無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

購入日  2006年4月2日
購入場所 BOOK OFF 八王子駅北口店
価  格 ¥1,000−¥250(割引券)=¥750(定価¥2,835)
備  考 オリジナル1970年発表、帯付、紙ジャケ、リマスター
b0042308_7523334.jpg
ブックオフで洋楽Aのコーナーをチェックしていたら、紙ジャケCDを発見。紙ジャケってプラケより一回り大きいからチェックしやすいですね。
よく見たらアトミック・ルースターではないか、価格を見たらなんと¥1,000。キング・クリムゾン等の特定グループは異様に高いオフですが(クリムゾンの場合定価¥2,520に対し中古価格¥2,350!誰も買わないって。)、このようにお店にとって「訳のわからない」紙ジャケCDだと安いことが多いですね。本来ならこの価格こそオフなんですけどね、最近定価以上の価格つけてる品多いぞ!

このバンド、実は聴いたこと無かったので¥1,000なら聴いてみようってことで(ユニオンの中古価格より絶対安い!)買って聴いてみたら・・・・、おー!素晴らしい!まさに英国の特有の香がする70年代ハードロックバンドでした。「オカルト臭が充満し、ダークな音世界が全編にわたって繰り広げられる」と帯には記載されておりましたが、オープンニグはちょっとその臭いを感じましたが、全体的には僕にとって聴きやすい英国ハードロックでしたね。硬質なギターに、オルガンがいい刺激となっております。いいですね!ハードロックは。
ボートラにシングルのB面、BBCラジオセッションが収録され更にお得感ありでした。
こりゃあ他のアルバムも聴きたくなりましたね、是非聴いてみたい!
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-15 08:12 | ブックオフ | Trackback(1) | Comments(9)

新橋atAM0:37

今日は先輩と新橋に突入しましたが、先輩が新橋をすごく堪能して帰宅できず(笑)現在、新橋の漫茶ナイトパックで新橋宿泊です(笑)
本来でしたらブックオフ発掘シリーズを紹介するつもりでしたが、まあ先輩が新橋初満喫ってことでまあいいかな(笑)
今日はいつもの歌謡曲バー、先週よりは盛り上がりが欠けたかなー?お店のおねえさんも先週の盛り上がりはお店からして楽しかった、めったにない盛り上がりと聞きました。やっぱり面白いことを続くことって大変ですね。まあ今日も盛り上げたけど(笑)
明日はサッカー観戦、早く新橋を出て準備しなきゃあ!
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-15 00:43 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
購入日  2006年4月7日
購入場所 BOOK OFF 千駄木店(新規111店鋪目)
価  格 ¥1,000(定価¥1,785)
備  考 オリジナル1977年発表、帯付
b0042308_22212696.jpg
リンダの紙ジャケ・リマスターをリリースしてほしいのは僕だけじゃあないはず。
前にも述べましたがリンダのオリジナル、国内盤はほとんど廃盤。ベスト盤がやっとこさ出ている感じ。
でも中古屋を多く行っていると出くわすことが多いのも確か。今回もブックオフでアサライム/エレクトラ時代の1977年発表、ピーター・アッシャー・プロデュースの「夢はひとつだけ」を発掘。聴いてみたらこれは良いね!
一発目はバディ・ホリーのカバー「イッツ・ソー・イージー」をロック調にアレンジ、リンダのヴォーカルも素晴らしいです。ドリー・パートンとのデュエット「花嫁になれない」でのスティール・ギターが心地よい、更に二人のヴォーカルも心地よいですな。
ドン・ヘンリーがバック・コーラスで参加のロイ・オービソンのカバー「ブルー・バイユー」は南国ムードたっぷりでこれまた良い!とにかく良い!良い!良い!の連発なのだ。
全体的にロック、カントリー、ブルースと多岐に渡っております。ちょっぴりメロウな曲もあったりして、結構楽しめます。
おっとストーンズの「ダイスをころがせ」も収録、リンダ解釈のストーンズ・ソングも良い味出しておりますなー。
その他参加ミュージシャンはお馴染みJ.D.サウザー等。やっぱり紙&リマスターで出て欲しいなー、ベスト盤だけでは絶対もったいない!
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-14 00:01 | ブックオフ | Trackback(1) | Comments(15)
到着日  2006年4月11日
購入場所 某通販
価  格 送料等込み込みで¥3,600
備  考 2CD 1976アイオアでのライブ+1976ボトムラインでのライブ+1975年未発表アルバム
b0042308_21503878.jpg
1975-1976年のトニー・ウィリアムス・ライフタイムの2枚組プレスCDブートを購入した。前から欲しかったので気になっていました。
内容は1976年のアイオワでのライブ、1976年ニューヨーク・ボトムラインでのライブ、そして1975年に発表するはずだった幻のアルバムが収録されております。
メンツも凄く、この頃はギターにアラン・ホールズワースを迎え、トニー・ニュートン(ベース)、アラン・パスクワ(キーボード)が参加しております。ライブの方はステレオ・サウンドボードだが、まあまあな音質、今の超高音質ブートに追求しちゃうとちょっと落ちるが、昔からブートを聴いている方なら大丈夫です。

