無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

<   2008年 08月 ( 48 )   > この月の画像一覧

ラーメン二郎@鶴見

b0042308_20323554.jpg

8/31は横浜市某所で技能訓練の学科試験を受験してきました。
試験終了後に遅い昼食として二十歳そこそこの後輩とラーメン二郎鶴見店に初訪問、小ブタラーメン¥700(無料トッピング:にんにく、野菜、トウガラシ)を食べました。
試験後に二郎で食べようって同じ考えの受験生、おりましたね(笑)
b0042308_2040269.jpg

ここはトウガラシが無料トッピングに入っておりましたので、あまり来る機会がないので追加しました。この一味唐辛子、なかなか良いよ!
量は他店鋪に比べると小でも少ない方だと思う、まあ暴力的な量だとちと帰りが苦しいから今回はこの量で良かったですね。
煮ブタは柔らかく仕上がっておりました。スープは、二郎の味で満足です。前回会社帰りで寄ったらお休みでしたので、前回の仇取ったり!(笑)


b0042308_20431362.jpg麺は平麺でした。二郎もお店によって麺が異なるのでそれはそれで面白い。茹で具合はちょうど良かったです。


今日は僕が動いている間は雷雨もなく晴れで暑い1日でした。暑い日に熱いラーメン食べて汗だくとなってお店の外に出ると、なんだか爽快感がございますね!暑い時期には熱いラーメンが良いのかな???

試験も終わったことだし、まだ雷雨も大丈夫そうだから久々西新宿でも行きますかね。


b0042308_0114786.jpgついに鶴見店も攻略!通算9店鋪目でした(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2008-08-31 21:00 | 食べ物 | Trackback | Comments(6)
b0042308_18464099.jpg

土曜日は雷雨の合間を上手くすり抜けて買い物後に昼食をぎょうてんキッズうまいじゃんでラーメンを食べました。
このお店は神奈川県厚木市、海老名市を本拠とするぎょうてん屋の系列店、近所の八王子に出来たのは嬉しいですね。
んで今回食べたのが、ラーメンぎ郎。そうラーメン二郎の亜流でございます。早速注文してみました。
確かに見た目二郎のようです、麺はちょっと黒っぽく角ばっておりました。なんだかうどんのような麺でした。スープを飲むと味も二郎に似ておりましたね、背脂が大量に投下されており、それは二郎とは違っていたかも。麺を硬めで頼んだら何だか吉田のうどんのような硬さでしたな(笑)味はぎょうてん屋の研究熱心さんに感心、二郎テイストでなかなか良かったですよ。花月の亜流二郎よりは断然こちらの方が上でしたね。
量も普通盛りながら普通の普通盛りよりは多いね、中盛り、大盛りとあるから麺増やしてもいいかな。あと汁なしラーメンぎ郎もあるので今度食べてみよう。

八王子に二郎ありますが行くのに不便なのでこれなら近くにまた行けそう。ちなみに日曜日はお休みですので。


b0042308_18542764.jpg麺は角張った感じの太麺。麺の硬さは普通が良いかも。



b0042308_18553115.jpgメニューもアップしておきましょう。今ならつけ麺が二玉まで同じ値段の¥750です。



b0042308_185642100.jpgお店の外観です、席はカウンターのみ。八王子も色々なラーメンがあって楽しいですな。

by daisuke_Tokyocity | 2008-08-31 18:59 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)
到着日  2008年8月29日
購入場所 HMV通販
購入価格 1CD¥2,500
備  考 オリジナル1982年、多分音的にリマスター、アルバム単体久々の再CD化
b0042308_2111470.jpg

