無駄遣いな日々

cdsagashi.exblog.jp

大型古本店ブックオフに眠る廃盤CDを発掘せよ!

<   2007年 07月 ( 49 )   > この月の画像一覧

購入日  2007年7月28日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 1DVD-R¥0(2枚買うともらえるオマケDVD-R:7/31まで)
備  考 2007年5月19日英国NEWBURY,HIGHCLERE CASTLEでのAUDショット・ライヴ
b0042308_23372960.jpg

このDVD-Rはダイカン9Fで取り扱い商品2枚買うとギフトとしてもらえるオマケDVD-R、今回はスティーヴ・ウィンウッドとエリック・クラプトン共演の5/19ハイクレア城での歴史的ライヴ、そうブラインド・フェイス・リユニオン・ライヴのオーディエンス・ショット・ライヴでございます。

ネット配信の映像は既にリリースされておりますし、オーディエンス・ショットのも他店で売っているのを見かけました。同じソースかわかりませんが、鑑賞してみると、最初にカメラのブレがあるのでちょっと見にくいですが、しばらくして安定してきます。
んでよ〜く見ると、ワンカメ固定だと思ったら、何やら編集しているようで、遠目のズーム、近目のズームとうま〜く編集されております。ステージ左側から撮影していると思いきや、中央右寄りからの撮影もあるみたいですし、いくつかの映像を編集しているみたいです。オマケでこのレベルですと大満足です(笑)

7曲目の「WATCH YOUR STEP」 でクラプトン登場、ウィンウッドが盛り上がるようにクラプトンを紹介し、笑顔で出迎え&握手&包容、いや〜長生きっていいな〜、ロックっていいな〜。
8曲目の「PRESENCE OF THE LORD」ではクラプトン、ウィンウッドが交互にヴォーカルを披露する等、生で観たらこれまた号泣必至でしょう。
最後の「GIMME SOME LOVIN'」ではクラプトンはコーラスで参加、これまたカッコいいよ!
このメンバーで来日してくれないかな〜??無理かな?

ウィンウッドは見た目年取った感じは否めませんが、そこは天才少年、ヴォーカルやハモンドのプレイに腕は落ちていません、ウィンウッド単独でも観たいので是非、来日してくださ〜い!

収録曲

01 I'm A Man
02 Higher Love
03 Back In The Highlife Again
04 Dear Mr.Fantasy
05 Why Can't We Live Together
06 Keep On Running
07 Watch Your Step
08 Presence Of The Lord
09 Crossroads
10 Little Queen Of Spades
11 Can't Find My Way Home
12 Hard To Cry Today
13 Gimme Some Lovin'

Steve Winwood - Organ, Guitars & Vocals
Jose Neto - Guitar
Paul Booth -Sax & Organ
Richard Bailey - Drums
Karl Vanden Bossche - Percussion

Special guest:
Eric Clapton - Guitar & Vocals
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-31 23:51 | 西新宿 | Trackback(1) | Comments(10)

MICK JAGGER / LAST NIGHT

購入日  2007年7月28日
購入場所 西新宿ダイカン9F
購入価格 2プレスCD¥3,800
備  考 1988年3月28日大阪城ホールでのライブを収めたブート・アナログ盤「LAST NIGHT」改訂版
b0042308_27182.jpg

いい加減音楽ネタにしないと怒られるので、音楽ネタを(苦笑)
ミック・ジャガーの来日公演ブートを買ってみました。
当時は僕も東京ドーム公演行きました、もう19年前なんですね、そんなに経ったんだと思うと感慨深い。当時ミックのライヴ、行かれた方いるのではないでしょうか?
ストーンズじゃなくてもミックの来日は胸驚きました、ストーンズじゃないじゃんなんて声もあったと思いますが、やっぱりミックのヴォーカル聴きたいです。