それにしてもライブは荒々しいと言うか個性の個性のぶつかり合いが気持ちいいですな。トニーとアランががっぷり四つ!お互いこれでもか!と言う感じで怒濤の演奏を披露しております。これはジャズ、ロックを越えたハード・クロスオーヴァーってところでしょうかね。昔のライブはこういうバトルが凄かったですね。アランのソロアルバムの曲も演奏しておりますよー。

1975年に発表する寸前にお蔵入りしたアルバムのメンツも凄い!トニー、アランにベースはなんとジャック・ブルースとクレジットされているがこれ正しいかな??確かジャック・ブルースは第二期トニー・ウィリアムス・ライフタイムで一緒にレコーディングしたいたから5年ぶりに復帰したのか?
音はこれは納得の超高音質、なぜお蔵入りしてしまったのかってレベルの素晴らしいアルバム、演奏者全ての個性、力が発揮されておりますね。正式にリリースした方がいいのに!素晴らしいハード・フュージョン・アルバムとなっております。メロウな曲もありまっせー。
収録曲
DISC1
01 MR.SPOCK
02 PROTO-COSMOS
03 CELEBRATION
04 SNAKE OIL
05 WILDLIFE
06 DRUM SOLO / FRED
07 RED ALERT
08 WHAT YOU DO TO ME
09 VELVET DARKNESS

DISC2
01 INSPIRATION OF LOVE
02 MR.SPOCK
03 PROTO-COSMOS
04 DRUM SOLO / FRED
05-10 UNRELEASED TRACK

DISC1&DISC2-01 GABE AND WALKERS,IOWA CITY,IOWA,1976
<24BIT DIGITALLY REMASTERD>
DISC2-02-04 BOTTOMLINE NEWYORK 29TH SEPTEMBER 1976

DISC2-05-10 UNRELEASED ALBUM 1975
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-13 00:03 | 国内ネット通販 | Trackback(1) | Comments(7)
購入日  2006年4月9日
購入場所 タワーレコード新宿店
価  格 ¥1,980
備  考 1981年発表、初CD化、最新リマスタリング
b0042308_22533454.jpg
無駄遣いな日々は続く(笑)、元四人囃子のギタリスト・森園勝敏の1981年発表のフュージョン&AORなアルバムがついにCD化された。CD化待っていましたよー。
聴いてみて素晴らしいギタリストだなと実感した、またヴォーカルも3曲とっている。K個人的に森園選手のヴォーカルは好きですね、ちょっとハスキーなところが。
全編、カラッと乾いた音色が心地よい。インストがこれまたこじんまりとしながらもギターでのアピールは忘れない、なんだかこの季節にずっと聴きたくなるCDですよ。晴れた日なんか海へドライブに行きたいフュージョンwith AORアルバムですね。

森園選手、色々なスタイルに対応できるところが素晴らしいな。今は廃盤だけど1985年発表のサマー・アルバム「PM4:17」はそろそろリマスターされて発売してほしい。
過去に廉価で出たソロ・アルバムも廃盤のようだからこの際、全て再発してほしいな。(たまにブックオフで見つけるとラッキー!)
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-12 00:07 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)
みなさん、こんばんは!