夏の終わりにアイドル2連発!早見優のファースト・アルバムです、CD化になるのは何年ぶりでしょうか?早見優の音源は一時、「ぼくらの」シリーズでボックス化されましたが、オリジナル・アルバムの再CD化は実現しておりません。オリジナル・アルバムのCD化はかなり前。後期のCDはよくブックオフで見ますが、初期のアルバムはなかなかお目にかかれません。なのでこのファースト紙ジャケ化はうれしいですね。ベスト・アルバムだけでは満足出来ないアイドル・シンガーですから。
今回の紙ジャケではさすがにトーラス・レコードのロゴは無理だったようですが、歌詞カード、ピンナップ、内袋が忠実に再現しております。

当時16歳だったんですね〜、健康的なイメージですな。また英語で答えたりするところなんかもなかなか。結婚されても主婦タレントとして確立しておりますし、良い歳の重ね方しておりますな。
ハワイで育った印象が強く、夏のイメージが強いですね。なのでファーストは夏っぽい曲が多いです。サンバ調あり、西海岸のAORテイストありと聴いていて楽しい。ファーストとしては結構レベル高い作りしておりますよ〜。典型的なアイドルアイドルなアルバムじゃないのも良いね!出来ればセカンド以降も紙ジャケ化して欲しいな。

収録曲
01 I Love,who?
02 太陽の恋人
03 ゴンドラ・ムーン
04 青いSea Side
05 サテン サンバ72
06 素敵なRAIN DROPS
07 急いで!初恋
08 私を見つめて・・・
09 ハニーな昼下がり
10 LOVE-LIGHT
11 ALL MY LOVE


b0042308_226267.jpg当時付属のピンナップ、内袋、歌詞カードも再現。EMIの紙ジャケも最近は再現度のレベルが高くなってきたと思う。アイドルも紙ジャケが一番似合うかも

by daisuke_Tokyocity | 2008-08-30 02:29 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)
到着日  2008年8月29日
購入場所 HMV通販
購入価格 1CD¥2,500
備  考 オリジナル1980年、多分音的にリマスター、アルバム単体初CD化
b0042308_23361068.jpg

久々のアイドル・ネタでございます。常連さんは久しぶりって感覚?最近当ブログを知った方々はなんだこりゃ?ってところでしょうか?(苦笑)

EMIより70年代80年代アイドルのオリジナル・アルバムが20歌手各1枚の合計20枚、紙ジャケ化されました。その中から何枚か紹介したいと思います。
最近のEMI紙ジャケは価格は相変わらずですが出来はかなり良いです、帯なんか当時を思い出しますもん。んで今回は1980年にデビューした石坂智子の最初で最後のアルバム「デジタル・レディー」です、タイトルから凄いな〜。実働1年ちょっとの彼女、同期に田原俊彦、聖子、奈保子、柏原よしえとかなり強力なアイドル戦線の中、フジTV「ただいま放課後」の主題歌「ありがとう」で小ヒットしております。当時の新人賞レースにもいくつか出ていたことを思い出します。

楽曲は全て伊藤薫作詞、大村雅朗作曲/編曲、1980年代らしい曲、アレンジが懐かしいです。ちょっと気合入り目な歌もありますが、やっぱり詞もメロディもしっとりな「ありがとう」が一番ですかね。でもアルバム全体を通すと当時のスタッフは良い物を作るって意気込みは伝わってきますね。売れることも大事なんですけど、良い物を作るってことが一番大事だと思いますよ〜。
実働1年ちょっとの彼女ですが、まさか自分のアルバムがこうやってリリースされるなんて驚いているのでは???なんですぐに辞めちゃったんだろう、このアルバムの04〜06の曲のタイトルが彼女の将来を暗示するような・・・。

今はこのようなアルバム作り、歌手は絶対生まれないと思うので今じっくり聴くとすごく新鮮かもです!
それにしても紙ジャケラッシュもここまで来たか〜、全てを網羅するのは不可能ですよ〜〜〜。

収録曲
01 デジタル・ナイト・ララバイ
02 冬ぐもりの街
03 ジャスト・ア・ミニット
04 未来なんかいらない
05 卒業
06 ありがとう
07 湘南,18,黄昏て
08 通り雨
09 ブルー・カラー・レディ
10 ラブ・イズ・ユー
by daisuke_Tokyocity | 2008-08-29 23:55 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)