当時はTV放送もあってその音源がブートになったりしましたが、今回は3/28の大阪城ホール公演を高音質オーディエンスで収録したアナログ盤「LAST NIGHT」を改訂しCD化したものです。
当時にしては音像もくっきりして高音質な録音です。ストレスを感じることなく聴けます。

聴いてみると懐かしい気分に浸れます、そしてギターがジョー・サトリアーニで当然なんですがストーンズの曲がひと味もふた味も違います。これはこれで面白かったなー。2年後の来日を考えるとこれは豪華なストーンズの予習だったのかもしれない。
またミックのソロ曲なんて今後ライヴで聴けることは難しいと思うのでこの日本ツアーは貴重ですね、そうか〜、本国の英国はもちろんのこと米国でも実現していないソロ・ツアー、その2年後に「スティール・ホイールズ」を引っさげて来日したと思うと、ああ日本のファンは幸せだったんですね!
当時、僕もミックのソロで我を忘れてましたからね(笑)

Disc 1
01 Opening
02 Honky Tonk Women
03 Throwaway
04 Bitch
05 Let's Spend The Night Together
06 Beast Of Burden
07 Tumbling Dice
08 Miss You
09 Ruby Tuesday
10 Just Another Night
11 War Baby
12 Harlem Shuffle
13 Foxy Lady
14 Party Doll
15 Member Introduction
16 You Can't Always Get What You Want
17 Radio Control

Disc 2
01 Shoot Off Your Mouth
02 Drum Solo
03 Guitar Solo
04 Gimme Shelter
05 Start Me Up
06 Brown Sugar
07 It's Only Rock'n Roll
08 Jumping Jack Flash
09 Sympathy For The Devil
10 Satisfaction
Rehearsal Sessions for PRIMATIVE COOL
11 Blues Jam
12 Danger Up Ahead
13 Danger Up Ahead
14 Ganster's Moll

Disc:1 & Disc:2 1-10
Live at Osaka Castle Hall, Osaka, Japan 28th March 1988

Mick Jagger : Vocals & Guitar
Joe Satriani : Guitar
Jimmy Ripp : Guitar
Doug Wimbish : Bass
Simon Phillips : Drums
Phil Ashley : Keyboards
Richard Cottle : Keyboards
Sybil Scoby : Backing Vocals
Bernard Fowler : Backing Vocals
Linda Moran : Backing Vocals
Lisa Fisher : Backing Vocals

Disc:2 Trk 11-14
Rehearsal Sessions for PRIMATIVE COOL NYC, New York 1987

Mick Jagger : Vocal
Jeff Beck : Guitar
G.E. Smith : Guitar
Tim Stevens : Bass
Anton Fig : Drums
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-31 02:27 | 西新宿 | Trackback | Comments(6)

土用の丑の日なので

b0042308_20160.jpg

b0042308_201617.jpg

b0042308_202970.jpg

7/30は土用の丑の日、なので鰻を食べたい気分。
並ばずにすぐ食べられる吉野家の鰻定¥550食べました。
ウナギがプリプリっとして美味しかったよ〜(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-31 02:03 | 食べ物 | Trackback | Comments(6)
昨日米国でプロレスの神様ことカール・ゴッチ氏がお亡くなりになった。享年82歳。

ゴッチ氏と言えば彼の教えを受けた日本のレスラーはアントニオ猪木、佐山聡、前田日明、木戸修、藤原喜明、高田延彦と数多くおりました。彼の教え方が日本人レスラーに合っていたのでしょう、なので彼の教えを「ゴッチイズム」って言うわけです。
「プロレスの神様」の異名もその教え方から来たものでしょうね教わったレスラーは皆崇拝しているし。
また主要プロレスのタイトルに縁がなかったことから「無冠の帝王」って呼ばれていたっけ。