ポリシーもへったくれもない別名「商店街ブログ」の異名を持つ「無駄遣いの日々」が開設してちょうど1年半の今日、総訪問数が100,000人を突破致しました!100,000人突破は夢のようです。

これも観に来て頂くみなさんのお陰だと思っております、ブログを開設したお陰で楽しい人生を過ごしているかなーって思うところです。

記事エントリーが630件、もう毎日更新のペースですね。これもまたみなさんのお陰で更新できたんだなと思っております。これからもみなさんと多岐に渡って交流したい気持ちでいっぱいです。

これからも、ジャンルなき世界でみなさんを無駄遣いな世界へ引き込もうと思いますのでみなさんよろしくお願い致します。

観に来て頂き本当にどうもありがとうございます!

「無駄遣いな日々」大介(東京都)
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-11 22:40 | その他 | Trackback | Comments(24)

BECK,BOGERT & APPICE

購入日  2006年4月9日
購入場所 タワーレコード新宿店
価  格 ¥1,775
備  考 1973年発表 デジパック 独Repertoire ボーナストラック2曲付
b0042308_22261361.jpg
このCDは昨年リリースされた紙ジャケに続き2枚目の購入。ボーナストラックが収録されており「Lady」「I'm so proud」のシングル・ヴァージョンが追加されているのでそれだけの理由で買ってしまった。また安いしね。(タワーで買うとどこよりも安い?)
独Repertoireは好きなレーベルでZOOT MONEYのCDを再発したりしてます。

このアルバムはもう最高っす、クリームに遅れること5年、JEFF BECK先生も気合入れて制作したんでしょうな。ティム・ボガード、カーマイン・アピスの迫力あるリズムに圧倒されます、ハードな曲だけではない、スウィートな曲も、ソウルも出来が素晴らしいでっせ!
特にスティーヴィー・ワンダーの書き下ろし「Superstition」のハードロックなアレンジは緊張感あってスリルあってもうたまりませんな。
またカーティス・メイフィールドの「I'm so proud」のメロウな感じもこれまた良いですな!
うー、70年代ロックを更に探究したくなったね!
紙ジャケもっている方もこのボートラ付の、いかがですか??
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-11 00:05 | 音楽 | Trackback(2) | Comments(8)
購入日  2006年4月9日
購入場所 西新宿BF
価  格 ¥3,600
備  考 1CD 1973年10月17日ベルギー・ブリュッセルでのライブ
b0042308_2161917.jpg
日曜日の東京は晴天、天気が良いから性懲りもなく西新宿へ(笑)。もう買うアイテムは心に決めていた。決めないで行くと平気で¥10,000オーバーしてしまうからね。他のはあまり見ない!ってことで買ったのがストーンズの1973年のブリュッセル公演、これって遥か昔NHK-FMでON AIRされた音源ですかね?(間違っていたらすみません)
ブートでは有名音源らしく、某掲示板では音圧を上げたものだとのことですが、音にはそれぞれ好みがあるので僕はこの音質、とても満足しております。
やっぱり70年代しかもミック・テイラー在籍時のライブはとにかくスリルある演奏が楽しめますね。またキースがヴォーカルをとる「HAPPY」も熱いものを感じます。「JJF」は迫力ありますね(語彙が足りなくてすみません)
僕の好きな「MIDNIGHT RAMBLER」は1971リーズ大に比べテンポが早いヴァージョンですね、これがまた緊張感あって最高です。こうやって高音質で聴けるのはありがたいですね。
あー、今月も散財してしまった・・・。
こういうFM放送音源、まとめてオフィシャルリリースしてくれないかなー???
収録曲
01 INTRODUCTION
02 BROWN SUGAR
03 GIMMIE SHELTER
04 HAPPY
05 TUMBLING DICE
06 DANCING WITH MR.D
07 ANGIE
08 YOU CAN'T GET ALWAYS WHAT YOU WANT
09 MIDNIGHT RAMBLER
10 HONKY TONK BLUES
11 ALL DOWN THE LINE
12 RIP THIS JOINT
13 JUMPING JACK FLASH
14 STREET FIGHTING MAN
b0042308_2120851.jpg若きストーンズ、カッコええですね!
b0042308_21205333.jpg記事と全く関係ないけどブート買ったらなんだか飲みたい気分に(笑)不思議ですね。
BERGでハーフ&ハーフ¥315,ベルクドック¥294,ゆで玉子¥55の合計¥764でした。暖かいから生ビールが美味しいね!
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-10 00:03 | 西新宿 | Trackback | Comments(6)
到着日  2006年4月3日
購入場所 HMV通販
価  格 ¥3,979
備  考 3CD ユニヴァーサル系80'sアイドルデビュー曲53曲収録!
b0042308_10123551.jpg
よくぞリリースしたなーってのが第一印象。ユニヴァーサル系の80'sアイドルのデビュー曲を53曲収録。鹿取洋子から島崎和歌子まで53のアイドルを収録、はっきり言ってほとんどがB,C級(まあこれが好きなのだが:笑)、これ全部知っている人は相当のアイドルファンですな。僕は半分以上は知りません、って言うか初めて聴く人ばっか!(笑)
少女隊なんかA級アイドルですよー。とにかくこの頃はこういうポップスが幅を効かせたんでしょうな、無名のブリティッシュ・ビート・バンドのシングル集って感じ?(笑)
それではいくつか聴いた感想を。
鹿取洋子の「ゴーイング・バック・トゥ・チャイナ」はディスコティックな曲調が憶えておりました、出来れば鹿取洋子は単独でCD化してほしいところ。確かレイジーがカバーしたと思ったが・・・(うる覚え)