ARB / YELLOW BLOOD (紙ジャケ)

到着日  2008年8月23日
購入場所 HMV通販
購入価格 1CD¥2,500
備  考 オリジナル1984年、最新デジタル・リマスタリング、ボートラ付
b0042308_22525781.jpg

ARB中後期の傑作をあげるのであればコレ!と言うARB KIDSは多いでしょうね。またこれを紹介しないと怒られそう(苦笑)

BOW WOWから斉藤光浩が参加、さあレコーディングってところでベースのサンジが不祥事でARBをクビとなり岡部滋が加入する前に英国からやってきたストラングラーズのジャン・ジャック・バーネルが助っ人として2曲参加しております、確かライヴもやったはず。すったもんだのARBですが、災い転じて素晴らしいアルバムが出来上がりました。ギターが田中一郎から光浩に変わってもARBの素晴らしさに色褪せることなく、逆にこれはいいね!ってアルバムでした。光浩のギターがこれまた素晴らしいんですよ、BOW WOWのイメージでしたが、ARBのストレートなロックに合わせた音色は正にARBサウンドでした。
ワーク・ソング「HOLIDAY」を聴くと大人にはなりたくないなんて思ったりして、でも最後に気合入る「FIGHT IT OUT!」で前向きになれますな。たまには落ち込もうって感じの「飲まずにいられない」はARBの好きな曲の一つ、この飲み方は体に思いきり悪いのですがたまには良いでしょう、人間として生まれたなら誰もが経験する歌ですよね。

じっくり聴くと、懸念された「TOKYO PRISON」での音揺れはやっぱり聴こえちゃうな、もうマスター・テープに難有りのようですが、リマスタリングされて石橋凌のヴォーカルに艶が出たような感じだ。ARB KIDSはみんなこのアルバム、好きなんじゃあないかな??

収録曲
01 TOKYO PRISON
02 Let's "REVOLUTION"
03 彼女はチャーミング
04 HIT MAN
05 ダン・ダン・ダン
06 YELLOW BLOOD
07 ONE WAY TRIP
08 HOLIDAY
09 飲まずにいられない
10 闘い抜くんだ!(FIGHT IT OUT !)
BONUS TRACKS
11 Deep Inside (IN THE CITY)
12 Deep Inside
13 Fight It Out! (LIVE)

Fight It Out!(LIVE)の後に「魂こがして」のイントロがフェイドアウトして聴こえる、音源絶対あるはずだから、このLIVEの完全版をリリースしておくれ!
by daisuke_Tokyocity | 2008-08-28 23:09 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(8)
到着日  2008年8月23日
購入場所 HMV通販
購入価格 1CD¥2,500
備  考 オリジナル1987年、最新デジタル・リマスタリング
b0042308_23461863.jpg

ちょっとARB / 岡林のループ状態御容赦(笑)最近買ったのコレだけなのですみません!
僕が当時二十歳の頃にリリースされたアルバム、三代目ギタリスト・白浜久加入後二作目となります。久加入後は更に音に厚みが出て来ましたね、久自身がリードしていたかのような、シンセサイザーやキーボード、プログラミングを多用しております。
それでもARBはARB、音は変わってもそのバンドスタイルに変わりないのが良いところ、当時はアナログ盤を買いました。二十歳ですとアルバイトやって多少自由に使えるお金が入るとレコード/CD買いは今のネットショッピングに比べると楽しみは一杯でしたね、行くとこれも!って感じで余計に買っちゃうこと、多々ありました。そのスタイルは20年経った今と全く変わりませんよ〜(笑)

久がアレンジしたと思われる楽曲に嫌味はありません、むしろ斬新な感じ。凌&久のダブル・ヴォーカルがカッコいい「PEACE & LOVE」、ARBのバラードでは好きな部類に入る「DREAMING BABY」、花園に背を向け、前に倒れてくちはてるまで・・と歌う「OWN MY OWN」は名曲。この曲聴くと気合が入りますね、どうも気が乗らない時に聴くと、背中を押されるような・・・、ARBはそのような歌が多くて良いね!20年経っても色褪せない素晴らしさがありますな!ROCK OVER JAPAN!

