無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

<   2008年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧

シカゴ・ブルースの25年

購入日  2008年3月22日
購入場所 タワーレコード聖蹟桜ヶ丘店
購入価格 3CD¥4,200
備  考 オリジナル1981年発売、ボートラ6曲、全曲デジタリ・リマスタリング
b0042308_23541960.jpg

「RCAブルースの古典」と並ぶブルースの教科書「シカゴ・ブルースの25年」がパワーアップされて再発されました。今回で2度目のCD化ですが、ボーナストラック6曲追加、全曲デジタル・リマスタリングですからね。初CD化の時のを持っている方でもこれは買い替えオススメです。

ミシシッピー・ブルースをそのまま、都会・シカゴへ持って行きそしてシカゴで大成したブルース、都会の混沌さがそのまま反映している感じ、やっぱり独特なヴォーカルに哀愁を感じるけど、ハープがメインとなったインストも泣けます。焼酎の金宮梅割りなんかで聴いたら即トリップしちゃって気持ちいいでしょう(笑)

これらのブルースが大西洋を渡って、ロンドンの若者たちが新しいブルース解釈で、新境地を開きブルース・ロックとなった、ロックのルーツにもなるからブルースの奥深いな〜って強く感じます。
オーティス・ラッシュの「I CAN'T QUIT YOU BABY」がなければZEPは出て来なかった?ってこと思うとこれはホント歴史的に重要な音楽ですね、ブルースは!当たり前だけど。

チェスの大物マディらは未収録だけど、マジック・サムにオーティス・ラッシュ、バディ・ガイ、エルモア・ジェイムス、A.C.リードは収録されているし、ブルースを更に深く聴きたい!またはこれから聴いてみたい!って方には絶好なアイテムだと思います、いや〜このようなオムニバスってホントはまっちゃいますね。これはオススメですよ〜〜〜。
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-31 00:14 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
14:00〜 味の素スタジアム 観衆19,233人
スコア FC東京 3 - 3 京都パープルサンガ
得 点 (FC東京) 吉本、赤嶺、今野 (京都) 角田、渡邊、田原
b0042308_21582086.jpg

大味な試合でしたな〜、勝ち点0じゃなくてよかった・・・。
作シーズンなら、逆転されたらそのまま終わりって展開が多かったが今季は以前のような粘りが出て来たかもしれない。でも今日は勝ち点3取れた試合だったよな〜。
うちも京都も守備に穴があるからこのような大味な試合になってしまうね、特にうちは守備、センターバックにまだ不安材料があるな。でも吉本は経験を積まないと大成しないからこれはもう我慢するしかないなー。京都・田原とかに当たり負けしていたけど、これも今後不動のセンターバックとなるための試練ですからどんどん相手の当たりの強い選手に削られて大成してください。
また背が高い選手が少ないので空中戦に弱いのもわかったからそこをなんとか克服することかな。

それにしても京都の粘りは素晴らしかったね、以前のJ1とJ2を行ったり来たりのチームではないね、年々J1のレベルが上がっているから過去のデータがだんだん無意味になってくるよ。それだけ今季のJ1はどのチームも厳しくなりますね。

とにもかくにも負けなくてよかった!今野選手の執念のゴールで救われたよ〜。
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-30 22:14 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
b0042308_1410635.jpg

b0042308_14101918.jpg

昨夜は久々、二郎京急川崎店で小ブタ(ニンニク、野菜増し)¥700を食べました。
僕の所属している課には「B級グルメ探検隊」があって、仕事が終わってよくみんな(4人)で食べにいったりしていました。
その「Bグル隊」も人事異動で後輩のまさピロ君が他工場へ出向、ポラちゃんは北海道へ転勤となり部隊活動が困難なので、昨日は解散公演だったわけです。

後輩の「二郎が良いですね〜」ってことで即決定、久々の二郎は美味しかったですね、
あの独特のトンコツ醤油味とニンニクが絡める味が好きですね、ブタも厚切りで柔らかく、そして量も多いので満足です。久々、ガッツリ食べても動けないほどではありませんでした。みんなも満足したようでよかった、よかった。

でも「二郎」は月1回が限度だな(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-29 14:27 | 食べ物 | Trackback | Comments(6)

桑田真澄投手引退

僕はスポーツ観戦が好き、ブログではサッカーばかりですが野球も好きなんですね。
同い年の桑田投手が引退を宣言しました・・・。
桑田投手はPL学園時代から、高校生離れしたピッチングに思い入れがあります。小さい体ながら、23年間頑張ったと思います。
同い年で難を言うのであれば絶頂時に、野球以外のサイドビジネスに手を出して野球どころじゃあない状態だったのはファンにとっては残念でしたが、肩代わりしたジャイアンツから解放されてからの桑田投手は純朴な野球少年になっておりましたね。