松本隆作詞・細野晴臣作・編曲の宇宙人で性別年齢不詳のギミックでデビューしたスターボー「ハートブレイク太陽族」はテクノ歌謡として今聴いてもすごく新鮮(笑)

Amy「瞬間少女」は黒住憲吾作曲・松原正樹編曲のシティ・ポップ。これは掘り出しものでした。

その他ライオン「BAN16」CMでお馴染み?1年で故郷に帰っちゃった江戸真樹、もう母親役もやっている河合美智子、実は歌も出していました石原真理子等なんだか凄い食い合わせですな。
今聴いて良いんじゃない?って思うのは事務所が強くプッシュしているなって気がしました、でも売れるって大変なことです。そう考えると聖子や明菜って超ウルトラスーパーアイドルですね!(笑)
b0042308_103168.jpgジャケットにワンポイントな解説もグッド!出来ればB面曲も収録して欲しかったがそれは無理か。それにしても全部聴くのは力が必要ですな(笑)


収録曲全部載せます!
1-1 ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ/ 鹿取洋子
1-2 ストロベリー・クイーン / ダンシング・ドール
1-3 ラブ・スケッチ /佐藤恵利
1-4 旅の手帖 / 石毛礼子
1-5 でもね / スクールメイツピープル
1-6 電話のむこうに故郷が / 松居直美
1-7 恋のティーンエイジ・ブギ / ヒーロー・キャリー
1-8 恋はティニィ・ウィニィ / 青葉久美
1-9 湘南アフタヌーン / 南マリア
1-10 私のモナミ / 水野きみこ
1-11 ハートブレイク太陽族 / スターボー
1-12 チェリーガーデン(桜の園) / 木元ゆうこ
1-13 ペパーミント モンスーン / 夏井圭子
1-14 ポプリの小瓶 / 石原真理子
1-15 わたし・多感な頃 / 河合美智子
1-16 瞬間少女 / Amy
1-17 スリリング / 田中久美
1-18 Forever−ギンガム・チェック Story− / 少女隊