実はカール・ゴッチを知った時は既に「プロレスの神様」って崇拝されておりました、実際TVやビデオで試合を観たのは

01 アントニオ猪木、坂口征二組 VS カール・ゴッチ、ルー・テーズ組
02 カール・ゴッチVS 藤原喜明

しかありません。
しかし02の試合は今から25年前の元旦の後楽園ホール、当時僕は15歳の少年、あの綺麗なジャーマン・スープレックス・ホールドはとても衝撃的!あんな綺麗なジャーマン、観たことがない。今でも鮮明に憶えております。
先程、ネットで調べたらセミがボブ・バックランドVS藤波辰巳のWWFヘビー、メインが猪木VSローランド・ボックだなんて全く記憶にありませんでしたから、余程ゴッチのジャーマンが凄かったことを思い出します。

今の日本のプロレスは米国WWEのようなエンターテイメント的なことを真似しているが果たしてそれが日本人に本当に合うのか?と疑問が残ります。やっぱり日本人にはストロングスタイルが似合うかもね。
今から25年前は1982年、やっぱり日本のロックも日本のアイドルも日本のプロレスも80年代は素晴らしかったな。

b0042308_134157.jpg

最後にプロレスの神様、カール・ゴッチ氏のご冥福をお祈り致します。

*画像はスポナビより拝借致しました。
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-30 01:36 | プロレス・格闘技 | Trackback(1) | Comments(8)

隅田川花火大会

ミスターデンジャーでステーキをいっぱい食べた後は徒歩で押上まで向かい、地下鉄都営浅草線で浅草に向かった。
目的は隅田川花火大会鑑賞です、東京に40年近くに住んでいますが実は隅田川花火大会は初の鑑賞なんですね。mixi友人のナビゲートで浅草に突入、まずは仲見世通りを一本越えたところの商店街の道ばたで座っての鑑賞、これがまたよく見える(笑)
b0042308_23354526.jpg

なんだかデジカメで撮影すると何かが爆破したみたいだが、これがまたよく見える、素晴らしい、プレミアムモルツ生と缶チューハイ飲みながらの鑑賞です。

そして20:00近くにその場所を離れて吾妻橋へ、この20:00近くに場所を離れるのがポイント、花火鑑賞はその場に腰を据えて見物するのが定番だが、隅田川クラスのデカイ花火大会となると移動しながらの鑑賞がベストであることがわかった。
吾妻橋へ行くと渡る見物客でごった返し、20〜30分はビルの陰に隠れて花火が見えません、でもそこをガマンガマン、橋を渡り中央付近で花火大会ファイナルのドッカンドッカンが第1会場、第2会場同時に観られるのだ!これは凄い!橋の上でいいタイミングでファイナルを観られる、これぞ隅田川花火大会だ!って思いましたね。

いや〜、ナビしてくれた友人にホント感謝ですよー、さすが場数踏んでるだけあるねー。

b0042308_23443382.jpg吾妻橋を渡っている時に撮影、花火撮影はコンパクトカメラでは難しいな〜。


最後に警備をしていた浅草警察署のお巡りさんの多数の見物客を誘導するマイクが笑えた。(友よ、日記よりコピペしたから事後承諾よろしく)

01「隅田川の水の流れのようにゆるゆると、確実に流れていきましょう」(吾妻橋上での指示)

02「厠橋は大変混雑しております、電車に早く乗りたい方は、上野、もしくは御徒町等他の駅へ徒歩で向かってください。今日の思い出を語りながら行けば、上野は遠くありません。」

03「橋の中央付近、特に携帯で撮影の方立ち止まらないで下さい。撮影して写真に残すより、皆さんの心にこの思い出を刻みましょう。だから立ち止まって撮影は御遠慮下さい。」 (他にも「カメラより目に焼きつけてゆっくり進みましょう」ヴァージョンもあり)