しがない社食でのNHKのニュースで大リーグオープン戦での投球は観て頑張ってくれと思ったりしてました。ちゃんと無失点に押さえると良しって思ったりして、同い年ながら励みにもなりました。ボロボロになっても現役を続けるスポーツ選手は好きですね、同い年でマウンドで胸を踊らせた桑田投手にまずはお疲れさまって言いたいです。

桑田投手と言えばもう一人のK選手へ。
投手と野手の違いはあれど、同じボロボロでも年俸1億って・・・。「桑田はカッコよかった」なんて言ってる場合ではないよ!
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-28 02:45 | スポーツ | Trackback | Comments(12)
到着日  2008年3月26日
購入場所 タワーレコード通販
購入価格 12CD¥20,000
備  考 オリジナルアルバム10枚+レアCD2枚、紙ジャケ、リマスター記載なし
b0042308_0281492.jpg

ストリート・スライダーズのファーストを久々聴いてみた、やっぱり荒削りなところが魅力的だ。どのバンドもそうだけど、ファーストはこう荒々しくないとね。ドライヴ感もあるし、最高だ!
音はもろストーンズなんだけど、それがまた良いね!ファーストから名曲多し、「Blow The Night」「Downtown Sally」「あんたがいないよる」「のら犬にさえなれない」は好きですね。

このバンドを初めて観たのは、TVで裕也さんのNEW YEAR ROCK FESでした。その後レンタルレコードでこのアルバムを借りて聴きまくりましたね。それからバイトしたお金で武道館公演行ったり、社会人になって野音、そして武道館での解散ライヴも行きました。基本的にスタイルは変わっていなかったと思う、佐久間正英プロデュースであか抜けた感じだったけど、大勢のファンを獲得するには彼のプロデュースはいいアシストだと思う。

b0042308_03633.jpg

そのスライダーズの12枚組紙ジャケボックスを思いきって買ってしまった!スライダーズ・ボックスってプラケ版でもかなり前に買ったからこれで二度目のボックス買いだよ〜。紙ジャケの誘惑についつい(苦笑)

リマスターの記載はないものの、音は良いんじゃないかな。帯も付いてなかなかです。
まあCDのみ発売されたのも強引に紙ジャケ化されているけどまあいいか。
スライダーズ初期のオリジナルアルバムを聴けるのは、これだけなのは残念だな。特に若いロックファンには聴いてもらいたいバンドなので安価で単品でリリースして欲しいな〜。

スライダー・ジョイント(1983年)収録曲
01 Blow The Night
02 Downtown Sally
03 あんたがいないよる
04 Jumpin' Shoes
05 すれちがい
06 サテン・ドール
07 マスターベイション
08 のら犬にさえなれない
09 酔いどれDancer
10 Ret It Roll
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-27 00:44 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)
購入日  2008年3月25日
購入場所 BOOK OFF八王子北口店
購入価格 2CD¥2,450−¥100(クーポン券使用)=¥2,350(定価¥4,100)
備  考 1991年リリース、帯なし
b0042308_021471.jpg

「ゴスペルの女王」マヘリア・ジャクソンのゴスペル集をブックオフで見つけました。
このようなCD、なぜかブックオフでよく見つけるんですよね。
このシリーズはソニーのルーツ・アンド・ブルース・シリーズみたいに、ゴスペル・スピリッツというシリーズがあったみたい。

帯があれば完璧でしたが、1991年リリースですとなかなか見かけませんので帯なしでも買っちゃいました。またこの同じ形態での再発は多分無理でしょうしね。

ゴスペルってブルースとジャズのミックスした感じ、ブルースのような重い感じでもなくジャズの朗らかさ?が目立つ感じでしょうか?
聴いていて彼女の声量が素晴らしいですね〜、とにかく力強い!
ゴスペルを本格的に聴くのはもしかしたら初めてかもしれない、そんな迫力に素晴らしさを感じますね。音楽は深いな〜〜。
このシリーズ、見つけたら即買いですな!
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-26 00:13 | ブックオフ | Trackback | Comments(7)
購入日  2008年3月23日
購入場所 BOOK OFF八王子北口店
購入価格 1CD¥1,250×20%OFF(タイムセール)=¥1,000(定価¥1,980)
備  考 2004年リリース、バーボン・レーベルでのベスト
b0042308_222323.jpg

