!また値段も¥950と激安値で更に驚きでしたので見つけた瞬間すぐに買い!です。
もちろん2004年の現在、中古専門店でもあまり見かけず、当然ブッ○オフではそれ以後見かけません。やはりレアであることを知らない店員さん、値段安価に設定してくれてどうもありがとう!
b0042308_0231812.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-24 00:24 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)
入手時期 2001年4月
入手場所 東京都八王子市内のブッ○オフM店
価  格 ¥350+消費税
備  考 1994年再発 音蔵シリーズ

実はネットオークションで高値となるCDを激安でGET!しかもカス盤の中に発掘したダイヤモンドって感じだね。

¥250〜¥750のコーナーってどうも見送ってしまします、どうせ在庫過剰かつ消費期限の切れたJ-POP、いわゆる「カス盤」しかないしね。¥105コーナーとなるともうそのCDは命さえ奪われた?って思うもん。
でもたまに、じっくり探して見てみると極々たまに、カスどころかダイヤモンド級の廃盤が埋まっております、これも大型古本店でしか味わえないよね。そのダイヤモンドがこのCD。

このCD、BOW WOWのBをVに買えての再出発アルバム、ヴォーカルは新加入の人見元基、ハイトーンなヴォーカルが魅力です。
発売された1984年は当方じは高校生でした。このアルバムを出す前に新宿ロフトでライブを行い、最前列で汗だくになったことを思い出します。
なので、思い入れ強いのですよこのアルバム。当時は日本のヘヴィ・メタルが流行り出した頃、アメリカ風売れ線なところもありますが、人見のヴォーカルと山本恭司のギターがうまい具合にマッチしております。音もいかにも80年代ってところがいいよね。歌詞も日本語、英語が交互しているし。

今、VOW WOWのアルバムは東芝EMIから出ているツインベストだけで、オリジナルアルバムは今も廃盤状態。一時期発表されたゴールデン・ベストはなぜか発売が見送られているし。
実は日本のHEAVY METALて意外と好き。ラウドネス、メイクアップら、かつてのJAPAN HEAVY METAL勢がCD再発しているのでここは大御所のVOW WOWもリマスター再発希望!みんなが気軽に聴ける環境になってほしいね。

b0042308_1114776.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-23 01:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
入手時期 2001年7月
入手場所 東京都八王子市内のブッ○オフH店
価  格 ¥1,250+消費税
備  考 1987年リリース 米国輸入盤

今年の夏に結成40年目にして初来日のザ・フーのステージは最高でしたね。40年も待たせたお詫び?にギター気持ちよく壊してくれたしね。とにかく最初から最後まで興奮しっぱなしでした。

と言うわけで今回はフーの米国編集レアリティーズ「TWO'S MISSING」(画像上)を紹介。米国未発表の音源を掻き集めたレコードをCD化されたものです。(確かそう)

このCD、タワーレコードとかで普通の値段で売っていたので、いつでも手に入るだろうと思っていたらいつのまにか廃盤、そしてCDはプレミアが付いて毎度お馴染み入手困難となってしまいました。みなさんある時にはちゃんと買いましょう。

しかししばらくしてから例のごとくブッ○オフへ行って何気なく洋楽WHOのコーナーを見たら、なんと別の米国編集盤「WHO'S MISSING」(画像下)と2枚もあるではないか!!!

大型古本店ではまずお目にかからない、輸入廃盤(WHO'S MISSINGは一時期デッドストックが市場に出ましたが、TWO'Sは未だに廃盤状態)が一気に2枚もしかも安価で入手できるなんてまさに奇跡!放出したフー・ファンの方、何を血迷って売ってしまったんだ?まあ自分的にはめちゃおいしいが。もちろん現在ではこれらのCD見ないよねー。あー、笑いが止まらないぜ〜!

やっぱり穴場だよね、ブッ○オフ!めったにお目にかからないものに出会うってことが感動を呼ぶのですね!
肝心の中身もビートが効いて最高にかっこいいよ!

b0042308_23555333.jpg
b0042308_23561558.jpg

# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-22 00:15 | 音楽 | Trackback | Comments(1)
今や全国に店鋪展開している大型古本店B、レア盤・廃盤を探し求め、出張ついで、旅のついでに全国制覇目論んでおります。知らない土地でブッ○オフ見つけるとなんだかわくわくします。

そのBの売り値(値段)の歴史について述べましょう。

現在、主に\105,\250,\750,\1,000,\1,350,\1,550,\1,850,\2,350
の8段階が1枚ものの価格。\750以下はいわゆる在庫過剰のカス盤、主にレア盤・廃盤は\1,000以上が主流です。リリース直後のCDはだいたいが\2,000以上です。

今でこそ価格は主に8段階に分かれ、はっきり言って中古CD専門店で買った方が安い価格もありますが、むか〜しむかし20世紀の2000年12月まで、それこそ激安な時代もありました。

とにかく標準価格が税抜き\1,250、その下が\950、例を上げるとBEATLESの赤盤、青盤各2枚組が\1,250!(今は\3,100程度)、とにかく何でも\1,250、そのお店の店員さんが知らないのは\950といい加減な価格設定でした。(僕にとっては最高な時期でもあった)、リリース直後の有名どころでやっと\1,550程度でしたね。

ところが2000年の年末から2001年初頭にかけて\750で売っていたものが\1,650と倍以上に、要するに全ての価格が見直され値上げされ、そして今の価格に統一されております。ついに儲けを倍にしようと思いはじめたか。

今ではあっ、これ見かけないなーと言うのはどれも\1,550以上となっております。お店も色々と研究しております。買取り価格例とかあるみたいですし。

中には価格統一されているのに敢えてプレミアを付けるとんでもない店鋪もあります。プレミアを付けないのが大型古本店の魅力なのに・・・。(ニルヴァーナのホルモウニングが専門店価格の\8,000だったり、初期ミスチルの初回盤が\15,000ってのは一体どういう神経をしているのでしょうか???)

そう、価格も全国統一されどのお店に行っても同じ価格ってのもつまらないですが、それを上回る知識でレア盤ゲットが僕の使命!(実際、他店と比べ安いところもあります、どのような価格設定しているのでしょうか?)

ブッ○オフとの闘いは続くよ!まだまだ発掘の余地あり!まだまだあるでしょう、とんでもないものが!
# by daisuke_Tokyocity | 2004-10-21 00:10 | 音楽 | Trackback | Comments(2)