お巡りさんのマイクパフォーマンスもさすがです(笑)
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-29 23:51 | ライブ | Trackback | Comments(2)
7/28の土曜日は、新橋&mixiの友達とその友達二人合計四人で東武亀戸線東あずま駅にあるプロレスラー・松永光弘選手経営のステーキ&グリル「ミスターデンジャー」へステーキを食べに行った。
ミスターデンジャー当ブログ初登場、行くのも4年ぶりです。
b0042308_2125983.jpg

400グラムステーキ、ニンニクたっぷり、レア焼き
b0042308_2133060.jpg

ポテトサラダ、デンジャースープ(辛口)
b0042308_2152282.jpg

ライス大盛り。

この三画像込み込み、大盛り無料でなんと¥2,000です。安いでしょ?
牛肉は筋を取ってあるのでvery very柔らかい!霜降りでもこんなに柔らかくはならなうだろうってくらい、とにかく柔らかくて美味しい。その柔らかさがご飯ご飯がススム君状態となり全てペロリと平らげてしまいました。

4年ぶりに食べたデンジャー・ステーキは美味しかったな〜〜、他にもハンバーグがあったから次はハンバーグを食べてみたい!
なぜ4年ぶりかって?実はこの街には青春があったんですよー、久々訪れ家の近くを通ってももう感傷的なことは何もなかったね。昔の想い出ですよ。

b0042308_222813.jpg店構えです、コンセプトとしては牢獄風のステーキハウスです。オープンして10年、プロレスラー経営のお店としてレベルは最高の部類に入ります。もちろん当日も松永選手、厨房におりました

by daisuke_Tokyocity | 2007-07-29 02:26 | 食べ物 | Trackback | Comments(10)
b0042308_15324100.jpg

小ラーメン野菜、脂、ニンニク¥650
b0042308_1541520.jpg

7/27金曜日の夜に食べる。既に多くの若者男子が並んでおり、券売機の前に来たら既に小ブタは売り切れであった。

ここの二郎は量が多いので有名らしい、小と言っても麺は300グラムもある!その半分の150グラムが普通の一杯のラーメンの量らしい。だから初めての方には小より量が少ないプチ二郎(麺180グラム)を店側でススメている。
食べてみてとにかく量が多かった、通常の野菜コールでこれだから野菜ダブルにしたら一体どうなることやら(苦笑)肝心の麺が見えない。
またブタはブロックである(笑)小ブタにしたら更にワンブロック、小ブタダブルにしたらこれまたとんでもないだろう。
スープは醤油味が濃い目だから野菜カラメにしたら塩っぱくなるので、そのままが良いでしょう。
麺は平型で固めに茹で上がっておりました。
それでもなんとか全部食べたぞ!若者の中にはやっぱり無理〜なんてのも居りました。麺が丼の下から実は追加されていた、それくらい量が多かったな〜。
それにしても完全に二郎にはまっておりますな、まああの独特の醤油とんこつが美味しいんだよねー。
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-29 02:06 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)
到着日  2007年7月24日
購入場所 ディスクユニオン通販
購入価格 送料込み5CD¥13,000
備  考 オリジナル1967年発売、24bitマスタリング、モノラル・マスター使用
b0042308_0503835.jpg

なんだか画像だけ見ると、まるでアナログ盤のようだ。
7/25発売シリーズの真打ち、ザ・フーの日本ジャケ、米国ジャケ、英国編集盤がまさかの紙ジャケ化です。ユニバーサルは最近、バラ売りしないアイテムが多くブーイングも浴びているが、フーに関しては力の入れようが違うね!(笑)

マイ・ジェネのモノラル・マスター使用は快挙!音の方はまあこんなものかなと特別にいい音質ではないけれど、やっぱりマイ・ジェネはモノラルがいいな!って思う。英国ジャケでモノラル仕様が出ると思ったが、まさか日本のガールズ・ジャケが先に出たなんて誰が予想したことだろう。
ジャケの紙質の薄さも最高だ、ユニオンで過去にマイ・ジェネ・DXエディションのオマケとして出したガールズ・ジャケ&帯もぶっ飛ぶ革命的なリリースだね!
「SELL OUT」のモノラル・マスターもこれまたいいね〜〜!