バーボン・レーベルのオリジナル・アルバムが紙ジャケ化が進む中、このレーベルの中で重要なミュージシャンでもある柳ジョージ&レイニーウッドのオリジナルが一向に発売する雰囲気がないので敢えて2004年12月に発売されたバーボン・イヤーズでアピールしたいと思います。

このバンド、結構好きなんですよ〜、今にない哀愁あるメロディとヴォーカル、ちょっと切ない歌詞、また昔の横浜にぴったりの雰囲気が良いですよ。

洋楽が一番って音楽ファンからよく「クラプトンの模倣」とか揶揄されたりちょっと誤解されちゃったり、ある日本の大物ミュージシャン(しかも後輩)から「日本でクラプトンやると柳ジョージになるからな〜」なんて言われたりしましたが、それはホントは自分がやりたかったんだよ〜って裏返しだと思います(笑)、その大物さん、若い頃にジミ・ヘンドリックス張りの炎のギター・ソロ・アルバム作る!って宣言してたけど、どうなっちゃったんでしょう?

おっと話が脱線してしまいました。バンドとしてショーケンのバックやったりとバンドそのもののレベルは高いし、コーラスワークも素晴らしいものあります。だから早くオリジナル・アルバム再発しておくれ〜!

ちょっと手が届かないような彼女と横浜で最初で最後のデートするなら「ヘイ・ダーリン」を思いながら歩きたい、雨の日は「雨に泣いてる」で哀愁に耽り、お酒呑んでいい気分に浸ったら司馬遼太郎の短編小説タイトルの「酔って候」で更に酔いたい、ちょっとカッコつけて「本牧綺談」もいいな〜、デイヴ平尾のカバー「一人」も渋いよ。今の40代の男たちにぴったりの歌が詰まっていると思いませんか??(笑)

収録曲
01 雨に泣いてる……(日本語ヴァージョン)
02 「祭ばやしが聞こえる」のテーマ
03 同じ時代に
04 Weeping In The Rain
05 少年の日
06 ヘイ・ダーリン(日本語ヴァージョン)
07 ホワット・ドゥ・ユー・ウォント
08 酔って候 無頼酒の詩
09 HEY DARLING
10 微笑の法則〜スマイル・オン・ミー〜
11 FENCEの向うのアメリカ
12 遺言 My Will
13 フォーリン・ダウン
14 クロス・アイド・ウーマン
15 本牧綺談 I REMEMBER THE NIGHT
16 プリズナー
17 一人 I STAND ALONE
18 Room609
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-24 22:42 | ブックオフ | Trackback | Comments(6)

音壁JAPAN

購入日  2008年3月23日
購入場所 タワーレコード八王子店
購入価格 1CD¥2,520
備  考 2008年3月リリース、JAPANESE WALL OF SOUND集
b0042308_22195588.jpg

最近、和モノ関連でも面白いオムニバス・アルバムがリリースされております。音楽も広域化しているのでチェックや予算計上は大変ですが、購買欲が上昇しちゃいます(笑)

今までありそうでないオムニバスではないですかね、フィル・スペクターの手法「WALL OF SOUND」に影響受けた日本の音楽集、まあだいたいその筋では有名な大滝詠一関連が占めることは予想できましたが、今聴いてみると、お〜、この曲もそうか〜なんて再発見もありました。

日本人ってそのバックグラウンドは知らなくても好きなメロディってあると思うのですがこのフィル・スペクターの音も結構好きなんじゃないかなってこのオムニバス聴いての感想ですかね。(実際、そんなうんちく垂れると引かれるし・・・:苦笑)

今まで思ってもいなかったミポリンの05なんか、これ通して聴くとスペクター・サウンドなので驚きです(うまくスペクター・サウンドを調理した感じ)、またアルバム「風立ちぬ」の頃の聖子は声がとてもチャーミングでスペクター・テイストに似合うとか(この頃の聖子に対する大滝先生の歌唱指導はかなり厳しかったらしい)、SOMEDAYの佐野元春はアレンジもやってて創作力が凄かったとか、再確認できるのもこのオムニバスならでは。

シーナ&ロケット「ユー・メイ・ドリーム」もスペクター・サウンドの影響がありますが、その中でも鮎川誠氏のギターのアピールもこれまた素晴らしいと聴き応え十分でございます。
日本の音楽もやっぱりやめられないな〜、侮れないよ〜〜〜。モータウンJAPANなんてオムニバス出ないかな〜??