収録曲

01 ROCK OVER JAPAN
02 HAPPINESS
03 HURRY UP
04 ANGEL
05 AUTOMATIC MAN GOES
06 PEACE & LOVE
07 DREAMING BABY
08 OWN MY OWN
09 SAY! NO!!
by daisuke_Tokyocity | 2008-08-28 00:07 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(2)
b0042308_23245971.jpg

神宮球場での野球観戦後や国立競技場でのサッカー観戦前、ありとあらゆるスポーツ観戦前後によく食べたのがこのホープ軒のラーメンである。もう何回食べたかな?
初めて食べたのがなんと、今から20年前の後楽園ホールで行われたWBC世界ジュニア・フライ(当時)級タイトル・マッチ 張正九(韓国)VS大橋秀行(ヨネクラ)戦観戦前に途中下車して食べました。その後はとにかくこの辺のスポーツ観戦には欠かせない位食べましたね。野球観戦後、サッカー観戦前とかくスポーツ観戦前後ってお腹が空くんですよね、ガッツリ食べて、観客席ではビールにチェンジは20年前から全然変わっていないスタイルですな(笑)
久しく食べていなくて2年ぶりに食べましたよ。
当時はこの背脂たっぷり脂濃いラーメンは僕にとっては衝撃でしたね、この豚骨しょうゆが美味しかった!あ〜、脂多めにしておけば良かった???
最近はホープ軒より凶暴な味のラーメンが多くなりましたが久しぶりに食べた味は変わらずで良かったな〜。また立ち食いってところが好きなんですよ。秋になったらまた食べに行こうかな。


b0042308_23322290.jpg千駄ヶ谷のホープ軒はこのネギが取り放題、もちろんネギラーメンのようにガッツリ入れましたよ!!
by daisuke_Tokyocity | 2008-08-27 23:35 | 食べ物 | Trackback | Comments(5)
到着日  2008年8月22日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 1CD¥2,800
備  考 オリジナル1970年、デジタル・リマスタリング
b0042308_05114.jpg

ファーストに続き長らく廃盤だった岡林信康のセカンド・アルバムがデジタル・リマスタリング&紙ジャケで再発です。今回は前回のCD化でなぜかオミットされた(歌詞が本人を中傷しているからだろうか?)「ロールオーバー庫之助」も復活、本来のオリジナル通りの再発です。
ディランと被っちゃうけど、エレキに持ち替えた岡林、11曲中7曲でのバックあのはっぴいえんど(アルバムではハッピーエンドとカタカナ表記)です。まるでディラン&ホークスのようだね。
前半は大人しめだけどB面の2曲目の「堕天使ロック」からは完全に電化岡林となっております、ファズギターと言うか、やっぱり鋭いね!なんで今まで簡単に聴けなかったのがホントもったいない!ファーストに比べロックな岡林は最高ですな。
10月は待望のライヴ・アルバムが再発されるし、その中ではっぴいえんど単独の演奏も収録されるようだからファンは買いですよ。
岡林の声、優しさと鋭さが同居してこれは聴き応えありますよ。ジャケットはコーティングされたWジャケット仕様。URCロゴや帯はこの際どうでもいいや〜(笑)