2-1 雨の街 / 高部知子
2-2 ビキニ・バケーション / 堀江しのぶ
2-3 不思議あげます / 黒沢ひろみ
2-4 私の神様 / 田中さとみ
2-5 好きなのに......。 / 森下景
2-6 悲しきウェザーガール / レインボー・シスターズ
2-7 恋人講座 / 福家美峰
2-8 私 MAILUWA / 山本ゆかり
2-9 16才の儀式 / 高橋利奈
2-10 恋はショッキング・ブルー / 長沢由利香
2-11 予感 / 森田まゆみ
2-12 女の子は顔じゃない / ブスっ子くらぶ
2-13 失恋ライブラリー / 紘川淳
2-14 風のテレフォン・コール−今、恋しかできない− / 宝生桜子
2-15 SUPER BABY〜アイドル隊を踏みつぶせ〜 / 松永佳保里
2-16 黙っててあげる / 芹沢直美
2-17 I Love あのコ・夏のMaki / 江戸真樹

3-1 メランコリーの軌跡 / 松永夏代子
3-2 がんばれ!ウミネコ / 相築彰子
3-3 銀の妖精−Silver Doll− / 浅野愛子
3-4 ボーイフレンド / 久松由美
3-5 少女神話[6.2.8] / 秋元ともみ
3-6 瞳の魔術−Hypnotized− / タムリン・トミタ
3-7 Stay with me Tonight / 藤崎あや
3-8 プリティ・ドリーマー / 友田ますみ
3-9 涙をたばねて / 小川範子
3-10 硝子のキッス / 姫乃樹リカ
3-11 瞳をみつめて / 山崎真由美
3-12 ラストレター / 西由梨絵
3-13 北風のピリオド / 浦川智子
3-14 じゃじゃ馬にさせないで / 西尾えつ子
3-15 Dance Beatは恋するオトメの常備薬 / 咲浜小百合
3-16 約束だよ”KWAK'S SONG” / 林原めぐみ
3-17 泣かないで / キューティー鈴木
3-18 弱っちゃうんだ / 島崎和歌子
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-09 10:38 | 音楽 | Trackback | Comments(11)
16:00〜味の素スタジアム 晴れ 観衆24,214人
スコア FC東京3-1ジュビロ磐田
得点 (東京)ルーカス2、栗澤 (磐田)村井
b0042308_23482229.jpg
今日の東京は変な天気でしたが飛田給駅に到着した13:30頃は晴れました、気温も上昇し厚着をした当方にとっては汗ばむ陽気、そんな中でのFC東京ホーム試合、今日の相手はジュビロ磐田。
昨季は久しぶりに勝ち、アウェーでも引き分けと昨季は負け無し。今季の磐田も昨季と同様、若手への切り替えが上手くいっていないように感じる、今日の試合は代表の福西が不在、だんだんと勝てない相手ではないと思う気持ちが強くなるね。

今日はFWルーカスがやってくれた!
1点目の肩口から来たボールを上手く合わせてゴール!これはお見事だった。今までシュートの精度が悪かっただけにこれで本人もホッとしたことでしょう。

磐田のサイドからの攻撃で同点に追いつかれても今日の東京は動揺しなかったね、前半42分にルーカスが振り向きながらシュート、GK川口は弾いたものの弾いたボールはゴールネットへ!これまた素晴らしいゴール!川口がめちゃくちゃ悔しがっていたね。
後半も東京は動きが良かったと思う、追加点が欲しい後半22分には栗澤が詰めてゴール!昨季のホームゲームでも栗澤が決めたね、君は磐田キラーだ!(笑)

一方、磐田の方は3-1になってから緊張の糸が切れたか後半最後の方になるともうグダグダ。以前の強い磐田ではないのは確かだね。

これで3勝2分2敗、白星が一つ先行しました。昨季は磐田戦後にボロボロになったが今季はそれはないと見た!次はホーム千葉戦、次も強い心で勝ちに行こう!

b0042308_093380.jpg試合と関係ないけど味スタのタコスを売っているメキシカンショップで買った青唐辛子の漬け物「ハラペーニャ」¥300、めちゃ辛いけど(舌がしびれる)これビールに合いまっせ!スタジアムでも千ベロ!タコスとハラペーニャは味スタ初の食の名物となるか???
# by daisuke_Tokyocity | 2006-04-09 00:14 | スポーツ | Trackback(2) | Comments(2)