収録曲

01 夢で逢えたら / シリア・ポール
02 一千一秒物語 / 松田聖子
03 SOMEDAY / 佐野元春
04 つのる想い / 須藤薫
05 世界中の誰よりもきっと / 中山美穂&WANDS
06 二人は片想い / ポニー・テール
07 夏休みの宿題 / 杉真理
08 酸っぱい経験 / 多岐川裕美
09 恋のハーフムーン / 太田裕美
10 雨は手のひらにいっぱい/ シュガーベイブ
11 涙のメモリー / 原めぐみ
12 ユー・メイ・ドリーム / シーナ&ロケッツ
13 Ring Ring Ring / YUI(浅香唯)
14 うれしい予感 / 渡辺満里奈
15 ドゥー・ユー・リメンバー・ミー / 岡崎友紀
16 青空のように / 大滝詠一
17 わすれたいのに / モコ・ビーバー・オリーブ
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-23 22:45 | 音楽 | Trackback | Comments(6)
b0042308_21384920.jpg

今年初の八王子大勝軒でした、午後2時半前に行ったら一旦準備中でPM2:55に再開とのこと、ブックオフとタワーレコードを巡回すればすぐに3時、2時半前はお客さんいっぱいでしたが、今回はすんなり入れました。
もりしおにしようかと思いましたが期間限定メニューがもりマーボーでしたので、予定を変更してもりマーボーにチェンジしました。
b0042308_21441089.jpg

通常のつけ汁に麻婆豆腐を入れた創作ものです、これはかき回す前ですから麻婆豆腐の赤い色ではありませんが、かき回すとつけ汁が赤く変身します。
具は小さく角切りして豆腐に挽肉、豚ばらチャーシューにメンマ、半玉子と具も多いです、麻婆はそんなに辛さを感じませんでしたが、カツオ節系のつけ汁といい感じにマッチしたと思います。ほどよい辛さが丁度いいですよ〜。あつもりにしたらまた違う食感だったと思うね。

b0042308_21481170.jpg麺は相変わらず多いですが、不思議とすんなりなんの抵抗もなく胃袋に収まりました(笑)17:00以降の太麺でも食べたいな。

by daisuke_Tokyocity | 2008-03-23 21:51 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

STEVIE RAY VAUGHAN / SRV仕事集

購入日  2008年3月22日
購入場所 HMV立川店
購入価格 1CD¥2,520
備  考 2008年1月リリース
b0042308_22312628.jpg

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのセッション及びライヴを収めた彼の「仕事集」がリリースされて、ありそうでなかった企画もの、レーベルを越えて在りし日のSRVの素晴らしさが再確認できるアルバムです。

この人、短い人生の中で彼が敬愛するギタリストと共演していたんですね、アルバート・キング、BBキング、ジェフ・ベック、ロニー・マック、アルバート・コリンズ等その音には、彼の「うれしさ」も伝わってきます。

巨匠たちとの共演もデヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」セッションに参加していなかったらおそらく実現していなかったことでしょうね。ボウイ、ナイル・ロジャースの先見の目もこれまた素晴らしいです。このレコーディングでビッグになったと言っても過言ではないはず。

この仕事集で、彼はホント嬉しくどブルースしていますね、一緒に共演した巨匠たちもこれまたうれしそうだね。
もし今、彼が生きていたら、音楽ファンの間でも更に素晴らしいお話が出来たことでしょう、早死にしやがって!(悔)

ちなみにこの仕事集から14曲中6曲が未発表ライヴ及びセッションです、もっとあるんだろうと思わせます、いつかまとまった形でのライヴ・アンソロジーが出たら最高ですね。

そう言えば新橋のブルース・バーで初めてリクエストしたのがSRVだったな、爆音轟く彼のギターと金宮梅割りがマッチするんだよね。SRVからどブルースの深さにはまるのもいいかも〜。


収録曲
01 THE SKY IS CRYING[LIVE] with Albert Ling,B.B.King and Paul Butterfield
02 SOULFUL DRESS / Marcia Ball
03 DON'T STOP BY THE CREEK,SON / Johnny Copeland
04 MIAMI STRUT / A.C.Reed
05 NA-NA-NE-NA-NAY / Bill Carter
06 Goin' Down[LIVE] with Jeff Beck
07 OREO COOKIE BLUES[LIVE] with Ronnie Mack *
08 ON THE RUN[LIVE] with Katie Webster *
09 ALBERT'S SHUFFLE[LIVE] with Albert Collins *
10 CHANGE IT [LIVE] with Jimmie Vaughan *
11 YOU CAN HAVE MY HUSBAND / LOU ANN BARTON *
12 TEXAS FLOOD [LIVE] with Bonnie Raitt *
13 PIPELINE with Dick Dale
14 LET'S DANCE / DAVID BOWIE
*は未発表音源
by daisuke_Tokyocity | 2008-03-22 23:04 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(10)