収録曲
01 愛する人へ
02 おまわりさんに捧げる唄
03 性と文化の革命
04 自由への長い旅
05 私たちの望むものは
06 NHKに捧げる歌
07 堕天使ロック
08 ロールオーバー庫之助
09 ラブ・ゼネレーション
10 無用ノ介
11 今日をこえて
by daisuke_Tokyocity | 2008-08-27 00:05 | 国内ネット通販 | Trackback(1) | Comments(6)
b0042308_2345028.jpg

b0042308_235828.jpg

b0042308_2352395.jpg

お盆休みの時に食べた立川・ZEROの野菜盛りカレーつけ麺(中盛りサービス)¥950です。かつお節系のつけ汁にカレー味はかつお節の風味が更に強くなってカレーと合いますね、プラスカレーパウダーまで投下してくれました。
八王子大勝軒でも限定メニューのカレーもりがございますが、大勝軒のはトロっとこってり感がございますが、こちらはカレースープのようにサラっとしております。背脂らしきもののと鷹の爪がピリっとした味となってこれまた美味しい、自分好みの味ですな!
やっぱり、カレーって何でも合いますな。それにたっぷりの野菜をカレーつけ汁につけるとこれまた美味しい!今度は中盛りの極太麺で食べようかな。ちなみに標準ですと、細麺となっております。

ここのZEROはメニューも豊富で最初は迷ってしまいます、お近くの方、是非行ってみてください。
by daisuke_Tokyocity | 2008-08-26 23:12 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)
購入日  2008年8月23日
購入場所 HMV通販
購入価格 1CD¥2,500
備  考 オリジナル1985年、最新デジタル・リマスタリング、ボートラ3曲付き
b0042308_22504756.jpg

ARBの後期オリジナル・アルバムの紙ジャケCDが発売となりました。今回は当ブログ初登場の1985年発売、戦後40年の年に発表された戦争をテーマにした9枚目のアルバムでございます。
当時僕は勉強しかしないくそ真面目な18歳、だけどARBは僕の悶々とした生活に喝を入れてくれました。言わば僕の青春のアルバムの1枚です。当時もうちょっと遊んでいたらどうなってたかな??
ギターは既に斉藤光浩に代っておりましたが、ARBそのものが好きでしたので光浩時代のARBも大好きなんですよ。

この頃は更に音に厚みが出てホーン・セクションやキーボードを多用しておりますが、そんなでもARBらしさはそのままでした。作曲にベースの岡部滋が担当している曲がある、「あの娘はアトミック・ガール」「THE WORKER」となかなか良い曲を作っているのがわかる。光浩も「明日かもしれない」「闇をぶっとばせ!」やっぱり海辺で聴きたいバラード「波止場にて」なんか良いね。

ロックンロールなARBもあり、またバラードな静なARBが一緒に同居しております、緩急つけていると言うか、その差がまた良いんですよ〜。もう40過ぎたオッサンですが、コレ聴いたら、18歳の頃のオレを思い出すね!(笑)

ボートラに当時の12inchシングルの「ブルー・カラー・ダンサー」が付いておりますが、ここはやっぱり当時を思い出すと「波止場にて」で聴き終わりたいのは贅沢??
「ONE WAY TRIP」のライヴ・ヴァージョンも収録されているが、「HIT MAN」のイントロが聴こえてフェイド・アウト、絶対音源残っているはずだ!ARBのLIVEアンソロジー聴きたいな!

収録曲
01 明日かもしれない (MAYBE TOMORROW)
02 闇をぶっとばせ!
03 Deep Inside
04 あの娘はアトミック・ガール
05 AFTER'45
06 THE WORKER
07 THE BOXER
08 黒いギター (PASSION! NOT,FASHION!)
09 September Moonlight
10 波止場にて(マーロン・ブランドに捧ぐ)
Bonus Tracks
11 BLUE COLOR DANCER
12 BIG ROMANCE
13 ONE WAY TRIP (LIVE)


b0042308_2395983.jpg植田正治氏によるモノトーンなジャケットもカッコいい!当時似たような写真撮ったっけ(笑)

by daisuke_Tokyocity | 2008-08-25 23:11 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(8)