収録曲
01 MY GENERATION
02 PLEASE,PLEASE,PLEASE
03 IT'S NOT TRUE
04 THE OX
05 THE KIDS ARE ALRIGHT
06 INSTANT PARTY
07 A LEGAL MATTER
08 OUT IN THE STREET
09 I DON'T MIND
10 THE GOOD'S GONE
11 LA LA LA LIES
12 MUCH TO MUCH

b0042308_141443.jpgユニオンおまけの箱です。今回はユニオンで買ったけど、収納箱だけではパンチが足りなくなってきたような・・・。
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-28 01:07 | ディスクユニオン | Trackback(1) | Comments(7)
到着日  2007年7月24日
購入場所 HMV通販
購入価格 送料込み9CD¥22,500
備  考 2007年デジタル・リマスター(一部は2003)
b0042308_159242.jpg

ジョー・ジャクソンの紙ジャケボックスが到着した。最近、ユニバーサルが全買いの心理を突いたボックスセット、しかし最近過去にリリースすた紙ジャケボックスをバラで売り出したからやられた〜と思っている音楽ファンもいらっしゃるのではないでしょうか?
でも、このジョー・ジャクソンのバラ売りはないだろうな〜。あと、各アルバムに帯付けて欲しかったな〜。
とにかく音楽ジャンルが広く、バラエティに富んだミュージシャンでしたね。ロック、ポップス、レゲエ、ジャズ、ラテンとアルバム毎に指向を変えておりました、同じことは二度とやらないのがポリシーだったようだ。それにこだわりすぎて、A&M以降の音楽活動は僕から見てもいまいちでした。
やっぱり好きなのはデビューから6作目「BODY & SOUL」までかな〜、「BIG WARLD」まで大丈夫かな。

特に5枚目のニューヨーク録音の「NIGHT AND DAY」はラテン風味でギターを取り除いた音が良かったな〜、「STEPPIN' OUT」は冬にぴったり、この蒸し暑い時期に聴くとCOOL DOWNする感じかな。「NIGHT AND DAY」は好きなアルバムです。

b0042308_210548.jpg


今後、ユニバのボックスセットにはパーラメント、ロバート・パーマー、ナイトレンジャー、トム・ペティ等がある、全部欲しいけどさすがに全部は無理だ〜。

収録アルバム

DISC01 LOOK SHARP!
DISC02 I'M THE MAN
DISC03 BEAT CRAZY
DISC04 JUMPIN' JIVE
DISC05 NIGHT AND DAY
DISC06 BODY AND SOUL
DISC07 BIG WORLD
DISC08 WILL POWER
DISC09 BLAZE OF GLORY
by daisuke_Tokyocity | 2007-07-27 02:15 | 国内ネット通販 | Trackback | Comments(4)
b0042308_1474778.jpg

久々、新橋の長介で「つけめん」¥700を食べた。
新橋にも美味しいラーメン屋さんはたくさんある。旧二郎系(別名フーズ系)のラーメン新橋店では飲んだ後では無謀、せいべいの豚味噌ラーメンもヘビーだしなー、長介のつけめん並だと麺は150グラムで少なめなのでそこが決め手か?
久々に食べたら魚介系と動物系のダブルスープが丁度良い濃さで美味しかったな〜。麺にちょっとそのスープが入っているのもポイント、麺もコシがあってこれまた美味しい。
聞いた話によるとここのお店、都合により8月いっぱいで閉店となるようだ(以前、跡継ぎ募集の貼り紙が張ってあったけど、どうなったのかな?)
もし8月いっぱいだともったいな〜、とにかくまだの方は急げ〜〜。
b0042308_155338.jpg

b0042308_1551725.jpg

by daisuke_Tokyocity | 2007-07-27 01:55 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)